Azure Automation 用の Runbook ギャラリーとモジュール ギャラリーRunbook and module galleries for Azure Automation

Azure Automation で独自の Runbook およびモジュールを作成するのではなく、マイクロソフトやコミュニティによって既に作成されているシナリオにアクセスできます。Rather than creating your own runbooks and modules in Azure Automation, you can access scenarios that have already been built by Microsoft and the community.

PowerShell Runbook とモジュール は PowerShell ギャラリーから、Python Runbook はスクリプト センター ギャラリーから取得できます。You can get PowerShell runbooks and modules from the PowerShell Gallery and Python runbooks from the Script Center Gallery. 開発したシナリオを共有することにより、コミュニティに貢献することもできます。ギャラリーへの Runbook の追加を参照してくださいYou can also contribute to the community by sharing scenarios that you develop, see Adding a runbook to the gallery

PowerShell ギャラリーでは、Microsoft やコミュニティからさまざまな Runbook が提供されており、それを Azure Automation にインポートできます。The PowerShell Gallery provides a variety of runbooks from Microsoft and the community that you can import into Azure Automation. 使用するには、ギャラリーから Runbook をダウンロードするか、Azure portal でギャラリーから、または Automation アカウントから、Runbook を直接インポートできます。To use one, download a runbook from the gallery, or you can directly import runbooks from the gallery, or from your Automation Account in the Azure portal.

PowerShell ギャラリーから直接インポートできるのは、Azure portal を使用した場合のみです。You can only import directly from the PowerShell Gallery using the Azure portal. PowerShell を使用してこの機能を実行することはできません。You cannot perform this function using PowerShell.

注意

PowerShell ギャラリーから取得した Runbook は、内容を検証し、運用環境でインストールおよび実行するときは細心の注意を払う必要があります。You should validate the contents of any runbooks that you get from the PowerShell Gallery and use extreme caution in installing and running them in a production environment.

  1. Azure ポータルで、Automation アカウントを開きます。In the Azure portal, open your Automation account.

  2. [プロセス オートメーション][Runbook ギャラリー] をクリックします。Under Process Automation, click on Runbooks gallery

  3. [Source:PowerShell Gallery] (ソース: PowerShell ギャラリー)を選択します。Select Source: PowerShell Gallery.

  4. 必要なギャラリー アイテムを探し、選択して詳細を表示します。Locate the gallery item you want and select it to view its details. 左側に、発行元と種類に関する検索パラメーターを追加で入力できます。On the left, you can enter additional search parameters for the publisher and type.

    [ギャラリーの参照]

  5. [ソース プロジェクトの表示] をクリックして、 TechNet スクリプト センターの項目を表示します。Click on View source project to view the item in the TechNet Script Center.

  6. 項目をインポートするには、項目クリックして詳細を表示し、 [インポート] ボタンをクリックします。To import an item, click on it to view its details and then click the Import button.

    [インポート] ボタン

  7. 必要に応じて Runbook の名前を変更し、 [OK] をクリックして Runbook をインポートします。Optionally, change the name of the runbook and then click OK to import the runbook.

  8. Runbook が、Automation アカウントの [Runbook] タブに表示されます。The runbook appears on the Runbooks tab for the Automation Account.

他のユーザーにも役に立つと思われる Runbook を PowerShell ギャラリーに追加してください。Microsoft encourages you to add runbooks to the PowerShell Gallery that you think would be useful to other customers. PowerShell ギャラリーでは、PowerShell モジュールと PowerShell スクリプトを受け付けています。The PowerShell Gallery accepts PowerShell modules and PowerShell scripts. Runbook を追加するには、PowerShell ギャラリーにアップロードします。You can add a runbook by uploading it to the PowerShell Gallery.

注意

PowerShell ギャラリーではグラフィカル Runbook はサポートされていません。Graphical runbooks are not supported in PowerShell Gallery.

PowerShell モジュールには Runbook で使用できるコマンドレットが含まれ、Azure Automation でインストールできる既存のモジュールを PowerShell ギャラリーから入手できます。PowerShell modules contain cmdlets that you can use in your runbooks, and existing modules that you can install in Azure Automation are available in the PowerShell Gallery. このギャラリーは Azure portal から起動でき、Azure Automation に直接インストールします。You can launch this gallery from the Azure portal and install them directly into Azure Automation. ダウンロードして手動でインストールすることもできます。You can also download them and install them manually.

  1. Azure ポータルで、Automation アカウントを開きます。In the Azure portal, open your Automation account.

  2. [共有リソース][モジュール] を選択して、モジュールの一覧を開きます。Select Modules under Shared Resources to open the list of modules.

  3. ページの上部にある [ギャラリーを参照] をクリックします。Click Browse gallery from the top of the page.

    モジュール ギャラリー

  4. [ギャラリーを参照] ページで、次のフィールドで検索できます。On the Browse gallery page, you can search by the following fields:

    • モジュール名Module Name
    • タグTags
    • 作成者Author
    • コマンドレット/DSC リソース名Cmdlet/DSC resource name
  5. 目的のモジュールを探し、選択して詳細を表示します。Locate a module that you're interested in and select it to view its details.

    特定のモジュールにドリルダウンすると、詳細を表示できます。When you drill into a specific module, you can view more information. この情報には、PowerShell ギャラリーへのリンク、必要な依存関係、モジュールに含まれるすべてのコマンドレットまたは DSC リソースが含まれています。This information includes a link back to the PowerShell Gallery, any required dependencies, and all of the cmdlets or DSC resources that the module contains.

    PowerShell モジュールの詳細

  6. モジュールを Azure Automation に直接インストールするには、 [インポート] ボタンをクリックします。To install the module directly into Azure Automation, click the Import button.

  7. [インポート] ボタンをクリックすると、 [インポート] ウィンドウに、インポートしようとしているモジュール名が表示されます。When you click the Import button, on the Import pane, you see the module name that you're about to import. すべての依存関係がインストールされている場合は、 [OK] ボタンがアクティブになります。If all the dependencies are installed, the OK button is activated. 依存関係が存在しない場合は、このモジュールをインポートする前に、その依存関係をインポートする必要があります。If you're missing dependencies, you need to import those dependencies before you can import this module.

  8. [インポート] ページで [OK] をクリックしてモジュールをインポートします。On the Import page, click OK to import the module. Azure Automation がモジュールをアカウントにインポートしている間に、モジュールとコマンドレットについてのメタデータが抽出されます。While Azure Automation imports a module to your account, it extracts metadata about the module and the cmdlets. 各アクティビティを抽出する必要があるため、このアクションには数分かかる場合があります。This action may take a couple of minutes since each activity needs to be extracted.

  9. モジュールをデプロイ中であることが最初に通知され、プロセスが完了すると完了通知が表示されます。You receive an initial notification that the module is being deployed and another notification when it has completed.

  10. モジュールがインポートされた後は、使用可能なアクティビティを確認できます。After the module is imported, you can see the available activities. そのリソースを、Runbook と Desired State Configuration で使用することができます。You can use its resources in your runbooks and Desired State Configuration.

注意

PowerShell Core だけをサポートするモジュールは、Azure Automation でサポートされておらず、Azure portal にインポートしたり、PowerShell ギャラリーから直接展開したりすることはできません。Modules that only support PowerShell core are not supported in Azure Automation and are unable to be imported in the Azure portal, or deployed directly from the PowerShell Gallery.

Python RunbookPython Runbooks

Python Runbook は、スクリプト センター ギャラリーにあります。Python Runbooks are available in the Script Center gallery. Python Runbook をスクリプト センター ギャラリーに投稿するには、 [Upload a contribution] (投稿のアップロード) をクリックします。You can contribute Python runbooks to the Script Center gallery by clicking Upload a contribution. 投稿をアップロードするときに、タグ Python を確実に追加してください。When you do, ensure that you add the tag Python when uploading your contribution.

注意

スクリプト センターにコンテンツをアップロードするには、最低 100 ポイントが必要です。In order to upload content to Script Center a minimum of 100 points is required.

Runbook またはモジュールの要求Requesting a runbook or module

ユーザーの声に要求を送信できます。You can send requests to User Voice. Runbook の作成について支援が必要な場合、または PowerShell について質問がある場合は、フォーラムに質問を投稿してください。If you need help with writing a runbook or have a question about PowerShell, post a question to our forum.

以下の一覧には、一般的なシナリオに対する解決策となるいくつかの Runbook が含まれています。The list below contains a few runbooks that provide solutions to common scenarios. Azure Automation チームによって作成された Runbook の詳細な一覧については、AzureAutomationTeam のプロファイルのページを参照してください。For a full list of runbooks created by the Azure Automation team, see AzureAutomationTeam profile.

  • Update-ModulesInAutomationToLatestVersion - Automation アカウント内のすべてのモジュールの PowerShell ギャラリーに最新バージョンをインポートします。Update-ModulesInAutomationToLatestVersion - Imports the latest version on PowerShell Gallery of all modules in an Automation account.
  • Enable-AzureDiagnostics - このスクリプトでは、ジョブの状態とジョブ ストリームを含む Azure Automation ログを受信するように Azure Diagnostics と Log Analytics を構成します。Enable-AzureDiagnostics - This script configures Azure Diagnostics and Log Analytics to receive Azure Automation logs containing job status and job streams.
  • Copy-ItemFromAzureVM - この Runbook では、Windows Azure 仮想マシンからリモート ファイルがコピーされます。Copy-ItemFromAzureVM - This runbook copies a remote file from a Windows Azure virtual machine.
  • Copy-ItemFromAzureVM - この Runbook では、ローカル ファイルを Azure 仮想マシンにコピーします。Copy-ItemFromAzureVM - This runbook copies a local file to an Azure virtual machine.

次の手順Next steps