メモリ リーク検出 (プレビュー)Memory leak detection (preview)

Application Insight は、アプリケーションの各プロセスのメモリ消費量を自動的に分析し、メモリ リークの可能性やメモリ使用量の増加を警告することができます。Application Insights automatically analyzes the memory consumption of each process in your application, and can warn you about potential memory leaks or increased memory consumption.

この機能を使用するには、アプリのパフォーマンス カウンターを構成すること以外は、特別な設定は必要ありません。This feature requires no special setup, other than configuring performance counters for your app. アプリケーションから十分な量のメモリ パフォーマンス カウンター テレメトリ (プライベート バイトなど) が生成されると、有効になります。It's active when your app generates enough memory performance counters telemetry (for example, Private Bytes).

この種類のスマート検出通知はどのような場合に取得されますか。When would I get this type of smart detection notification?

一般的な通知は、アプリケーションの一部である 1 つ以上のプロセスや 1 つ以上のコンピューターで、長時間にわたってメモリ使用量が一貫して増加すると送信されます。A typical notification will follow a consistent increase in memory consumption over a long period of time, in one or more processes and/or one or more machines, which are part of your application. メモリ リークのパターンに一致するメモリ消費の増加を検出するため、機械学習アルゴリズムが使用されます。Machine learning algorithms are used for detecting increased memory consumption that matches the pattern of a memory leak.

アプリに問題があるのは確かですかDoes my app really have a problem?

いいえ。通知は、アプリに確実に問題があることを示すものではありません。No, a notification doesn't mean that your app definitely has a problem. 通常、メモリ リーク パターンはアプリケーションの問題を示していますが、特定のプロセスに典型的なパターンか、自然なビジネス上の正当性があり無視できるパターンの可能性があります。Although memory leak patterns usually indicate an application issue, these patterns could be typical to your specific process, or could have a natural business justification, and can be ignored.

どのように修正すればよいですかHow do I fix it?

通知には、診断分析プロセスでサポートできる診断情報が含まれます。The notifications include diagnostic information to support in the diagnostic analysis process:

  1. トリアージTriage. この通知には、メモリの増加量 (GB 単位) とメモリが増加した時間の範囲が表示されます。The notification shows you the amount of memory increase (in GB), and the time range in which the memory has increased. この情報を基に、問題に優先順位を割り当てることができます。This can help you assign a priority to the problem.
  2. 範囲Scope. メモリ リーク パターンを示すコンピューターの数。How many machines exhibited the memory leak pattern? メモリ リークの可能性がある間にトリガーされた例外の数。How many exceptions were triggered during the potential memory leak? この情報を通知から取得できます。This information can be obtained from the notification.
  3. 診断Diagnose. 検出にはメモリ リーク パターンが含まれており、時間の経過によるプロセスのメモリ使用量が示されます。The detection contains the memory leak pattern, showing memory consumption of the process over time. サポート情報にリンクしている関連項目とレポートを使用して、問題の詳細な診断に役立てることもできます。You can also use the related items and reports linking to supporting information, to help you further diagnose the issue.