Azure Monitor のエージェント データ ソースAgent data sources in Azure Monitor

Azure Monitor がエージェントから収集するデータは、構成されたデータ ソースによって定義されます。The data that Azure Monitor collects from agents is defined by the data sources that you configure. エージェントからのデータは、一連のレコードを含んだログ データとして格納されます。The data from agents is stored as log data with a set of records. データ ソースはそれぞれ異なるタイプのレコードを作成し、各レコード タイプは独自のプロパティ セットを持っています。Each data source creates records of a particular type with each type having its own set of properties.

ログ データ コレクション

データ ソースの概要Summary of data sources

次の表に、現在 Azure Monitor で使用できるエージェント データ ソースを示します。The following table lists the agent data sources that are currently available in Azure Monitor. 各データ ソースのリンクをクリックすると、それぞれのデータ ソースについて詳しく説明する記事に移動します。Each has a link to a separate article providing detail for that data source. また、収集の手法および頻度に関する情報についても提供します。It also provides information on their method and frequency of collection.

データ ソースData source プラットフォームPlatform Log Analytics エージェントLog analytics agent Operations Manager エージェントOperations Manager agent Azure StorageAzure storage Operations Manager が必要かOperations Manager required? 管理グループによって送信される Operations Manager エージェントのデータOperations Manager agent data sent via management group 収集の頻度Collection frequency
カスタム ログCustom logs WindowsWindows 着信時on arrival
カスタム ログCustom logs LinuxLinux 着信時on arrival
IIS ログIIS logs WindowsWindows ログ ファイル ロールオーバー設定によって異なるdepends on Log File Rollover setting
パフォーマンス カウンターPerformance counters WindowsWindows スケジュールに基づく頻度 (間隔は 10 秒以上)as scheduled, minimum of 10 seconds
パフォーマンス カウンターPerformance counters LinuxLinux スケジュールに基づく頻度 (間隔は 10 秒以上)as scheduled, minimum of 10 seconds
SyslogSyslog LinuxLinux 10 分 (Azure Storage からデータを収集する場合) または着信時 (エージェントからデータを収集する場合)from Azure storage: 10 minutes; from agent: on arrival
Windows イベント ログWindows Event logs WindowsWindows 着信時on arrival

データ ソースの構成Configuring data sources

データ ソースは、ワークスペースの [詳細設定][データ] メニューから構成します。You configure data sources from the Data menu in Advanced Settings for the workspace. すべての構成は、ワークスペース内の接続されているすべてのソースに配信されます。Any configuration is delivered to all connected sources in your workspace. 現時点では、この構成からエージェントを除外することはできません。You cannot currently exclude any agents from this configuration.

Windows イベントの構成

  1. Azure portal で、 [Log Analytics ワークスペース] 、目的のワークスペース、 [詳細設定] の順に選択します。In the Azure portal, select Log Analytics workspaces > your workspace > Advanced Settings.
  2. [データ] を選択します。Select Data.
  3. 構成するデータ ソースをクリックします。Click on the data source you want to configure.
  4. 構成の詳細については、上記の表のデータ ソース名をクリックして、リンク先のドキュメントを参照してください。Follow the link to the documentation for each data source in the above table for details on their configuration.

データ収集Data collection

データ ソースの構成は、数分以内に Azure Monitor に直接接続されたエージェントに配信されます。Data source configurations are delivered to agents that are directly connected to Azure Monitor within a few minutes. 指定されたデータがエージェントから収集され、各データ ソースに固有の間隔で Azure Monitor に直接配信されます。The specified data is collected from the agent and delivered directly to Azure Monitor at intervals specific to each data source. 詳しくは、各データ ソースのドキュメントを参照してください。See the documentation for each data source for these specifics.

接続された管理グループ内の System Center Operations Manager エージェントの場合、データ ソースの構成は管理パックに変換され、既定で 5 分ごとに管理グループに配信されます。For System Center Operations Manager agents in a connected management group, data source configurations are translated into management packs and delivered to the management group every 5 minutes by default. このエージェントは、他のエージェントと同じように管理パックをダウンロードし、指定されたデータを収集します。The agent downloads the management pack like any other and collects the specified data. データは、そのソースに応じて、管理サーバーに送信されてそこから Azure Monitor に転送されるか、エージェントが管理サーバーを介さずに Azure Monitor に送信します。Depending on the data source, the data will be either sent to a management server which forwards the data to the Azure Monitor, or the agent will send the data to Azure Monitor without going through the management server. 詳しくは、Azure における監視ソリューションのデータ収集の詳細に関するページを参照してください。See Data collection details for monitoring solutions in Azure for details. Operations Manager および Azure Monitor への接続と構成の配信頻度の変更の詳細については、System Center Operations Manager との統合の構成に関するページを参照してください。You can read about details of connecting Operations Manager and Azure Monitor and modifying the frequency that configuration is delivered at Configure Integration with System Center Operations Manager.

エージェントが Azure Monitor または Operations Manager に接続できない場合は、そのままデータの収集を続け、接続が確立されたときにデータを送信します。If the agent is unable to connect to Azure Monitor or Operations Manager, it will continue to collect data that it will deliver when it establishes a connection. データの量がクライアントの最大キャッシュ サイズに達した場合、またはエージェントが 24 時間以内に接続を確立できなかった場合は、データが失われることがあります。Data can be lost if the amount of data reaches the maximum cache size for the client, or if the agent is not able to establish a connection within 24 hours.

ログ レコードLog records

Azure Monitor によって収集されたすべてのログ データは、レコードとしてワークスペースに保存されます。All log data collected by Azure Monitor is stored in the workspace as records. さまざまなデータ ソースから収集されたレコードは、独自のプロパティ セットを持ち、 Type プロパティによって識別されます。Records collected by different data sources will have their own set of properties and be identified by their Type property. 各レコードの種類の詳細については、各データ ソースのドキュメントおよびソリューションを参照してください。See the documentation for each data source and solution for details on each record type.

次の手順Next steps

  • Azure Monitor に機能を追加し、Azure Monitor ワークスペース内にデータを収集する監視ソリューションについて学習します。Learn about monitoring solutions that add functionality to Azure Monitor and also collect data into the workspace.
  • ログ クエリについて学習し、データ ソースと監視ソリューションから収集されたデータを分析します。Learn about log queries to analyze the data collected from data sources and monitoring solutions.
  • データ ソースや監視ソリューションから収集された重要なデータについて事前に通知するアラートを構成します。Configure alerts to proactively notify you of critical data collected from data sources and monitoring solutions.