Azure Functions における Azure Queue storage のトリガーとバインドの概要Azure Queue storage trigger and bindings for Azure Functions overview

Azure Functions は、新しい Azure Queue storage メッセージが作成されたときに実行でき、関数内でキュー メッセージを書き込むことができます。Azure Functions can run as new Azure Queue storage messages are created and can write queue messages within a function.

アクションAction 種類Type
キュー ストレージのデータが変更されたときに関数を実行するRun a function as queue storage data changes トリガーTrigger
キュー ストレージ メッセージを書き込むWrite queue storage messages 出力バインドOutput binding

Functions アプリに追加するAdd to your Functions app

Functions 2.x 以降Functions 2.x and higher

トリガーとバインドを使用するには、適切なパッケージを参照する必要があります。Working with the trigger and bindings requires that you reference the appropriate package. NuGet パッケージは .NET クラス ライブラリに使用されますが、他のすべてのアプリケーションの種類には拡張バンドルが使用されます。The NuGet package is used for .NET class libraries while the extension bundle is used for all other application types.

言語Language 追加手段Add by... 解説Remarks
C#C# NuGet パッケージ バージョン 3.x をインストールするInstalling the NuGet package, version 3.x
C# スクリプト、Java、JavaScript、Python、PowerShellC# Script, Java, JavaScript, Python, PowerShell 拡張機能バンドルを登録するRegistering the extension bundle Visual Studio Code で使用するには Azure Tools 拡張機能をお勧めします。The Azure Tools extension is recommended to use with Visual Studio Code.
C# スクリプト (Azure portal ではオンラインのみ)C# Script (online-only in Azure portal) バインディングを追加するAdding a binding 関数アプリを再発行せずにポータルで既存のバインディング拡張機能を更新するには、拡張機能の更新に関する記事を参照してください。To update existing binding extensions without having to republish your function app, see Update your extensions.

Functions 1.xFunctions 1.x

Functions 1.x アプリでは、Microsoft.Azure.WebJobs NuGet パッケージ バージョン 2.x が自動的に参照されます。Functions 1.x apps automatically have a reference the Microsoft.Azure.WebJobs NuGet package, version 2.x.

Functions 1.x での Azure Storage SDK のバージョンAzure Storage SDK version in Functions 1.x

Functions 1.x では、Storage トリガーとバインドは、Azure Storage SDK のバージョン 7.2.1 (WindowsAzure.Storage NuGet パッケージ) を使用します。In Functions 1.x, the Storage triggers and bindings use version 7.2.1 of the Azure Storage SDK (WindowsAzure.Storage NuGet package). 別のバージョンの Storage SDK を参照し、関数シグネチャで Storage SDK の型にバインドする場合は、Functions ランタイムがその型にバインドできないことを報告することがあります。If you reference a different version of the Storage SDK, and you bind to a Storage SDK type in your function signature, the Functions runtime may report that it can't bind to that type. 解決するには、プロジェクトで WindowsAzure.Storage 7.2.1 を参照していることを確認します。The solution is to make sure your project references WindowsAzure.Storage 7.2.1.

次のステップNext steps