System Center Operations Manager Health Check (プレビュー) ソリューションを使用して環境を最適化するOptimize your environment with the System Center Operations Manager Health Check (Preview) solution

System Center Operations Manager Health Check のシンボル

System Center Operations Manager Health Check ソリューションを使用すると、System Center Operations Manager 管理グループのリスクと正常性を定期的に評価できます。You can use the System Center Operations Manager Health Check solution to assess the risk and health of your System Center Operations Manager management group on a regular interval. この記事は、潜在的な問題の修正措置を実行できるように、ソリューションをインストール、構成、および使用するために役立ちます。This article helps you install, configure, and use the solution so that you can take corrective actions for potential problems.

このソリューションでは、デプロイされているサーバー インフラストラクチャに固有の優先順位付けされた推奨事項の一覧を提供します。This solution provides a prioritized list of recommendations specific to your deployed server infrastructure. 推奨事項は 4 つの対象領域に分類されているので、すばやくリスクを把握し、修正措置を実行できます。The recommendations are categorized across four focus areas, which help you quickly understand the risk and take corrective action.

推奨事項は、マイクロソフトのエンジニアによる数多くの顧客訪問によって得られた知識と経験に基づいています。The recommendations made are based on the knowledge and experience gained by Microsoft engineers from thousands of customer visits. 各推奨事項では、問題が重要である理由と推奨される変更を実装する方法に関するガイダンスが提供されます。Each recommendation provides guidance about why an issue might matter to you and how to implement the suggested changes.

組織にとって最も重要な対象領域を選択し、リスクのない正常な環境の実行に向けた進行状況を追跡できます。You can choose focus areas that are most important to your organization and track your progress toward running a risk free and healthy environment.

ソリューションを追加し、評価が実行されると、インフラストラクチャの [System Center Operations Manager Health Check] ダッシュボードに対象領域の概要情報が表示されます。After you've added the solution and an assessment is performed, summary information for focus areas is shown on the System Center Operations Manager Health Check dashboard for your infrastructure. 次のセクションでは、 [System Center Operations Manager Health Check] ダッシュボードの情報を使用する方法について説明します。ここでは、Operations Manager 環境を確認し、推奨された解決方法を実行できます。The following sections describe how to use the information on the System Center Operations Manager Health Check dashboard, where you can view and then take recommended actions for your Operations Manager environment.

System Center Operations Manager ソリューションのタイル

System Center Operations Manager Health Check ダッシュボード

ソリューションのインストールと構成Installing and configuring the solution

このソリューションは、Microsoft System Center 2012 Operations Manager Service Pack 1、Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager、Microsoft System Center 2016 Operations Manager、Microsoft System Center 2016 Operations Manager、および Microsoft System Center Operations Manager 1807 で動作します。The solution works with Microsoft System Center 2012 Operations Manager Service Pack 1, Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager, Microsoft System Center 2016 Operations Manager, Microsoft System Center 2016 Operations Manager and Microsoft System Center Operations Manager 1807. サポートされているバージョンの .NET Framework 4.6.2 を各管理サーバーにインストールする必要があります。A supported version of .NET Framework 4.6.2 must be installed on each management server.

次の情報を使用して、ソリューションをインストールおよび構成します。Use the following information to install and configure the solution.

  • Log Analytics の正常性チェック ソリューションを使用するには、ソリューションが事前にインストールされている必要があります。Before you can use the Health Check solution in Log Analytics, you must have the solution installed. Azure Marketplace からソリューションをインストールします。Install the solution from Azure marketplace.

  • ソリューションをワークスペースに追加すると、ダッシュ ボードの [System Center Operations Manager Health Check] タイルには、追加の構成が必要だというメッセージが表示されます。After adding the solution to the workspace, the System Center Operations Manager Health Check tile on the dashboard displays an additional configuration required message. タイルをクリックし、ページに表示される構成の手順に従います。Click on the tile and follow the configuration steps mentioned in the page

    System Center Operations Manager ダッシュボード タイル

注意

System Center Operations Manager の構成は、Log Analytics のソリューションの構成ページに表示される手順に従って、スクリプトを使用して実行できます。Configuration of System Center Operations Manager can be done using a script by following the steps mentioned in the configuration page of the solution in Log Analytics.

Operations Manager オペレーション コンソールで評価を構成するには、以下の手順を順番に実行します。To configure the assessment through Operations Manager Operations console, perform the steps below in the following order:

  1. System Center Operations Manager Health Check で使用する実行アカウントを設定しますSet the Run As account for System Center Operations Manager Health Check
  2. System Center Operations Manager Health Check ルールを構成しますConfigure the System Center Operations Manager Health Check rule

System Center Operations Manager Health Check によるデータ収集の詳細System Center Operations Manager Health Check data collection details

System Center Operations Manager Health Check ソリューションは、次のソースからデータを収集します。The System Center Operations Manager Health Check solution collects data from the following sources:

  • レジストリRegistry
  • Windows Management Instrumentation (WMI)Windows Management Instrumentation (WMI)
  • イベント ログEvent log
  • ファイル データFile data
  • 指定した管理サーバーから、PowerShell と SQL クエリを使用して Operations Manager のデータを直接収集します。Directly from Operations Manager using PowerShell and SQL queries, from a management server that you have specified.

データは管理サーバーで収集され、7 日ごとに Log Analytics に転送されます。Data is collected on the management server and forwarded to Log Analytics every seven days.

Log Analytics で使用される Operations Manager の実行アカウントOperations Manager run-as accounts for Log Analytics

Log Analytics は、ワークロード用の管理パックを基に付加価値サービスを実現しています。Log Analytics builds on management packs for workloads to provide value-add services. それぞれのワークロードがさまざまなセキュリティ コンテキストで管理パックを実行するためには、ワークロード固有の特権が必要となります (ドメイン ユーザー アカウントなど)。Each workload requires workload-specific privileges to run management packs in a different security context, such as a domain user account. 特権を持つ資格情報を使用して Operations Manager の実行アカウントを構成します。Configure an Operations Manager Run As account with privileged credentials. 詳細については、Operations Manager ドキュメントの「How to create a Run As account」(実行アカウントを作成する方法) を参照してください。For additional information, see How to create a Run As account in the Operations Manager documentation.

次の情報を使用すると、System Center Operations Manager Health Check 用に Operations Manager の実行アカウントを設定できます。Use the following information to set the Operations Manager Run As account for System Center Operations Manager Health Check.

実行アカウントの設定Set the Run As account

次の手順に進む前に、実行アカウントは以下の要件を満たす必要があります。The Run As account must meet following requirements before proceeding:

  • 任意の Operations Manager ロールをサポートするすべてのサーバー (管理サーバー、運用、データ ウェアハウス、および ACS データベースをホストする SQL Server、レポート、Web コンソール、およびゲートウェイ サーバー) で、ローカルの Administrator グループのメンバーであるドメイン ユーザー アカウント。A domain user account that is a member of the local Administrators group on all servers supporting any Operations Manager role - Management server, SQL Server hosting the operational, data warehouse and ACS database, Reporting, Web console, and Gateway server.
  • 評価する管理グループの Operation Manager 管理者ロールOperation Manager Administrator Role for the management group being assessed
  • アカウントに SQL sysadmin 権限がない場合は、スクリプトを実行して、Operations Manager データベースの 1 つまたはすべてをホストする各 SQL Server インスタンスにアカウントに細かいアクセス許可を付与します。If the account does not have SQL sysadmin rights, then execute the script to grant granular permissions to the account on each SQL Server instance hosting one or all of the Operations Manager databases.
  1. Operations Manager コンソールで、 [管理] ナビゲーション ボタンを選択します。In the Operations Manager Console, select the Administration navigation button.
  2. [実行アカウントの構成] で、 [アカウント] をクリックします。Under Run As Configuration, click Accounts.
  3. [実行アカウントの作成] ウィザードの [はじめに] ページで [次へ] をクリックします。In the Create Run As Account Wizard, on the Introduction page click Next.
  4. [全般プロパティ] ページの [実行アカウントの種類] リストで [Windows] を選択します。On the General Properties page, select Windows in the Run As Account type: list.
  5. [表示名] テキスト ボックスに表示名を入力し、 [説明] ボックス (省略可能) に説明を入力し、 [次へ] をクリックします。Type a display name in the Display Name text box and optionally type a description in the Description box, and then click Next.
  6. [配布セキュリティ] ページで、 [高いセキュリティ] を選択します。On the Distribution Security page, select More secure.
  7. Create をクリックしてください。Click Create.

以上の手順で実行アカウントが作成されます。次は管理グループで管理サーバーをターゲットにして、定義済みの実行プロファイルと関連付け、ワークフローが資格情報を使用して実行されるようにします。Now that the Run As account is created, it needs to target management servers in the management group and associated with a pre-defined Run As profile so workflows will run using the credentials.

  1. 結果ウィンドウの [実行アカウントの構成][アカウント] で、前述の手順で作成したアカウントをダブルクリックします。Under Run As Configuration, Accounts, in the results pane, double-click the account you created earlier.
  2. [配布] タブで、 [選択したコンピューター] ボックスの [追加] をクリックし、管理サーバーを追加してアカウントを配布します。On the Distribution tab, click Add for the Selected computers box and add the management server to distribute the account to. [OK] をクリックして変更を保存します。Click OK twice to save your changes.
  3. [実行アカウントの構成] で、 [プロファイル] をクリックします。Under Run As Configuration, click Profiles.
  4. "SCOM Assessment プロファイル" を検索します。Search for the SCOM Assessment Profile.
  5. プロファイル名は、Microsoft System Center Operations Manager Health Check Run As Profile になります。The profile name should be: Microsoft System Center Operations Manager Health Check Run As Profile.
  6. 右クリックしてそのプロパティを更新し、前述の手順で作成した実行アカウントを追加します。Right-click and update its properties and add the recently created Run As Account you created earlier.

実行アカウントに詳細なアクセス許可を付与する SQL スクリプトSQL script to grant granular permissions to the Run As account

次の SQL スクリプトを実行して、運用、データ ウェアハウス、および ACS データベースをホストする Operations Manager で使用する SQL Server インスタンスの実行アカウントに必要なアクセス許可を付与します。Execute the following SQL script to grant required permissions to the Run As account on the SQL Server instance used by Operations Manager hosting the operational, data warehouse, and ACS database.

-- Replace <UserName> with the actual user name being used as Run As Account.
USE master

-- Create login for the user, comment this line if login is already created.
CREATE LOGIN [UserName] FROM WINDOWS


--GRANT permissions to user.
GRANT VIEW SERVER STATE TO [UserName]
GRANT VIEW ANY DEFINITION TO [UserName]
GRANT VIEW ANY DATABASE TO [UserName]

-- Add database user for all the databases on SQL Server Instance, this is required for connecting to individual databases.
-- NOTE: This command must be run anytime new databases are added to SQL Server instances.
EXEC sp_msforeachdb N'USE [?]; CREATE USER [UserName] FOR LOGIN [UserName];'

Use msdb
GRANT SELECT To [UserName]
Go

--Give SELECT permission on all Operations Manager related Databases

--Replace the Operations Manager database name with the one in your environment
Use [OperationsManager];
GRANT SELECT To [UserName]
GO

--Replace the Operations Manager DatawareHouse database name with the one in your environment
Use [OperationsManagerDW];
GRANT SELECT To [UserName]
GO

--Replace the Operations Manager Audit Collection database name with the one in your environment
Use [OperationsManagerAC];
GRANT SELECT To [UserName]
GO

--Give db_owner on [OperationsManager] DB
--Replace the Operations Manager database name with the one in your environment
USE [OperationsManager]
GO
ALTER ROLE [db_owner] ADD MEMBER [UserName]

正常性チェック ルールの構成Configure the health check rule

System Center Operations Manager Health Check ソリューションの管理パックには、Microsoft System Center Operations Manager Run Health Check Rule という名前のルールが含まれています。The System Center Operations Manager Health Check solution’s management pack includes a rule named Microsoft System Center Operations Manager Run Health Check Rule. このルールは、正常性チェックの実行に関するルールです。This rule is responsible for running the health check. ルールを有効にし、頻度を構成するには、次の手順に従います。To enable the rule and configure the frequency, use the procedures below.

既定では、Microsoft System Center Operations Manager Run Health Check Rule は無効になります。By default, the Microsoft System Center Operations Manager Run Health Check Rule is disabled. 正常性チェックを実行するには、管理サーバーでルールを有効にする必要があります。To run the health check, you must enable the rule on a management server. 次の手順に従います。Use the following steps.

特定の管理サーバーのルールを有効にするEnable the rule for a specific management server

  1. Operations Manager Operations コンソールの [作成] ワークスペースの [ルール] ウィンドウで、Microsoft System Center Operations Manager Run Health Check Rule を検索します。In the Authoring workspace of the Operations Manager Operations console, search for the rule Microsoft System Center Operations Manager Run Health Check Rule in the Rules pane.

  2. 検索結果で、"タイプ:管理サーバー" というテキストが含まれているルールを選択します。In the search results, select the one that includes the text Type: Management Server.

  3. ルールを右クリックし、 [オーバーライド] > [クラス "管理サーバー" の特定のManagement Server](クラス "管理サーバー" のすべてのオブジェクト) の順にクリックします。Right-click the rule and then click Overrides > For a specific object of class: Management Server.

  4. 利用できる管理サーバーの一覧で、ルールを実行する管理サーバーを選択します。In the available management servers list, select the management server where the rule should run. 前述の手順で実行アカウントを関連付けるために構成したものと同じ管理サーバーを選択する必要があります。This should be the same management server you configured earlier to associate the Run As account with.

  5. [Enabled (有効)] パラメーター値の [オーバーライド値] を [True] に変更します。Ensure that you change override value to True for the Enabled parameter value.

    パラメーターのオーバーライドoverride parameter

    引き続きこのウィンドウで次の手順を使用して、実行の頻度を構成します。While still in this window, configure the run frequency using the next procedure.

実行頻度を構成するConfigure the run frequency

評価は、既定の間隔で 10,080 分 (7 日間) ごとに実行されるように構成されます。The assessment is configured to run every 10,080 minutes (or seven days) by default. この値は、最小値の 1,440 分 (1 日) までの値にオーバーライドすることができます。You can override the value to a minimum value of 1440 minutes (or one day). この値は、評価を連続して実行する際に必要な最小の時間間隔を表します。The value represents the minimum time gap required between successive assessment runs. 間隔をオーバーライドするには、次の手順を使用します。To override the interval, use the steps below.

  1. Operations Manager コンソールの [作成] ワークスペースの [ルール] セクションで、ルール Microsoft System Center Operations Manager Run Health Check Rule を検索します。In the Authoring workspace of the Operations Manager console, search for the rule Microsoft System Center Operations Manager Run Health Check Rule in the Rules section.

  2. 検索結果で、"タイプ:管理サーバー" というテキストが含まれているルールを選択します。In the search results, select the one that includes the text Type: Management Server.

  3. ルールを右クリックし、 [Override the Rule](ルールをオーバーライドする) > [For all objects of class:Management Server](クラス "管理サーバー" のすべてのオブジェクト) の順にクリックします。Right-click the rule and then click Override the Rule > For all objects of class: Management Server.

  4. [間隔] パラメーター値を目的の間隔値に変更します。Change the Interval parameter value to your desired interval value. 次の例では、値を 1,440 分 (1 日) に設定しています。In the example below, the value is set to 1440 minutes (one day).

    間隔パラメーターinterval parameter

    1,440 分未満の値を設定した場合、ルールは 1 日間隔で実行されます。If the value is set to less than 1440 minutes, then the rule runs on a one day interval. この例では、ルールは、間隔値を無視して 1 日の頻度で実行されます。In this example, the rule ignores the interval value and runs at a frequency of one day.

推奨事項の優先順位設定方法についてUnderstanding how recommendations are prioritized

提供されるすべての推奨事項には、推奨事項の相対的な重要度を示す重み付け値が与えられます。Every recommendation made is given a weighting value that identifies the relative importance of the recommendation. 最も重要な 10 個の推奨事項のみが表示されます。Only the 10 most important recommendations are shown.

重み付けの計算方法How weights are calculated

重み付けは、次の 3 つの重要な要因に基づく集計値です。Weightings are aggregate values based on three key factors:

  • 識別された注意点によって問題が発生する 確率The probability that an issue identified will cause problems. 確率が高いほど、推奨事項に割り当てられる総合スコアが大きくなります。A higher probability equates to a larger overall score for the recommendation.
  • 問題が発生する原因となった場合の注意点の組織への 影響度The impact of the issue on your organization if it does cause a problem. 影響度が高いほど、推奨事項に割り当てられる総合スコアが大きくなります。A higher impact equates to a larger overall score for the recommendation.
  • 推奨実行を実装するために必要な 作業量The effort required to implement the recommendation. 作業量が多いほど、推奨事項に割り当てられる総合スコアが小さくなります。A higher effort equates to a smaller overall score for the recommendation.

各推奨事項に対する重み付けは、各対象領域で使用可能な合計スコアの割合として表されます。The weighting for each recommendation is expressed as a percentage of the total score available for each focus area. たとえば、可用性とビジネス継続性対象領域の推奨事項のスコアが 5% である場合、その推奨事項を実装すると可用性とビジネス継続性の総合スコアが 5% 上昇します。For example, if a recommendation in the Availability and Business Continuity focus area has a score of 5%, implementing that recommendation increases your overall Availability and Business Continuity score by 5%.

対象領域Focus areas

可用性とビジネス継続性 - この対象領域は、サービスの可用性、インフラストラクチャの回復性、およびビジネス保護に関する推奨事項を示しています。Availability and Business Continuity - This focus area shows recommendations for service availability, resiliency of your infrastructure, and business protection.

パフォーマンスとスケーラビリティ - この対象領域は、組織の IT インフラストラクチャを拡張し、IT 環境が現在のパフォーマンス要件を満たして、インフラストラクチャのニーズの変化に対応できるようにするために役立つ推奨事項を示しています。Performance and Scalability - This focus area shows recommendations to help your organization's IT infrastructure grow, ensure that your IT environment meets current performance requirements, and is able to respond to changing infrastructure needs.

アップグレード、移行、デプロイ - この対象領域は、既存のインフラストラクチャへの SQL Server のアップグレード、移行、およびデプロイに役立つ推奨事項を示しています。Upgrade, Migration, and Deployment - This focus area shows recommendations to help you upgrade, migrate, and deploy SQL Server to your existing infrastructure.

運用と監視 - この対象領域は、IT の運用の合理化、予防保守の実装、パフォーマンスの最大化に役立つ推奨事項を示しています。Operations and Monitoring - This focus area shows recommendations to help streamline your IT operations, implement preventative maintenance, and maximize performance.

すべての対象領域で 100% のスコアを目指す必要がありますか?Should you aim to score 100% in every focus area?

必ずしもその必要はありません。Not necessarily. 推奨事項は、マイクロソフトのエンジニアによる数多くの顧客訪問によって得られた知識と経験に基づいています。The recommendations are based on the knowledge and experiences gained by Microsoft engineers across thousands of customer visits. ただし、まったく同じサーバー インフラストラクチャは存在せず、関連性の高い、または低い推奨事項が存在する可能性があります。However, no two server infrastructures are the same, and specific recommendations may be more or less relevant to you. たとえば、仮想マシンがインターネットに対して公開されていない場合、セキュリティに関する一部の推奨事項は関連性が低い場合があります。For example, some security recommendations might be less relevant if your virtual machines are not exposed to the Internet. 優先度の低いアドホックなデータ収集とレポート作成を提供するサービスの場合、可用性に関する一部の推奨事項は関連性が低い可能性があります。Some availability recommendations may be less relevant for services that provide low priority ad hoc data collection and reporting. 成熟したビジネスにとって重要な問題は、起業したばかりの会社には重要性が低い場合があります。Issues that are important to a mature business may be less important to a start-up. ユーザーが優先度の高い対象領域を識別して、スコアの経時変化を監視できます。You may want to identify which focus areas are your priorities and then look at how your scores change over time.

すべての推奨事項には、重要である理由についてのガイダンスが含まれます。Every recommendation includes guidance about why it is important. このガイダンスを使用し、IT サービスの性質と組織のビジネス ニーズに基づいて、推奨事項を実装することが会社にとって適切かどうかを評価する必要があります。Use this guidance to evaluate whether implementing the recommendation is appropriate for you, given the nature of your IT services and the business needs of your organization.

正常性チェックの関心領域に関する推奨事項の使用Use health check focus area recommendations

Log Analytics の正常性チェック ソリューションを使用するには、ソリューションが事前にインストールされている必要があります。Before you can use a health check solution in Log Analytics, you must have the solution installed. ソリューションのインストールの詳細については、管理ソリューションのインストールに関する記事を参照してください。To read more about installing solutions, see Install a management solution. インストール後は、Azure portal でワークスペースの [概要] ページの [System Center Operations Manager Health Check] タイルを使用して、推奨事項の概要を表示できます。After it is installed, you can view the summary of recommendations by using the System Center Operations Manager Health Check tile on the Overview page for your workspace in the Azure portal.

インフラストラクチャの準拠に関する評価の概要を表示してから、推奨事項を確認します。View the summarized compliance assessments for your infrastructure and then drill-into recommendations.

対象領域の推奨事項を表示して修正措置を行うにはTo view recommendations for a focus area and take corrective action

  1. Azure Portal (https://portal.azure.com) にログインします。Log in to the Azure portal at https://portal.azure.com.
  2. Azure ポータルで、左下隅にある [その他のサービス] をクリックします。In the Azure portal, click More services found on the lower left-hand corner. リソースの一覧で、「Log Analytics」と入力します。In the list of resources, type Log Analytics. 入力を始めると、入力内容に基づいて、一覧がフィルター処理されます。As you begin typing, the list filters based on your input. [Log Analytics] を選択します。Select Log Analytics.
  3. Log Analytics サブスクリプション ウィンドウでワークスペースを選択し、 [ワークスペースの概要] メニュー項目をクリックします。In the Log Analytics subscriptions pane, select a workspace and then click the Workspace summary menu item.
  4. [概要] ページの [System Center Operations Manager Health Check] タイルをクリックします。On the Overview page, click the System Center Operations Manager Health Check tile.
  5. [System Center Operations Manager Health Check] ページの対象領域のいずれかのブレードで概要情報を確認し、いずれかの情報をクリックして、その対象領域の推奨事項を表示します。On the System Center Operations Manager Health Check page, review the summary information in one of the focus area blades and then click one to view recommendations for that focus area.
  6. いずれの対象領域ページでも、ユーザーの環境を対象とした、優先順位が付けられた推奨事項を表示できます。On any of the focus area pages, you can view the prioritized recommendations made for your environment. 推奨事項の理由の詳細を確認するには、 [影響を受けるオブジェクト] でその推奨事項をクリックします。Click a recommendation under Affected Objects to view details about why the recommendation is made.

    対象領域focus area
  7. [推奨する解決方法] で推奨された修正措置を実行することができます。You can take corrective actions suggested in Suggested Actions. 項目に対応すると、それ以降の評価では、推奨されたアクションが行われたと記録され、準拠のスコアが上がります。When the item has been addressed, later assessments will record that recommended actions were taken and your compliance score will increase. 修正された項目は [合格したオブジェクト] として表示されます。Corrected items appear as Passed Objects.

推奨事項を無視するIgnore recommendations

無視する推奨事項がある場合は、Log Analytics が使用するテキスト ファイルを作成して、推奨事項が評価結果に表示されないようにすることができます。If you have recommendations that you want to ignore, you can create a text file that Log Analytics uses to prevent recommendations from appearing in your assessment results.

無視する推奨事項を識別するにはTo identify recommendations that you want to ignore

  1. Azure portal の選択したワークスペースの Log Analytics ワークスペース ページで、 [ログ検索] メニュー項目をクリックします。In the Azure portal on the Log Analytics workspace page for your selected workspace, click the Log Search menu item.

  2. 次のクエリを使用して、環境内のコンピューターで失敗した推奨事項の一覧を表示します。Use the following query to list recommendations that have failed for computers in your environment.

    Type=SCOMAssessmentRecommendationRecommendationResult=Failed | select Computer, RecommendationId, Recommendation | sort Computer
    

    注意

    ワークスペースが新しい Log Analytics クエリ言語にアップグレードされている場合は、上記のクエリによって次が変更されます。If your workspace has been upgraded to the new Log Analytics query language, then the above query would change to the following.

    SCOMAssessmentRecommendationRecommendation | where RecommendationResult == "Failed" | sort by Computer asc | project Computer, RecommendationId, Recommendation

    ログ検索のクエリを示すスクリーンショットを次に示します。Here's a screenshot showing the Log Search query:

    ログ検索

  3. 無視する推奨事項を選択します。Choose recommendations that you want to ignore. 次の手順で RecommendationId の値を使用します。You'll use the values for RecommendationId in the next procedure.

IgnoreRecommendations.txt テキスト ファイルを作成および使用するにはTo create and use an IgnoreRecommendations.txt text file

  1. IgnoreRecommendations.txt という名前のファイルを作成します。Create a file named IgnoreRecommendations.txt.
  2. Log Analytics に個別の行で無視させ、ファイルを保存して閉じさせるには、推奨事項ごとにそれぞれ RecommendationId を貼り付けるか入力します。Paste or type each RecommendationId for each recommendation that you want Log Analytics to ignore on a separate line and then save and close the file.
  3. Log Analytics に推奨事項を無視させる各コンピューターの次のフォルダーにファイルを配置します。Put the file in the following folder on each computer where you want Log Analytics to ignore recommendations.
  4. Operations Manager 管理サーバー - SystemDrive:\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\Operations Manager\Server。On the Operations Manager management server - SystemDrive:\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\Operations Manager\Server.

推奨事項が無視されていることを確認するにはTo verify that recommendations are ignored

  1. 次回スケジュールされている評価が実行した後は、既定では 7 日おきで、推奨事項が Ignored とマークされ、正常性チェック ダッシュボードには表示されません。After the next scheduled assessment runs, by default every seven days, the specified recommendations are marked Ignored and will not appear on the health check dashboard.

  2. 次のログ検索クエリを使用して、無視されるすべての推奨事項の一覧を表示します。You can use the following Log Search queries to list all the ignored recommendations.

    Type=SCOMAssessmentRecommendationRecommendationResult=Ignored | select  Computer, RecommendationId, Recommendation | sort  Computer
    

    注意

    ワークスペースが新しい Log Analytics クエリ言語にアップグレードされている場合は、上記のクエリによって次が変更されます。If your workspace has been upgraded to the new Log Analytics query language, then the above query would change to the following.

    SCOMAssessmentRecommendationRecommendation | where RecommendationResult == "Ignore" | sort by Computer asc | project Computer, RecommendationId, Recommendation

  3. 無視された推奨事項を表示することを後で決定する場合は、IgnoreRecommendations.txt ファイルを削除します。また、そのファイルから RecommendationID を削除することもできます。If you decide later that you want to see ignored recommendations, remove any IgnoreRecommendations.txt files, or you can remove RecommendationIDs from them.

System Center Operations Manager Health Check ソリューションについてよく寄せられる質問 (FAQ)System Center Operations Manager Health Check solution FAQ

Log Analytics ワークスペースに Health Check ソリューションを追加しました。推奨事項が表示されません。なぜ表示されないのですか? "I added the Health Check solution to my Log Analytics workspace. But I don’t see the recommendations. Why not? ソリューションを追加したら、次の手順に従って Log Analytics のダッシュ ボードに推奨事項を表示します。After adding the solution, use the following steps view the recommendations on the Log Analytics dashboard.

チェックの実行頻度を構成する方法はありますか?Is there a way to configure how often the check runs? はい。Yes. 実行頻度を構成する」を参照してください。See Configure the run frequency.

System Center Operations Manager Health Check ソリューションを追加した後に別のサーバーが検出された場合、それはチェックされますか?If another server is discovered after I’ve added the System Center Operations Manager Health Check solution, will it be checked? はい。検出された時点からチェックされます (既定では 7 日ごと)。Yes, after discovery it is checked from then on, by default every seven days.

データ収集を行うプロセスの名前は何ですか?What is the name of the process that does the data collection? AdvisorAssessment.exe です。AdvisorAssessment.exe

"AdvisorAssessment.exe プロセスはどこで実行されますか。 "Where does the AdvisorAssessment.exe process run? AdvisorAssessment.exe は、正常性チェック ルールが有効になっている管理サーバーの HealthService プロセスで実行されます。AdvisorAssessment.exe runs under the HealthService process of the management server where the health check rule is enabled. そのプロセスを使用して、リモート データ コレクションを通じて環境全体の検出が実現します。Using that process, discovery of your entire environment is achieved through remote data collection.

"データの収集にはどれくらいの時間がかかりますか。 "How long does it take for data collection? サーバー上でのデータ収集には約 1 時間かかります。Data collection on the server takes about one hour. 多数の Operations Manager インスタンスまたはデータベースが存在する環境では、それよりも長く時間がかかる場合があります。It may take longer in environments that have many Operations Manager instances or databases.

"評価の間隔を 1,440 分未満に設定するとどうなりますか。 "What if I set the interval of the assessment to less than 1440 minutes? 評価は、最大で 1 日に 1 回実行するように事前構成されています。The assessment is pre-configured to run at a maximum of once per day. 間隔値を 1,440 分未満の値にオーバーライドすると、1,440 分が評価の間隔値として使用されます。If you override the interval value to a value less than 1440 minutes, then the assessment uses 1440 minutes as the interval value.

前提条件に障害が発生しているかどうかを調べる方法はありますか?How to know if there are prerequisite failures? 正常性チェックを実行したのに結果が表示されない場合は、チェックの前提条件のいくつかが失敗している可能性があります。If the health check ran and you don't see results, then it is likely that some of the prerequisites for the check failed. ログ検索で Operation Solution=SCOMAssessmentSCOMAssessmentRecommendation FocusArea=Prerequisites のクエリを実行すると、失敗した前提条件を確認できます。You can execute queries: Operation Solution=SCOMAssessment and SCOMAssessmentRecommendation FocusArea=Prerequisites in Log Search to see the failed prerequisites.

前提条件のエラーにメッセージ Failed to connect to the SQL Instance (….). が含まれています。どのような問題が発生していますか。 "There is a Failed to connect to the SQL Instance (….). message in prerequisite failures. What is the issue? データを収集するプロセスである AdvisorAssessment.exe は、管理サーバーの HealthService プロセスで実行されます。AdvisorAssessment.exe, the process that collects data, runs under the HealthService process on the management server. このプロセスは、正常性チェックの一環として Operations Manager データベースが存在する SQL Server への接続を試みます。As part of the health check, the process attempts to connect to the SQL Server where the Operations Manager database is present. このエラーは、ファイアウォール規則によって SQL Server インスタンスへの接続がブロックされた場合に発生することがあります。This error can occur when firewall rules block the connection to the SQL Server instance.

どのような種類のデータが収集されますか?What type of data is collected? 次の種類のデータが収集されます。- WMI データ - レジストリ データ - EventLog データ - Operations Manager データ (Windows PowerShell、SQL クエリ、およびファイル情報コレクターを通じて)。The following types of data are collected: - WMI data - Registry data - EventLog data - Operations Manager data through Windows PowerShell, SQL Queries and File information collector.

実行アカウントを構成しなければならないのはなぜですか?Why do I have to configure a Run As Account? Operations Manager では、さまざまな SQL クエリが実行されます。With Operations Manager, various SQL queries are run. SQL クエリを実行するためには、必要なアクセス許可を持つ実行アカウントを使用する必要があります。In order for them to run, you must use a Run As Account with necessary permissions. さらに、WMI を照会するには、ローカル管理者の資格情報が必要です。In addition, local administrator credentials are required to query WMI.

上位 10 個の推奨事項しか表示されないのはなぜですか?Why display only the top 10 recommendations? タスクの一覧を余すことなく完全に提供するのでなく、まず優先的な推奨事項への対処に重点を置くことをお勧めしています。Instead of giving you an exhaustive, overwhelming list of tasks, we recommend that you focus on addressing the prioritized recommendations first. 優先的な推奨事項に対処すると、追加の推奨事項が表示されます。After you address them, additional recommendations will become available. 詳細な一覧を確認する場合は、ログ検索を使用してすべての推奨事項を表示することができます。If you prefer to see the detailed list, you can view all recommendations using Log Search.

推奨事項を無視する方法はありますか?Is there a way to ignore a recommendation? はい。「推奨事項を無視する」を参照してください。Yes, see the Ignore recommendations.

次のステップNext steps

  • ログの検索で、詳細な System Center Operations Manager Health Check データと推奨事項を分析する方法を学びます。Search logs to learn how to analyze detailed System Center Operations Manager Health Check data and recommendations.