Application Insights の検索の使用Using Search in Application Insights

検索は、ページ ビュー、例外、Web 要求などの個々のテレメトリ項目を検索または探索するために使用する Application Insights の機能です。Search is a feature of Application Insights that you use to find and explore individual telemetry items, such as page views, exceptions, or web requests. 診断検索を使用すると、作成したログ トレースやイベントを表示できます。And you can view log traces and events that you have coded.

(データでのより複雑なクエリについては、Analytics を使用してください。)(For more complex queries over your data, use Analytics.)

Azure ポータルで次の操作を行います。In the Azure portal

診断検索は、アプリケーションの Application Insights の概要ブレードから明示的に開くことができます。You can open diagnostic search explicitly from the Application Insights Overview blade of your application:

Open diagnostic search

診断検索グラフのスクリーンショット

診断検索の本体は、テレメトリ項目 (サーバー要求、ページ ビュー、お客様が作成したカスタム イベントなど) の一覧です。The main body of Diagnostic Search is a list of telemetry items - server requests, page views, custom events that you have coded, and so on. 一覧の上部には、一定期間に発生したイベントの数を示す概要グラフが表示されます。At the top of the list is a summary chart showing counts of events over time.

[最新の情報に更新] をクリックして、新しいイベントを取得します。Click Refresh to get new events.

Visual Studio で使用するIn Visual Studio

Visual Studio には、[Application Insights の検索] ウィンドウもあります。In Visual Studio, there's also an Application Insights Search window. このウィンドウは、デバッグ対象アプリケーションによって生成されたテレメトリ イベントを表示する際に便利ですが、It's most useful for displaying telemetry events generated by the application that you're debugging. Azure Portal の発行済みアプリから収集されたイベントを表示することもできます。But it can also show the events collected from your published app at the Azure portal.

Visual Studio で [検索] ウィンドウを開きます。Open the Search window in Visual Studio:

Visual Studio で [Application Insights の検索] を開く

[検索] ウィンドウには、Web ポータルと似た機能があります。The Search window has features similar to the web portal:

Visual Studio の [Application Insights の検索] ウィンドウ

[操作の追跡] タブは、要求またはページ ビューを開くときに使用できます。The Track Operation tab is available when you open a request or a page view. "操作" は、1 つの要求やページ ビューに関連付けられているイベントのシーケンスです。An 'operation' is a sequence of events that is associated with to a single request or page view. たとえば、依存関係の呼び出し、例外、トレース ログ、およびカスタム イベントが、1 つの操作に含まれる可能性があります。For example, dependency calls, exceptions, trace logs, and custom events might be part of a single operation. [操作の追跡] タブには、要求またはページ ビューとの関連で、こうしたイベントのタイミングと期間がグラフィカルに表示されます。The Track Operation tab shows graphically the timing and duration of these events in relation to the request or page view.

個々の項目の確認Inspect individual items

任意のテレメトリ項目を選択すると、キー フィールドと関連項目が表示されます。Select any telemetry item to see key fields and related items.

個々の依存関係要求のスクリーンショット

これにより、エンドツーエンドのトランザクションの詳細ビューが起動します。This will launch the end-to-end transaction details view:

エンドツーエンドのトランザクションの詳細ビューのスクリーンショット。

イベントの種類のフィルター選択Filter event types

[フィルター] ブレードを開き、表示するイベントの種類を選択しますOpen the Filter blade and choose the event types you want to see. (後でブレードを開いたときに表示されるフィルターを復元するには、[リセット] をクリックします)。(If, later, you want to restore the filters with which you opened the blade, click Reset.)

[フィルター] を選択し、テレメトリの種類を選択します

イベントの種類は、次のとおりです。The event types are:

プロパティの値に基づくフィルター選択Filter on property values

プロパティの値に基づいてイベントをフィルター選択できます。You can filter events on the values of their properties. 使用可能なプロパティは、選択したイベントの種類によって異なります。The available properties depend on the event types you selected.

たとえば、特定の応答コードを持つ要求を選択できます。For example, pick out requests with a specific response code.

プロパティを展開し、値を選択します

特定のプロパティの値を選択しない場合、すべての値を選択するのと同じ意味になり、Choosing no values of a particular property has the same effect as choosing all values. そのプロパティに基づくフィルターはオフになります。It switches off filtering on that property.

フィルター値の右側の値は、現在のフィルター選択されたセットに含まれるイベントの発生回数を表します。Notice that the counts to the right of the filter values show how many occurrences there are in the current filtered set.

この例では、"500" エラーのほとんどが "Rpt/Employees" 要求であることがわかります。In this example, it's clear that the 'Rpt/Employees' request results in most of the '500' errors:

プロパティを展開し、値を選択します

同じプロパティを持つイベントの検索Find events with the same property

同じプロパティ値を持つすべての項目を検索できます。Find all the items with the same property value:

プロパティを右クリックします

データの検索Search the data

注意

さらに複雑なクエリを作成するには、[検索] ブレードの上部から Analytics を開きます。To write more complex queries, open Analytics from the top of the Search blade.

すべてのプロパティ値について語句を検索できます。You can search for terms in any of the property values. この機能は、プロパティ値を持つカスタム イベントを作成している場合に特に便利です。This is particularly useful if you have written custom events with property values.

時間範囲を設定することもできます。範囲が狭いほど、検索時間が短くなります。You might want to set a time range, as searches over a shorter range are faster.

Open diagnostic search

部分文字列ではなく、語句全体を検索します。Search for complete words, not substrings. 引用符で特殊文字を囲みます。Use quotation marks to enclose special characters.

stringstring 一致 "しない"is not found by 一致するbut these do find it
HomeController.AboutHomeController.About homehome
controllercontroller
outout
homecontrollerhomecontroller
aboutabout
"homecontroller.about""homecontroller.about"
米国United States UniUni
tedted
unitedunited
statesstates
united AND statesunited AND states
"united states""united states"

使用できる検索表現を次に示します。Here are the search expressions you can use:

サンプル クエリSample query 効果Effect
apple 時間範囲内でフィールドに "apple" という単語が含まれるすべてのイベントを検索しますFind all events in the time range whose fields include the word "apple"
apple AND banana
apple banana
両方の単語を含むイベントを検索します。Find events that contain both words. "and" ではなく大文字の "AND" を使用します。Use capital "AND", not "and".
短縮形。Short form.
apple OR banana どちらかの単語を含むイベントを検索します。Find events that contain either word. "or" ではなく "OR" を使用します。Use "OR", not "or".
apple NOT banana ある単語を含む一方で他方の単語を含まないイベントを検索します。Find events that contain one word but not the other.

サンプリングSampling

(ASP.NET SDK バージョン 2.0.0-beta3 以降を使用している状態で) アプリから大量のテレメトリが生成されると、アダプティブ サンプリング モジュールからイベントの代表的な部分のみが送信され、ポータルに送信されるデータ量が自動的に削減されます。If your app generates a lot of telemetry (and you are using the ASP.NET SDK version 2.0.0-beta3 or later), the adaptive sampling module automatically reduces the volume that is sent to the portal by sending only a representative fraction of events. ただし、同じ要求に関連するイベントはグループ単位で選択または選択解除されるため、関連するイベントごとに操作できます。However, events that are related to the same request are selected or deselected as a group, so that you can navigate between related events.

サンプリングについてはこちらを参照してくださいLearn about sampling.

作業項目を作成するCreate work item

任意のテレメトリ項目の詳細を使用して、GitHub または Azure DevOps でバグを作成できます。You can create a bug in GitHub or Azure DevOps with the details from any telemetry item.

新しい作業項目をクリックし、フィールドを編集して [OK] をクリックします。

これを初めて行う場合は、Azure DevOps の組織およびプロジェクトへのリンクを構成するように求められます。The first time you do this, you are asked to configure a link to your Azure DevOps organization and project.

Azure DevOps Services の URL とプロジェクト名を入力し、[承認] をクリックします

([作業項目] ブレードでリンクを構成することもできます)。(You can also configure the link on the Work Items blade.)

さらに多くのテレメトリを Application Insights に送信するSend more telemetry to Application Insights

Application Insights SDK によって送信される標準のテレメトリに加えて、次の操作を実行できます。In addition to the out-of-the-box telemetry sent by Application Insights SDK, you can:

  • .NET または Java の好みのログ記録フレームワークからのログ トレースをキャプチャする。Capture log traces from your favorite logging framework in .NET or Java. これは、ログ トレースを検索し、ページ ビュー、例外、その他のイベントと関連付けることができることを意味します。This means you can search through your log traces and correlate them with page views, exceptions, and other events.
  • カスタム イベント、ページ ビュー、および例外を送信するコードを作成する。Write code to send custom events, page views, and exceptions.

ログとカスタム テレメトリを Application Insights に送信する方法についてはこちらLearn how to send logs and custom telemetry to Application Insights.

Q & AQ & A

保持されるデータの量はどのくらいですかHow much data is retained?

制限の概要」を参照してください。See the Limits summary.

サーバーの要求の POST データを表示するにはどうしたらよいですかHow can I see POST data in my server requests?

POST データは自動的に記録されませんが、TrackTrace または log の呼び出しを使用できます。We don't log the POST data automatically, but you can use TrackTrace or log calls. メッセージ パラメーターに POST データを格納します。Put the POST data in the message parameter. プロパティと同じ方法でメッセージをフィルター処理することはできませんが、サイズの制限が緩和されます。You can't filter on the message in the same way you can filter on properties, but the size limit is longer.

ビデオVideo

次のステップNext steps