Azure 関数の戻り値の使用Using the Azure Function return value

この記事では、戻り値が関数内でどのように機能するかについて説明します。This article explains how return values work inside a function.

戻り値がある言語では、その戻り値に関数の出力バインディングをバインドできます。In languages that have a return value, you can bind a function output binding to the return value:

  • C# クラス ライブラリでは、メソッド戻り値に出力バインディング属性を適用します。In a C# class library, apply the output binding attribute to the method return value.
  • Java では、出力バインドの注釈を関数メソッドに適用します。In Java, apply the output binding annotation to the function method.
  • その他の言語では、function.json 内の name プロパティを $return に設定します。In other languages, set the name property in function.json to $return.

複数の出力バインディングが存在する場合は、そのうちの 1 つにのみ戻り値を使用します。If there are multiple output bindings, use the return value for only one of them.

C# と C# スクリプトでは、out パラメーターやコレクター オブジェクトを使用してデータを出力バインディングに送信できます。In C# and C# script, alternative ways to send data to an output binding are out parameters and collector objects.

出力バインディングに戻り値を使用する C# コードと非同期の例を次に示します。Here's C# code that uses the return value for an output binding, followed by an async example:

[FunctionName("QueueTrigger")]
[return: Blob("output-container/{id}")]
public static string Run([QueueTrigger("inputqueue")]WorkItem input, ILogger log)
{
    string json = string.Format("{{ \"id\": \"{0}\" }}", input.Id);
    log.LogInformation($"C# script processed queue message. Item={json}");
    return json;
}
[FunctionName("QueueTrigger")]
[return: Blob("output-container/{id}")]
public static Task<string> Run([QueueTrigger("inputqueue")]WorkItem input, ILogger log)
{
    string json = string.Format("{{ \"id\": \"{0}\" }}", input.Id);
    log.LogInformation($"C# script processed queue message. Item={json}");
    return Task.FromResult(json);
}

次のステップNext steps