Azure Portal で初めての関数を作成するCreate your first function in the Azure portal

Azure Functions を使用すると、最初に VM を作成したり Web アプリケーションを発行したりしなくても、サーバーレス環境でコードを実行できます。Azure Functions lets you execute your code in a serverless environment without having to first create a VM or publish a web application. このトピックでは、Functions を使用して Azure Portal で "hello world" 関数を作成する方法について説明します。In this topic, learn how to use Functions to create a "hello world" function in the Azure portal.

Azure Portal での Function App の作成

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

注意

C# の開発者は、初めての関数をポータルではなく Visual Studio 2017 で作成することをお勧めします。C# developers should consider creating your first function in Visual Studio 2017 instead of in the portal.

Azure にログインするLog in to Azure

Azure アカウントで Azure Portal (http://portal.azure.com) にサインインします。Sign in to the Azure portal at http://portal.azure.com with your Azure account.

Function App を作成するCreate a function app

関数の実行をホストするための Function App が存在する必要があります。You must have a function app to host the execution of your functions. Function App を使用すると、リソースの管理、デプロイ、および共有を容易にするためのロジック ユニットとして関数をグループ化できます。A function app lets you group functions as a logic unit for easier management, deployment, and sharing of resources.

  1. Azure Portal の左上隅にある [新規] ボタンを選択し、[コンピューティング] > [Function App] を選択します。Select the New button found on the upper left-hand corner of the Azure portal, then select Compute > Function App.

    Azure ポータルでの関数アプリの作成

  2. 図の下にある表に指定されている関数アプリの設定を使用します。Use the function app settings as specified in the table below the image.

    新しい関数アプリの設定を定義する

    SettingSetting 推奨値Suggested value 説明Description
    アプリ名App name グローバルに一意の名前Globally unique name 新しい Function App を識別する名前。Name that identifies your new function app. 有効な文字は、a-z0-9、および - です。Valid characters are a-z, 0-9, and -.
    サブスクリプションSubscription 該当するサブスクリプションYour subscription この新しい Function App が作成されるサブスクリプション。The subscription under which this new function app is created.
    リソース グループResource Group myResourceGroupmyResourceGroup Function App を作成するための新しいリソース グループの名前。Name for the new resource group in which to create your function app.
    OSOS WindowsWindows サーバーなしのホスティングは、現時点では、Windows で実行される場合のみ使用できます。Serverless hosting is currently only available when running on Windows. Linux でのホスティングについては、「Azure CLI を使用して Linux で実行する関数を初めて作成する」を参照してください。For Linux hosting, see Create your first function running on Linux using the Azure CLI.
    ホスティング プランHosting plan 従量課金プランConsumption plan Function App にどのようにリソースが割り当てられるかを定義するホスティング プラン。Hosting plan that defines how resources are allocated to your function app. 既定の [従量課金プラン] では、リソースは関数の必要に応じて動的に追加されます。In the default Consumption Plan, resources are added dynamically as required by your functions. このサーバーなしの ホスティングでは、関数が実行された時間にのみ課金されます。In this serverless hosting, you only pay for the time your functions run. App Service プランで実行する場合は、関数アプリのスケーリングを管理する必要があります。When you run in an App Service plan, you must manage the scaling of your function app.
    場所Location 西ヨーロッパWest Europe ユーザーに近いリージョン、または関数がアクセスする他のサービスの近くのリージョンを選択します。Choose a region near you or near other services your functions access.
    ランタイム スタックRuntime stack 優先言語Preferred language お気に入りの関数プログラミング言語をサポートするランタイムを選択します。Choose a runtime that supports your favorite function programming language. C# および F# 関数用の [.NET] を選択します。Choose .NET for C# and F# functions.
    StorageStorage グローバルに一意の名前Globally unique name 関数アプリで使用されるストレージ アカウントを作成します。Create a storage account used by your function app. ストレージ アカウント名の長さは 3 ~ 24 文字で、数字と小文字のみを使用できます。Storage account names must be between 3 and 24 characters in length and may contain numbers and lowercase letters only. 既存のアカウントを使用することもできますが、ストレージ アカウントの要件を満たしている必要があります。You can also use an existing account, which must meets the storage account requirements.
    Application InsightsApplication Insights 既定値Default Application Insights は、既定で有効になっています。Application Insights is enabled by default. 関数アプリの近くの場所を選択します。Choose a location near your function app.
  3. [作成] を選択して、Function App をプロビジョニングし、デプロイします。Select Create to provision and deploy the function app.

  4. ポータルの右上隅の通知アイコンを選択し、"デプロイメントに成功しました" というメッセージが表示されるまで待ちます。Select the Notification icon in the upper-right corner of the portal and watch for the Deployment succeeded message.

    新しい関数アプリの設定を定義する

  5. [リソースに移動] を選択して、新しい関数アプリを確認します。Select Go to resource to view your new function app.

ヒント

目的の関数アプリがポータルに見つからない場合は、Azure Portal のお気に入りに Function Apps を追加してみてください。Having trouble finding your function apps in the portal, try adding Function Apps to your favorites in the Azure portal.

次に、新しい Function App で関数を作成します。Next, you create a function in the new function app.

HTTP によってトリガーされる関数の作成Create an HTTP triggered function

  1. 新しい関数アプリを展開し、[関数] の横にある [+] ボタン、[ポータル内][続行] の順に選択します。Expand your new function app, then select the + button next to Functions, choose In-portal, and select Continue.

    Functions のクイック スタート: プラットフォームを選択する。

  2. [webhook + API] を選択し、[作成] を選択します。Choose WebHook + API and then select Create.

    Azure Portal での関数のクイック スタート。

HTTP によってトリガーされる関数の言語固有のテンプレートを使用して、関数が作成されます。A function is created using a language-specific template for an HTTP triggered function.

ここで、HTTP 要求を送信することで、新しい関数を実行できます。Now, you can run the new function by sending an HTTP request.

関数をテストするTest the function

  1. 新しい関数で、右上の [</> 関数の URL の取得] をクリックし、[既定値 (関数キー)] を選択して、[コピー] をクリックします。In your new function, click </> Get function URL at the top right, select default (Function key), and then click Copy.

    Azure Portal からの関数 URL のコピー

  2. 関数 URL をブラウザーのアドレス バーに貼り付けます。Paste the function URL into your browser's address bar. この URL の末尾にクエリ文字列 &name=<yourname> を追加し、キーボードでEnter キーを押して要求を実行します。Add the query string value &name=<yourname> to the end of this URL and press the Enter key on your keyboard to execute the request. ブラウザーに表示される関数によって返される応答が表示されます。You should see the response returned by the function displayed in the browser.

    次の例は、ブラウザーでの応答を示しています。The following example shows the response in the browser:

    ブラウザーでの関数の応答。

    要求 URL には、既定では HTTP 経由で関数にアクセスするために必要なキーが含まれています。The request URL includes a key that is required, by default, to access your function over HTTP.

  3. 関数が実行されると、ログにトレース情報が書き込まれます。When your function runs, trace information is written to the logs. 前の実行からのトレース出力を表示するには、ポータルで関数に戻り、画面の下部にある矢印をクリックして [ログ] を展開します。To see the trace output from the previous execution, return to your function in the portal and click the arrow at the bottom of the screen to expand the Logs.

    Azure Portal の関数ログ ビューアー。

リソースのクリーンアップClean up resources

このコレクションの他のクイック スタートは、このクイック スタートに基づいています。Other quick starts in this collection build upon this quick start. クイック スタート、チュートリアル、またはこのクイック スタートで作成したサービスのいずれかでの作業を引き続き行う場合は、リソースをクリーンアップしないでください。If you plan to work with subsequent quick starts, tutorials, or with any of the services you have created in this quick start, do not clean up the resources.

Azure のリソースとは、Function App、関数、ストレージ アカウントなどのことを指します。Resources in Azure refers to function apps, functions, storage accounts, and so forth. これらはリソース グループに分類されており、グループを削除することでグループ内のすべてのものを削除できます。They are grouped into resource groups, and you can delete everything in a group by deleting the group.

これらのクイックスタートを完了するためにリソースを作成しました。You created resources to complete these quickstarts. これらのリソースには、アカウントの状態サービスの価格に応じて課金される場合があります。You may be billed for these resources, depending on your account status and service pricing. リソースの必要がなくなった場合にそれらを削除する方法を、次に示します。If you don't need the resources anymore, here's how to delete them:

  1. Azure Portal で、[リソース グループ] ページに移動します。In the Azure portal, go to the Resource group page.

    Function App ページからこのページに移動するには、[概要] タブを選択してから、[リソース グループ] の下にあるリンクを選択します。To get to that page from the function app page, select the Overview tab and then select the link under Resource group.

    Function App ページから削除するリソース グループを選択します。

    ダッシュボードからこのページに移動するには、[リソース グループ] を選択してから、このクイックスタート用に使用したリソース グループを選択します。To get to that page from the dashboard, select Resource groups, and then select the resource group that you used for this quickstart.

  2. [リソース グループ] ページで、含まれているリソースの一覧を確認し、削除するものであることを確認します。In the Resource group page, review the list of included resources, and verify that they are the ones you want to delete.

  3. [リソース グループの削除] を選択し、指示に従います。Select Delete resource group, and follow the instructions.

    削除には数分かかることがあります。Deletion may take a couple of minutes. 実行されると、通知が数秒間表示されます。When it's done, a notification appears for a few seconds. ページの上部にあるベルのアイコンを選択して、通知を表示することもできます。You can also select the bell icon at the top of the page to view the notification.

次の手順Next steps

HTTP によってトリガーされる単純な関数を含む Function App を作成しました。You have created a function app with a simple HTTP triggered function.

その他の種類のトリガーで関数を作成する方法、または関数を他の Azure サービスと統合する方法について説明します。Learn how to create functions with other kinds of triggers or how to integrate functions with other Azure services.

詳細は、「Azure Functions の HTTP バインド」を参照してください。For more information, see Azure Functions HTTP bindings.