Azure VM で変更履歴とインベントリを有効にする

この記事では、Azure VM を使用して他のコンピューターで変更履歴とインベントリを有効にする方法について説明します。 Azure VM を大規模に有効にするには、変更履歴とインベントリを使用して既存の VM を有効にする必要があります。

注意

変更履歴とインベントリを有効にする際、Log Analytics ワークスペースと Automation アカウントのリンクは特定のリージョンでのみサポートされています。 サポートされているマッピング ペアの一覧については、Automation アカウントと Log Analytics ワークスペースのリージョン マッピングに関する記事をご覧ください。

前提条件

Azure へのサインイン

Azure Portal ( https://portal.azure.com ) にサインインします。

Change Tracking と Inventory の有効化

  1. [Azure portal][仮想マシン] を選択するか、[ホーム] ページから [仮想マシン] を検索して選択します。

  2. 変更履歴とインベントリを有効にする VM を選択します。 VM は、ご使用の Automation アカウントの場所に関係なく任意のリージョンに存在できます。

  3. VM ページで、 [構成管理] で、 [インベントリ] または [Change tracking](変更履歴) を選択します。

  4. ワークスペースに VM を有効にするかどうかを判断するには、Microsoft.OperationalInsights/workspaces/read アクセス許可が必要です。 必要な追加のアクセス許可については、機能セットアップのアクセス許可に関するページをご覧ください。 一度に複数のコンピューターを有効にする方法については、「Automation アカウントで変更履歴とインベントリを有効にする」をご覧ください。

  5. Log Analytics ワークスペースおよび Automation アカウントを選択し、 [有効にする] をクリックして、VM で変更履歴とインベントリを有効にします。 セットアップが完了するまでに最高 15 分かかります。

次のステップ