Azure SQL Analytics (プレビュー) を使用した Azure SQL Database の監視Monitor Azure SQL Database using Azure SQL Analytics (Preview)

Azure SQL Analytics のシンボル

Azure SQL Analytics は、大規模かつ複数のサブスクリプションにまたがる Azure SQL データベースやエラスティック プール、Managed Instance のパフォーマンスを、1 つの窓から監視するための高度なクラウド監視ソリューションです。Azure SQL Analytics is an advanced cloud monitoring solution for monitoring performance of Azure SQL databases, elastic pools, and Managed Instances at scale and across multiple subscriptions through a single pane of glass. これを使用すると、パフォーマンスのトラブルシューティングのために、組み込みのインテリジェンスを使用して Azure SQL Database の重要なパフォーマンス メトリックを収集し、視覚化できます。It collects and visualizes important Azure SQL Database performance metrics with built-in intelligence for performance troubleshooting.

このソリューションを使用して収集できるメトリックを使用して、独自の監視ルールおよびアラートを作成できます。By using metrics that you collect with the solution, you can create custom monitoring rules and alerts. このソリューションは、アプリケーション スタックの各層の問題を特定するのに役立ちます。The solution helps you to identify issues at each layer of your application stack. これは、Azure 診断メトリックを Azure Monitor ビューと共に使用して、マネージド インスタンス内のすべての Azure SQL データベース、エラスティック プール、およびデータベースに関するデータを 1 つの Log Analytics ワークスペースに表示します。It uses Azure Diagnostic metrics along with Azure Monitor views to present data about all your Azure SQL databases, elastic pools, and databases in Managed Instances in a single Log Analytics workspace. Azure Monitor は、構造化データや非構造化データの収集、関連付け、および視覚化に役立ちます。Azure Monitor helps you to collect, correlate, and visualize structured and unstructured data.

Azure SQL Analytics ソリューションの使用に関する実践的な概要と、一般的な使用シナリオについては、埋め込みのビデオをご覧ください。For a hands-on overview on using Azure SQL Analytics solution and for typical usage scenarios, see the embedded video:

接続先ソースConnected sources

Azure SQL Analytics は、Azure SQL データベース (単一、プール、およびマネージド インスタンスのデータベース) の診断テレメトリのストリーミングをサポートする唯一のクラウド監視ソリューションです。Azure SQL Analytics is a cloud only monitoring solution supporting streaming of diagnostics telemetry for Azure SQL databases: single, pooled, and Managed Instance databases. このソリューションは Azure Monitor への接続にエージェントを使用しないため、オンプレミスまたは VM でホストされている SQL Server の監視はサポートされません。次の互換性に関する表を参照してください。As the solution does not use agents to connect to Azure Monitor, the solution does not support monitoring of SQL Server hosted on-premises or in VMs, see the compatibility table below.

接続先ソースConnected Source サポートされていますSupported 説明Description
Azure DiagnosticsAzure Diagnostics はいYes Azure のメトリックおよびログ データは、Azure によって直接 Azure Monitor ログに送信されます。Azure metric and log data are sent to Azure Monitor Logs directly by Azure.
Azure Storage アカウントAzure storage account いいえNo Azure Monitor は、ストレージ アカウントからデータを読み取りません。Azure Monitor doesn't read the data from a storage account.
Windows エージェントWindows agents いいえNo このソリューションでは、直接の Windows エージェントは使用されません。Direct Windows agents aren't used by the solution.
Linux エージェントLinux agents いいえNo このソリューションでは、直接の Linux エージェントは使用されません。Direct Linux agents aren't used by the solution.
System Center Operations Manager 管理グループSystem Center Operations Manager management group いいえNo Operations Manager エージェントから Azure Monitor への直接の接続は、このソリューションでは使用されません。A direct connection from the Operations Manager agent to Azure Monitor is not used by the solution.

構成Configuration

Solutions Gallery からの Azure Monitor ソリューションの追加に関するページで説明されているプロセスを使用して、Azure SQL Analytics (プレビュー) ソリューションを Log Analytics ワークスペースに追加します。Use the process described in Add Azure Monitor solutions from the Solutions Gallery to add the Azure SQL Analytics (Preview) solution to your Log Analytics workspace.

診断テレメトリをストリーム配信するための Azure SQL Database、エラスティック プール、および Managed Instance の構成Configure Azure SQL Databases, elastic pools and Managed Instances to stream diagnostics telemetry

ワークスペースに Azure SQL Analytics ソリューションを作成した後は、その診断テレメトリをソリューションにストリーム配信するように、監視するリソースのそれぞれを構成する必要があります。Once you have created Azure SQL Analytics solution in your workspace, you need to configure each resources that you want to monitor to stream its diagnostics telemetry to the solution. 次のページの詳細手順に従ってください。Follow detailed instructions on this page:

上記手順ではまた、1 つの Azure SQL Analytics ワークスペースから複数の Azure サブスクリプションを 1 つの窓で監視するためのサポート機能を有効にする手順も説明しています。The above page also provides instructions on enabling support for monitoring multiple Azure subscriptions from a single Azure SQL Analytics workspace as a single pane of glass.

ソリューションの使用Using the solution

ソリューションをワークスペースに追加すると、Azure SQL Analytics のタイルがワークスペースに追加され、[概要] に表示されます。When you add the solution to your workspace, the Azure SQL Analytics tile is added to your workspace, and it appears in Overview. タイルのコンテンツを読み込むには、[概要の表示] リンクを選択します。Select View Summary link to load the tile content.

Azure SQL Analytics の概要タイル

読み込みが完了すると、タイルに、ソリューションが診断テレメトリを受信する Azure SQL データベース、エラスティック プール、Managed Instance、および Managed Instance 内のデータベースの数が表示されます。Once loaded, the tile shows the number of Azure SQL databases, elastic pools, Managed Instances, and databases in Managed instances that the solution is receiving diagnostics telemetry from.

Azure SQL Analytics のタイル

ソリューションには、2 つの独立したビューが用意されています。1 つは Azure SQL Database とエラスティック プールの監視用で、他のビューは、Managed Instance と、Managed Instance 内のデータベースの監視用です。The solution provides two separate views -- one for monitoring Azure SQL Databases and elastic pools, and the other view for monitoring Managed Instance, and databases in Managed Instances.

Azure SQL Database とエラスティック プール用の Azure SQL Analytics 監視ダッシュボードを表示するには、タイルの上部をクリックします。To view Azure SQL Analytics monitoring dashboard for Azure SQL Databases and elastic pools, click on the upper part of the tile. Managed Instance と、Managed Instance 内のデータベース用の Azure SQL Analytics 監視ダッシュボードを表示するには、タイルの下部をクリックします。To view Azure SQL Analytics monitoring dashboard for Managed Instance, and databases in Managed Instance, click on the lower part of the tile.

Azure SQL Analytics データの表示Viewing Azure SQL Analytics data

ダッシュボードには、さまざまなパースペクティブから監視されるすべてのデータベースの概要が含まれています。The dashboard includes the overview of all databases that are monitored through different perspectives. さまざまなパースペクティブが機能するには、適切なメトリックを有効にするか、または Log Analytics ワークスペースにストリーミングされるように SQL リソースにログオンする必要があります。For different perspectives to work, you must enable proper metrics or logs on your SQL resources to be streamed to Log Analytics workspace.

Azure Monitor に一部のメトリックまたはログがストリーミングされないと、ソリューション内のタイルに監視情報が表示されないことに注意してください。Note that if some metrics or logs are not streamed into Azure Monitor, the tiles in the solution are not populated with monitoring information.

Azure SQL Database とエラスティック プールのビューAzure SQL Database and elastic pool view

データベースの Azure SQL Analytics タイルが選択されると、監視ダッシュボードが表示されます。Once the Azure SQL Analytics tile for the database is selected, the monitoring dashboard is shown.

Azure SQL Analytics の概要

タイルのいずれかを選択すると、特定のパースペクティブでドリルダウン レポートが開きます。Selecting any of the tiles, opens a drill-down report into the specific perspective. パースペクティブを選択すると、ドリル ダウン レポートが開きます。Once the perspective is selected, the drill-down report is opened.

Azure SQL Analytics のタイムアウト

このビューの各パースペクティブは、サブスクリプション、サーバー、エラスティック プール、およびデータベース レベルの概要を提供します。Each perspective in this view provides summaries on subscription, server, elastic pool, and database level. さらに、各パースペクティブは、右側にパースペクティブ特定のレポートを示します。In addition, each perspective shows a perspective specific to the report on the right. 一覧からサブスクリプション、サーバー、プール、またはデータベースを選択するとドリル ダウンが続行されます。Selecting subscription, server, pool, or database from the list continues the drill-down.

Managed Instance と Managed Instance 内のデータベースのビューManaged Instance and databases in Managed Instance view

データベースの Azure SQL Analytics タイルが選択されると、監視ダッシュボードが表示されます。Once the Azure SQL Analytics tile for the databases is selected, the monitoring dashboard is shown.

Azure SQL Analytics の概要

タイルのいずれかを選択すると、特定のパースペクティブでドリルダウン レポートが開きます。Selecting any of the tiles, opens a drill-down report into the specific perspective. パースペクティブを選択すると、ドリル ダウン レポートが開きます。Once the perspective is selected, the drill-down report is opened.

Managed Instance のビューを選択すると、Managed Instance の使用率、それに含まれるデータベース、インスタンス全体で実行されたクエリに関するテレメトリの詳細が表示されます。Selecting Managed Instance view, shows details on the Managed Instance utilization, databases it contains, and telemetry on the queries executed across the instance.

Azure SQL Analytics のタイムアウト

パースペクティブPerspectives

次の表に、2 つのバージョンのダッシュボードでサポートされるパースペクティブの概要を示します。1 つは Azure SQL データベースとエラスティック プール用で、もう 1 つが Managed Instance 用です。The below table outlines perspectives supported for two versions of the dashboard, one for Azure SQL database and elastic pools, and the other one for Managed Instance.

パースペクティブPerspective 説明Description SQL Database とエラスティック プールのサポートSQL Database and elastic pools support Managed Instance のサポートManaged Instance support
種類別のリソースResource by type 監視対象のすべてのリソースをカウントするパースペクティブです。Perspective that counts all the resources monitored. はいYes はいYes
洞察Insights パフォーマンスに対する Intelligent Insights の階層型のドリルダウンを提供します。Provides hierarchical drill-down into Intelligent Insights into performance. はいYes はいYes
ErrorsErrors データベースで発生した SQL エラーの階層型のドリルダウンを提供しますProvides hierarchical drill-down into SQL errors that happened on the databases. はいYes はいYes
TimeoutsTimeouts データベースで発生した SQL タイムアウトの階層型のドリルダウンを提供しますProvides hierarchical drill-down into SQL timeouts that happened on the databases. はいYes いいえNo
ブロッキングBlockings データベースで発生した SQL ブロッキングの階層型のドリルダウンを提供しますProvides hierarchical drill-down into SQL blockings that happened on the databases. はいYes いいえNo
データベース待機Database waits データベース レベルで発生した SQL 待機統計の階層型のドリルダウンを提供しますProvides hierarchical drill-down into SQL wait statistics on the database level. 合計待機時間と待機の種類ごとの待機時間の概要が含まれます。Includes summaries of total waiting time and the waiting time per wait type. はいYes はいYes
クエリ実行時間Query duration クエリの実行時間、CPU 使用率、データ IO 使用率、ログ IO 使用率などのクエリ実行の統計の階層型のドリルダウンを提供します。Provides hierarchical drill-down into the query execution statistics such as query duration, CPU usage, Data IO usage, Log IO usage. はいYes はいYes
クエリ待機Query waits 待機カテゴリ別に、クエリ待機統計の階層型のドリルダウンを提供しますProvides hierarchical drill-down into the query wait statistics by wait category. はいYes はいYes

Intelligent Insights レポートIntelligent Insights report

Azure SQL Database Intelligent Insights では、すべての Azure SQL データベースのパフォーマンスに何が起きているかを把握できます。Azure SQL Database Intelligent Insights lets you know what is happening with performance of all Azure SQL databases. 収集されたすべてのインテリジェントな洞察を Insights パースペクティブを使用して視覚化およびアクセスできます。All Intelligent Insights collected can be visualized and accessed through the Insights perspective.

Azure SQL Analytics Insights

エラスティック プールとデータベースのレポートElastic pool and Database reports

エラスティック プールと SQL Database の両方に、指定された期間内にリソースについて収集されたすべてのデータを表示する、独自の具体的なレポートがあります。Both elastic pools and SQL Databases have their own specific reports that show all the data that is collected for the resource in the specified time.

Azure SQL Analytics データベース

Azure SQL エラスティック プール

クエリのレポートQuery reports

クエリの実行時間とクエリの待機のパースペクティブでは、クエリ レポートを介してクエリのパフォーマンスを関連付けることができます。Through the Query duration and query waits perspectives, you can correlate the performance of any query through the query report. このレポートは、異なるデータベース間で、クエリのパフォーマンスを比較し、選択したクエリの処理速度が速いデータベースと遅いデータベースを簡単に特定できるようになります。This report compares the query performance across different databases and makes it easy to pinpoint databases that perform the selected query well versus ones that are slow.

Azure SQL Analytics のクエリ

アクセス許可Permissions

Azure SQL Analytics を使用するには、少なくとも Azure で閲覧者ロールの権限が付与されている必要があります。To use Azure SQL Analytics, users need to be granted a minimum permission of the Reader role in Azure. ただし、このロールはクエリのテキストを表示したり、自動チューニング アクションを実行したりすることを許可するものではありません。This role, however, does not allow users to see the query text, or perform any Automatic tuning actions. Azure には、このソリューションを最大限活用するためのもっと制限の緩やかなロールとして、所有者、共同作成者、SQL DB 共同作成者、または SQL DB 共同作成者、SQL Server 共同作成者があります。More permissive roles in Azure that allow using the solution to the fullest extent are Owner, Contributor, SQL DB Contributor, or SQL Server Contributor. ポータルから、Azure SQL Analytics を使用するために必要な許可だけ与えて、他のリソースへの管理アクセス権を付与しないカスタム ロールを作成することもできます。You also might want to consider creating a custom role in the portal with specific permissions required only to use Azure SQL Analytics, and with no access to managing other resources.

ポータルからのカスタム ロールの作成Creating a custom role in portal

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

組織によっては、Azure で厳格な許可制御を実施しています。Azure portal には、「SQL Analytics Monitoring Operator」という次の PowerShell スクリプトがあります。この、スクリプトを利用して、Azure SQL Analytics を最大限活用するために最低限必要な読み取りおよび書き込み許可を持つカスタム ロールを作成することできます。Recognizing that some organizations enforce strict permission controls in Azure, find the following PowerShell script enabling creation of a custom role “SQL Analytics Monitoring Operator” in Azure portal with the minimum read and write permissions required to use Azure SQL Analytics to its fullest extent.

次のスクリプトの “{SubscriptionId}" の部分をご自分の Azure サブスクリプション ID に置き換え、スクリプトを実行して、所有者または共同作成者として Azure にログインしてください。Replace the “{SubscriptionId}" in the below script with your Azure subscription ID, and execute the script logged in as an Owner or Contributor role in Azure.

 Connect-AzAccount
 Select-AzSubscription {SubscriptionId}
 $role = Get-AzRoleDefinition -Name Reader
 $role.Name = "SQL Analytics Monitoring Operator"
 $role.Description = "Lets you monitor database performance with Azure SQL Analytics as a reader. Does not allow change of resources."
 $role.IsCustom = $true
 $role.Actions.Add("Microsoft.SQL/servers/databases/read");
 $role.Actions.Add("Microsoft.SQL/servers/databases/topQueries/queryText/*");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/databases/advisors/read");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/databases/advisors/write");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/databases/advisors/recommendedActions/read");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/databases/advisors/recommendedActions/write");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/databases/automaticTuning/read");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/databases/automaticTuning/write");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/databases/*");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/advisors/read");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/advisors/write");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/advisors/recommendedActions/read");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Sql/servers/advisors/recommendedActions/write");
 $role.Actions.Add("Microsoft.Resources/deployments/write");
 $role.AssignableScopes = "/subscriptions/{SubscriptionId}"
 New-AzRoleDefinition $role

新しいロールが作成されると、Azure SQL Analytics を使用する特別な許可を付与する必要があるユーザーそれぞれにそのロールを割り当てることができます。Once the new role is created, assign this role to each user that you need to grant custom permissions to use Azure SQL Analytics.

データの分析とアラートの作成Analyze data and create alerts

Azure SQL Analytics のデータ分析のカスタム クエリやカスタム レポート機能は Log Analytics 言語に依拠しています。Data analysis in Azure SQL Analytics is based on Log Analytics language for your custom querying and reporting. 利用可能なメトリックおよびログでのカスタム クエリでは、データベース リソースから収集され、利用可能になっているデータの説明を検索してください。Find description of the available data collected from database resource for custom querying in metrics and logs available.

ソリューションの自動アラート機能は、条件が満たされたときにアラートをトリガーする Log Analytics クエリに依拠しています。Automated alerting in the solution is based on writing a Log Analytics query that triggers an alert upon a condition met. ソリューションでアラートを設定できる Log Analytics クエリに関する、次のいくつかの例を検索してください。Find below several examples on Log Analytics queries upon which alerting can be set up in the solution.

Azure SQL Database のアラートの作成Creating alerts for Azure SQL Database

Azure SQL Database リソースから送られるデータを使用して簡単にアラートを作成できます。You can easily create alerts with the data coming from Azure SQL Database resources. ログ アラートで使用できる実用的なログ クエリをいくつか示します。Here are some useful log queries that you can use with a log alert:

高 CPU (Azure SQL Database 上)High CPU on Azure SQL Database

AzureMetrics
| where ResourceProvider=="MICROSOFT.SQL"
| where ResourceId contains "/DATABASES/"
| where MetricName=="cpu_percent"
| summarize AggregatedValue = max(Maximum) by bin(TimeGenerated, 5m)
| render timechart

注意

  • このアラートを設定するための前提条件は、監視されるデータベースが Basic メトリックをソリューションにストリーム配信することです。Pre-requirement of setting up this alert is that monitored databases stream Basic metrics to the solution.
  • 高い DTU 結果を得るために、MetricName 値の cpu_percent を dtu_consumption_percent に置き換えます。Replace the MetricName value cpu_percent with dtu_consumption_percent to obtain high DTU results instead.

高 CPU (Azure SQL Database エラスティック プール上)High CPU on Azure SQL Database elastic pools

AzureMetrics
| where ResourceProvider=="MICROSOFT.SQL"
| where ResourceId contains "/ELASTICPOOLS/"
| where MetricName=="cpu_percent"
| summarize AggregatedValue = max(Maximum) by bin(TimeGenerated, 5m)
| render timechart

注意

  • このアラートを設定するための前提条件は、監視されるデータベースが Basic メトリックをソリューションにストリーム配信することです。Pre-requirement of setting up this alert is that monitored databases stream Basic metrics to the solution.
  • 高い DTU 結果を得るために、MetricName 値の cpu_percent を dtu_consumption_percent に置き換えます。Replace the MetricName value cpu_percent with dtu_consumption_percent to obtain high DTU results instead.

過去 1 時間の平均が 95% を超える Azure SQL Database ストレージAzure SQL Database storage in average above 95% in the last 1 hr

let time_range = 1h;
let storage_threshold = 95;
AzureMetrics
| where ResourceId contains "/DATABASES/"
| where MetricName == "storage_percent"
| summarize max_storage = max(Average) by ResourceId, bin(TimeGenerated, time_range)
| where max_storage > storage_threshold
| distinct ResourceId

注意

  • このアラートを設定するための前提条件は、監視されるデータベースが Basic メトリックをソリューションにストリーム配信することです。Pre-requirement of setting up this alert is that monitored databases stream Basic metrics to the solution.
  • このクエリでは、クエリの結果が存在する (結果 > 0 である) とき、つまり条件がいくつかのデータベース上に存在するときにアラートが発生するようにアラート ルールを設定する必要があります。This query requires an alert rule to be set up to fire off an alert when there exist results (> 0 results) from the query, denoting that the condition exists on some databases. 出力は、定義された time_range 内で storage_threshold より上のデータベース リソースの一覧です。The output is a list of database resources that are above the storage_threshold within the time_range defined.
  • 出力は、定義された time_range 内で storage_threshold より上のデータベース リソースの一覧です。The output is a list of database resources that are above the storage_threshold within the time_range defined.

Intelligent Insights に対するアラートAlert on Intelligent insights

let alert_run_interval = 1h;
let insights_string = "hitting its CPU limits";
AzureDiagnostics
| where Category == "SQLInsights" and status_s == "Active"
| where TimeGenerated > ago(alert_run_interval)
| where rootCauseAnalysis_s contains insights_string
| distinct ResourceId

注意

  • このアラートを設定するための前提条件は、監視されるデータベースが SQLInsights 診断ログをソリューションにストリーム配信することです。Pre-requirement of setting up this alert is that monitored databases stream SQLInsights diagnostics log to the solution.
  • このクエリでは、結果の重複を回避するために、alert_run_interval と同じ頻度で実行するようにアラート ルールを設定する必要があります。This query requires an alert rule to be set up to run with the same frequency as alert_run_interval in order to avoid duplicate results. ルールは、クエリの結果が存在する (結果が > 0 である) ときにアラートが発生するように設定してください。The rule should be set up to fire off the alert when there exist results (> 0 results) from the query.
  • alert_run_interval をカスタマイズして、SQLInsights ログをソリューションにストリーミングするように構成したデータベースで条件が発生したかどうかをチェックする時間範囲を指定します。Customize the alert_run_interval to specify the time range to check if the condition has occurred on databases configured to stream SQLInsights log to the solution.
  • insights_string をカスタマイズして、Insights の根本原因分析テキストの出力をキャプチャします。Customize the insights_string to capture the output of the Insights root cause analysis text. これは、既存の分析情報から使用できる、ソリューションの UI に表示されるのと同じテキストです。This is the same text displayed in the UI of the solution that you can use from the existing insights. または、次のクエリを使用して、サブスクリプションに対して生成されるすべての分析情報のテキストを見ることもできます。Alternatively, you can use the query below to see the text of all Insights generated on your subscription. Insights に対するアラートを設定するために、クエリの出力を使用して特別な文字列を収集します。Use the output of the query to harvest the distinct strings for setting up alerts on Insights.
AzureDiagnostics
| where Category == "SQLInsights" and status_s == "Active"
| distinct rootCauseAnalysis_s

Managed Instance のアラートの作成Creating alerts for Managed Instance

Managed Instance ストレージは 90% より上ですManaged Instance storage is above 90%

let storage_percentage_threshold = 90;
AzureDiagnostics
| where Category =="ResourceUsageStats"
| summarize (TimeGenerated, calculated_storage_percentage) = arg_max(TimeGenerated, todouble(storage_space_used_mb_s) *100 / todouble (reserved_storage_mb_s))
   by ResourceId
| where calculated_storage_percentage > storage_percentage_threshold

注意

  • このアラートを設定する際の事前要件は、監視対象の Managed Instance で、ソリューションに対する ResourceUsageStats ログのストリーム配信が有効になっていることです。Pre-requirement of setting up this alert is that monitored Managed Instance has the streaming of ResourceUsageStats log enabled to the solution.
  • このクエリでは、クエリの結果が存在する (結果が 0 より多い) ときにアラートが発生するようアラート ルールを設定する必要があります。それにより、条件が Managed Instance 上に存在することが示されます。This query requires an alert rule to be set up to fire off an alert when there exist results (> 0 results) from the query, denoting that the condition exists on the Managed Instance. 出力は、Managed Instance でのストレージの消費の割合です。The output is storage percentage consumption on the Managed Instance.

Managed Instance CPU の過去 1 時間の平均使用量は 95% より上ですManaged Instance CPU average consumption is above 95% in the last 1 hr

let cpu_percentage_threshold = 95;
let time_threshold = ago(1h);
AzureDiagnostics
| where Category == "ResourceUsageStats" and TimeGenerated > time_threshold
| summarize avg_cpu = max(todouble(avg_cpu_percent_s)) by ResourceId
| where avg_cpu > cpu_percentage_threshold

注意

  • このアラートを設定する際の事前要件は、監視対象の Managed Instance で、ソリューションに対する ResourceUsageStats ログのストリーム配信が有効になっていることです。Pre-requirement of setting up this alert is that monitored Managed Instance has the streaming of ResourceUsageStats log enabled to the solution.
  • このクエリでは、クエリの結果が存在する (結果が 0 より多い) ときにアラートが発生するようアラート ルールを設定する必要があります。それにより、条件が Managed Instance 上に存在することが示されます。This query requires an alert rule to be set up to fire off an alert when there exist results (> 0 results) from the query, denoting that the condition exists on the Managed Instance. 出力は、Managed Instance で定義された期間の平均 CPU 使用率の割合です。The output is average CPU utilization percentage consumption in defined period on the Managed Instance.

価格Pricing

ソリューションは無料で使用できますが、毎月割り当てられる無料のデータ取り込み単位数を超えた診断テレメトリの使用量が適用されます。Log Analytics の価格を参照してください。While the solution is free to use, consumption of diagnostics telemetry above the free units of data ingestion allocated each month applies, see Log Analytics pricing. 提供される無料のデータ インジェスト単位数により、毎月いくつかのデータベースの無料の監視が可能になります。The free units of data ingestion provided enable free monitoring of several databases each month. アイドル状態のデータベースに比べて、ワークロードが重いほど、またアクティブなデータベースが多いほど、取り込まれるデータは多くなることに注意してください。Note that more active databases with heavier workloads ingest more data versus idle databases. データ取り込み使用量は、Azure SQL Analytics のナビゲーション メニューで OMS Workspace を選択し、Usage and Estimated Costs を選択することで簡単に監視することができます。You can easily monitor your data ingestion consumption in the solution by selecting OMS Workspace on the navigation menu of Azure SQL Analytics, and then selecting Usage and Estimated Costs.

次の手順Next steps