Azure Monitor での監視ソリューションのターゲット設定 (プレビュー)Targeting monitoring solutions in Azure Monitor (Preview)

サブスクリプションに監視ソリューションを追加すると、ソリューションは、既定では Log Analytics ワークスペースに接続されているすべての Windows エージェントと Linux エージェントに自動的にデプロイされます。When you add a monitoring solution to your subscription, it's automatically deployed by default to all Windows and Linux agents connected to your Log Analytics workspace. ソリューションを特定のエージェント セットに制限することで、コストを管理し、ソリューション用に収集されるデータの量を制限することもできます。You may want to manage your costs and limit the amount of data collected for a solution by limiting it to a particular set of agents. この記事では、ソリューションのターゲット設定 を使用する方法について説明します。この機能を使用すると、ソリューションにスコープを適用することができます。This article describes how to use Solution Targeting which is a feature that allows you to apply a scope to your solutions.

注意

この記事は最近、Log Analytics ではなく Azure Monitor ログという用語を使うように更新されました。This article was recently updated to use the term Azure Monitor logs instead of Log Analytics. ログ データは引き続き Log Analytics ワークスペースに格納され、同じ Log Analytics サービスによって収集されて分析されます。Log data is still stored in a Log Analytics workspace and is still collected and analyzed by the same Log Analytics service. Azure Monitor のログの役割をより適切に反映させるために、用語を更新しています。We are updating the terminology to better reflect the role of logs in Azure Monitor. 詳しくは、Azure Monitor の用語の変更に関するページをご覧ください。See Azure Monitor terminology changes for details.

ソリューションにターゲットを設定する方法How to target a solution

ソリューションにターゲットを設定するには、次のセクションで説明する 3 つの手順に従います。There are three steps to targeting a solution as described in the following sections.

1.コンピューター グループの作成1. Create a computer group

スコープに含めるコンピューターを指定するには、Azure Monitor でコンピューター グループを作成します。You specify the computers that you want to include in a scope by creating a computer group in Azure Monitor. コンピューター グループは、ログ クエリに基づいて作成したり、Active Directory や WSUS グループなどの他のソースからインポートしたりできます。The computer group can be based on a log query or imported from other sources such as Active Directory or WSUS groups. 以下で説明するように、スコープに追加されるのは、Azure Monitor に直接接続されているコンピューターのみです。As described below, only computers that are directly connected to Azure Monitor will be included in the scope.

ワークスペースにコンピューター グループが作成されたら、1 つ以上のソリューションに適用できるスコープ構成に、そのグループを追加します。Once you have the computer group created in your workspace, then you'll include it in a scope configuration that can be applied to one or more solutions.

2.スコープ構成の作成2. Create a scope configuration

1 つ以上のコンピューター グループが含まれる スコープ構成 を、1 つ以上のソリューションに適用できます。A Scope Configuration includes one or more computer groups and can be applied to one or more solutions.

次のプロセスを使用して、スコープ構成を作成します。Create a scope configuration using the following process.

  1. Azure portal で Log Analytics ワークスペース に移動し、目的のワークスペースを選択します。In the Azure portal, navigate to Log Analytics workspaces and select your workspace.
  2. ワークスペースのプロパティにある [ワークスペースのデータソース] で、 [スコープ構成] を選択します。In the properties for the workspace under Workspace Data Sources select Scope Configurations.
  3. [追加] をクリックして、新しいスコープ構成を作成します。Click Add to create a new scope configuration.
  4. スコープ構成の 名前 を入力します。Type a Name for the scope configuration.
  5. [コンピューター グループの選択] をクリックします。Click Select Computer Groups.
  6. 作成したコンピューター グループと、構成に追加するその他のグループを必要に応じて選択します。Select the computer group that you created and optionally any other groups to add to the configuration. [選択] をクリックします。Click Select.
  7. [OK] をクリックして、スコープ構成を作成します。Click OK to create the scope configuration.

3.ソリューションへのスコープ構成の適用。3. Apply the scope configuration to a solution.

作成したスコープ構成は、1 つ以上のソリューションに適用できます。Once you have a scope configuration, then you can apply it to one or more solutions. 1 つのスコープ構成を複数のソリューションで使用することはできますが、ソリューションが使用できるスコープ構成は、ソリューションごとに 1 つだけです。Note that while a single scope configuration can be used with multiple solutions, each solution can only use one scope configuration.

次のプロセスを使用して、スコープ構成を適用します。Apply a scope configuration using the following process.

  1. Azure portal で Log Analytics ワークスペース に移動し、目的のワークスペースを選択します。In the Azure portal, navigate to Log Analytics workspaces and select your workspace.
  2. ワークスペースのプロパティで、 [ソリューション] を選択します。In the properties for the workspace select Solutions.
  3. スコープを設定するソリューションを選択します。Click on the solution you want to scope.
  4. ソリューションのプロパティにある [ワークスペースのデータソース] で、 [Solution Targeting (ソリューションのターゲット設定)] を選択します。In the properties for the solution under Workspace Data Sources select Solution Targeting. オプションを利用できない場合、このソリューションはターゲット設定できませんIf the option is not available then this solution cannot be targeted.
  5. [スコープ構成の追加] をクリックします。Click Add scope configuration. このソリューションに構成が既に適用されている場合、このオプションは使用できません。If you already have a configuration applied to this solution then this option will be unavailable. 構成を追加する前に、既存の構成を削除する必要があります。You must remove the existing configuration before adding another one.
  6. 作成したスコープ構成をクリックします。Click on the scope configuration that you created.
  7. 構成の 状態 を監視して、 [成功] が表示されることを確認します。Watch the Status of the configuration to ensure that it shows Succeeded. エラーが示される場合は、構成の右側にある省略記号ボタンをクリックして、 [スコープ構成の編集] を選択して変更を加えます。If the status indicates an error, then click the ellipse to the right of the configuration and select Edit scope configuration to make changes.

ターゲット設定できないソリューションとエージェントSolutions and agents that can't be targeted

ソリューションのターゲット設定で使用できないエージェントとソリューションの条件を次に示します。Following are the criteria for agents and solutions that can't be used with solution targeting.

  • ソリューションのターゲット設定は、エージェントにデプロイされたソリューションにのみ適用されます。Solution targeting only applies to solutions that deploy to agents.
  • ソリューションのターゲット設定は、Microsoft 提供のソリューションにのみ適用されます。Solution targeting only applies to solutions provided by Microsoft. 自作の、またはパートナーが作成したソリューションには適用されません。It does not apply to solutions created by yourself or partners.
  • Azure Monitor に直接接続するエージェントのみをフィルターで除外できます。You can only filter out agents that connect directly to Azure Monitor. ソリューションは、スコープ構成に含まれているかどうかに関係なく、接続されている Operations Manager 管理グループのすべてのエージェントに自動的にデプロイされます。Solutions will automatically deploy to any agents that are part of a connected Operations Manager management group whether or not they're included in a scope configuration.

例外Exceptions

前述の条件を満たしていても、次のソリューションでは、ソリューションのターゲット設定を使用することはできません。Solution targeting cannot be used with the following solutions even though they fit the stated criteria.

  • エージェントの正常性評価Agent Health Assessment

次のステップNext steps