Update と Change Tracking ソリューションの Azure Automation への配布準備をするOnboard update and change tracking solutions to Azure Automation

このチュートリアルでは、VM から Azure Automation への Update、Change Tracking、および Inventory ソリューションの配布準備を自動的に行う方法について説明します。In this tutorial, you learn how to automatically onboard Update, Change Tracking, and Inventory solutions for VMs to Azure Automation:

  • Azure VM の配布準備Onboard an Azure VM
  • ソリューションの有効化Enable solutions
  • モジュールのインストールと更新Install and update modules
  • オンボード Runbook のインポートImport the onboarding runbook
  • Runbook の起動Start the runbook

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。To complete this tutorial, the following are required:

Azure VM の配布準備Onboard an Azure VM

マシンの使用準備を行う方法は複数あります。仮想マシンからAutomation アカウントから複数のマシンから参照することから、または Runbook によって、ソリューションの使用準備を行うことができます。There are multiple ways to onboard machines, you can onboard the solution from a virtual machine, from browsing multiple machines from your Automation account, or by runbook. このチュートリアルでは、Runbook を使用して Update Management を有効にする方法について説明します。This tutorial walks through through enabling Update Management through a runbook. さらに大きな規模で Azure Virtual Machines の配布準備を行うには、Change Tracking または Update Management ソリューションで既存の VM の配布準備をする必要があります。To onboard Azure Virtual Machines at scale, an existing VM must be onboarded with the Change tracking or Update management solution. この手順では、Update Management および Change Tracking で仮想マシンの配布準備を行います。In this step, you onboard a virtual machine with Update management, and Change tracking.

Change Tracking と Inventory の有効化Enable Change Tracking and Inventory

Change Tracking と Inventory ソリューションには、仮想マシンで変更を追跡し、インベントリを作成する機能が用意されています。The Change Tracking and Inventory solution provides the ability to track changes and inventory on your virtual machines. この手順では、仮想マシンでソリューションを有効にします。In this step, you enable the solution on a virtual machine.

  1. 左側のメニューから、[Automation アカウント] を選択し、一覧からご自身の Automation アカウントを選択します。From the left menu, select Automation Accounts, and then select your automation account in the list.
  2. [構成管理][Inventory] を選択します。Select Inventory under CONFIGURATION MANAGEMENT.
  3. 既存の Log Analytics ワークスペースを選択するか、新規に作成します。Select an existing Log Analytics workspace or create new. [有効] ボタンをクリックします。Click the Enable button.

Update ソリューションの配布準備

Change Tracking と Inventory ソリューションの配布準備通知が完了したら、[構成管理][Update Management] をクリックします。When the change tracking and inventory solution onboarding notification completes, click on Update Management under CONFIGURATION MANAGEMENT.

Update Management の有効化Enable Update Management

Update Management ソリューションでは、Azure Windows VM の更新プログラムとパッチを管理できます。The Update Management solution allows you to manage updates and patches for your Azure Windows VMs. 利用可能な更新プログラムの状態を迅速に把握したり、必要な更新プログラムのインストールをスケジュールしたり、デプロイの結果を確認して、VM に更新プログラムが正常に適用されたことを検証したりできます。You can assess the status of available updates, schedule installation of required updates, and review deployment results to verify updates were applied successfully to the VM. この手順では、VM のソリューションを有効にします。In this step, you enable the solution for your VM.

  1. Automation アカウントから、[更新の管理][Update Management] を選択します。From your Automation Account, select Update management under UPDATE MANAGEMENT.
  2. 選択されている Log Analytics ワークスペースは、前の手順で使用されたワークスペースと同じです。The Log analytics workspace selected is the same workspace used in the preceding step. [有効] をクリックして、Update Management ソリューションの配布準備を行います。Click Enable to onboard the Update management solution.

Update ソリューションの配布準備

Update Management ソリューションのインストール中、青いバナーが表示されます。While the Update management solution is being installed, a blue banner is shown. ソリューションが有効のときに、[構成管理][Change Tracking] を選択して、次の手順に移動します。When the solution is enabled select Change tracking under CONFIGURATION MANAGEMENT to go to the next step.

管理する Azure VM を選択しますSelect Azure VM to be managed

ソリューションが有効になったら、そのソリューションに、配布準備を行う Azure VM を追加できます。Now that the solutions are enabled, you can add an Azure VM to onboard to those solutions.

  1. Automation アカウントから、[Change Tracking ] ページで、[+ Azure VM の追加] を選択して仮想マシンを追加します。From your Automation Account, on the Change tracking page, select + Add Azure VM to add your virtual machine.

  2. 一覧から VM を選択し、[有効] を選択します。Select your VM from the list and select Enable. このアクションにより、仮想マシンに対して Change Tracking と Inventory ソリューションが有効になります。This action enables the Change tacking and Inventory solution for the virtual machine.

    VM の Update ソリューションの有効化

  3. VM オンボード通知が完了したら、Automation アカウントから、[更新の管理][Update Management] を選択します。When the VM onboarding notification completes, from your Automation Account select Update management under UPDATE MANAGEMENT.

  4. [+ Azure VM の追加] を選択して、仮想マシンを追加します。Select + Add Azure VM to add your virtual machine.

  5. 一覧から VM を選択し、[有効] を選択します。Select your VM from the list and select Enable. このアクションにより、仮想マシンに対して Update Management ソリューションが有効になります。This action enables the Update management solution for the virtual machine.

    VM の Update ソリューションの有効化

注意

他のソリューションが完了するのを待たずに、次のソリューションを有効にしようとすると、"仮想マシンまたは別の仮想マシンで別のソリューションをインストール中です。そのインストールが完了したら、[有効] ボタンが有効になり、この仮想マシンでソリューションのインストールを要求できるようになります" というメッセージが表示されます。If you do not wait for the other solution to complete, when Enabling the next solution you receive a message stating: Installation of another solution is in progress on this or a different virtual machine. When that installation completes the Enable button is enabled, and you can request installation of the solution on this virtual machine.

モジュールのインストールと更新Install and update modules

ソリューションの配布準備を適切に自動化するには、最新の Azure モジュールに更新し、AzureRM.OperationalInsights をインポートする必要があります。It is required to update to the latest Azure modules and import AzureRM.OperationalInsights to successfully automate solution onboarding.

Azure モジュールの更新Update Azure Modules

Automation アカウントから、[共有リソース][モジュール] を選択します。From your Automation Account, select Modules under SHARED RESOURCES. [Azure モジュールの更新] を選択して、Azure モジュールを最新バージョンに更新します。Select Update Azure Modules to update the Azure modules to the latest version. 既存の Azure モジュールすべてを最新バージョンに更新するかどうかを確認するプロンプトが表示されたら、[はい] を選択します。Select Yes on the prompt to update all existing Azure modules to the latest version.

モジュールの更新

AzureRM.OperationalInsights モジュールのインストールInstall AzureRM.OperationalInsights module

[モジュール] ページで、[ギャラリーを参照] を選択して、モジュール ギャラリーを開きます。From the Modules page, select Browse gallery to open up the module gallery. AzureRM.OperationalInsights を検索し、そのモジュールを Automation アカウントにインポートします。Search for AzureRM.OperationalInsights and import this module into the Automation account.

OperationalInsights モジュールのインポート

オンボード Runbook のインポートImport the onboarding runbook

  1. Automation アカウントから、[プロセスの自動化][Runbook] を選択します。From your Automation Account, select on Runbooks under the PROCESS AUTOMATION.
  2. [ギャラリーの参照] を選択します。Select Browse gallery.
  3. Update と Change Tracking を検索し、Runbook をクリックして、[ソースの表示] ページで [インポート] を選択します。Search for update and change tracking, click the runbook and select Import on the View Source page. [OK] を選択して、その Runbook を Automation アカウントにインポートします。Select OK to import the runbook into the Automation account.

    オンボード Runbook のインポート

  4. [Runbook] ページで、[編集][発行] の順に選択します。On the Runbook page, select Edit, then select Publish. [Runbook の発行] ダイアログで、[はい] を選択して、Runbook を発行します。On the Publish Runbook dialog, select Yes to publish the runbook.

Runbook の起動Start the runbook

この Runbook を開始するには、Change Tracking または Update ソリューションの Azure VM への配布準備を完了している必要があります。You must have onboarded either change tracking or update solutions to an Azure VM in order to start this runbook. パラメーターのために、ソリューションが配布準備された既存の仮想マシンとリソース グループが必要です。It requires an existing virtual machine and resource group with the solution onboarded for parameters.

  1. Enable-MultipleSolution Runbook を開きます。Open the Enable-MultipleSolution runbook.

    複数のソリューション Runbook

  2. [開始] ボタンをクリックし、パラメーターに次の値を入力します。Click the start button and enter the following values for parameters.

    • VMNAME - 空のままにします。VMNAME - Leave blank. Update または Change Tracking ソリューションに配布準備する既存の VM 名。The name of an existing VM to onboard to update or change tracking solution. この値を空のままにすると、リソース グループの VM すべての配布準備が行われます。By leaving this value blank, all VMs in the resource group are onboarded.
    • VMRESOURCEGROUP - VM の配布準備が行われるリソース グループの名前。VMRESOURCEGROUP - The name of the resource group for the VMs to be onboarded.
    • SUBSCRIPTIONID - 空のままにします。SUBSCRIPTIONID - Leave blank. 配布準備が行われる新しい VM のサブスクリプション ID。The subscription ID of the new VM to be onboarded. 空のままにすると、ワークスペースのサブスクリプションが使用されます。If left blank, the subscription of the workspace is used. 別のサブスクリプション ID を指定すると、この Automation アカウントの RunAs アカウントも、このサブスクリプションの共同作成者として追加されます。When a different subscription ID is given, the RunAs account for this automation account should be added as a contributor for this subscription also.
    • ALREADYONBOARDEDVM - Updates または ChangeTracking ソリューションに手動で配布準備された VM の名前。ALREADYONBOARDEDVM - The name of the VM that was manually onboarded to either the Updates or ChangeTracking solution.
    • ALREADYONBOARDEDVMRESOURCEGROUP - VM がメンバーであるリソース グループの名前。ALREADYONBOARDEDVMRESOURCEGROUP - The name of the resource group that the VM is a member of.
    • SOLUTIONTYPE - 「Updates」または「ChangeTracking」と入力しますSOLUTIONTYPE - Enter Updates or ChangeTracking

    Enable-MultipleSolution Runbook パラメーター

  3. [OK] を選択して、Runbook ジョブを開始します。Select OK to start the runbook job.

  4. Runbook ジョブ ページで進行状況とエラーを監視します。Monitor progress and any errors on the runbook job page.

次の手順Next steps

このチュートリアルで学習した内容は次のとおりです。In this tutorial, you learned how to:

  • Azure 仮想マシンの配布準備を手動で行う。Onboard an Azure virtual machine manually.
  • 必要な Azure モジュールをインストールして更新する。Install and update required Azure modules.
  • Azure VM の配布準備を行う Runbook をインポートする。Import a runbook that onboards Azure VMs.
  • Azure VM の配布準備を自動的に行う Runbook を開始する。Start the runbook that onboards Azure VMs automatically.

Runbook のスケジュール設定の詳細については、このリンクに従ってください。Follow this link to learn more about scheduling runbooks.