Azure Portal で Log Analytics ワークスペースを作成する

Azure portal で、 [Log Analytics ワークスペース] メニューを使用して、Log Analytics ワークスペースを作成します。 Log Analytics ワークスペースは、Azure Monitor ログ データ用の一意の環境です。 各ワークスペースには、独自のデータ リポジトリと構成があり、データ ソースとソリューションは、特定のワークスペースにデータを格納するように構成されます。 次のソースからデータを収集しようとする場合、Log Analytics ワークスペースが必要です。

  • サブスクリプション内の Azure リソース
  • System Center Operations Manager によって監視されているオンプレミスのコンピューター
  • Configuration Manager のデバイス コレクション
  • Azure ストレージからの診断またはログ データ

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。

Azure Portal にサインインする

Azure Portal (https://portal.azure.com) にサインインします。

ワークスペースの作成

Azure Portal で、 [すべてのサービス] をクリックします。 リソースの一覧で、「Log Analytics」と入力します。 入力を始めると、入力内容に基づいて、一覧がフィルター処理されます。 [Log Analytics ワークスペース] を選択します。

Azure portal

[追加] をクリックし、次のオプションの値を指定します。

  • 関連付ける サブスクリプション をドロップダウン リストから選択します (既定値が適切でない場合)。

  • [リソース グループ] で、設定済みの既存のリソース グループを使用することを選択するか、新しいリソース グループを作成します。

  • 新しい Log Analytics ワークスペース の名前 (DefaultLAWorkspace など) を指定します。 この名前は、リソース グループごとに一意である必要があります。

  • 使用可能な リージョン を選択します。 詳細については、Log Analytics を使用できるリージョンに関するページを参照し、 [製品を検索する] フィールドから Azure Monitor を検索してください。

    Log Analytics リソース ブレードの作成

[確認および作成] をクリックして設定を見直し、 [作成] をクリックしてワークスペースを作成します。 これによって従量課金制という既定の価格レベルが選択され、課金対象となる量のデータを収集され始めるまでは何の料金も発生しません。 その他の価格レベルの詳細については、Log Analytics の価格の詳細に関するページを参照してください。

トラブルシューティング

過去 14 日間に削除され、論理的な削除状態になっているワークスペースを作成した場合は、ワークスペースの構成に応じて、操作の結果が異なる可能性があります。

  1. 削除されたワークスペースと同じワークスペース名、リソース グループ、サブスクリプション、リージョンを指定した場合は、データ、構成、および接続されたエージェントを含むワークスペースが復旧されます。
  2. ワークスペース名は、各リソース グループ内で一意である必要があります。 既に存在しているワークスペース名を使用する場合は、リソース グループ内の論理的な削除でも、ワークスペース名 'workspace-name' が一意ではない、または競合しているというエラーが表示されます。 ご自分のワークスペースの論理的な削除をオーバーライドし、完全に削除して同じ名前の新しいワークスペースを作成するには、次の手順に従って、最初にワークスペースを回復してから、完全な削除を実行します。
    • ワークスペースを回復します
    • ワークスペースを完全に削除します
    • 同じワークスペース名を使用して新しいワークスペースを作成します

次のステップ

使用できるワークスペースが用意されたので、管理テレメトリの収集の構成、ログ検索の実行によるデータの分析、管理ソリューションの追加による追加データと分析的な考察の提供を行うことができます。