VM の開始/停止 (プレビュー) に関する一般的な問題のトラブルシューティングTroubleshoot common issues with Start/Stop VMs (preview)

この記事では、VM の開始/停止 (プレビュー) をインストールして構成しようとしたときに発生する可能性がある問題のトラブルシューティングと解決に関する情報を提供します。This article provides information on troubleshooting and resolving issues that may occur while attempting to install and configure Start/Stop VMs (preview). 一般的な情報については、VM の開始/停止の概要に関する記事を参照してください。For general information, see Start/Stop VMs overview.

一般的な検証とトラブルシューティングGeneral validation and troubleshooting

このセクションでは、スケジュール シナリオに関する一般的な問題をトラブルシューティングして、根本原因の特定に役立てる方法について説明します。This section covers how to troubleshoot general issues with the schedules scenarios and help identify the root cause.

Azure ダッシュボードAzure dashboard

Azure 共有ダッシュボードを確認することで開始できます。You can start by reviewing the Azure shared dashboard. VM の開始/停止 v2 (プレビュー) の一部としてデプロイされた Azure 共有ダッシュボードは、VM で実行された各操作の状態をすばやく簡単に確認する方法です。The Azure shared dashboard deployed as part of Start/Stop VMs v2 (preview) is a quick and easy way to verify the status of each operation that's performed on your VMs. VM で最近実行された操作をすべて表示するには、 [Recently attempted actions on VMs](VMで最近試行されたアクション) タイルを参照してください。Refer to the Recently attempted actions on VMs tile to see all the recent operations executed on your VMs. Application Insights リソースからデータをプルするため、データがレポートに表示されるまでに約 5 分の待機時間が発生します。There is some latency, around five minutes, for data to show up in the report as it pulls data from the Application Insights resource.

Logic AppsLogic Apps

開始/停止シナリオのサポートを有効にした Logic Apps に応じて、その実行履歴を確認して、スケジュールされたスタートアップ/シャットダウン シナリオが 1 つ以上のターゲット VM で正常に完了しなかった理由を特定できます。Depending on which Logic Apps you have enabled to support your start/stop scenario, you can review its run history to help identify why the scheduled startup/shutdown scenario did not complete successfully for one or more target VMs. 詳細については、Logic Apps の実行履歴 に関する記事を参照してください。To learn how to review this in detail, see Logic Apps run history.

Azure StorageAzure Storage

VM の開始/停止 v2 (プレビュー) に使用される Azure ストレージ アカウントの requestsstoretable テーブルに書き込まれている、VM 上で実行された操作の詳細を確認できます。You can review the details for the operations performed on the VMs that are written to the table requestsstoretable in the Azure storage account used for Start/Stop VMs v2 (preview). それらのレコードを表示するには、こちらの手順を実行します。Perform the following steps to view those records.

  1. Azure portal でストレージ アカウントに移動し、左側のペインの [アカウント] で [**Storage Explorer (プレビュー)] を選択します。Navigate to the storage account in the Azure portal and in the account select **Storage Explorer (preview) from the left-hand pane.
  2. [テーブル] を選択し、 [requeststoretable] を選択します。Select TABLES and then select requeststoretable.
  3. テーブル内の各レコードは、ロジック アプリのシナリオで定義されているターゲット スコープに基づいて Azure VM に対して実行された開始/停止アクションを表します。Each record in the table represents the start/stop action performed against an Azure VM based on the target scope defined in the logic app scenario. レコードのプロパティ (TIMESTAMP、ACTION、TARGETTOPLEVELRESOURCENAME など) のいずれか 1 つを使用して結果をフィルター処理できます。You can filter the results by any one of the record properties (for example, TIMESTAMP, ACTION, or TARGETTOPLEVELRESOURCENAME).

Azure FunctionsAzure Functions

VM の開始と停止の実行を担当する Azure Functions に関する最新の呼び出しの詳細を確認できます。You can review the latest invocation details for any of the Azure Functions responsible for the VM start and stop execution. まず、実行フローを確認してみましょう。First let's review the execution flow.

ScheduledSequenced シナリオの両方の実行フローは、同じ関数によって制御されます。The execution flow for both Scheduled and Sequenced scenario is controlled by the same function. 実行されるシナリオはペイロード スキーマによって決定されます。The payload schema is what determines which scenario is performed. Scheduled シナリオでは、実行フローは - Scheduled HTTP > VirtualMachineRequestOrchestrator Queue > VirtualMachineRequestExecutor Queue です。For the Scheduled scenario, the execution flow is - Scheduled HTTP > VirtualMachineRequestOrchestrator Queue > VirtualMachineRequestExecutor Queue.

ロジック アプリから、Scheduled HTTP 関数がペイロード スキーマを使用して呼び出されます。From the logic app, the Scheduled HTTP function is invoked with Payload schema. Scheduled HTTP 関数で要求が受信されると、その情報が Orchestrator キュー関数に送信されます。これにより、各 VM でアクションを実行するための複数のキューが作成されます。Once the Scheduled HTTP function receives the request, it sends the information to the Orchestrator queue function, which in turn creates several queues for each VM to perform the action.

呼び出しの詳細を表示するには、こちらの手順を実行します。Perform the following steps to see the invocation details.

  1. Azure portal で、Azure Functions に移動します。In the Azure portal, navigate to Azure Functions.
  2. 一覧から VM の開始/停止 v2 (プレビュー) の関数アプリを選択します。Select the Function app for Start/Stop VMs v2 (preview) from the list.
  3. 左側のペインで、 [関数] を選択します。Select Functions from the left-hand pane.
  4. 一覧には、各シナリオに関連付けられたいくつかの関数が表示されます。In the list, you see several functions associated for each scenario. Scheduled HTTP 関数を選択します。Select the Scheduled HTTP function.
  5. 左側のペインで [監視] を選択します。Select Monitor from the left-hand pane.
  6. 最新の実行トレースを選択すると、詳細なログ記録の、呼び出しの詳細とメッセージ セクションが表示されます。Select the latest execution trace to see the invocation details and the message section for detailed logging.
  7. 実行フローの確認の一部として前述されている関数ごとに、同じ手順を繰り返します。Repeat the same steps for each function described as part of reviewing the execution flow earlier.

Azure Functions の監視の詳細については、「Application Insights で Azure Functions テレメトリを分析する」を参照してください。To learn more about monitoring Azure Functions, see Analyze Azure Functions telemetry in Application Insights.

次のステップNext steps

Azure Functions とロジック アプリの監視の詳細を確認してください。Learn more about monitoring Azure Functions and logic apps: