Java と Eclipse を使用して初めての関数を作成するCreate your first function with Java and Eclipse

この記事では、Eclipse IDE と Apache Maven を使用して、サーバーレス関数プロジェクトを作成し、テストおよびデバッグして、Azure Functions にデプロイする方法を説明します。This article shows you how to create a serverless function project with the Eclipse IDE and Apache Maven, test and debug it, then deploy it to Azure Functions.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

開発環境を設定するSet up your development environment

Java と Eclipse を使用して関数アプリを開発するには、以下のものがインストールされている必要があります。To develop a functions app with Java and Eclipse, you must have the following installed:

重要

このクイックスタートを行うには、JAVA_HOME 環境変数を JDK のインストール場所に設定する必要があります。The JAVA_HOME environment variable must be set to the install location of the JDK to complete this quickstart.

Azure Functions を実行およびデバッグするためのローカル環境を提供する、Azure Functions Core Tools、バージョン 2 もインストールすることを強くお勧めします。It's highly recommended to also install Azure Functions Core Tools, version 2, which provide a local environment for running and debugging Azure Functions.

Functions プロジェクトを作成するCreate a Functions project

  1. Eclipse で、 [File](ファイル) メニューを選択し、 [New](新規作成) > [Maven Project](Maven プロジェクト) を選択します。In Eclipse, select the File menu, then select New -> Maven Project.
  2. [New Maven Project](新しい Maven プロジェクト) ダイアログを既定値のままにして [Next](次へ) を選択します。Accept the defaults in the New Maven Project dialogue and select Next.
  3. azure-functions-archetype を探して選択し、 [次へ] をクリックします。Find and select the azure-functions-archetype and click Next.
  4. resourceGroupappNameappRegion を含むすべてのフィールドに値を入力し (fabrikam-function-20170920120101928 とは異なる appName を使用してください)、最後に [完了] をクリックします。Be sure to fill in values for all of the fields including resourceGroup, appName, and appRegion (please use a different appName other than fabrikam-function-20170920120101928), and eventually Finish. Eclipse Maven の作成 2Eclipse Maven create2

Maven は、artifactId という名前の新しいフォルダーに、プロジェクト ファイルを作成します。Maven creates the project files in a new folder with a name of artifactId. プロジェクトで生成されるコードは、トリガーする HTTP 要求の本文をエコーする、HTTP によってトリガーされる単純な関数です。The generated code in the project is a simple HTTP triggered function that echoes the body of the triggering HTTP request.

IDE で関数をローカルで実行するRun functions locally in the IDE

注意

関数をローカルで実行およびデバッグするには、Azure Functions Core Tools、バージョン 2 をインストールする必要があります。Azure Functions Core Tools, version 2 must be installed to run and debug functions locally.

  1. 生成されたプロジェクトを右クリックし、 [別のユーザーとして実行][Maven ビルド] を選択します。Right-click on the generated project, then choose Run As and Maven build.
  2. [構成の編集] ダイアログで、 [目標] フィールドと [名前] フィールドに package を入力し、 [実行] を選択します。In the Edit Configuration dialog, Enter package in the Goals and Name fields, then select Run. 関数コードがビルドされ、パッケージ化されます。This will build and package the function code.
  3. ビルドが完了したら、目標と名前に azure-functions:run を指定して前述のように別の実行構成を作成します。Once the build is complete, create another Run configuration as above, using azure-functions:run as the goal and name. [実行] を選択して IDE で関数を実行します。Select Run to run the function in the IDE.

関数のテストが完了したら、コンソール ウィンドウのランタイムを終了します。Terminate the runtime in the console window when you're done testing your function. アクティブにして同時にローカルで実行できる関数ホストは 1 つだけです。Only one function host can be active and running locally at a time.

Eclipse で関数をデバッグするDebug the function in Eclipse

前の手順で設定した [別のユーザーとして実行] で、azure-functions:runazure-functions:run -DenableDebug に変更し、更新された構成を実行してデバッグ モードで関数アプリを起動します。In your Run As configuration set up in the previous step, change azure-functions:run to azure-functions:run -DenableDebug and run the updated configuration to start the function app in debug mode.

[実行] メニューを選択し、 [デバッグ構成] を開きます。Select the Run menu and open Debug Configurations. [Remote Java Application](リモート Java アプリケーション) を選択し、新しいアプリケーションを作成します。Choose Remote Java Application and create a new one. 構成に名前を付けて、設定を入力します。Give your configuration a name and fill in the settings. ポートは、関数ホストによって開かれたデバッグ ポート (既定では 5005) と同じにする必要があります。The port should be consistent with the debug port opened by function host, which by default is 5005. 設定が完了したら、[Debug] をクリックしてデバッグを開始します。After setup, click on Debug to start debugging.

Eclipse での関数のデバッグ

IDE を使用して、ブレークポイントを設定し、関数内のオブジェクトを検査します。Set breakpoints and inspect objects in your function using the IDE. 完了したら、デバッガーと実行中の関数ホストを停止します。When finished, stop the debugger and the running function host. アクティブにして同時にローカルで実行できる関数ホストは 1 つだけです。Only one function host can be active and running locally at a time.

関数を Azure にデプロイするDeploy the function to Azure

Azure Functions へのデプロイ プロセスでは、Azure CLI からアカウントの資格情報を使います。The deploy process to Azure Functions uses account credentials from the Azure CLI. コンピューターのコマンド プロンプトを使用し続ける前に、Azure CLI でログインします。Log in with the Azure CLI before continuing using your computer's command prompt.

az login

新しい別のユーザーとして実行構成で azure-functions:deployMaven 目標を使用して、新しい関数アプリにコードを展開します。Deploy your code into a new Function app using the azure-functions:deploy Maven goal in a new Run As configuration.

デプロイが完了すると、Azure 関数アプリへのアクセスに使うことができる URL が表示されます。When the deploy is complete, you see the URL you can use to access your Azure function app:

[INFO] Successfully deployed Function App with package.
[INFO] Deleting deployment package from Azure Storage...
[INFO] Successfully deleted deployment package fabrikam-function-20170920120101928.20170920143621915.zip
[INFO] Successfully deployed Function App at https://fabrikam-function-20170920120101928.azurewebsites.net
[INFO] ------------------------------------------------------------------------

次のステップNext steps

  • Azure Functions Java developer guide」(Azure Functions Java 開発者ガイド) で、Java 関数の開発の詳細について確認します。Review the Java Functions developer guide for more information on developing Java functions.
  • azure-functions:add Maven ターゲットを使って、異なるトリガーの新しい関数をプロジェクトに追加します。Add additional functions with different triggers to your project using the azure-functions:add Maven target.