Azure Arc で Azure SQL Managed Instance を作成するCreate an Azure SQL managed instance on Azure Arc

前提条件Prerequisites

この記事のタスクに進む前に、次の要件を満たす必要があります。Before you can proceed with the tasks in this article you need to have:

注意

この記事で紹介しているテクノロジはプレビュー機能であり、「Microsoft Azure プレビューの追加利用規約」に従うことを条件として提供されます。As a preview feature, the technology presented in this article is subject to Supplemental Terms of Use for Microsoft Azure Previews.

最新の制限については、リリース ノートで既知の問題を参照してください。For current limitations, check the known issues in the release notes.

Azure Arc データ コントローラーにログインするLogin to the Azure Arc data controller

Azure Arc データ コントローラーにまだログインしていない場合は、インスタンスを作成する前にログインします。Before you can create an instance, log in to the Azure Arc data controller if you are not already logged in.

azdata login

その後、ユーザー名、パスワード、システム名前空間を入力するように求められます。You will then be prompted for the username, password, and the system namespace.

Username: arcadmin
Password:
Namespace: arc
Logged in successfully to `https://10.0.0.4:30080` in namespace `arc`. Setting active context to `arc`

Azure SQL マネージド インスタンスの作成Create an Azure SQL Managed Instance

SQL Managed Instance で使用できる作成オプションを表示するには、次のコマンドを使用します。To view available create options forSQL Managed Instance, use the following command:

azdata arc sql mi create --help

SQL Managed Instance を作成するには、次のコマンドを使用します。To create an SQL Managed Instance, use the following command:

azdata arc sql mi create -n <instanceName> --storage-class-data <storage class> --storage-class-logs <storage class>

例:Example:

azdata arc sql mi create -n sqldemo --storage-class-data managed-premium --storage-class-logs managed-premium

注意

名前は、13 文字未満の長さで入力し、DNS 名前付け規則に準拠している必要があります。Names must be less than 13 characters in length and conform to DNS naming conventions

メモリの割り当てと仮想コアの割り当てを指定する場合は、この数式を使用して正常に作成されたことを確認します。1 つの仮想コアごとに、SQL Managed Instance ポッドが実行される Kubernetes ノードで使用可能な RAM の容量が少なくとも 4 GB 必要です。When specifying memory allocation and vCore allocation use this formula to ensure your creation is successful - for each 1 vCore you need at least 4GB of RAM of capacity available on the Kubernetes node where the SQL managed instance pod will run.

SQL インスタンスの作成時に、Azure でプロビジョニングを行う場合は、名前に大文字を使用しないでください。When creating a SQL instance do not use upper case in the name if you are provisioning in Azure

Kubernetes クラスターで使用可能なストレージ クラスを一覧表示するには、kubectl get storageclass を実行します。To list available storage classes in your Kubernetes cluster run kubectl get storageclass

注意

SQL インスタンスの作成を自動化し、管理者パスワードを求める対話型プロンプトが表示されないようにするには、azdata arc sql mi create コマンドを実行する前に、AZDATA_USERNAME および AZDATA_PASSWORD 環境変数を目的のユーザー名とパスワードに設定します。If you want to automate the creation of SQL instances and avoid the interactive prompt for the admin password, you can set the AZDATA_USERNAME and AZDATA_PASSWORD environment variables to the desired username and password prior to running the azdata arc sql mi create command.

同じターミナル セッションで AZDATA_USERNAME と AZDATA_PASSWORD を使用してデータ コントローラーを作成した場合、その AZDATA_USERNAME と AZDATA_PASSWORD の値は SQL Managed Instance の作成にも使用されます。If you created the data controller using AZDATA_USERNAME and AZDATA_PASSWORD in the same terminal session, then the values for AZDATA_USERNAME and AZDATA_PASSWORD will be used to create the SQL managed instance too.

注意

Azure SQL Managed Instance を作成しても、リソースは Azure に登録されません。Creating Azure SQL Managed Instance will not register the resources in Azure. リソースを登録する手順については、次の記事を参照してください。Steps to register the resource are in the following articles:

Azure Arc でインスタンスを表示するView instance on Azure Arc

インスタンスを表示するには、次のコマンドを使用します。To view the instance, use the following command:

azdata arc sql mi list

出力は次のようになります。Output should look like this:

Name    Replicas    ServerEndpoint    State
------  ----------  ----------------  -------
sqldemo 1/1         10.240.0.4:32023  Ready

AKS、kubeadm、OpenShift などを使用している場合は、ここから外部 IP とポート番号をコピーし、Azure Data Studio や SQL Server Management Studio などの SQL Server/Azure SQL インスタンスに接続するためのお気に入りのツールを使用して接続できます。If you are using AKS or kubeadm or OpenShift etc., you can copy the external IP and port number from here and connect to it using your favorite tool for connecting to a SQL Sever/Azure SQL instance such as Azure Data Studio or SQL Server Management Studio. ただし、クイックスタート VM を使用している場合は、「Azure Arc 対応 SQL Managed Instance に接続する」という記事を参照して、特別な指示を確認してください。However, if you are using the quickstart VM, see the Connect to Azure Arc enabled SQL Managed Instance article for special instructions.

次のステップNext steps