Azure Monitor を使用してクラシック メトリック アラートを作成、表示、および管理するCreate, view, and manage classic metric alerts using Azure Monitor

警告

この記事では、古いクラシック メトリック アラートの作成方法について説明します。This article describes how to create older classic metric alerts. Azure Monitor では、新しいほぼリアルタイムのメトリック アラートとアラート エクスペリエンスがサポートされています。Azure Monitor now supports newer near-real time metric alerts and a new alerts experience. パブリック クラウド ユーザー向けの従来のアラートは 廃止されていますが、2021 年 5 月 31 日 までは引き続き利用できます。Classic alerts are retired for public cloud users, though still in limited use until 31 May 2021. Azure Government クラウドおよび Azure China 21Vianet 向けの従来のアラートは、2024 年 2 月 29 日 に廃止されます。Classic alerts for Azure Government cloud and Azure China 21Vianet will retire on 29 February 2024.

Azure Monitor のクラシック メトリック アラートには、メトリックのいずれかがしきい値を超えた場合に通知を受け取る方法が用意されています。Classic metric alerts in Azure Monitor provide a way to get notified when one of your metrics cross a threshold. クラシック メトリック アラートは、ディメンションを持たないメトリックについてのみアラートを生成できるようにする古い機能です。Classic metric alerts is an older functionality that allows for alerting only on non-dimensional metrics. クラシック メトリック アラートよりも機能が向上したメトリック アラートと呼ばれる新しい機能が既にあります。There is an existing newer functionality called Metric alerts which has improved functionality over classic metric alerts. 新しいメトリック アラート機能の詳細については、メトリック アラートの概要に関するページをご覧ください。You can learn more about the new metric alerts functionality in metric alerts overview. この記事では、Azure portal、Azure CLI、および PowerShell を使用して、クラシック メトリック アラート ルールを作成、表示、管理する方法について説明します。In this article, we will describe how to create, view and manage classic metric alert rules through Azure portal, Azure CLI and PowerShell.

Azure Portal の場合With Azure portal

  1. ポータルで、監視するリソースを見つけて選択します。In the portal, locate the resource that you want to monitor, and then select it.

  2. [監視] セクションで、 [アラート (クラシック)] を選択します。In the MONITORING section, select Alerts (Classic). テキストとアイコンは、リソースごとに多少異なる場合があります。The text and icon might vary slightly for different resources. [アラート (クラシック)] が見つからない場合は、 [アラート] または [アラート ルール] 内で見つかることがあります。If you don't find Alerts (Classic) here, you might find it in Alerts or Alert Rules.

    監視

  3. [メトリック アラートの追加 (クラシック)] コマンドを選択して、フィールドに入力します。Select the Add metric alert (classic) command, and then fill in the fields.

    [アラートの追加]

  4. [名前] にアラート ルール名を入力します。Name your alert rule. 次に [説明] を選択します。この説明は通知電子メールにも表示されます。Then choose a Description, which also appears in notification emails.

  5. 監視する [メトリック] を選択します。Select the Metric that you want to monitor. 次に、メトリックの [条件][しきい値] を選択します。Then choose a Condition and Threshold value for the metric. また、 [期間] では、どのくらいの期間メトリック ルールが満たされた後、アラートがトリガーされるかを選択します。Also choose the Period of time that the metric rule must be satisfied before the alert triggers. たとえば、期間として "直近 5 分" を使用すると、アラートは 80% を超える CPU を見つけて、その CPU が 5 分間継続して 80% を超えた時点でトリガーされます。For example, if you use the period "Over the last 5 minutes" and your alert looks for a CPU above 80%, the alert triggers when the CPU has been consistently above 80% for 5 minutes. 最初のトリガーが発生したら、次のアラートは、CPU が 5 分間継続して 80% を下回ったときにトリガーされます。After the first trigger occurs, it triggers again when the CPU stays below 80% for 5 minutes. CPU のメトリック測定は、1 分ごとに発生します。The CPU metric measurement happens every minute.

  6. アラートが発生したときに管理者と共同管理者に電子メール通知が送信されるようにするには、 [メールの所有者] を選択します。Select Email owners... if you want administrators and co-administrators to receive email notifications when the alert fires.

  7. アラートが発生したときに、他の電子メール アドレスにも通知を送信する場合は、 [追加する管理者の電子メール] フィールドにそのアドレスを入力します。If you want to send notifications to additional email addresses when the alert fires, add them in the Additional Administrator email(s) field. 複数のメール アドレスは、email@contoso.com;email2@contoso.com のようにセミコロンで区切ります。Separate multiple emails with semicolons, in the following format: email@contoso.com;email2@contoso.com

  8. [webhook] フィールドに、アラートが発生したときに呼び出す webhook の有効な URI を入力します。Put in a valid URI in the Webhook field if you want it to be called when the alert fires.

  9. Azure Automation を使用する場合は、アラートが発生したときに実行する Runbook を選択できます。If you use Azure Automation, you can select a runbook to be run when the alert fires.

  10. [OK] を選択してアラートを作成します。Select OK to create the alert.

数分後にアラートがアクティブになり、前述のようにトリガーされます。Within a few minutes, the alert is active and triggers as previously described.

アラートを作成したら、それを選択して次のタスクのいずれかを実行できます。After you create an alert, you can select it and do one of the following tasks:

  • メトリックのしきい値と、前日の実際の値を示すグラフを表示する。View a graph that shows the metric threshold and the actual values from the previous day.
  • 編集または削除する。Edit or delete it.
  • そのアラートの受信を一時的に停止または再開する必要がある場合に、そのアラートを 無効 または 有効 にする。Disable or Enable it if you want to temporarily stop or resume receiving notifications for that alert.

Azure CLI の場合With Azure CLI

前のセクションでは、Azure portal を使用してメトリック アラート ルールを作成、表示、および 管理する方法について説明しました。The previous sections described how to create, view and manage metric alert rules using Azure portal. このセクションでは、クロスプラットフォームの Azure CLI を使用して同じ操作を行う方法について説明します。This section will describe how to do the same using cross-platform Azure CLI. Azure CLI の使用を開始する最も簡単な方法は、Azure Cloud Shell を使用することです。Quickest way to start using Azure CLI is through Azure Cloud Shell.

リソース グループ内のすべてのクラシック メトリック アラート ルールを取得するGet all classic metric alert rules in a resource group

az monitor alert list --resource-group <group name>

特定のクラシック メトリック アラート ルールの詳細を表示するSee details of a particular classic metric alert rule

az monitor alert show --resource-group <group name> --name <alert name>

クラシック メトリック アラート ルールを作成するCreate a classic metric alert rule

az monitor alert create --name <alert name> --resource-group <group name> \
    --action email <email1 email2 ...> \
    --action webhook <URI> \
    --target <target object ID> \
    --condition "<METRIC> {>,>=,<,<=} <THRESHOLD> {avg,min,max,total,last} ##h##m##s"

クラシック メトリック アラート ルールを削除するDelete a classic metric alert rule

az monitor alert delete --name <alert name> --resource-group <group name>

PowerShell の場合With PowerShell

注意

この記事は、Azure Az PowerShell モジュールを使用するように更新されています。This article has been updated to use the Azure Az PowerShell module. Az PowerShell モジュールは、Azure と対話するために推奨される PowerShell モジュールです。The Az PowerShell module is the recommended PowerShell module for interacting with Azure. Az PowerShell モジュールの使用を開始するには、「Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。To get started with the Az PowerShell module, see Install Azure PowerShell. Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。To learn how to migrate to the Az PowerShell module, see Migrate Azure PowerShell from AzureRM to Az.

このセクションでは、PowerShell コマンドを使用してクラシック メトリック アラートを作成、表示、管理する方法を示します。この記事の例では、クラシック メトリック アラート用の Azure Monitor コマンドレットを使用する方法を示しています。This sections shows how to use PowerShell commands create, view and manage classic metric alerts.The examples in the article illustrate how you can use Azure Monitor cmdlets for classic metric alerts.

  1. コンピューターで実行するために PowerShell をセットアップします (まだセットアップしていない場合)。If you haven't already, set up PowerShell to run on your computer. 詳細については、PowerShell をインストールして構成する方法に関するページを参照してください。For more information, see How to Install and Configure PowerShell. Azure Monitor (Insights) Cmdlets (Azure Monitor (Insights) コマンドレット)」で、Azure Monitor PowerShell コマンドレットのすべてのリストを確認することもできます。You can also review the entire list of Azure Monitor PowerShell cmdlets at Azure Monitor (Insights) Cmdlets.

  2. まず、Azure サブスクリプションにログインします。First, log in to your Azure subscription.

    Connect-AzAccount
    
  3. サインイン画面が表示されます。You'll see a sign in screen. アカウントにサインインすると、アカウント、テナント ID、既定のサブスクリプション ID が表示されます。Once you sign in your Account, TenantID, and default Subscription ID are displayed. すべての Azure コマンドレットは、既定のサブスクリプションのコンテキストで動作します。All the Azure cmdlets work in the context of your default subscription. アクセスできるサブスクリプションのリストを表示するには、次のコマンドを使用します。To view the list of subscriptions you have access to, use the following command:

    Get-AzSubscription
    
  4. 作業コンテキストを別のサブスクリプションに変更するには、次のコマンドを使用します。To change your working context to a different subscription, use the following command:

    Set-AzContext -SubscriptionId <subscriptionid>
    
  5. リソース グループのすべてのクラシック メトリック アラート ルールを取得できます。You can retrieve all classic metric alert rules on a resource group:

    Get-AzAlertRule -ResourceGroup montest
    
  6. クラシック メトリック アラート ルールの詳細を表示できますYou can view details of a classic metric alert rule

    Get-AzAlertRule -Name simpletestCPU -ResourceGroup montest -DetailedOutput
    
  7. ターゲット リソースに設定されたすべてのアラート ルールを取得できます。You can retrieve all alert rules set for a target resource. たとえば、VM に設定されたすべてのアラート ルールを取得します。For example, all alert rules set on a VM.

    Get-AzAlertRule -ResourceGroup montest -TargetResourceId /subscriptions/s1/resourceGroups/montest/providers/Microsoft.Compute/virtualMachines/testconfig
    
  8. クラシック アラート ルールは、PowerShell で作成できなくなっています。Classic alert rules can no longer be created via PowerShell. アラート ルールを作成するには、新しい "Add-AzMetricAlertRule" コマンドを使用する必要があります。To create an alert rule you need to use the new 'Add-AzMetricAlertRule' command.

次のステップNext steps