ローカル マシンでのファイル変更を追跡する Azure Automation 監視タスクを作成するCreate an Azure Automation watcher tasks to track file changes on a local machine

Azure Automation では監視タスクを使用して、イベントを監視し、アクションをトリガーします。Azure Automation uses watcher tasks to watch for events and trigger actions. このチュートリアルでは、ディレクトリへの新しいファイルの追加を監視する監視タスクの作成手順について説明します。This tutorial walks you through creating a watcher task to monitor when a new file is added to a directory.

このチュートリアルで学習する内容は次のとおりです。In this tutorial, you learn how to:

  • 監視 Runbook をインポートするImport a watcher runbook
  • Automation 変数を作成するCreate an Automation variable
  • アクション Runbook を作成するCreate an action runbook
  • 監視タスクを作成するCreate a watcher task
  • 監視をトリガーするTrigger a watcher
  • 出力を確認するInspect the output

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。To complete this tutorial, the following are required:

監視 Runbook をインポートするImport a watcher runbook

このチュートリアルでは、Watch-NewFile という名前の監視 Runbook を使用して、ディレクトリ内の新規ファイルを検索します。This tutorial uses a watcher runbook called Watch-NewFile to look for new files in a directory. この監視 Runbook は、フォルダー内のファイルに対する既知の最終書き込み時刻を取得し、この基準時刻より新しいファイルを監視します。The watcher runbook retrieves the last known write time to the files in a folder and looks at any files newer than that watermark. このステップでは、この Runbook を Automation アカウントにインポートします。In this step, you import this runbook into your automation account.

  1. Automation アカウントを開き、[Runbook] ページをクリックします。Open your Automation account, and click on the Runbooks page.
  2. [ギャラリーの参照] ボタンをクリックします。Click on the Browse gallery button.
  3. "監視 Runbook" を検索し、[Watcher runbook that looks for new files in a directory](ディレクトリ内の新規ファイルを検索する監視 Runbook) を選択して [インポート] をクリックします。Search for "Watcher runbook", select Watcher runbook that looks for new files in a directory and select Import. UI での Automation Runbook のインポートImport automation runbook from UI
  4. Runbook の名前と説明を入力して [OK] を選択し、Automation アカウントにこの Runbook をインポートします。Give the runbook a name and description and select OK to import the runbook into your Automation account.
  5. [編集] を選択し、[公開] をクリックします。Select Edit and then click Publish. プロンプトが表示されたら、[はい] を選択して Runbook を公開します。When prompted select Yes to publish the runbook.

Automation 変数を作成するCreate an Automation variable

Automation 変数を使用して、上述の Runbook が各ファイルから読み取って保存するタイムスタンプを格納します。An automation variable is used to store the timestamps that the preceding runbook reads and stores from each file.

  1. [共有リソース][変数] を選択し、[+ 変数の追加] を選びます。Select Variables under SHARED RESOURCES and select + Add a variable.
  2. 名前に「Watch-NewFileTimestamp」と入力します。Enter "Watch-NewFileTimestamp" for the name
  3. 型には DateTime を選択します。Select DateTime for Type.
  4. [作成] ボタンをクリックします。Click on the Create button. これで、Automation 変数が作成されます。This creates the automation variable.

アクション Runbook を作成するCreate an action runbook

監視タスクで、アクション Runbook を使用して、監視 Runbook から渡されたデータを操作します。An action runbook is used in a watcher task to act on the data passed to it from a watcher runbook. この手順では、"Process-NewFile" という名前の事前定義済みのアクション Runbook をインポートして更新します。In this step, you update import a pre-defined action runbook called "Process-NewFile".

  1. Automation アカウントに移動して、[プロセスの自動化] カテゴリで [Runbook] を選択します。Navigate to your automation account and select Runbooks under the PROCESS AUTOMATION category.
  2. [ギャラリーの参照] ボタンをクリックします。Click on the Browse gallery button.
  3. "監視アクション" を検索して [Watcher action that processes events triggered by a watcher runbook](監視 Runbook でトリガーされたイベントを処理する監視アクション) を選択し、[インポート] をクリックします。Search for "Watcher action" and select Watcher action that processes events triggered by a watcher runbook and select Import. UI でのアクション Runbook のインポートImport action runbook from UI
  4. Runbook の名前と説明を入力して [OK] を選択し、Automation アカウントにこの Runbook をインポートします。Give the runbook a name and description and select OK to import the runbook into your Automation account.
  5. [編集] を選択し、[公開] をクリックします。Select Edit and then click Publish. プロンプトが表示されたら、[はい] を選択して Runbook を公開します。When prompted select Yes to publish the runbook.

監視タスクを作成するCreate a watcher task

監視タスクには、2 つの要素が含まれています。The watcher task contains two parts. 監視とアクションです。The watcher and the action. 監視の実行は、監視タスクに定義された間隔で行われます。The watcher runs at an interval defined in the watcher task. 監視 Runbook からのデータは、アクション Runbook に渡されます。Data from the watcher runbook is passed onto the action runbook. この手順では、上記の手順で定義した監視 Runbook とアクション Runbook を参照する監視タスクを構成します。In this step, you configure the watcher task referencing the watcher and action runbooks defined in the preceding steps.

  1. Automation アカウントに移動して、[プロセスの自動化] カテゴリで [監視タスク] を選択します。Navigate to your automation account and select Watcher tasks under the PROCESS AUTOMATION category.
  2. [監視タスク] ページを選択して、[+ 監視タスクの追加] ボタンをクリックします。Select the Watcher tasks page and click on + Add a watcher task button.
  3. 名前に「WatchMyFolder」と入力します。Enter "WatchMyFolder" as the name.

  4. [監視を構成] を選択し、Watch-NewFile Runbook を選びます。Select Configure watcher and select the Watch-NewFile runbook.

  5. 各パラメーターの値を次のように入力します。Enter the following values for the parameters:

    • FOLDERPATH - 新しいファイルが作成される、ハイブリッド ワーカー上のフォルダー。FOLDERPATH - A folder on the hybrid worker where new files get created. d:\examplefilesd:\examplefiles
    • EXTENSION - すべてのファイル拡張子を処理するために、空白のままにします。EXTENSION - Leave blank to process all file extensions.
    • RECURSE - この値は既定値のままにします。RECURSE - Leave this value as the default.
    • RUN SETTINGS - ハイブリッド ワーカーを選択します。RUN SETTINGS - Pick the hybrid worker.
  6. [OK] をクリックし、[監視] ページに戻るように選択します。Click OK, and then Select to return to the watcher page.

  7. [アクションを構成] を選択し、“Process-NewFile” Runbook を選びます。Select Configure action and select "Process-NewFile" runbook.
  8. パラメーターに次の値を入力します。Enter the following values for parameters:

    • EVENTDATA - 空白のままにします。EVENTDATA - Leave blank. 監視 Runbook からデータが渡されます。Data is passed in from the watcher runbook.
    • Run Settings - この Runbook は Automation サービスで実行するので、Azure のままにします。Run Settings - Leave as Azure as this runbook runs in the Automation service.
  9. [OK] をクリックし、[監視] ページに戻るように選択します。Click OK, and then Select to return to the watcher page.

  10. [OK] をクリックして監視タスクを作成します。Click OK to create the watcher task.

UI での監視アクションの構成

監視をトリガーするTrigger a watcher

監視が想定通りに動作するかテストするには、テスト ファイルを作成する必要があります。To test the watcher is working as expected, you need to create a test file.

ハイブリッド ワーカーにリモート接続します。Remote into the hybrid worker. PowerShell を開き、テスト対象のフォルダーにテスト ファイルを作成します。Open PowerShell and create a test file in the folder.

New-Item -Name ExampleFile1.txt

次の例で、想定される出力を示します。The following example shows the expected output.

    Directory: D:\examplefiles


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----       12/11/2017   9:05 PM              0 ExampleFile1.txt

出力を確認するInspect the output

  1. Automation アカウントに移動して、[プロセスの自動化] カテゴリで [監視タスク] を選択します。Navigate to your automation account and select Watcher tasks under the PROCESS AUTOMATION category.
  2. 監視タスク "WatchMyFolder" を選択します。Select the watcher task "WatchMyFolder".
  3. [ストリーム][監視ストリームを表示] をクリックして、監視が新しいファイルを検出し、アクション Runbook を開始したかを確認します。Click on View watcher streams under Streams to see that the watcher found the new file and started the action runbook.
  4. [監視アクション ジョブを表示] をクリックして、アクション Runbook ジョブを表示します。To see the action runbook jobs, click on the View watcher action jobs. 各ジョブを選択すると、ジョブの詳細を確認できます。Each job can be selected the view the details of the job.

    UI 上の監視アクション ジョブ

新しいファイルが検出された場合に想定される出力は、次の例のようになります。The expected output when the new file is found can be seen in the following example:

Message is Process new file...



Passed in data is @{FileName=D:\examplefiles\ExampleFile1.txt; Length=0}

次の手順Next steps

このチュートリアルで学習した内容は次のとおりです。In this tutorial, you learned how to:

  • 監視 Runbook をインポートするImport a watcher runbook
  • Automation 変数を作成するCreate an Automation variable
  • アクション Runbook を作成するCreate an action runbook
  • 監視タスクを作成するCreate a watcher task
  • 監視をトリガーするTrigger a watcher
  • 出力を確認するInspect the output

次のリンクから、独自の Runbook を作成する方法についてご覧ください。Follow this link to learn more about authoring your own runbook.