Azure Automation 用の Runbook ギャラリーとモジュール ギャラリーRunbook and module galleries for Azure Automation

Azure Automation で独自の Runbook およびモジュールを作成するのではなく、マイクロソフトやコミュニティによって既に作成されているさまざまなシナリオにアクセスできます。Rather than creating your own runbooks and modules in Azure Automation, you can access a variety of scenarios that have already been built by Microsoft and the community. これらのシナリオを変更しないでそのまま使用することも、特定の要件に合うように編集することもできます。You can either use these scenarios without modification or you can use them as a starting point and edit them for your specific requirements.

Runbook は Runbook ギャラリーから、モジュールは PowerShell ギャラリーから入手できます。You can get runbooks from the Runbook Gallery and modules from the PowerShell Gallery. 開発したシナリオを共有することにより、コミュニティに貢献することもできます。You can also contribute to the community by sharing scenarios that you develop.

Runbook ギャラリーでは、Microsoft やコミュニティからさまざまな Runbook が提供されており、それを Azure Automation にインポートできます。The Runbook Gallery provides a variety of runbooks from Microsoft and the community that you can import into Azure Automation. TechNet スクリプト センターでホストされているギャラリーから Runbook をダウンロードすることも、Azure クラシック ポータルまたは Azure Portal でギャラリーから Runbook を直接インポートすることもできます。You can either download a runbook from the gallery, which is hosted in the TechNet Script Center, or you can directly import runbooks from the gallery from either the Azure classic portal or Azure portal.

Runbook ギャラリーから直接インポートできるのは、Azure クラシック ポータルまたは Azure ポータルを使用した場合のみです。You can only import directly from the Runbook Gallery using the Azure classic portal or Azure portal. Windows PowerShell を使用してこの機能を実行することはできません。You cannot perform this function using Windows PowerShell.

注意

Runbook ギャラリーから取得した Runbook は、内容を検証し、運用環境でインストールおよび実行するときは細心の注意を払う必要があります。You should validate the contents of any runbooks that you get from the Runbook Gallery and use extreme caution in installing and running them in a production environment.|

  1. Azure Portal で、[新規][App Services][Automation][Runbook][ギャラリーから] の順にクリックします。In the Azure portal, click, New, App Services, Automation, Runbook, From Gallery.
  2. カテゴリを選択して関連する Runbook を表示し、Runbook を選択して詳細を表示します。Select a category to view related runbooks, and select a runbook to view its details. 目的の Runbook を選択するときは、右矢印ボタンをクリックします。When you select the runbook you want, click the right arrow button.

    Runbook ギャラリー

  3. Runbook の内容を確認し、説明の要件に注意します。Review the contents of the runbook and note any requirements in the description. 終了したら右矢印ボタンをクリックします。Click the right arrow button when you’re done.
  4. Runbook の詳細を入力し、チェック マーク ボタンをクリックします。Enter the runbook details and then click the checkmark button. Runbook の名前は既に設定されています。The runbook name is already filled in.
  5. Runbook が、Automation アカウントの [Runbook] タブに表示されます。The runbook appears on the Runbooks tab for the Automation Account.
  1. Azure ポータルで、Automation アカウントを開きます。In the Azure portal, open your Automation account.
  2. [Runbook] タイルをクリックして、Runbook の一覧を開きます。Click on the Runbooks tile to open the list of runbooks.
  3. [ギャラリーの参照] ボタンをクリックします。Click Browse gallery button.

    [ギャラリーの参照] ボタン

  4. 必要なギャラリー項目を探し、選択して詳細を表示します。Locate the gallery item you want and select it to view its details.

    [ギャラリーの参照]

  5. [ソース プロジェクトの表示] をクリックして、 TechNet スクリプト センターの項目を表示します。Click on View source project to view the item in the TechNet Script Center.
  6. 項目をインポートするには、項目クリックして詳細を表示し、 [インポート] ボタンをクリックします。To import an item, click on it to view its details and then click the Import button.

    [インポート] ボタン

  7. 必要に応じて Runbook の名前を変更し、 [OK] をクリックして Runbook をインポートします。Optionally, change the name of the runbook and then click OK to import the runbook.
  8. Runbook が、Automation アカウントの [Runbook] タブに表示されます。The runbook appears on the Runbooks tab for the Automation Account.

他のユーザーにも役に立つと思われる Runbook を Runbook ギャラリーに追加してください。Microsoft encourages you to add runbooks to the Runbook Gallery that you think would be useful to other customers. Runbook をスクリプト センターにアップロード して追加するときは、次の詳細を考慮してください。You can add a runbook by uploading it to the Script Center taking into account the following details.

  • Runbook をウィザードに表示するには、カテゴリとして Windows Azure を指定し、サブカテゴリとして Automation を指定する必要があります。You must specify Windows Azure for the Category and Automation for the Subcategory for the runbook to be displayed in the wizard.
  • アップロードは、単一の .ps1 ファイルまたは .graphrunbook ファイルである必要があります。The upload must be a single .ps1 or .graphrunbook file. Runbook でモジュール、子 Runbook、または資産が必要な場合は、送信の説明および Runbook のコメント セクションで列記する必要があります。If the runbook requires any modules, child runbooks, or assets, then you should list those in the description of the submission and in the comments section of the runbook. 複数の Runbook を必要とするシナリオがある場合は、各 Runbook を個別にアップロードし、それぞれの説明に関連する Runbook の名前を列記します。If you have a scenario requiring multiple runbooks, then upload each separately and list the names of the related runbooks in each of their descriptions. 同じカテゴリに表示されるように同じタグを使用していることを確認します。Make sure that you use the same tags so that they show up in the same category. シナリオが動作するためには他の Runbook が必要であることをユーザーが知るには、説明を読む必要があります。A user will have to read the description to know that other runbooks are required the scenario to work.
  • (グラフィカル ワークフローではなく) グラフィック Runbook を発行する場合は、"GraphicalPS" タグを追加します。Add the tag "GraphicalPS" if you are publishing a Graphical runbook (not a Graphical Workflow).
  • [コード セクションの挿入] アイコンを使用して、PowerShell または PowerShell ワークフローのコード スニペットを説明に挿入します。Insert either a PowerShell or PowerShell Workflow code snippet into the description using Insert code section icon.
  • アップロードの概要が Runbook ギャラリーの結果に表示されるので、ユーザーが Runbook の機能を特定するのに役立つ詳細な情報を提供する必要があります。The Summary for the upload is displayed in the Runbook Gallery results so you should provide detailed information that helps a user identify the functionality of the runbook.
  • 次のタグから 1 ~ 3 個をアップロードに割り当てる必要があります。You should assign one to three of the following Tags to the upload. ウィザードでは、Runbook はそのタグに一致するカテゴリの下に表示されます。The runbook is listed in the wizard under the categories that match its tags. この一覧にないタグは、ウィザードによって無視されます。Any tags not on this list are ignored by the wizard. 一致するタグを指定しないと、Runbook はその他のカテゴリに表示されます。If you don’t specify any matching tags, the runbook is listed under the Other category.

    • BackupBackup
    • 容量管理Capacity Management
    • Change ControlChange Control
    • コンプライアンスCompliance
    • Dev / Test EnvironmentsDev / Test Environments
    • 障害復旧Disaster Recovery
    • 監視Monitoring
    • PatchingPatching
    • プロビジョニングProvisioning
    • 修復Remediation
    • VM Lifecycle ManagementVM Lifecycle Management
  • Automation はギャラリーを 1 時間に 1 回更新するので、投稿物がすぐに表示されないことがあります。Automation updates the Gallery once an hour, so you won’t see your contributions immediately.

PowerShell モジュールには Runbook で使用できるコマンドレットが含まれ、Azure Automation でインストールできる既存のモジュールを PowerShell ギャラリーから入手できます。PowerShell modules contain cmdlets that you can use in your runbooks, and existing modules that you can install in Azure Automation are available in the PowerShell Gallery. このギャラリーは Azure ポータルから起動でき、Azure Automation に直接インストールするか、ダウンロードして手動でインストールすることができます。You can launch this gallery from the Azure portal and install them directly into Azure Automation or you can download them and install them manually. Azure クラシック ポータルからは直接モジュールをインストールすることはできませんが、他のモジュールと同じように、ダウンロードしてインストールすることはできます。You cannot install the modules directly from the Azure classic portal, but you can download them install them as you would any other module.

  1. Azure ポータルで、Automation アカウントを開きます。In the Azure portal, open your Automation account.
  2. [共有リソース][モジュール] を選択して、モジュールの一覧を開きます。Select Modules under Shared Resources to open the list of modules.
  3. ページの上部にある [ギャラリーを参照] をクリックします。Click Browse gallery from the top of the page.

    モジュール ギャラリー

  4. [ギャラリーを参照] ページで、次のフィールドで検索できます。On the Browse gallery page, you can search by the following fields:

    • モジュール名Module Name
    • タグTags
    • 作成者Author
    • コマンドレット/DSC リソース名Cmdlet/DSC resource name
  5. 目的のモジュールを探し、選択して詳細を表示します。Locate a module that you're interested in and select it to view its details.
    特定のモジュールにドリル ダウンする場合は、PowerShell ギャラリーに戻るリンク、必要な依存関係、およびモジュールが含むコマンドレット/DSC リソースのすべてを含むモジュールの詳細を表示できます。When you drill into a specific module, you can view more information about the module, including a link back to the PowerShell Gallery, any required dependencies, and all of the cmdlets and/or DSC resources that the module contains.

    PowerShell モジュールの詳細

  6. モジュールを Azure Automation に直接インストールするには、 [インポート] ボタンをクリックします。To install the module directly into Azure Automation, click the Import button.

    [モジュールのインポート] ボタン

  7. [インポート] ボタンをクリックすると、[インポート] ウィンドウに、インポートしようとしているモジュール名が表示されます。When you click the Import button, on the Import pane, you see the module name that you are about to import. すべての依存関係がインストールされている場合は、[OK] ボタンがアクティブになります。If all the dependencies are installed, the OK button is activated. 依存関係が存在しない場合は、このモジュールをインポートする前に、その依存関係をインポートする必要があります。If you are missing dependencies, you need to import those before you can import this module.
  8. [OK] をクリックして、モジュールをインポートします。Click OK to import the module. Azure Automation がモジュールをアカウントにインポートしている間に、モジュールとコマンドレットについてのメタデータが抽出されます。While Azure Automation imports a module to your account, it extracts metadata about the module and the cmdlets.

    [モジュールのインポート] ページ

    各アクティビティを抽出する必要があるため、数分かかる場合があります。This may take a couple of minutes since each activity needs to be extracted.

  9. モジュールをデプロイ中であることが最初に通知され、プロセスが完了すると完了通知が表示されます。You receive an initial notification that the module is being deployed and another notification when it has completed.
  10. モジュールがインポートされた後は、使用可能なアクティビティが表示され、Runbook と Desired State Configuration でそのリソースをご利用いただけます。After the module is imported, you can see the available activities, and you can use its resources in your runbooks and Desired State Configuration.

Runbook またはモジュールの要求Requesting a runbook or module

ユーザーの声に要求を送信できます。You can send requests to User Voice. Runbook の作成について支援が必要な場合、または PowerShell について質問がある場合は、 フォーラムに質問を投稿してください。If you need help writing a runbook or have a question about PowerShell, post a question to our forum.

次のステップNext Steps