Azure Monitor のメトリックMetrics in Azure Monitor

注意

Azure Monitor データ プラットフォームは、2 つの基本的なデータの種類に基づいています。メトリックとログです。The Azure Monitor data platform is based on two fundamental data types: Metrics and Logs. この記事では、メトリックについて説明します。This article describes Metrics. ログの詳細な説明については、「Logs in Azure Monitor」(Azure Monitor のログ) を参照し、これら 2 つの比較については、「Azure Monitor data platforn」(Azure Monitor データ プラットフォーム) を参照してください。Refer to Logs in Azure Monitor for a detailed description of logs and to Azure Monitor data platform for a comparison of the two.

Azure Monitor のログは軽量であり、ほぼリアルタイムのシナリオをサポートできるため、アラートと問題の迅速な検出に特に役立ちます。Metrics in Azure Monitor are lightweight and capable of supporting near real-time scenarios making them particularly useful for alerting and fast detection of issues. この記事では、メトリックの構造と、メトリックを使用してできること、およびメトリックにデータを保存できるさまざまなデータ ソースについて説明します。This article describes how metrics are structured, what you can do with them, and identifies different data sources that store data in metrics.

メトリックとはWhat are metrics?

メトリックは、特定の時点におけるシステムの何らかの側面を表す数値です。Metrics are numerical values that describe some aspect of a system at a particular time. メトリックは定期的に収集されます。これらは頻繁にサンプリングでき、比較的単純なロジックですばやくアラートを生成できるため、アラートを発行するときに役に立ちます。Metrics are collected at regular intervals and are useful for alerting because they can be sampled frequently, and an alert can be fired quickly with relatively simple logic.

Azure Monitor のメトリックでできることWhat can you do with Azure Monitor Metrics?

次の表に、Azure Monitor でメトリック データを使用できるさまざまな方法を示します。The following table lists the different ways that you can use metric data in Azure Monitor.

分析Analyze メトリックス エクスプローラーを使用して、収集されたメトリックをグラフで分析し、異なるリソースからのメトリックを比較します。Use metrics explorer to analyze collected metrics on a chart and compare metrics from different resources.
視覚化Visualize メトリックス エクスプローラーのグラフを Azure ダッシュボードにピン留めします。Pin a chart from metrics explorer to an Azure dashboard.
ブックを作成して、複数のデータのセットを対話型のレポートにまとめます。クエリの結果を Grafana にエクスポートし、そのダッシュボードを利用して他のデータ ソースと組み合わせます。Create a workbook to combine with multiple sets of data in an interactive report.Export the results of a query to Grafana to leverage its dashboarding and combine with other data sources.
アラート:Alert メトリックがしきい値を超えたときに、通知を送信または自動化されたアクションを実行するメトリック アラート ルールを構成します。Configure a metric alert rule that sends a notification or takes automated action when the metric value crosses a threshold.
自動化Automate 自動スケーリングを使用して、しきい値を超えるメトリック値に基づいてリソースを増加または減少させます。Use Autoscale to increase or decrease resources based on a metric value crossing a threshold.
エクスポートExport メトリックをログにルーティングして、Azure Monitor メトリックのデータと Azure Monitor ログのデータを一緒に分析し、93 日間より長くメトリック値を保存します。Route Metrics to Logs to analyze data in Azure Monitor Metrics together with data in Azure Monitor Logs and to store metric values for longer than 93 days.
メトリックを Event Hub にストリーミングして、外部システムにルーティングします。Stream Metrics to an Event Hub to route them to external systems.
取得Retrieve PowerShell コマンドレットを使用して、コマンド ラインからメトリック値にアクセスします。Access metric values from a command line using PowerShell cmdlets
REST API を使用して、カスタム アプリケーションからメトリック値にアクセスします。Access metric values from custom application using REST API.
CLI を使用して、コマンド ラインからメトリック値にアクセスします。Access metric values from a command line using CLI.
アーカイブArchive コンプライアンス、監査、オフライン レポートの目的で、リソースのパフォーマンスや正常性の履歴をアーカイブします。Archive the performance or health history of your resource for compliance, auditing, or offline reporting purposes.

Azure Monitor メトリックのデータの構造How is data in Azure Monitor Metrics structured?

Azure Monitor メトリックによって収集されるデータは、タイムスタンプ付きのデータの分析用に最適化された時系列データベースに保存されます。Data collected by Azure Monitor Metrics is stored in a time-series database which is optimized for analyzing time-stamped data. メトリック値の各セットは、次のプロパティを持つ時系列です。Each set of metric values is a time series with the following properties:

  • 値が収集された時刻The time the value was collected
  • 値が関連付けられているリソースThe resource the value is associated with
  • メトリックのカテゴリのように機能する名前空間A namespace that acts like a category for the metric
  • メトリック名A metric name
  • 値そのものThe value itself
  • 多次元メトリック」で説明されているように、一部のメトリックは複数のディメンションを持ちます。Some metrics may have multiple dimensions as described in Multi-dimensional metrics. カスタム メトリックは最大 10 個のディメンションを持つことができます。Custom metrics can have up to 10 dimensions.

多次元メトリックMulti-dimensional metrics

メトリック データの課題の 1 つは、収集された値のコンテキストを提供するための情報が限定されている場合が多いことです。One of the challenges to metric data is that it often has limited information to provide context for collected values. Azure Monitor では、多次元メトリックを使用してこの課題に対処します。Azure Monitor addresses this challenge with multi-dimensional metrics. メトリックのディメンションは、メトリックの値を記述するための追加データを保持する名前と値のペアです。Dimensions of a metric are name-value pairs that carry additional data to describe the metric value. たとえば、使用可能なディスク領域 メトリックは、C:D: という値がある _ドライブ_と呼ばれるディメンションを持つことができ、これらの値を使用して、すべてのドライブまたは個別のドライブで使用可能なディスク領域を表示できます。For example, a metric Available disk space could have a dimension called Drive with values C:, D:, which would allow viewing either available disk space across all drives or for each drive individually.

次の例は、_ネットワーク スループット_という名前の架空のメトリック用の 2 つのデータセットを示しています。The example below illustrates two datasets for a hypothetical metric called Network Throughput. 最初のデータセットにはディメンションがありません。The first dataset has no dimensions. 2 番目のデータセットは、_IP アドレス_と_方向_という 2 つのディメンションの値を示しています。The second dataset shows the values with two dimensions, IP Address and Direction:

ネットワーク スループットNetwork Throughput

TimestampTimestamp メトリック値Metric Value
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 1,331.8 Kbps1,331.8 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 1,141.4 Kbps1,141.4 Kbps
8/9/2017 8:168/9/2017 8:16 1,110.2 Kbps1,110.2 Kbps

このディメンションのないメトリックは、「特定の時点でのネットワークのスループットは?」のような基本的な質問にのみ答えることができます。This non-dimensional metric can only answer a basic question like "what was my network throughput at a given time?”

ネットワーク スループット + 2 つのディメンション ("IP" と "方向")Network Throughput + two dimensions ("IP" and "Direction")

TimestampTimestamp ディメンション "IP"Dimension "IP" ディメンション "方向"Dimension "Direction" メトリック値Metric Value
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 IP="192.168.5.2"IP="192.168.5.2" 方向 = "送信"Direction="Send" 646.5 Kbps646.5 Kbps
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 IP="192.168.5.2"IP="192.168.5.2" 方向 = "受信"Direction="Receive" 420.1 Kbps420.1 Kbps
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 IP="10.24.2.15"IP="10.24.2.15" 方向 = "送信"Direction="Send" 150.0 Kbps150.0 Kbps
8/9/2017 8:148/9/2017 8:14 IP="10.24.2.15"IP="10.24.2.15" 方向 = "受信"Direction="Receive" 115.2 Kbps115.2 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 IP="192.168.5.2"IP="192.168.5.2" 方向 = "送信"Direction="Send" 515.2 Kbps515.2 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 IP="192.168.5.2"IP="192.168.5.2" 方向 = "受信"Direction="Receive" 371.1 Kbps371.1 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 IP="10.24.2.15"IP="10.24.2.15" 方向 = "送信"Direction="Send" 155.0 Kbps155.0 Kbps
8/9/2017 8:158/9/2017 8:15 IP="10.24.2.15"IP="10.24.2.15" 方向 = "受信"Direction="Receive" 100.1 Kbps100.1 Kbps

このメトリックは、「各 IP アドレスのネットワーク スループットは?」 や 「データの送信量と受信量?」といった質問に応えることができます。This metric can answer questions such as "what was the network throughput for each IP address?", and "how much data was sent versus received?" 多次元メトリックは、ディメンションを持たないメトリックに比べ、分析と診断に使用できる多数の値を提供します。Multi-dimensional metrics carry additional analytical and diagnostic value compared to non-dimensional metrics.

Azure Monitor メトリックの操作Interacting with Azure Monitor Metrics

メトリックス エクスプ ローラーを使用して、メトリック データベース内のデータを対話的に分析し、一定期間にわたる複数のメトリックの値をグラフにします。Use Metrics Explorer to interactively analyze the data in your metric database and chart the values of multiple metrics over time. グラフをダッシュボードにピン留めして、他の視覚化と一緒に表示できます。You can pin the charts to a dashboard to view them with other visualizations. Azure monitoring REST API を使用してメトリックを取得することもできます。You can also retrieve metrics by using the Azure monitoring REST API.

メトリックス エクスプローラー

Azure Monitor メトリックのソースSources of Azure Monitor Metrics

Azure Monitor によって収集されるメトリックのソースには、基本的なものが 3 つあります。There are three fundamental sources of metrics collected by Azure Monitor. Azure Monitor メトリック データベースでこれらのメトリックが収集されると、そのソースとは無関係に一緒に評価できます。Once these metrics are collected in the Azure Monitor metric database, they can be evaluated together regardless of their source.

プラットフォームのメトリックは Azure リソースによって作成され、リソースの正常性とパフォーマンスについての可視化を提供します。Platform metrics are created by Azure resources and give you visibility into their health and performance. リソースの種類ごとに別個のメトリックのセットが作成され、必要な構成はありません。Each type of resource creates a distinct set of metrics without any configuration required. メトリックの定義で特に指定がない限り、プラットフォーム メトリックは 1 分間隔で Azure リソースから収集されます。Platform metrics are collected from Azure resources at one-minute frequency unless specified otherwise in the metric's definition.

ゲスト OS メトリックは、仮想マシンのゲスト オペレーティング システムから収集されます。Guest OS metrics are collected from the guest operating system of a virtual machine. Windows 仮想マシンの場合は Windows Diagnostic Extension (WAD) を使用し、Linux 仮想マシンの場合は InfluxData Telegraf エージェントを使用して、ゲスト OS メトリックを有効にします。Enable guest OS metrics for Windows virtual machines with Windows Diagnostic Extension (WAD) and for Linux virtual machines with InfluxData Telegraf Agent.

アプリケーション メトリックは、監視対象のアプリケーションについて Application Insights によって作成され、パフォーマンスの問題を検出し、アプリケーションがどのように使用されているかの傾向を追跡する助けになります。Application metrics are created by Application Insights for your monitored applications and help you detect performance issues and track trends in how your application is being used. これには、_サーバー応答時間_と_ブラウザー例外_などの値が含まれます。This includes such values as Server response time and Browser exceptions.

カスタム メトリックは、自動的に利用できる標準メトリックに加えて、ユーザーが定義するメトリックです。Custom metrics are metrics that you define in addition to the standard metrics that are automatically available. Application Insights によって監視されるカスタム メトリックをアプリケーション内で定義したり、カスタム メトリック API を使用して Azure サービスのカスタム メトリックを作成したりできます。You can define custom metrics in your application that's monitored by Application Insights or create custom metrics for an Azure service using the custom metrics API.

メトリックの保有期間Retention of Metrics

Azure の多くのリソースでは、メトリックは 93 日間保存されます。For most resources in Azure, metrics are stored for 93 days. ただし、例外があります。There are some exceptions:

ゲスト OS メトリックGuest OS metrics

  • クラシック ゲストの OS メトリックClassic guest OS metrics. これらは Windows Diagnostic Extension (WAD) または Linux Diagnostic Extension (LAD) によって収集され、Azure ストレージ アカウントにルーティングされるパフォーマンス カウンターです。These are performance counters collected by the Windows Diagnostic Extension (WAD) or the Linux Diagnostic Extension (LAD) and routed to an Azure storage account. これらのメトリックの保有期間は 14 日です。Retention for these metrics is 14 days.
  • Azure Monitor メトリックに送信されるゲスト OS メトリックGuest OS metrics sent to Azure Monitor Metrics. これらは Windows Diagnostic Extension (WAD) によって収集され、Azure Monitor シンクに送信されるか、Linux マシン上の InfluxData Telegraf エージェントを介して収集されるパフォーマンス カウンターです。These are performance counters collected by the Windows Diagnostic Extension (WAD) and send to the Azure Monitor Sink, or via the InfluxData Telegraf Agent on Linux machines. これらのメトリックの保有期間は 93 日です。Retention for these metrics is 93 days.
  • Log Analytics エージェントによって収集されるゲスト OS メトリックGuest OS metrics collected by Log Analytics agent. これらは、Log Analytics エージェントによって収集され、Log Analytics ワークスペースに送信されるパフォーマンス カウンターです。These are performance counters collected by the Log Analytics agent and sent to a Log Analytics workspace. これらのメトリックの保有期間は 31 日で、最大 2 年間まで延長できます。Retention for these metrics is 31 days, and can be extended up to 2 years.

Application Insights ログベースのメトリックApplication Insights log-based metrics.

  • バック グラウンドでログ ベースのメトリックをログ クエリに変換します。Behind the scene, log-based metrics translate into log queries. そのリテンション期間は、基になるログのイベントのリテンション期間と一致します。Their retention matches the retention of events in underlying logs. Application Insights リソースの場合、ログは 90 日間保存されます。For Application Insights resources, logs are stored for 90 days.

次の手順Next steps