Start/Stop VMs during off-hours の概要Start/Stop VMs during off-hours overview

Start/Stop VMs during off-hours 機能は、有効になっている Azure VM を開始または停止するものです。The Start/Stop VMs during off-hours feature start or stops enabled Azure VMs. ユーザー定義のスケジュールでマシンを開始または停止し、Azure Monitor ログを介して分析情報を取得し、アクション グループを使用してオプションのメールを送信することができます。It starts or stops machines on user-defined schedules, provides insights through Azure Monitor logs, and sends optional emails by using action groups. この機能は、ほとんどのシナリオにおいて、Azure Resource Manager とクラシック VM の両方で有効にできます。The feature can be enabled on both Azure Resource Manager and classic VMs for most scenarios.

この機能では、Start-AzVm コマンドレットを使用して VM を開始します。This feature uses Start-AzVm cmdlet to start VMs. VM を停止するためには、Stop-AzVM を使用します。It uses Stop-AzVM for stopping VMs.

注意

Runbook は、新しい Azure Az モジュール コマンドレットを使用するように更新されていますが、AzureRM プレフィックス エイリアスを使用します。While the runbooks have been updated to use the new Azure Az module cmdlets, they use the AzureRM prefix alias.

注意

Start/Stop VMs during off-hours は、利用可能な最新バージョンの Azure モジュールをサポートするように更新されています。Start/Stop VMs during off-hours has been updated to support the newest versions of the Azure modules that are available. AzureRM から Az モジュールに移行したため、この機能の更新版 (Marketplace から入手可能) では、AzureRM モジュールはサポートされません。The updated version of this feature, available in the Marketplace, doesn’t support AzureRM modules because we have migrated from AzureRM to Az modules.

この機能は、VM のコストを最適化する必要があるユーザー向けに、分散型で低コストの自動化オプションを提供します。The feature provides a decentralized low-cost automation option for users who want to optimize their VM costs. この機能は次の目的で使用できます。You can use the feature to:

現在の機能での制限を次に示します。The following are limitations with the current feature:

  • 任意のリージョンの VM が管理されますが、Azure Automation アカウントと同じサブスクリプションでのみ使用できます。It manages VMs in any region, but can only be used in the same subscription as your Azure Automation account.
  • Log Analytics ワークスペース、Azure Automation アカウント、Alerts がサポートされているリージョンの Azure と Azure Government で利用できます。It is available in Azure and Azure Government for any region that supports a Log Analytics workspace, an Azure Automation account, and alerts. 現在、Azure Government の各リージョンでは電子メール機能はサポートされていません。Azure Government regions currently don't support email functionality.

前提条件Prerequisites

  • Start/Stop VMs during off hours 機能の Runbook は Azure 実行アカウントと連動します。The runbooks for the Start/Stop VMs during off hours feature work with an Azure Run As account. 認証方法としては、実行アカウントの使用をお勧めします。有効期限が切れたり頻繁に変わったりするパスワードではなく、証明書を使った認証が使用されるためです。The Run As account is the preferred authentication method because it uses certificate authentication instead of a password that might expire or change frequently.

  • リンクされた Automation アカウントと Log Analytics ワークスペースは、同じリソース グループに存在する必要があります。The linked Automation account and Log Analytics workspace need to be in the same resource group.

  • Start/Stop VMs during off-hours 機能には、別の Automation アカウントを使用することをお勧めします。We recommend that you use a separate Automation account for working with VMs enabled for the Start/Stop VMs during off-hours feature. 多くの場合、Azure モジュールのバージョンがアップグレードされ、そのパラメーターが変更される可能性があります。Azure module versions are frequently upgraded, and their parameters might change. この機能は同じペースでアップグレードされないため、使用するコマンドレットの新しいバージョンでは動作しない可能性があります。The feature isn't upgraded on the same cadence and it might not work with newer versions of the cmdlets that it uses. モジュールの更新は、運用環境の Automation アカウントにインポートする前に、テスト用の Automation アカウントでテストすることをお勧めします。You're recommended to test module updates in a test Automation account before importing them into your production Automation account(s).

アクセス許可Permissions

VM の Start/Stop VMs during off-hours 機能を有効にするには、特定のアクセス許可が必要です。You must have certain permissions to enable VMs for the Start/Stop VMs during off-hours feature. そのアクセス許可は、事前に作成した Automation アカウントと Log Analytics ワークスペースをこの機能で使用するのか、新しいアカウントとワークスペースを作成するのかによって異なります。The permissions are different depending on whether the feature uses a pre-created Automation account and Log Analytics workspace or creates a new account and workspace.

サブスクリプションの共同作成者であり、かつ Azure Active Directory (AD) テナントの全体管理者である場合は、アクセス許可を構成する必要はありません。You don't need to configure permissions if you're a Contributor on the subscription and a Global Administrator in your Azure Active Directory (AD) tenant. これらの権限がない場合、またはカスタム ロールを構成する必要がない場合は、以下で説明するアクセス許可を持っていることを確認してください。If you don't have these rights or need to configure a custom role, make sure that you have the permissions described below.

既存の Automation アカウントと Log Analytics ワークスペースのアクセス許可Permissions for pre-existing Automation account and Log Analytics workspace

既存の Automation アカウントと Log Analytics ワークスペースを使用して VM の Start/Stop VMs during off-hours 機能を有効にするには、リソース グループ スコープで次のアクセス許可が必要になります。To enable VMs for the Start/Stop VMs during off-hours feature using an existing Automation account and Log Analytics workspace, you need the following permissions on the Resource Group scope. ロールの詳細については、「Azure カスタム ロール」をご覧ください。To learn more about roles, see Azure custom roles.

権限Permission ScopeScope
Microsoft.Automation/automationAccounts/readMicrosoft.Automation/automationAccounts/read リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/variables/writeMicrosoft.Automation/automationAccounts/variables/write リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/schedules/writeMicrosoft.Automation/automationAccounts/schedules/write リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/runbooks/writeMicrosoft.Automation/automationAccounts/runbooks/write リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/connections/writeMicrosoft.Automation/automationAccounts/connections/write リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/certificates/writeMicrosoft.Automation/automationAccounts/certificates/write リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/modules/writeMicrosoft.Automation/automationAccounts/modules/write リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/modules/readMicrosoft.Automation/automationAccounts/modules/read リソース グループResource Group
Microsoft.automation/automationAccounts/jobSchedules/writeMicrosoft.automation/automationAccounts/jobSchedules/write リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/jobs/writeMicrosoft.Automation/automationAccounts/jobs/write リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/jobs/readMicrosoft.Automation/automationAccounts/jobs/read リソース グループResource Group
Microsoft.OperationsManagement/solutions/writeMicrosoft.OperationsManagement/solutions/write リソース グループResource Group
Microsoft.OperationalInsights/workspaces/*Microsoft.OperationalInsights/workspaces/* リソース グループResource Group
Microsoft.Insights/diagnosticSettings/writeMicrosoft.Insights/diagnosticSettings/write リソース グループResource Group
Microsoft.Insights/ActionGroups/WriteMicrosoft.Insights/ActionGroups/Write リソース グループResource Group
Microsoft.Insights/ActionGroups/readMicrosoft.Insights/ActionGroups/read リソース グループResource Group
Microsoft.Resources/subscriptions/resourceGroups/readMicrosoft.Resources/subscriptions/resourceGroups/read リソース グループResource Group
Microsoft.Resources/deployments/*Microsoft.Resources/deployments/* リソース グループResource Group

新しい Automation アカウントと新しい Log Analytics ワークスペースのアクセス許可Permissions for new Automation account and new Log Analytics workspace

VM の Start/Stop VMs during off-hours 機能は Automation アカウントと Log Analytics ワークスペースを利用して有効にできます。You can enable VMs for the Start/Stop VMs during off-hours feature using a new Automation account and Log Analytics workspace. この場合、前のセクションで定義されたアクセス許可と、このセクションで定義されているアクセス許可が必要です。In this case, you need the permissions defined in the preceding section as well as the permissions defined in this section. 次のロールも必要です。You also require the following roles:

  • サブスクリプションの共同管理者。Co-Administrator on subscription. クラシック VM を管理する場合は、クラシック実行アカウントを作成するためにこのロールが必要です。This role is required to create the Classic Run As account if you are going to manage classic VMs. クラシック実行アカウントは、既定では作成されなくなりました。Classic Run As accounts are no longer created by default.
  • Azure AD アプリケーション開発者ロールのメンバーシップ。Membership in the Azure AD Application Developer role. 実行アカウントの構成の詳細については、「実行アカウントを構成するためのアクセス許可」を参照してください。For more information on configuring Run As Accounts, see Permissions to configure Run As accounts.
  • サブスクリプションまたは次のアクセス許可の共同作成者。Contributor on the subscription or the following permissions.
権限Permission ScopeScope
Microsoft.Authorization/Operations/readMicrosoft.Authorization/Operations/read サブスクリプションSubscription
Microsoft.Authorization/permissions/readMicrosoft.Authorization/permissions/read サブスクリプションSubscription
Microsoft.Authorization/roleAssignments/readMicrosoft.Authorization/roleAssignments/read サブスクリプションSubscription
Microsoft.Authorization/roleAssignments/writeMicrosoft.Authorization/roleAssignments/write サブスクリプションSubscription
Microsoft.Authorization/roleAssignments/deleteMicrosoft.Authorization/roleAssignments/delete サブスクリプションSubscription Microsoft.Automation/automationAccounts/connections/readMicrosoft.Automation/automationAccounts/connections/read リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/certificates/readMicrosoft.Automation/automationAccounts/certificates/read リソース グループResource Group
Microsoft.Automation/automationAccounts/writeMicrosoft.Automation/automationAccounts/write リソース グループResource Group
Microsoft.OperationalInsights/workspaces/writeMicrosoft.OperationalInsights/workspaces/write リソース グループResource Group

コンポーネントComponents

Start/Stop VMs during off-hours 機能には、構成済みの Runbook、スケジュール、Azure Monitor ログとの統合が含まれています。The Start/Stop VMs during off-hours feature include preconfigured runbooks, schedules, and integration with Azure Monitor logs. これらの要素を使用して、ビジネス ニーズに合わせて VM のスタートアップとシャットダウンを調整できます。You can use these elements to tailor the startup and shutdown of your VMs to suit your business needs.

RunbooksRunbooks

機能によって Automation アカウントにデプロイされる Runbook の一覧を次の表に示します。The following table lists the runbooks that the feature deploys to your Automation account. Runbook のコードは変更しないでください。Do NOT make changes to the runbook code. 新しい機能が必要なときは、独自の Runbook を記述してください。Instead, write your own runbook for new functionality.

重要

名前の末尾に child が付いている Runbook を直接実行しないでください。Don't directly run any runbook with child appended to its name.

すべての親 Runbook には WhatIf パラメーターがあります。All parent runbooks include the WhatIf parameter. このパラメーターを True に設定すると、パラメーターなしで実行されたときの Runbook の実行内容を詳細に指定し、正しい VM が対象になっていることを検証することができます。When set to True, the parameter supports detailing the exact behavior the runbook takes when run without the parameter and validates that the correct VMs are targeted. WhatIf パラメーターが False に設定されている場合、Runbook では定義されているアクションのみが実行されます。A runbook only performs its defined actions when the WhatIf parameter is set to False.

RunbookRunbook パラメーターParameters 説明Description
AutoStop_CreateAlert_ChildAutoStop_CreateAlert_Child VMObjectVMObject
AlertActionAlertAction
WebHookURIWebHookURI
親 Runbook から呼び出されます。Called from the parent runbook. この Runbook は、Auto-Stop シナリオでリソースごとにアラートを作成します。This runbook creates alerts on a per-resource basis for the Auto-Stop scenario.
AutoStop_CreateAlert_ParentAutoStop_CreateAlert_Parent VMListVMList
WhatIf: True または FalseWhatIf: True or False
対象となるサブスクリプションまたはリソース グループ内の VM 上で、Azure アラート ルールを作成または更新します。Creates or updates Azure alert rules on VMs in the targeted subscription or resource groups.
VMList は、コンマ区切りの (空白なしの) VM の一覧です (例: vm1,vm2,vm3)。VMList is a comma-separated list of VMs (with no whitespaces), for example, vm1,vm2,vm3.
WhatIf を使用すると、Runbook ロジックを実行せずに検証できます。WhatIf enables validation of runbook logic without executing.
AutoStop_DisableAutoStop_Disable なしNone Auto-Stop アラートと既定のスケジュールを無効にします。Disables Auto-Stop alerts and default schedule.
AutoStop_VM_ChildAutoStop_VM_Child WebHookDataWebHookData 親 Runbook から呼び出されます。Called from the parent runbook. アラート ルールによってこの Runbook が呼び出され、クラシック VM が停止されます。Alert rules call this runbook to stop a classic VM.
AutoStop_VM_Child_ARMAutoStop_VM_Child_ARM WebHookDataWebHookData 親 Runbook から呼び出されます。Called from the parent runbook. アラート ルールによってこの Runbook が呼び出され、VM が停止されます。Alert rules call this runbook to stop a VM.
ScheduledStartStop_Base_ClassicScheduledStartStop_Base_Classic CloudServiceNameCloudServiceName
アクション:開始または停止Action: Start or Stop
VMListVMList
Cloud Services によるクラシック VM グループでのアクションの開始または停止を実行します。Performs action start or stop in classic VM group by Cloud Services.
ScheduledStartStop_ChildScheduledStartStop_Child VMNameVMName
アクション:開始または停止Action: Start or Stop
ResourceGroupNameResourceGroupName
親 Runbook から呼び出されます。Called from the parent runbook. 停止スケジュールの起動または停止アクションを実行します。Executes a start or stop action for the scheduled stop.
ScheduledStartStop_Child_ClassicScheduledStartStop_Child_Classic VMNameVMName
アクション:開始または停止Action: Start or Stop
ResourceGroupNameResourceGroupName
親 Runbook から呼び出されます。Called from the parent runbook. クラシック VM に対して、スケジュールに従って開始または停止アクションを実行します。Executes a start or stop action for the scheduled stop for classic VMs.
ScheduledStartStop_ParentScheduledStartStop_Parent アクション:開始または停止Action: Start or Stop
VMListVMList
WhatIf: True または FalseWhatIf: True or False
サブスクリプション内のすべての VM を開始または停止します。Starts or stops all VMs in the subscription. これらの対象のリソース グループに対してのみ実行するように変数 External_Start_ResourceGroupNames および External_Stop_ResourceGroupNames を編集します。Edit the variables External_Start_ResourceGroupNames and External_Stop_ResourceGroupNames to only execute on these targeted resource groups. External_ExcludeVMNames 変数を更新することで、特定の VM を除外することもできます。You can also exclude specific VMs by updating the External_ExcludeVMNames variable.
SequencedStartStop_ParentSequencedStartStop_Parent アクション:開始または停止Action: Start or Stop
WhatIf: True または FalseWhatIf: True or False
VMListVMList
開始または停止アクティビティのシーケンスを指定する各 VM に、 sequencestart および sequencestop という名前のタグを作成します。Creates tags named sequencestart and sequencestop on each VM for which you want to sequence start/stop activity. これらのタグ名では、大文字と小文字が区別されます。These tag names are case-sensitive. タグの値は、起動または停止する順序に対応する正の整数の一覧にする必要があります (例: 1,2,3)。The value of the tag should be a list of positive integers, for example, 1,2,3, that corresponds to the order in which you want to start or stop.
:VM は、External_Start_ResourceGroupNamesExternal_Stop_ResourceGroupNames、および External_ExcludeVMNames 変数で定義されたリソース グループ内にある必要があります。Note : VMs must be within resource groups defined in External_Start_ResourceGroupNames, External_Stop_ResourceGroupNames, and External_ExcludeVMNames variables. アクションを有効にするための適切なタグが必要です。They must have the appropriate tags for actions to take effect.

変数Variables

次の表は、Automation アカウント内に作成される変数の一覧です。The following table lists the variables created in your Automation account. External のプレフィックスが付いた変数のみを変更します。Only modify variables prefixed with External. Internal プレフィックスが付いた変数を変更すると、望ましくない影響が生じます。Modifying variables prefixed with Internal causes undesirable effects.

注意

VM 名とリソース グループの制限は、主に可変サイズの結果です。Limitations on VM name and resource group are largely a result of variable size. Azure Automation での変数アセット」を参照してください。See Variable assets in Azure Automation.

変数Variable 説明Description
External_AutoStop_ConditionExternal_AutoStop_Condition アラートをトリガーする前の条件を構成するのに必要な条件演算子。The conditional operator required for configuring the condition before triggering an alert. 使用できる値は、GreaterThanGreaterThanOrEqualLessThan、および LessThanOrEqual です。Acceptable values are GreaterThan, GreaterThanOrEqual, LessThan, and LessThanOrEqual.
External_AutoStop_DescriptionExternal_AutoStop_Description CPU の割合がしきい値を超えた場合に VM を停止するアラート。The alert to stop the VM if the CPU percentage exceeds the threshold.
External_AutoStop_FrequencyExternal_AutoStop_Frequency ルールの評価頻度。The evaluation frequency for rule. このパラメーターは、timespan 形式で入力を受け入れます。This parameter accepts input in timespan format. 使用可能な値は、5 分 ~ 6 時間です。Possible values are from 5 minutes to 6 hours.
External_AutoStop_MetricNameExternal_AutoStop_MetricName Azure アラート ルールが構成されるパフォーマンス メトリックの名前。The name of the performance metric for which the Azure Alert rule is to be configured.
External_AutoStop_SeverityExternal_AutoStop_Severity メトリック アラートの重大度。0 から 4 の範囲が可能です。Severity of the metric alert, which can range from 0 to 4.
External_AutoStop_ThresholdExternal_AutoStop_Threshold 変数 External_AutoStop_MetricName に指定された Azure 警告ルールのしきい値。The threshold for the Azure Alert rule specified in the variable External_AutoStop_MetricName. パーセント値の範囲は 1 から 100 です。Percentage values range from 1 to 100.
External_AutoStop_TimeAggregationOperatorExternal_AutoStop_TimeAggregationOperator 条件を評価するために選択した時間枠のサイズに適用される時間の集計演算子。The time aggregation operator applied to the selected window size to evaluate the condition. 使用できる値は、AverageMinimumMaximumTotal、および Last です。Acceptable values are Average, Minimum, Maximum, Total, and Last.
External_AutoStop_TimeWindowExternal_AutoStop_TimeWindow アラートをトリガーするために選択されたメトリックを Azure で分析する時間枠のサイズ。The size of the window during which Azure analyzes selected metrics for triggering an alert. このパラメーターは、timespan 形式で入力を受け入れます。This parameter accepts input in timespan format. 使用可能な値は、5 分 ~ 6 時間です。Possible values are from 5 minutes to 6 hours.
External_EnableClassicVMsExternal_EnableClassicVMs クラシック VM が機能の対象であるかどうかを指定する値。Value specifying if classic VMs are targeted by the feature. 既定値は True です。The default value is True. Azure クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) サブスクリプションの場合は、この変数を False に設定します。Set this variable to False for Azure Cloud Solution Provider (CSP) subscriptions. クラシック VM にはクラシック実行アカウントが必要です。Classic VMs require a Classic Run As account.
External_ExcludeVMNamesExternal_ExcludeVMNames 除外する VM 名のコンマ区切りリスト。上限は 140 VM です。Comma-separated list of VM names to exclude, limited to 140 VMs. 一覧に 140 個を超える VM を追加すると、除外を指定した VM が誤って開始または停止される可能性があります。If you add more than 140 VMs to the list, VMs specified for exclusion might be inadvertently started or stopped.
External_Start_ResourceGroupNamesExternal_Start_ResourceGroupNames 開始アクションの対象となる 1 つまたは複数のリソース グループのコンマ区切りリスト。Comma-separated list of one or more resource groups that are targeted for start actions.
External_Stop_ResourceGroupNamesExternal_Stop_ResourceGroupNames 停止アクションの対象となる 1 つまたは複数のリソース グループのコンマ区切りリスト。Comma-separated list of one or more resource groups that are targeted for stop actions.
External_WaitTimeForVMRetrySecondsExternal_WaitTimeForVMRetrySeconds VM 上で SequencedStartStop_Parent Runbook に対して実行されるアクションの待機時間 (秒)。The wait time in seconds for the actions to be performed on the VMs for the SequencedStartStop_Parent runbook. この変数を使用すると、Runbook で次のアクションに進む前に、指定された秒数の間、子操作を待機できます。This variable allows the runbook to wait for child operations for a specified number of seconds before proceeding with the next action. 最大待機時間は 10800 (3 時間) です。The maximum wait time is 10800, or three hours. 既定値は 2100 秒です。The default value is 2100 seconds.
Internal_AutomationAccountNameInternal_AutomationAccountName Automation アカウントの名前を指定します。Specifies the name of the Automation account.
Internal_AutoSnooze_ARM_WebhookURIInternal_AutoSnooze_ARM_WebhookURI VM に対する AutoStop シナリオで呼び出される Webhook URI。The webhook URI called for the AutoStop scenario for VMs.
Internal_AutoSnooze_WebhookUriInternal_AutoSnooze_WebhookUri クラシック VM に対する AutoStop シナリオで呼び出される Webhook URI。The webhook URI called for the AutoStop scenario for classic VMs.
Internal_AzureSubscriptionIdInternal_AzureSubscriptionId Azure サブスクリプション ID。The Azure subscription ID.
Internal_ResourceGroupNameInternal_ResourceGroupName Automation アカウントのリソース グループ名。The Automation account resource group name.

注意

変数 External_WaitTimeForVMRetryInSeconds の場合、既定値は 600 から 2100 に更新されています。For the variable External_WaitTimeForVMRetryInSeconds, the default value has been updated from 600 to 2100.

すべてのシナリオで、変数 External_Start_ResourceGroupNamesExternal_Stop_ResourceGroupNames、および External_ExcludeVMNames は、VM のターゲット設定に必要です。ただし、 AutoStop_CreateAlert_ParentSequencedStartStop_Parent 、および ScheduledStartStop_Parent Runbook のコンマ区切りの VM リストは除きます。Across all scenarios, the variables External_Start_ResourceGroupNames, External_Stop_ResourceGroupNames, and External_ExcludeVMNames are necessary for targeting VMs, except for the comma-separated VM lists for the AutoStop_CreateAlert_Parent , SequencedStartStop_Parent , and ScheduledStartStop_Parent runbooks. つまり、開始および停止アクションを発生させるには、対象のリソース グループに VM が属している必要があります。That is, your VMs must belong to target resource groups for start and stop actions to occur. このロジックは Azure Policy に似ています。サブスクリプションまたはリソース グループを対象にすることができ、アクションは新しく作成された VM に継承されます。The logic works similar to Azure Policy, in that you can target the subscription or resource group and have actions inherited by newly created VMs. この方法により、VM ごとに個別のスケジュールを保持したり、スケールで起動および停止を管理したりする必要がなくなります。This approach avoids having to maintain a separate schedule for every VM and manage starts and stops in scale.

スケジュールSchedules

次の表は、Automation アカウント内に作成される既定のスケジュールの一覧です。The following table lists each of the default schedules created in your Automation account.  それらを変更したり、独自のカスタム スケジュールを作成したりできます。You can modify them or create your own custom schedules.  既定では、すべてのスケジュールは Scheduled_StartVMScheduled_StopVM スケジュールを除いて無効になっています。By default, all schedules are disabled except for the Scheduled_StartVM and Scheduled_StopVM schedules.

すべてのスケジュールを有効にしないでください。スケジュール操作が重複する可能性があります。Don't enable all schedules, because doing so might create overlapping schedule actions. 実行する必要がある最適化を特定し、それに応じて変更することをお勧めします。It's best to determine which optimizations you want to do and modify them accordingly. 詳細については、概要セクションのシナリオ例をご覧ください。See the example scenarios in the overview section for further explanation.

スケジュール名Schedule name 頻度Frequency 説明Description
Schedule_AutoStop_CreateAlert_ParentSchedule_AutoStop_CreateAlert_Parent 8 時間ごとEvery 8 hours AutoStop_CreateAlert_Parent Runbook を 8 時間ごとに実行し、External_Start_ResourceGroupNamesExternal_Stop_ResourceGroupNames、および External_ExcludeVMNames 変数の VM ベースの値を停止します。Runs the AutoStop_CreateAlert_Parent runbook every 8 hours, which in turn stops the VM-based values in External_Start_ResourceGroupNames, External_Stop_ResourceGroupNames, and External_ExcludeVMNames variables. または、VMList パラメーターを使用して VM のコンマ区切りリストを指定できます。Alternatively, you can specify a comma-separated list of VMs by using the VMList parameter.
Scheduled_StopVMScheduled_StopVM ユーザー定義、毎日User-defined, daily Stop パラメーターを持つ ScheduledStopStart_Parent Runbook を毎日指定された時刻に実行します。Runs the ScheduledStopStart_Parent runbook with a parameter of Stop every day at the specified time.  変数資産によって定義されたルールを満たす VM すべてを自動的に停止します。Automatically stops all VMs that meet the rules defined by variable assets.  関連するスケジュール ( Scheduled-StartVM ) を有効にしてください。Enable the related schedule Scheduled-StartVM .
Scheduled_StartVMScheduled_StartVM ユーザー定義、毎日User-defined, daily Start パラメーター値を持つ ScheduledStopStart_Parent Runbook を毎日指定された時刻に実行します。Runs the ScheduledStopStart_Parent runbook with a parameter value of Start every day at the specified time. 変数資産によって定義されたルールを満たす VM すべてを自動的に開始します。Automatically starts all VMs that meet the rules defined by variable assets.  関連するスケジュール ( Scheduled-StopVM ) を有効にしてください。Enable the related schedule Scheduled-StopVM .
Sequenced-StopVMSequenced-StopVM 午前 1 時 00 分 (UTC)、毎週金曜日1:00 AM (UTC), every Friday Stop パラメーター値を持つ Sequenced_StopStop_Parent Runook を毎週金曜日の指定された時刻に実行します。Runs the Sequenced_StopStop_Parent runbook with a parameter value of Stop every Friday at the specified time.  適切な変数で定義された SequenceStop のタグを持つ VM すべてを順番 (昇順) に停止します。Sequentially (ascending) stops all VMs with a tag of SequenceStop defined by the appropriate variables. タグ値と資産である変数の詳細については、「Runbook」を参照してください。For more information on tag values and asset variables, see Runbooks.  関連するスケジュール ( Sequenced-StartVM ) を有効にしてください。Enable the related schedule, Sequenced-StartVM .
Sequenced-StartVMSequenced-StartVM 午後 1 時 00 分 (UTC)、毎週月曜日1:00 PM (UTC), every Monday Start のパラメーター値を持つ SequencedStopStart_Parent Runbook を毎週月曜日の指定された時刻に実行します。Runs the SequencedStopStart_Parent runbook with a parameter value of Start every Monday at the specified time. 適切な変数で定義された SequenceStart のタグを持つ VM すべてを順番 (降順)に 起動します。Sequentially (descending) starts all VMs with a tag of SequenceStart defined by the appropriate variables. タグ値と変数資産の詳細については、「Runbook」を参照してください。For more information on tag values and variable assets, see Runbooks. 関連するスケジュール ( Sequenced-StopVM ) を有効にしてください。Enable the related schedule, Sequenced-StopVM .

クラシック VM で機能を使用するUse the feature with classic VMs

クラシック VM に Start/Stop VMs during off-hours 機能を使用している場合、Automation によってクラウド サービスごとにすべての VM が順番に処理されます。If you are using the Start/Stop VMs during off-hours feature for classic VMs, Automation processes all your VMs sequentially per cloud service. VM は、異なる複数のクラウド サービスでまだ並列に処理されています。VMs are still processed in parallel across different cloud services.

クラシック VM でこの機能を使用するには、既定では作成されないクラシック実行アカウントが必要です。For use of the feature with classic VMs, you need a Classic Run As account, which is not created by default. クラシック実行アカウントの作成手順については、「クラシック実行アカウントの作成」を参照してください。For instructions on creating a Classic Run As account, see Create a Classic Run As account.

クラウド サービスあたり 20 個を超える VM がある場合は、次のような推奨事項があります。If you have more than 20 VMs per cloud service, here are some recommendations:

  • 親 Runbook の ScheduledStartStop_Parent で複数のスケジュールを作成し、スケジュールごとに 20 個の VM を指定します。Create multiple schedules with the parent runbook ScheduledStartStop_Parent and specifying 20 VMs per schedule.
  • スケジュール プロパティで VMList パラメーターを使用して、コンマ区切りリスト (空白なし) として VM 名を指定します。In the schedule properties, use the VMList parameter to specify VM names as a comma-separated list (no whitespaces).

そうしないと、この機能の Automation ジョブが 3 時間を超えて実行された場合、そのジョブはフェア シェア制限に従って一時的にアンロードまたは停止されます。Otherwise, if the Automation job for this feature runs more than three hours, it's temporarily unloaded or stopped per the fair share limit.

Azure CSP サブスクリプションでは、Azure Resource Manager モデルのみがサポートされます。Azure CSP subscriptions support only the Azure Resource Manager model. Azure Resource Manager 以外のサービスは、プログラムでは使用できません。Non-Azure Resource Manager services are not available in the program. Start/Stop VMs during off-hours 機能の実行中は、クラシック リソースを管理するコマンドレットがあるため、エラーが発生することがあります。When the Start/Stop VMs during off-hours feature runs, you might receive errors since it has cmdlets to manage classic resources. CSP について詳しくは、CSP サブスクリプションで利用可能なサービスに関するページをご覧ください。To learn more about CSP, see Available services in CSP subscriptions. CSP サブスクリプションを使用する場合、デプロイ後に External_EnableClassicVMs 変数を False に設定する必要があります。If you use a CSP subscription, you should set the External_EnableClassicVMs variable to False after deployment.

注意

この記事は最近、Log Analytics ではなく Azure Monitor ログという用語を使うように更新されました。This article was recently updated to use the term Azure Monitor logs instead of Log Analytics. ログ データは引き続き Log Analytics ワークスペースに格納され、同じ Log Analytics サービスによって収集されて分析されます。Log data is still stored in a Log Analytics workspace and is still collected and analyzed by the same Log Analytics service. Azure Monitor のログの役割をより適切に反映させるために、用語を更新しています。We are updating the terminology to better reflect the role of logs in Azure Monitor. 詳しくは、Azure Monitor の用語の変更に関するページをご覧ください。See Azure Monitor terminology changes for details.

機能を有効にするEnable the feature

機能の使用を開始するには、Start/Stop VMs during off-hours を有効にする方法に関するページの手順に従います。To begin using the feature, follow the steps in Enable Start/Stop VMs during off-hours.

機能を表示するView the feature

有効にした機能にアクセスするには、次のいずれかのメカニズムを使用します。Use one of the following mechanisms to access the enabled feature:

  • Automation アカウントから、 [関連リソース][VM の開始/停止] を選択します。From your Automation account, select Start/Stop VM under Related Resources . [VM の起動/停止] ページで、 [VM ソリューションの開始/停止] の下にある [ソリューションの管理] を選択します。On the Start/Stop VM page, select Manage the solution under Manage Start/Stop VM Solutions .

  • Automation アカウントにリンクされている Log Analytics ワークスペースに移動します。Navigate to the Log Analytics workspace linked to your Automation account. ワークスペースを選択した後、左側のペインから [ソリューション] を選択します。After after selecting the workspace, choose Solutions from the left pane. [ソリューション] ページで、一覧から Start-Stop-VM[ワークスペース] を選択します。On the Solutions page, select Start-Stop-VM[workspace] from the list.

機能を選択すると、Start-Stop-VM[ワークスペース] ページが表示されます。Selecting the feature displays the Start-Stop-VM[workspace] page. ここでは、 StartStopVM タイルの情報など、重要な詳細を確認できます。Here you can review important details, such as the information in the StartStopVM tile. Log Analytics ワークスペースと同様、このタイルには、その機能に関して開始された Runbook ジョブの数と、正常に終了した Runbook ジョブの数、およびそのグラフが表示されます。As in your Log Analytics workspace, this tile displays a count and a graphical representation of the runbook jobs for the feature that have started and have finished successfully.

Automation Update Management ページ

ジョブ レコードの詳細な分析を実行するには、ドーナツ タイルをクリックします。You can perform further analysis of the job records by clicking the donut tile. ダッシュボードに、ジョブ履歴と定義済みのログ検索クエリが表示されます。The dashboard shows job history and predefined log search queries. Log Analytics Advanced ポータルに切り替えて、検索クエリに基づいて検索を実行します。Switch to the log analytics advanced portal to search based on your search queries.

機能を更新するUpdate the feature

Start/Stop VMs during off-hours の以前のバージョンをデプロイしている場合は、更新済みリリースをデプロイする前に、まず以前のバージョンをご自身のアカウントから削除します。If you've deployed a previous version of Start/Stop VMs during off-hours, delete it from your account before deploying an updated release. 次の手順に従って機能を削除してから、機能を有効にしてください。Follow the steps to remove the feature and then follow the steps to enable it.

機能を削除するRemove the feature

機能を使用する必要がなくなった場合、ソリューションを Automation アカウントから削除できます。If you no longer need to use the feature, you can delete it from the Automation account. 機能を削除すると、関連付けられている Runbook のみが削除されます。Deleting the feature only removes the associated runbooks. 機能の追加時に作成されたスケジュールや変数は削除されません。It doesn't delete the schedules or variables that were created when the feature was added.

Start/Stop VMs during off-hours を削除するには:To delete Start/Stop VMs during off-hours:

  1. Automation アカウントで、 [関連リソース] の下にある [リンクされたワークスペース] を選択します。From your Automation account, select Linked workspace under Related resources .

  2. [ワークスペースに移動] を選択します。Select Go to workspace .

  3. [全般] の下にある [ソリューション] をクリックします。Click Solutions under General .

  4. [ソリューション] ページで、 Start-Stop-VM[ワークスペース] を選択します。On the Solutions page, select Start-Stop-VM[Workspace] .

  5. VMManagementSolution[ワークスペース] ページで、メニューから [削除] を選択します。On the VMManagementSolution[Workspace] page, select Delete from the menu.

    VM 管理機能を削除するDelete VM management feature

  6. [ソリューションの削除] ウィンドウで、機能を削除するかどうかを確定します。In the Delete Solution window, confirm that you want to delete the feature.

  7. 情報が検証され、機能が削除されている間、メニューから [通知] を選択してその進行状況を追跡できます。While the information is verified and the feature is deleted, you can track the progress under Notifications , chosen from the menu. 削除プロセスの後、[ソリューション] ページに戻ります。You're returned to the Solutions page after the removal process.

  8. Automation アカウントと Log Analytics ワークスペースは、このプロセスの一部として削除されません。The Automation account and Log Analytics workspace aren't deleted as part of this process. Log Analytics ワークスペースを保持しない場合は、Azure portal から手動で削除する必要があります。If you don't want to keep the Log Analytics workspace, you must manually delete it from the Azure portal:

    1. [Log Analytics ワークスペース] を探して選択します。Search for and select Log Analytics workspaces .

    2. [Log Analytics ワークスペース] ページで、ワークスペースを選択します。On the Log Analytics workspace page, select the workspace.

    3. メニューで [削除] を選択します。Select Delete from the menu.

    4. Azure Automation アカウント機能コンポーネントを保持しない場合、各コンポーネントを手動で削除できます。If you don't want to keep the Azure Automation account feature components, you can manually delete each.

次のステップNext steps

お使いの環境に含まれる VM でこの機能を有効にするには、「Start/Stop VMs during off-hours を有効にする」を参照してください。To enable the feature on VMs in your environment, see Enable Start/Stop VMs during off-hours.