Azure Automation の Azure PowerShell モジュールを更新する方法How to update Azure PowerShell modules in Azure Automation

Automation アカウントの Azure モジュールを更新するには、オープン ソースとして利用可能な Azure モジュールの更新 Runbook を使用する必要があります。To update the Azure modules in your Automation Account you need to use the Update Azure modules runbook, which is available as open source. Update-AutomationAzureModulesForAccount Runbook を使用した Azure モジュールの更新を始めるには、Runbook を GitHub の Update Azure modules runbook repository (Azure モジュールの更新 Runbook リポジトリ) からダウンロードします。To start using the Update-AutomationAzureModulesForAccount runbook to update your Azure modules, download it from the Update Azure modules runbook repository on GitHub. その後、それを Automation アカウントにインポートするか、スクリプトとして実行することができます。You can then import it into your Automation Account or run it as a script. Automation アカウントに Runbook をインポートする方法については、「Runbook をインポートする」をご覧ください。To learn how to import a runbook in your Automation Account, see Import a runbook.

各 Automation アカウントでは、最も一般的な AzureRM PowerShell モジュールが既定で提供されます。The most common AzureRM PowerShell modules are provided by default in each Automation account. Azure チームは Azure モジュールを定期的に更新します。そのため、最新の状態に保つためには、Update-AutomationAzureModulesForAccount Runbook を使用して Automation アカウントのモジュールを更新する必要があります。The Azure team updates the Azure modules regularly, therefore to keep up to date you will want to use the Update-AutomationAzureModulesForAccount runbook to update the modules in your Automation accounts.

モジュールは製品グループによって定期的に更新されるため、含まれているコマンドレットについて変更が発生することがあります。Because modules are updated regularly by the product group, changes can occur with the included cmdlets. そのため、変更の種類 (パラメーター名の変更、コマンドレット全体の非推奨化など) によっては、Runbook に悪影響が及ぶ可能性があります。This action may negatively impact your runbooks depending on the type of change, such as renaming a parameter or deprecating a cmdlet entirely.

Runbook やそれにより自動化されるプロセスに影響を与えないようにするため、先に進む前にテストと検証を行ってください。To avoid impacting your runbooks and the processes they automate, test and validate before proceeding. その目的のための専用の Automation アカウントがない場合は、アカウントの作成を検討してください。アカウントを作成すると、Runbook の開発中の多数のさまざまなシナリオについてテストを行うことができます。If you don't have a dedicated Automation account intended for this purpose, consider creating one so that you can test many different scenarios during the development of your runbooks. このテストで、PowerShell モジュールの更新など、反復的な変更を行ってください。This testing should include iterative changes such as updating the PowerShell modules.

スクリプトをローカルで開発する場合、確実に同じ結果が得られることをテストするとき、Automation アカウントに置いているものと同じバージョンのモジュールをローカルに用意することをお勧めします。If you develop your scripts locally, it's recommended to have the same module versions locally that you have in your Automation Account when testing to ensure you'll receive the same results. 結果を検証し、必要な変更を適用した後、変更を運用環境に移行してください。After the results are validated and you've applied any changes required, you can move the changes to production.

注意

新しい Automation アカウントには、最新のモジュールが含まれていない可能性があります。A new Automation account might not contain the latest modules.

注意

Automation のすぐに利用できるモジュールであるグローバル モジュールを削除することはできません。You will not be able to delete global modules - modules that Automation provides out of the box.

考慮事項Considerations

このプロセスを使用して Azure モジュールを更新するときの考慮事項を次に示します。The following are some considerations to take into account when using this process to update your Azure Modules:

  • この Runbook は、既定では Azure モジュールと AzureRm モジュールの更新のみをサポートしています。This runbook supports updating the Azure and AzureRm modules by default. この Runbook は Az モジュールの更新もサポートしています。This runbook supports updating the Az modules as well. この Runbook による Az モジュールの更新について詳しくは、Azure モジュールの更新 Runbook の README に関するページを参照してください。Review the Update Azure modules runbook README for more information on updating Az modules with this runbook. Automation アカウントで Az モジュールを使用するときに考慮しなければならないその他の重要な要素があります。詳しくは、Automation アカウントでの Az モジュールの使用に関するページをご覧ください。There are additional important factors that you need to take into account when using the Az modules in your Automation Account, to learn more, see Using Az modules in your Automation Account.

  • この Runbook を開始する前に、お使いの Automation アカウントに Azure 実行アカウント資格情報が作成されていることを確認すします。Before starting this runbook, make sure your Automation account has an Azure Run As account credential created.

  • このコードは、Runbook ではなく通常の PowerShell スクリプトとして使用できます。そのためには、最初に Connect-AzureRmAccount コマンドを使用して Azure にサインインし、スクリプトに -Login $false を渡します。You can use this code as a regular PowerShell script instead of a runbook: just sign in to Azure using the Connect-AzureRmAccount command first, then pass -Login $false to the script.

  • ソブリン クラウドでこの Runbook を使用するには、AzureRmEnvironment パラメーターを使用して、適切な環境を Runbook に渡します。To use this runbook on the sovereign clouds, use the AzureRmEnvironment parameter to pass the correct environment to the runbook. 指定できる値は、AzureCloudAzureChinaCloudAzureGermanCloud、および AzureUSGovernment です。Acceptable values are AzureCloud, AzureChinaCloud, AzureGermanCloud, and AzureUSGovernment. これらの値は Get-AzureRmEnvironment | select Name を使用して取得できます。These values can be retrieved from using Get-AzureRmEnvironment | select Name. このパラメーターに値を渡さない場合、Runbook は既定で、Azure パブリック クラウドの AzureCloud を使用しますIf you don't pass a value to this parameter, the runbook will default to the Azure public cloud AzureCloud

  • PowerShell ギャラリーで提供されている最新のものではなく、Azure PowerShell モジュールの特定のバージョンを使用する場合は、それらのバージョンを、Update-AutomationAzureModulesForAccount Runbook の省略可能な ModuleVersionOverrides パラメーターに渡します。If you want to use a specific Azure PowerShell module version instead of the latest available on the PowerShell Gallery, pass these versions to the optional ModuleVersionOverrides parameter of the Update-AutomationAzureModulesForAccount runbook. 例については、Update-AutomationAzureModulesForAccount.ps1 Runbook をご覧ください。For examples, see the Update-AutomationAzureModulesForAccount.ps1 runbook. ModuleVersionOverrides パラメーターで指定されていない Azure PowerShell モジュールは、PowerShell ギャラリーにあるモジュールの最新バージョンで更新されます。Azure PowerShell modules that aren't mentioned in the ModuleVersionOverrides parameter are updated with the latest module versions on the PowerShell Gallery. ModuleVersionOverrides パラメーターに何も渡さなかった場合は、すべてのモジュールが、PowerShell ギャラリーにある最新のモジュール バージョンで更新されます。If you pass nothing to the ModuleVersionOverrides parameter, all modules are updated with the latest module versions on the PowerShell Gallery. この動作は、 [Azure モジュールの更新] ボタンをクリックするのと同じことです。This behavior is the same as the Update Azure Modules button.

次の手順Next steps

詳しくは、オープン ソースの Azure モジュールの更新 Runbook をご覧ください。Visit the open source Update Azure modules runbook to learn more about it.