Azure のリージョンと Availability ZonesRegions and Availability Zones in Azure

Microsoft Azure サービスは、クラウド運用を最適なレベルで推進できるよう、グローバルに利用可能です。Microsoft Azure services are available globally to drive your cloud operations at an optimal level. サービスの機能、データ所在地、コンプライアンス要件、待機時間などの技術的および規制上の考慮事項に基づいて、ニーズに最適なリージョンを選択できます。You can choose the best region for your needs based on technical and regulatory considerations: service capabilities, data residency, compliance requirements, and latency.

用語Terminology

主な用語や概念を理解することは、Azure のリージョンと Availability Zones について理解を深める上で役立ちます。To better understand regions and Availability Zones in Azure, it helps to understand key terms or concepts.

用語または概念Term or concept 説明Description
regionregion 待機時間の短い専用のリージョン ネットワークを介して接続される、待機時間で定義された境界内にデプロイされている一連のデータセンター。A set of datacenters deployed within a latency-defined perimeter and connected through a dedicated regional low-latency network.
geographygeography 少なくとも 1 つの Azure リージョンを含む、世界のいずれかの地域。An area of the world containing at least one Azure region. 地域によって個別のマーケットが定義され、データ所在地とコンプライアンスの境界が保持されます。Geographies define a discrete market that preserve data residency and compliance boundaries. 地域では、データの保存場所とコンプライアンスに関して特定の要件を持つお客様が、データとアプリケーションを近くの場所に維持できます。Geographies allow customers with specific data-residency and compliance needs to keep their data and applications close. 地域はフォールト トレランスを備えており、Microsoft のキャパシティが大きい専用ネットワーク インフラストラクチャへの接続によってリージョン全体の障害に耐えられます。Geographies are fault-tolerant to withstand complete region failure through their connection to our dedicated high-capacity networking infrastructure.
可用性ゾーンAvailability Zone 一意の物理的なリージョン内の場所。Unique physical locations within a region. それぞれのゾーンは、独立した電源、冷却手段、ネットワークを備えた 1 つまたは複数のデータセンターで構成されています。Each zone is made up of one or more datacenters equipped with independent power, cooling, and networking.
推奨されるリージョンrecommended region 最も広範なサービス機能を提供するリージョンで、現在、または将来 Availability Zones をサポートするように設計されています。A region that provides the broadest range of service capabilities and is designed to support Availability Zones now, or in the future. これらは、Azure portal では [推奨] に指定されています。These are designated in the Azure portal as Recommended.
代替 (その他の) リージョンalternate (other) region 推奨されるリージョンも存在するデータ所在地の境界内で Azure のフットプリントを拡張するリージョン。A region that extends Azure's footprint within a data residency boundary where a recommended region also exists. 代替リージョンは、待機時間を最適化し、ディザスター リカバリーのニーズに対応する 2 つ目のリージョンを提供します。Alternate regions help to optimize latency and provide a second region for disaster recovery needs. これらは、Availability Zones をサポートするようには設計されていません (ただし、Azure では、推奨されるリージョンにすべきかどうかを判断するために、これらのリージョンに対して定期的な評価を行っています)。They are not designed to support Availability Zones (although Azure conducts regular assessment of these regions to determine if they should become recommended regions). これらは、Azure portal では [その他] に指定されています。These are designated in the Azure portal as Other.
基本サービスfoundational service リージョンが一般提供されている場合に、すべてのリージョンで利用可能なコア Azure サービス。A core Azure service that is available in all regions when the region is generally available.
メインストリーム サービスmainstream service リージョンまたはサービスの一般提供、または代替リージョンでの需要主導の提供から 12 か月以内にすべての推奨されるリージョンで利用可能な Azure サービス。An Azure service that is available in all recommended regions within 12 months of the region/service general availability or demand-driven availability in alternate regions.
専用サービスspecialized service カスタマイズされたハードウェア、または専用ハードウェアによって支えられているリージョン間で需要主導で提供されている Azure サービス。An Azure service that is demand-driven availability across regions backed by customized/specialized hardware.
リージョン サービスregional service リージョンごとにデプロイされた Azure サービス。顧客は、サービスのデプロイ先となるリージョンを指定できます。An Azure service that is deployed regionally and enables the customer to specify the region into which the service will be deployed. 詳細なリストについては、リージョン別の利用可能な製品に関するページを参照してください。For a complete list, see Products available by region.
リージョンに依存しないサービスnon-regional service 特定の Azure リージョンへの依存関係がない Azure サービス。An Azure service for which there is no dependency on a specific Azure region. リージョンに依存しないサービスは 2 つ以上のリージョンにデプロイされており、あるリージョンで障害が発生した場合は、別のリージョンのサービスのインスタンスが引き続き顧客にサービスを提供します。Non-regional services are deployed to two or more regions and if there is a regional failure, the instance of the service in another region continues servicing customers. 詳細なリストについては、リージョン別の利用可能な製品に関するページを参照してください。For a complete list, see Products available by region.

リージョンRegions

リージョンは、待ち時間で定義された境界内でデプロイされ、待ち時間の短い専用リージョン ネットワークを介して接続された一連のデータセンターです。A region is a set of datacenters deployed within a latency-defined perimeter and connected through a dedicated regional low-latency network. Azure では、複数のリージョンにわたってデプロイしてリージョンをまたがる回復性を提供するなど、必要な場所にアプリケーションをデプロイできる柔軟性があります。Azure gives you the flexibility to deploy applications where you need to, including across multiple regions to deliver cross-region resiliency. 詳細については、「回復性の柱の概要」を参照してください。For more information, see Overview of the resiliency pillar.

可用性ゾーンAvailability Zones

Availability Zone とは高可用性を提供するサービスで、アプリケーションとデータをデータセンターの障害から保護します。An Availability Zone is a high-availability offering that protects your applications and data from datacenter failures. Availability Zones は、Azure リージョン内の一意の物理的な場所です。Availability Zones are unique physical locations within an Azure region. それぞれのゾーンは、独立した電源、冷却手段、ネットワークを備えた 1 つまたは複数のデータセンターで構成されています。Each zone is made up of one or more datacenters equipped with independent power, cooling, and networking. 回復性を確保するため、有効になっているリージョンにはいずれも最低 3 つのゾーンが別個に存在しています。To ensure resiliency, there's a minimum of three separate zones in all enabled regions. Availability Zones は 1 リージョン内で物理的に分離されているため、データセンターで障害が発生した場合でもアプリケーションとデータを保護できます。The physical separation of Availability Zones within a region protects applications and data from datacenter failures. ゾーン冗長サービスによって、単一障害点から保護されるように Availability Zones 全体でアプリケーションとデータがレプリケートされます。Zone-redundant services replicate your applications and data across Availability Zones to protect from single-points-of-failure. Availability Zones では、Azure によって業界最高の 99.99% VM アップタイム SLA が実現されます。With Availability Zones, Azure offers industry best 99.99% VM uptime SLA. 完全な Azure SLA では、全体としての Azure の可用性の確保について説明します。The full Azure SLA explains the guaranteed availability of Azure as a whole.

Azure リージョン内の可用性ゾーンは、障害ドメインと更新ドメインを組み合わせたものです。An Availability Zone in an Azure region is a combination of a fault domain and an update domain. たとえば、Azure リージョンの 3 つのゾーンに 3 つ以上の VM を作成する場合、VM は実際には 3 つの障害ドメインと 3 つの更新ドメインに分散されます。For example, if you create three or more VMs across three zones in an Azure region, your VMs are effectively distributed across three fault domains and three update domains. Azure プラットフォームによって更新ドメイン全体でこの分散が認識され、異なるゾーンにある VM が同時に更新されるスケジュールにならないことが保証されます。The Azure platform recognizes this distribution across update domains to make sure that VMs in different zones are not scheduled to be updated at the same time.

高可用性をアプリケーションに構築するには、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、およびデータ リソースを 1 つのゾーン内に併置し、他のゾーンでレプリケートします。Build high-availability into your application architecture by co-locating your compute, storage, networking, and data resources within a zone and replicating in other zones. Availability Zones をサポートしている Azure サービスは、次の 2 つのカテゴリに分類されます。Azure services that support Availability Zones fall into two categories:

  • ゾーン サービス – 特定のゾーン (たとえば、仮想マシン、マネージド ディスク、標準の IP アドレス) にリソースがピンされます。Zonal services – where a resource is pinned to a specific zone (for example, virtual machines, managed disks, Standard IP addresses), or
  • ゾーン冗長サービス – Azure プラットフォームが複数のゾーンにわたって自動的にレプリケートされる場合 (ゾーン冗長ストレージ、SQL Database など) はこちらです。Zone-redundant services – when the Azure platform replicates automatically across zones (for example, zone-redundant storage, SQL Database).

Azure での包括的なビジネス継続性を実現するには、Availability Zones と Azure リージョンの組み合わせを使用してアプリケーション アーキテクチャを構築します。To achieve comprehensive business continuity on Azure, build your application architecture using the combination of Availability Zones with Azure region pairs. 1 つの Azure リージョン内で Availability Zones を使用してアプリケーションとデータを同期的にレプリケートして高可用性を実現し、複数の Azure リージョン全体で非同期的にレプリケートしてディザスター リカバリー保護を実現できます。You can synchronously replicate your applications and data using Availability Zones within an Azure region for high-availability and asynchronously replicate across Azure regions for disaster recovery protection.

1 リージョン内でゾーンが 1 つダウンした場合の概念図

重要

可用性ゾーン識別子 (上の図の番号 1、2、3) は、各サブスクリプションの実際の物理ゾーンに個別に論理マップされます。The Availability Zone identifiers (the numbers 1, 2 and 3 in the picture above) are logically mapped to the actual physical zones for each subscription independently. つまり、特定のサブスクリプションの可用性ゾーン 1 が、別のサブスクリプションの可用性ゾーン 1 とは異なる物理ゾーンを参照している可能性があります。That means that Availability Zone 1 in a given subscription might refer to a different physical zone than Availability Zone 1 in a different subscription. そのため、仮想マシンの配置では、異なるサブスクリプション間で可用性ゾーン ID を使用しないようにお勧めします。As a consequence, it's recommended to not rely on Availability Zone IDs across different subscriptions for virtual machine placement.

リージョンとサービスのカテゴリRegion and service categories

リージョンをまたがる Azure サービスの可用性に関する Azure のアプローチは、推奨されるリージョンと代替リージョンで利用可能なサービスを表現することでうまく示すことができます。Azure's approach on availability of Azure services across regions is best described by expressing services made available in recommended regions and alternate regions.

  • 推薦されるリージョン - 最も広範なサービス機能を提供するリージョンで、現在、または将来 Availability Zones をサポートするように設計されています。Recommended region - A region that provides the broadest range of service capabilities and is designed to support Availability Zones now, or in the future. これらは、Azure portal では [推奨] に指定されています。These are designated in the Azure portal as Recommended.
  • 代替 (その他の) リージョン - 推奨されるリージョンも存在するデータ所在地の境界内で Azure のフットプリントを拡張するリージョン。Alternate (other) region - A region that extends Azure's footprint within a data residency boundary where a recommended region also exists. 代替リージョンは、待機時間を最適化し、ディザスター リカバリーのニーズに対応する 2 つ目のリージョンを提供します。Alternate regions help to optimize latency and provide a second region for disaster recovery needs. これらは、Availability Zones をサポートするようには設計されていません (ただし、Azure では、推奨されるリージョンにすべきかどうかを判断するために、これらのリージョンに対して定期的な評価を行っています)。They are not designed to support Availability Zones (although Azure conducts regular assessment of these regions to determine if they should become recommended regions). これらは、Azure portal では [その他] に指定されています。These are designated in the Azure portal as Other.

リージョンの種類の比較Comparing region types

Azure サービスは、基本サービス、メインストリーム サービス、専用サービスという 3 つのカテゴリに分類されています。Azure services are grouped into three categories: foundational, mainstream, and specialized services. 特定のリージョンへのサービスのデプロイに関する Azure の一般的なポリシーは、主にリージョンの種類、サービス カテゴリ、および顧客の需要によって決まります。Azure's general policy on deploying services into any given region is primarily driven by region type, service categories, and customer demand:

  • 基本 – リージョンが一般提供されている場合、または新しい基本サービスの一般提供から 12 か月以内に推奨されるリージョンと代替リージョンで利用できます。Foundational – Available in all recommended and alternate regions when the region is generally available, or within 12 months of a new foundational service becoming generally available.
  • メインストリーム – リージョンまたはサービスの一般提供から 12 か月以内に、すべての推奨されるリージョンで利用できます。代替リージョンでは、需要主導です (多くは、既に別のリージョンの大きなサブセットにデプロイされています)。Mainstream – Available in all recommended regions within 12 months of the region/service general availability; demand-driven in alternate regions (many are already deployed into a large subset of alternate regions).
  • 専用 - 特に業界に重点を置いているハードウェア、またはカスタマイズや専用化されたハードウェアによってサポートされる、対象指定のサービス内容。Specialized – Targeted service offerings, often industry-focused or backed by customized/specialized hardware. 複数のリージョンにわたり、需要主導で提供されます (多くは、既に別のリージョンの大きなサブセットにデプロイされています)。Demand-driven availability across regions (many are already deployed into a large subset of recommended regions).

特定のリージョンにデプロイされているサービスと、リージョン内のサービスのプレビューまたは一般提供のロードマップを確認するには、リージョン別の利用可能な製品に関するページを参照してください。To see which services are deployed in a given region, as well as the future roadmap for preview or general availability of services in a region, see Products available by region.

サービス内容が特定のリージョンで利用できない場合は、Microsoft の営業担当者に連絡してリクエストすることができます。If a service offering is not available in a specific region, you can share your interest by contacting your Microsoft sales representative.

リージョンの種類Region type リージョン依存なしNon-regional 基本Foundational メインストリームMainstream 専用イメージSpecialized 可用性ゾーンAvailability Zones データの保存場所Data residency
推奨Recommended ✔️ ✔️ ✔️ 需要主導型Demand-driven ✔️ ✔️
代替Alternate ✔️ ✔️ 需要主導型Demand-driven 需要主導型Demand-driven 該当なしN/A ✔️

カテゴリ別のサービスServices by category

前述のように、Azure のサービスは、基本サービス、メインストリーム サービス、および専用サービスという 3 つのカテゴリに分類されています。As mentioned previously, Azure classifies services into three categories: foundational, mainstream, and specialized. サービス カテゴリは、一般提供の際に割り当てられます。Service categories are assigned at general availability. 多くの場合、サービスのライフサイクルは専用サービスから始まり、その需要や使用率が増加すると、メインストリーム サービスまたは基本サービスに昇格される可能性があります。Often, services start their lifecycle as a specialized service and as demand and utilization increases may be promoted to mainstream or foundational. 次の表では、サービスを基本、メインストリーム、または専用のカテゴリでリストしています。The following table lists the category for services as foundational, mainstream, or specialized. 表については、次の点に注意してください。You should note the following about the table:

基本Foundational メインストリームMainstream 専用イメージSpecialized
Account StorageAccount Storage API ManagementAPI Management FHIR 用の Azure APIAzure API for FHIR
Application GatewayApplication Gateway App ConfigurationApp Configuration Azure Analysis ServicesAzure Analysis Services
Azure BackupAzure Backup App ServiceApp Service Azure Blockchain サービスAzure Blockchain Service
Azure Cosmos DBAzure Cosmos DB オートメーションAutomation Azure BlueprintsAzure Blueprints
Azure Data Lake Storage Gen2Azure Data Lake Storage Gen2 Azure Active Directory Domain ServicesAzure Active Directory Domain Services Azure Database for MariaDBAzure Database for MariaDB
Azure ExpressRouteAzure ExpressRoute Azure BastionAzure Bastion Azure の専用 HSMAzure Dedicated HSM
Azure SQL データベースAzure SQL Database Azure Cache for RedisAzure Cache for Redis Azure Dev SpacesAzure Dev Spaces
Cloud ServicesCloud Services Azure Cognitive SearchAzure Cognitive Search Azure Digital TwinsAzure Digital Twins
クラウド サービス:Av2 シリーズCloud Services: Av2-Series Azure Data ExplorerAzure Data Explorer Azure Lab ServicesAzure Lab Services
クラウド サービス:Dv2 シリーズCloud Services: Dv2-Series Azure Data ShareAzure Data Share Azure NetApp FilesAzure NetApp Files
クラウド サービス:Dv3 シリーズCloud Services: Dv3-Series Azure Database for MySQLAzure Database for MySQL Azure QuantumAzure Quantum
クラウド サービス:Ev3 シリーズCloud Services: Ev3-Series Azure Database for PostgreSQLAzure Database for PostgreSQL Azure Spring Cloud ServiceAzure Spring Cloud Service
クラウド サービス:インスタンス レベル IPCloud Services: Instance Level IPs Azure Database Migration ServiceAzure Database Migration Service Azure Time Series InsightsAzure Time Series Insights
クラウド サービス:予約済み IPCloud Services: Reserved IP Azure DatabricksAzure Databricks Azure VMware Solution by CloudSimpleAzure VMware Solution by CloudSimple
Disk StorageDisk Storage Azure DDoS ProtectionAzure DDoS Protection クラウド サービス:G シリーズCloud Services: G-Series
Event HubsEvent Hubs Azure DevTest LabsAzure DevTest Labs クラウド サービス:H シリーズCloud Services: H-Series
Key VaultKey Vault Azure FirewallAzure Firewall Cognitive Services :Custom VisionCognitive Services : Custom Vision
Load BalancerLoad balancer Azure Firewall ManagerAzure Firewall Manager Cognitive Services :Speaker RecognitionCognitive Services : Speaker Recognition
Service BusService Bus Azure FunctionsAzure Functions Data Box HeavyData Box Heavy
Service FabricService Fabric Azure HPC CacheAzure HPC Cache Data CatalogData Catalog
Virtual Machine Scale SetsVirtual Machine Scale Sets Azure IoT HubAzure IoT Hub Data Factory:Data Factory V1Data Factory : Data Factory V1
Virtual MachinesVirtual Machines Azure Kubernetes Service (AKS)Azure Kubernetes Service (AKS) Data Lake AnalyticsData Lake Analytics
Virtual Machines: Av2 シリーズVirtual Machines: Av2-Series Azure Machine LearningAzure Machine Learning Machine Learning StudioMachine Learning Studio
Virtual Machines: Bs シリーズVirtual Machines: Bs-Series Azure Private LinkAzure Private Link Microsoft GenomicsMicrosoft Genomics
Virtual Machines: DSv2 シリーズVirtual Machines: DSv2-Series Azure Red Hat OpenShiftAzure Red Hat OpenShift Remote RenderingRemote Rendering
Virtual Machines: DSv3 シリーズVirtual Machines: DSv3-Series Azure SignalR ServiceAzure SignalR Service Spatial AnchorsSpatial Anchors
Virtual Machines: Dv2 シリーズVirtual Machines: Dv2-Series Azure Site RecoveryAzure Site Recovery StorSimpleStorSimple
Virtual Machines: Dv3 シリーズVirtual Machines: Dv3-Series Azure Stack HubAzure Stack Hub Video IndexerVideo Indexer
Virtual Machines: ESv3 シリーズVirtual Machines: ESv3-Series Azure Stream AnalyticsAzure Stream Analytics Virtual Machines: DASv4 シリーズVirtual Machines: DASv4-Series
Virtual Machines: Ev3 シリーズVirtual Machines: Ev3-Series Azure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics Virtual Machines: DAv4 シリーズVirtual Machines: DAv4-Series
Virtual Machines: F シリーズVirtual Machines: F-Series BatchBatch Virtual Machines: DCsv2 シリーズVirtual Machines: DCsv2-series
Virtual Machines: FS シリーズVirtual Machines: FS-Series クラウド サービス:M シリーズCloud Services: M-series Virtual Machines: EASv4 シリーズVirtual Machines: EASv4-Series
Virtual Machines: インスタンス レベル IPVirtual Machines: Instance Level IPs Cognitive ServicesCognitive Services Virtual Machines: EAv4 シリーズVirtual Machines: EAv4-Series
Virtual Machines: 予約済み IPVirtual Machines: Reserved IP Cognitive Services:Computer VisionCognitive Services: Computer Vision Virtual Machines: G シリーズVirtual Machines: G-Series
Virtual NetworkVirtual Network Cognitive Services:Content ModeratorCognitive Services: Content Moderator Virtual Machines: GS シリーズVirtual Machines: GS-Series
VPN GatewayVPN Gateway Cognitive Services:FaceCognitive Services: Face Virtual Machines: HBv1 シリーズVirtual Machines: HBv1-Series
Cognitive Services:Form RecognizerCognitive Services: Form Recognizer Virtual Machines: HBv2 シリーズVirtual Machines: HBv2-Series
Cognitive Services:Language UnderstandingCognitive Services: Language Understanding Virtual Machines: HCv1 シリーズVirtual Machines: HCv1-Series
Cognitive Services:QnA MakerCognitive Services: QnA Maker Virtual Machines: H シリーズVirtual Machines: H-Series
Cognitive Services:Speech ServicesCognitive Services: Speech Services Virtual Machines: LS シリーズVirtual Machines: LS-Series
Container InstancesContainer Instances Virtual Machines: LSv2 シリーズVirtual Machines: LSv2-Series
Container RegistryContainer Registry Virtual Machines: Mv2 シリーズVirtual Machines: Mv2-Series
Data FactoryData Factory Virtual Machines: NC シリーズVirtual Machines: NC-Series
Event GridEvent Grid Virtual Machines: NCv2 シリーズVirtual Machines: NCv2-Series
HDInsightHDInsight Virtual Machines: NCv3 シリーズVirtual Machines: NCv3-Series
Logic AppsLogic Apps Virtual Machines: ND シリーズVirtual Machines: NDs-Series
Media ServicesMedia Services Virtual Machines: NDv2 シリーズVirtual Machines: NDv2-Series
Network WatcherNetwork Watcher Virtual Machines: NV シリーズVirtual Machines: NV-Series
Notification HubsNotification Hubs Virtual Machines: NVv3 シリーズVirtual Machines: NVv3-Series
Power BI EmbeddedPower BI Embedded Virtual Machines: NVv4 シリーズVirtual Machines: NVv4-Series
Premium Blob StoragePremium Blob Storage Virtual Machines: SAP HANA on Azure Large InstancesVirtual Machines: SAP HANA on Azure Large Instances
Premium File StoragePremium Files Storage Visual Studio App CenterVisual Studio App Center
ストレージ:Archive StorageStorage: Archive Storage
Ultra Disk StorageUltra Disk Storage
Virtual Machines: Ddsv4 シリーズVirtual Machines: Ddsv4-Series
Virtual Machines: Ddv4 シリーズVirtual Machines: Ddv4-Series
Virtual Machines: Dsv4 シリーズVirtual Machines: Dsv4-Series
Virtual Machines: Dv4 シリーズVirtual Machines: Dv4-Series
Virtual Machines: Edsv4 シリーズVirtual Machines: Edsv4-Series
Virtual Machines: Edv4 シリーズVirtual Machines: Edv4-Series
Virtual Machines: Esv4 シリーズVirtual Machines: Esv4-Series
Virtual Machines: Ev4 シリーズVirtual Machines: Ev4-Series
Virtual Machines: Fsv2 シリーズVirtual Machines: Fsv2-Series
Virtual Machines: M シリーズVirtual Machines: M-Series
Virtual WANVirtual WAN

サービスの回復性Services resiliency

すべての Azure 管理サービスは、リージョン レベルの障害から回復できるように設計されています。All Azure management services are architected to be resilient from region-level failures. 障害にはさまざまなものがありますが、可用性ゾーンの障害は、リージョン内で 1 つ以上発生しても、リージョン全体の障害と比べて、障害の範囲は狭くなります。In the spectrum of failures, one or more Availability Zone failures within a region have a smaller failure radius compared to an entire region failure. Azure では、リージョン内または別の Azure リージョン内で発生した管理サービスのゾーン レベルの障害から復旧できます。Azure can recover from a zone-level failure of management services within the region or from another Azure region. Azure では、リージョン内で 1 度に 1 つのゾーンで重要なメンテナンスが実行されます。これは、何らかの障害が発生した場合でも、リージョン内の可用性ゾーン全体にデプロイされたお客様のリソースに影響が及ばないようにするためです。Azure performs critical maintenance one zone at a time within a region, to prevent any failures impacting customer resources deployed across Availability Zones within a region.

Availability Zones の VM の料金Pricing for VMs in Availability Zones

Availability Zones にデプロイされる仮想マシンに追加のコストは発生しません。There is no additional cost for virtual machines deployed in an Availability Zone. 2 つ以上の VM が 1 つの Azure リージョン内の 2 つ以上の可用性ゾーンにデプロイされている場合、99.99% VM アップタイム SLA が実現されます。99.99% VM uptime SLA is offered when two or more VMs are deployed across two or more Availability Zones within an Azure region. 可用性ゾーン VM 間データ転送の追加料金がかかります。There will be additional inter-Availability Zone VM-to-VM data transfer charges. 詳しくは、「帯域幅の料金詳細」をご覧ください。For more information, review the Bandwidth pricing page.

Availability Zones の使用を開始するGet started with Availability Zones

次のステップNext steps