Azure Cache for Redis の説明Azure Cache for Redis description

Azure Cache for Redis は、人気のあるソフトウェア Redis が基になっています。Azure Cache for Redis is based on the popular software Redis. Azure Redis Cache は通常、バックエンドのデータストアに大きく依存するシステムのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させるためのキャッシュとして使用されます。It is typically used as a cache to improve the performance and scalability of systems that rely heavily on backend data-stores. アプリケーションに近い場所にある高速ストレージに、アクセス頻度が高いデータを一時的にコピーすることで、パフォーマンスが向上します。Performance is improved by temporarily copying frequently accessed data to fast storage located close to the application. Azure Cache for Redis を使用すると、この高速ストレージは、データベースによってディスクから読み込まれずに、Azure Cache for Redis を使用してメモリ内に配置されます。With Azure Cache for Redis, this fast storage is located in-memory with Azure Cache for Redis instead of being loaded from disk by a database.

Azure Cache for Redis は、メモリ内のデータ構造ストア、分散型の非リレーショナル データベース、およびメッセージ ブローカーとして使用することもできます。Azure Cache for Redis can also be used as an in-memory data structure store, a distributed non-relational database, and a message broker. Redis エンジンの短い待機時間、高スループットのパフォーマンスを活用して、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。Application performance is improved by taking advantage of the low-latency, high-throughput performance of the Redis engine.

Azure Cache for Redis を使用すると、セキュリティ保護された専用の Redis Cache にアクセスできます。Azure Cache for Redis provides you access to a secure, dedicated Redis cache. Azure Cache for Redis は、Microsoft で管理されており、Azure 内でホストされ、Azure 内外の任意のアプリケーションからアクセスできます。Azure Cache for Redis is managed by Microsoft, hosted within Azure, and accessible to any application within or outside of Azure.

Azure Cache for Redis の使用Using Azure Cache for Redis

アプリケーションのアーキテクチャをサポートするため、またはアプリケーションのパフォーマンスを向上させるために、Azure Cache for Redis が使用される多数の一般的なパターンがあります。There are many common patterns where Azure Cache for Redis is used to support application architecture or to improve application performance. 次に、最も一般的なものをいくつか示します。Some of the most common include the following:

PatternPattern 説明Description
キャッシュ アサイドCache-Aside データベースが大規模になる場合があるため、データベース全体をキャッシュに読み込む方法は、推奨されません。Since a database can be large, loading an entire database into a cache is not a recommended approach. キャッシュ アサイド パターンを使用して、必要な場合にだけデータ項目をキャッシュに読み込むのが一般的です。It is common to use the cache-aside pattern to load data items into the cache only as needed. システムでバックエンド データへの変更が行われた場合、その時点で、他のクライアントと共に配布されるキャッシュも更新できます。When the system makes changes to the backend data, it can at that time also update the cache, which is distributed with other clients. さらに、システムでは、データ項目の有効期限を設定したり、削除ポリシーを使用してデータを更新し、キャッシュへの再読み込みを行ったりすることが可能です。Additionally, the system can set an expiration on data items, or use an eviction policy to cause data updates to be reloaded into the cache.
コンテンツ キャッシュContent Caching ほとんどの Web ページは、ヘッダー、フッター、ツールバー、メニューなどを含むテンプレートから生成されます。テンプレートは、実際には頻繁に変更されることはなく、動的に生成されるものではありません。Most web pages are generated from templates with headers, footers, toolbars, menus, etc. They don't actually change often and should not be generated dynamically. Azure Cache for Redis などのメモリ内キャッシュを使用すると、バックエンド データストアと比較して、Web サーバーからこの種類の静的コンテンツに迅速にアクセスできます。Using an in-memory cache, like Azure Cache for Redis, will give your web servers quick access to this type of static content compared to backend datastores. このパターンでは、コンテンツを動的に生成するために必要な処理時間とサーバー負荷を軽減します。This pattern reduces processing time and server load that would be required to generate content dynamically. これにより、Web サーバーの応答性が高まり、負荷に対処するために必要なサーバー数を減らすことができます。This allows web servers to be more responsive, and can allow you to reduce the number of servers needed to handle loads. Azure Cache for Redis は、このパターンをサポートするために役立つ Redis 出力キャッシュ プロバイダーを ASP.NET に提供します。Azure Cache for Redis provides the Redis Output Cache Provider to help support this pattern with ASP.NET.
ユーザー セッション キャッシュUser session caching このパターンは通常、Web アプリケーションでユーザーの Cookie に関連付けられるショッピング カートなどのユーザー履歴の種類情報に使用されます。This pattern is commonly used with shopping carts and other user history type information that a web application may want to associate with user cookies. Cookie に格納する情報量が多すぎると、Cookie のサイズが大きくなり、大きなサイズ のCookie が要求ごとに渡されたり検証されたりするため、パフォーマンスに悪影響を及ぼす場合があります。Storing too much in a cookie can have a negative impact on performance as the cookie size grows and is passed and validated with every request. 一般的なソリューションとしては、バックエンド データベース内のデータにクエリを実行するためのキーとして、Cookie を使用します。A typical solution is to use the cookie as a key to query the data in a backend database. ユーザーに情報を関連付けるために、Azure Cache for Redis などのメモリ内キャッシュを使用すると、リレーショナル データベース全体を操作するよりも、はるかに高速になります。Using an in-memory cache, like Azure Cache for Redis, to associate information with a user is much faster than interacting with a full relational database.
ジョブおよびメッセージ キューJob and message queuing アプリケーションが要求を受け取ると、多くの場合、要求に関連付けられている処理を実行するために、追加の時間がかかります。When applications receive requests, often the operations associated with the request take additional time to execute. キューに追加することで実行時間の長い操作を延期するのが、一般的なパターンです。このような要求は、場合によっては他のサーバーで、後から処理します。It is a common pattern to defer longer running operations by adding them to a queue, which is processed later, and possibly by another server. 作業を延期するこの手法は、タスク キューと呼ばれます。This method of deferring work is called task queuing. タスク キューをサポートするために設計された多数のソフトウェア コンポーネントがあります。There are many software components designed to support task queues. また、Azure Cache for Redis では、この目的のために、分散キューも提供しています。Azure Cache for Redis also serves this purpose well as a distributed queue.
分散トランザクションDistributed transactions アプリケーションが、バックエンド データストアに対する一連のコマンドを単一の操作 (アトミック) として実行できることが、一般的な要件です。It is a common requirement for applications to be able to execute a series of commands against a backend data-store as a single operation (atomic). すべてのコマンドが成功する必要があり、成功しなかった場合はすべて、初期の状態にロールバックされる必要があります。All commands must succeed, or all must be rolled back to the initial state. Azure Cache for Redis では、一連のコマンドをトランザクションの形式で単一の操作として実行する方法をサポートしています。Azure Cache for Redis supports executing a batch of commands as a single operation in the form of Transactions.

Azure Cache for Redis のプランAzure Cache for Redis offerings

Azure Cache for Redis は以下のレベルでご利用いただけます。Azure Cache for Redis is available in the following tiers:

レベルTier 説明Description
BasicBasic 単一ノード キャッシュ。A single node cache. このレベルでは、複数のメモリ サイズ (250 MB ~ 53 GB) をサポートします。This tier supports multiple memory sizes (250 MB - 53 GB). これは、開発/テスト、およびクリティカルではない負荷に最適なレベルです。This is an ideal tier for development/test and non-critical workloads. Basic レベルには、サービス レベル アグリーメント (SLA) はありません。The Basic tier has no service-level agreement (SLA)
StandardStandard Microsoft が管理しているプライマリとセカンダリの 2 つのノード構成にレプリケートされたキャッシュ。高可用性の SLA が付きます (99.9%)。A replicated cache in a two-node, primary/secondary, configuration managed by Microsoft, with a high-availability SLA (99.9%)
PremiumPremium Premium レベルは、エンタープライズ対応レベルです。The Premium tier is the Enterprise-ready tier. Premium レベルのキャッシュでは、より多くの機能をサポートし、より短い待機時間でより高いスループットを実現します。Premium tier Caches support more features and have higher throughput with lower latencies. Premium レベルのキャッシュは、Basic または Standard レベルと比較して優れたパフォーマンスを発揮する、より高性能なハードウェア上にデプロイされます。Caches in the Premium tier are deployed on more powerful hardware providing better performance compared to the Basic or Standard Tier. この利点によって、Premium レベルでは、Standard レベルと比較して、同じサイズのキャッシュのスループットがより高くなります。This advantage means the throughput for a cache of the same size will be higher in Premium compared to Standard tier.

ヒント

Premium キャッシュのサイズ、スループット、帯域幅の詳細については、「Azure Cache for Redis FAQ」(Azure Redis Cache の FAQ) を参照してください。For more information about size, throughput, and bandwidth with premium caches, see Azure Cache for Redis FAQ.

キャッシュは、既に作成された後に、より高いレベルにスケールアップできます。You can scale your cache up to a higher tier after it has already been created. より低いレベルへのスケールダウンは、サポートされていません。Scaling down to a lower tier is not supported. スケーリングの詳細な手順については、「How to Scale Azure Cache for Redis」(Azure Redis Cache のスケーリング方法) と「How to automate a scaling operation」(スケーリング処理を自動化する方法) を参照してください。For step-by-step scaling instructions, see How to Scale Azure Cache for Redis and How to automate a scaling operation.

機能の比較Feature comparison

Azure Cache for Redis の価格」ページに、各レベルの詳細な比較が示されています。The Azure Cache for Redis Pricing page provides a detailed comparison of each tier. 次の表に、レベル別にサポートされる一部の機能を紹介します。The following table helps describe some of the features supported by tier:

機能の説明Feature Description PremiumPremium StandardStandard BasicBasic
サービス レベル アグリーメント (SLA)Service Level Agreement (SLA) -
Redis データの保持Redis data persistence - -
Redis クラスターRedis cluster - -
ファイアウォール規則によるセキュリティSecurity via Firewall rules
転送中の暗号化Encryption in transit
VNet による強化されたセキュリティと分離Enhanced security and isolation with VNet - -
Import/ExportImport/Export - -
スケジュールされた更新Scheduled updates
geo レプリケーションGeo-replication - -
RebootReboot

次の手順Next steps