Log Analytics データのダッシュボードを作成して共有するCreate and share dashboards of Log Analytics data

Log Analytics ダッシュボードは、保存されているすべてのログ クエリを可視化して、組織の IT 運用データを検索、関連付け、および共有できるようにします。Log Analytics dashboards can visualize all of your saved log queries, giving you the ability to find, correlate, and share IT operational data in the organization. このチュートリアルでは、IT 運用サポート チームがアクセスする共有ダッシュボードをサポートするために使用されるログ クエリの作成について説明します。This tutorial covers creating a log query that will be used to support a shared dashboard that will be accessed by your IT operations support team. 学習内容は次のとおりです。You learn how to:

  • Azure ポータルで共有ダッシュボードを作成するCreate a shared dashboard in the Azure portal
  • パフォーマンス ログ クエリを視覚化するVisualize a performance log query
  • ログ クエリを共有ダッシュボードに追加するAdd a log query to a shared dashboard
  • 共有ダッシュボードのタイルをカスタマイズするCustomize a tile in a shared dashboard

このチュートリアルの例を完了するには、Log Analytics ワークスペースに接続された既存の仮想マシンが必要です。To complete the example in this tutorial, you must have an existing virtual machine connected to the Log Analytics workspace.

Azure Portal にサインインするSign in to Azure portal

Azure Portal (https://portal.azure.com) にサインインします。Sign in to the Azure portal at https://portal.azure.com.

共有ダッシュボードを作成するCreate a shared dashboard

[ダッシュボード] を選択して、既定のダッシュボードを開きます。Select Dashboard to open your default dashboard. ダッシュ ボードの外観は次の例とは異なります。Your dashboard will look different than the example below.

Azure Portal ダッシュボード

すべての Azure リソースの IT にとって最も重要な運用データをここにまとめて表示でき、Log Analytics のテレメトリも表示できます。Here you can bring together operational data that is most important to IT across all your Azure resources, including telemetry from Azure Log Analytics. ログ クエリの可視化を始める前に、ダッシュボードを作成して共有しましょう。Before we step into visualizing a log query, let's first create a dashboard and share it. その後、折れ線グラフとして表示される、パフォーマンス ログ クエリの例に焦点を当てます。これはダッシュボードに追加できます。We can then focus on our example performance log query, which will render as a line chart, and add it to the dashboard.

ダッシュボードを作成するには、現在のダッシュボードの名前の隣にある [新しいダッシュボード] ボタンを選択します。To create a dashboard, select the New dashboard button next to the current dashboard's name.

Azure portal で新しいダッシュボードを作成する

この操作を実行すると、新しい空のプライベート ダッシュボードが作成され、カスタマイズ モードに切り替わります。カスタマイズ モードでは、ダッシュボードに名前を付けられるほか、タイルを追加したり並べ替えたりできます。This action creates a new, empty, private dashboard and puts you into customization mode where you can name your dashboard and add or rearrange tiles. ダッシュボードの名前を編集して、このチュートリアル用の名前 "サンプル ダッシュボード" を指定し、 [カスタマイズの完了] を選択します。Edit the name of the dashboard and specify Sample Dashboard for this tutorial, and then select Done customizing.

カスタマイズした Azure ダッシュボードを保存するSave customized Azure dashboard

作成したダッシュボードは既定ではプライベートです。つまり、自分だけがこのダッシュボードを見ることができます。When you create a dashboard, it is private by default, which means you are the only person who can see it. 他のユーザーもこのダッシュボードを表示できるようにするには、ダッシュボードの他のコマンドと共に表示されている [共有] ボタンを使用します。To make it visible to others, use the Share button that appears alongside the other dashboard commands.

Azure portal で新しいダッシュボードを共有する

ダッシュボードの発行先となるサブスクリプションとリソース グループを選択するよう求められます。You are asked to choose a subscription and resource group for your dashboard to be published to. 便宜上、ポータルの発行機能によって、 dashboardsという名前のリソース グループにダッシュボードを配置するように案内されます。For convenience, the portal's publishing experience guides you towards a pattern where you place dashboards in a resource group called dashboards. 選択したサブスクリプションを確認し、 [発行] をクリックします。Verify the subscription selected and then click Publish. ダッシュボードに表示される情報へのアクセスは、Azure リソース ベースのアクセスの制御によって制御されます。Access to the information displayed in the dashboard is controlled with Azure Resource Based Access Control.

ログ クエリを可視化するVisualize a log query

Log Analytics は、ログ クエリとその結果を処理するために使用する専用ポータルです。Log Analytics is a dedicated portal used to work with log queries and their results. たとえば、複数行のクエリを編集したり、コードを選択的に実行したりできます。また、状況依存の Intellisense、スマート分析などの機能もあります。Features include the ability to edit a query on multiple lines, selectively execute code, context sensitive Intellisense, and Smart Analytics. このチュートリアルでは、Log Analytics を使用して、グラフィカル形式でパフォーマンス ビューを作成し、今後の検索のためにそれを保存し、事前に作成した共有ダッシュボードにそれをピン留めします。In this tutorial, you will use Log Analytics to create a performance view in graphical form, save it for a future query, and pin it to the shared dashboard created earlier.

[Azure Monitor] メニューの [ログ] を選択して Log Analytics を開きます。Open Log Analytics by selecting Logs in the Azure Monitor menu. 新しい空のクエリから開始されます。It starts with a new blank query.

ホーム ページ

Windows と Linux の両方のコンピューターでのプロセッサ使用率のレコードを返す次のクエリを入力します。このクエリは、Computer と TimeGenerated 別にレコードをグループ化してビジュアル グラフに表示します。Enter the following query to return processor utilization records for both Windows and Linux computers, grouped by Computer and TimeGenerated, and displayed in a visual chart. [実行] をクリックしてクエリを実行し、結果のグラフを確認します。Click Run to run the query and view the resulting chart.

Perf 
| where CounterName == "% Processor Time" and ObjectName == "Processor" and InstanceName == "_Total" 
| summarize AggregatedValue = avg(CounterValue) by bin(TimeGenerated, 1hr), Computer 
| render timechart

ページの上部にある [保存] を選択して、クエリを保存します。Save the query by selecting the Save button from the top of the page.

クエリを保存する

[クエリの保存] コントロール パネルで、名前 ("Azure VM - プロセッサ使用率" など) とカテゴリ ("ダッシュボード" など) を指定し、 [保存] をクリックします。In the Save Query control panel, provide a name such as Azure VMs - Processor Utilization and a category such as Dashboards and then click Save. このようにすることで、一般的なクエリのライブラリを作成し、使用したり変更したりできます。This way you can create a library of common queries that you can use and modify. 最後に、ページの右上隅にある [ダッシュボードにピン留めする] ボタンを選択し、ダッシュボード名を選択することで、事前に作成した共有ダッシュボードにこれをピン留めします。Finally, pin this to the shared dashboard created earlier by selecting the Pin to dashboard button from the top right corner of the page and then selecting the dashboard name.

ダッシュボードにクエリがピン留めされ、一般的なタイトルとその下にコメントが表示されます。Now that we have a query pinned to the dashboard, you will notice it has a generic title and comment below it.

Azure ダッシュボードの例

見た人が簡単に理解できる意味のある名前に変更する必要があります。We should rename it to something meaningful that can be easily understood by those viewing it. [編集] をクリックして、タイルのタイトルとサブタイトルをカスタマイズし、 [更新] をクリックします。Click the edit button to customize the title and subtitle for the tile, and then click Update. 変更を発行するか破棄するかを確認するバナーが表示されます。A banner will appear asking you to publish changes or discard. [コピーの保存] をクリックします。Click Save a copy.

構成が完了したサンプル ダッシュボード

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、Azure portal でダッシュボードを作成して、ログ クエリを追加する方法について学習しました。In this tutorial, you learned how to create a dashboard in the Azure portal and add a log query to it. 次のチュートリアルに進んで、ログ クエリの結果に基づいて実装できる異なる応答について学習します。Advance to the next tutorial to learn the different responses you can implement based on log query results.