ハイブリッド仮想マシンで Azure Monitor for VMs を有効にするEnable Azure Monitor for VMs for a hybrid virtual machine

この記事では、Azure の外部 (オンプレミスやその他のクラウド環境を含む) の仮想マシンで Azure Monitor for VMs を有効にする方法について説明します。This article describes how to enable Azure Monitor for VMs for a virtual machine outside of Azure, including on-premises and other cloud environments.

重要

ハイブリッド VM を有効にするための推奨される方法では、Azure VM と同様のプロセスを使用して VM で Azure Monitor for VMs を有効にてきるように、まず Azure Arc for servers を有効にします。The recommended method of enabling hybrid VMs is first enabling Azure Arc for servers so that the VMs can be enabled for Azure Monitor for VMs using processes similar to Azure VMs. この記事では、Azure Arc を使用しないことを選択した場合にハイブリッド VM をオンボードする方法について説明します。This article describes how to onboard hybrid VMs if you choose not to use Azure Arc.

前提条件Prerequisites

概要Overview

Azure の外部の仮想マシンには、Azure VM で使用されるものと同じ Log Analytics エージェントと依存関係エージェントが必要です。Virtual machines outside of Azure require the same Log Analytics agent and Dependency agent that are used for Azure VMs. これらのエージェントを VM 拡張機能でインストールすることはできないため、ゲスト オペレーティング システムで手動でインストールするか、または他の何らかの方法を使用してインストールする必要があります。Since you can't use VM extensions to install the agents though, you must manually install them in the guest operating system or have them installed through some other method.

Log Analytics エージェントのデプロイの詳細については、「Windows コンピューターを Azure Monitor に接続する」または「Linux コンピューターを Azure Monitor に接続する」を参照してください。See Connect Windows computers to Azure Monitor or Connect Linux computers to Azure Monitor for details on deploying the Log Analytics agent. この記事では、依存関係エージェントに関する詳細を提供します。Details for the Dependency agent are provided in this article.

ファイアウォールの要件Firewall requirements

Log Analytics エージェントのファイアウォールの要件は、「Log Analytics エージェントの概要」で提供されています。Firewall requirements for the Log Analytics agent are provided in Log Analytics agent overview. Azure Monitor for VMs マップの Dependency Agent でデータ自体が送信されることはないため、ファイアウォールやポートを変更する必要はありません。The Azure Monitor for VMs Map Dependency agent doesn't transmit any data itself, and it doesn't require any changes to firewalls or ports. マップ データは、Log Analytics エージェントによって常に Azure Monitor サービスに直接、または、ご利用の IT セキュリティ ポリシーでネットワーク上のコンピューターがインターネットに接続することが許可されていない場合には、Operations Management Suite ゲートウェイを経由して送信されます。The Map data is always transmitted by the Log Analytics agent to the Azure Monitor service, either directly or through the Operations Management Suite gateway if your IT security policies don't allow computers on the network to connect to the internet.

依存関係エージェントDependency agent

注意

このセクションで説明する次の情報は、Service Map ソリューションにも適用できます。The following information described in this section is also applicable to the Service Map solution.

Dependency Agent は、以下の場所からダウンロードできます。You can download the Dependency agent from these locations:

ファイルFile OSOS VersionVersion SHA-256SHA-256
InstallDependencyAgent-Windows.exeInstallDependencyAgent-Windows.exe WindowsWindows 9.10.7.127109.10.7.12710 CA29CC328F991D7301FD0360F4F56DF78275545BB8CDA853679899CA885E96F0CA29CC328F991D7301FD0360F4F56DF78275545BB8CDA853679899CA885E96F0
InstallDependencyAgent-Linux64.binInstallDependencyAgent-Linux64.bin LinuxLinux 9.10.7.127109.10.7.12710 98380DBEB2E2A5848F2202BC22422C68B20B62090C1BFC1DECAB37ED5451ED8C98380DBEB2E2A5848F2202BC22422C68B20B62090C1BFC1DECAB37ED5451ED8C

Windows に Dependency Agent をインストールするInstall the Dependency agent on Windows

InstallDependencyAgent-Windows.exe を実行することで、Dependency Agent を Windows コンピューターに手動でインストールできます。You can install the Dependency agent manually on Windows computers by running InstallDependencyAgent-Windows.exe. オプションを指定せずにこの実行可能ファイルを実行すると、セットアップ ウィザードが起動します。ここで、指示に従って対話形式でエージェントをインストールできます。If you run this executable file without any options, it starts a setup wizard that you can follow to install the agent interactively. エージェントをインストールまたはアンインストールするには、ゲスト OS 上の 管理者 特権が必要です。You require Administrator privileges on the guest OS to install or uninstall the agent.

次の表に、コマンド ラインからのエージェントのセットアップでサポートされているパラメーターを示します。The following table highlights the parameters that are supported by setup for the agent from the command line.

パラメーターParameter 説明Description
/?/? コマンド ライン オプションの一覧を返します。Returns a list of the command-line options.
/S/S ユーザーの操作を必要とせずに、サイレント インストールを実行します。Performs a silent installation with no user interaction.

たとえば、/? パラメーターを使用してインストール プログラムを実行するには、「InstallDependencyAgent-Windows.exe /? 」と入力します。For example, to run the installation program with the /? parameter, enter InstallDependencyAgent-Windows.exe /?.

Windows Dependency Agent のファイルは、既定で C:\Program Files\Microsoft Dependency Agent にインストールされます。Files for the Windows Dependency agent are installed in C:\Program Files\Microsoft Dependency Agent by default. セットアップの完了後に Dependency Agent が起動しない場合は、詳細なエラー情報のログを確認します。If the Dependency agent fails to start after setup is finished, check the logs for detailed error information. ログ ディレクトリは、 %Programfiles%\Microsoft Dependency Agent\logs にあります。The log directory is %Programfiles%\Microsoft Dependency Agent\logs.

PowerShell スクリプトPowerShell script

エージェントをダウンロードしてインストールするには、次の PowerShell サンプル スクリプトを使用します。Use the following sample PowerShell script to download and install the agent:

Invoke-WebRequest "https://aka.ms/dependencyagentwindows" -OutFile InstallDependencyAgent-Windows.exe

.\InstallDependencyAgent-Windows.exe /S

Linux に Dependency Agent をインストールするInstall the Dependency agent on Linux

Dependency Agent は、InstallDependencyAgent-Linux64.bin (自己解凍バイナリ ファイルを含むシェル スクリプト) から Linux サーバーにインストールされます。The Dependency agent is installed on Linux servers from InstallDependencyAgent-Linux64.bin, a shell script with a self-extracting binary. sh を使用してファイルを実行するか、実行アクセス許可をファイル自体に追加します。You can run the file by using sh or add execute permissions to the file itself.

注意

エージェントをインストールまたは構成するには、ルート アクセスが必要です。Root access is required to install or configure the agent.

パラメーターParameter 説明Description
-help-help コマンド ライン オプションの一覧を取得します。Get a list of the command-line options.
-S-s ユーザー プロンプトを表示せずにサイレント インストールを実行します。Perform a silent installation with no user prompts.
--check--check アクセス許可とオペレーティング システムを確認しますが、エージェントはインストールしません。Check permissions and the operating system, but don't install the agent.

たとえば、-help パラメーターを使用してインストール プログラムを実行するには、「InstallDependencyAgent-Linux64.bin -help」と入力します。For example, to run the installation program with the -help parameter, enter InstallDependencyAgent-Linux64.bin -help. コマンド sh InstallDependencyAgent-Linux64.bin を実行し、Linux Dependency Agent を root としてインストールします。Install the Linux Dependency agent as root by running the command sh InstallDependencyAgent-Linux64.bin.

Dependency Agent が起動しない場合は、詳細なエラー情報のログを確認します。If the Dependency agent fails to start, check the logs for detailed error information. Linux エージェントのログ ディレクトリは、 /var/opt/microsoft/dependency-agent/log にあります。On Linux agents, the log directory is /var/opt/microsoft/dependency-agent/log.

Dependency Agent のファイルは、次のディレクトリに保存されます。Files for the Dependency agent are placed in the following directories:

ファイルFiles 場所Location
コア ファイルCore files /opt/microsoft/dependency-agent/opt/microsoft/dependency-agent
ログ ファイルLog files /var/opt/microsoft/dependency-agent/log/var/opt/microsoft/dependency-agent/log
構成ファイルConfig files /etc/opt/microsoft/dependency-agent/config/etc/opt/microsoft/dependency-agent/config
サービス実行可能ファイルService executable files /opt/microsoft/dependency-agent/bin/microsoft-dependency-agent/opt/microsoft/dependency-agent/bin/microsoft-dependency-agent
/opt/microsoft/dependency-agent/bin/microsoft-dependency-agent-manager/opt/microsoft/dependency-agent/bin/microsoft-dependency-agent-manager
バイナリ ストレージ ファイルBinary storage files /var/opt/microsoft/dependency-agent/storage/var/opt/microsoft/dependency-agent/storage

シェル スクリプトShell script

エージェントをダウンロードしてインストールするには、次のサンプル シェル スクリプトを使用します。Use the following sample shell script to download and install the agent:

wget --content-disposition https://aka.ms/dependencyagentlinux -O InstallDependencyAgent-Linux64.bin
sudo sh InstallDependencyAgent-Linux64.bin -s

必要な状態の構成Desired State Configuration

Desired State Configuration (DSC) を使用して Dependency Agent をデプロイするには、xPSDesiredStateConfiguration モジュールと次に示すコード例を使用できます。To deploy the Dependency agent using Desired State Configuration (DSC), you can use the xPSDesiredStateConfiguration module with the following example code:

configuration VMInsights {

    Import-DscResource -ModuleName xPSDesiredStateConfiguration

    $DAPackageLocalPath = "C:\InstallDependencyAgent-Windows.exe"

    Node localhost
    {
        # Download and install the Dependency agent
        xRemoteFile DAPackage
        {
            Uri = "https://aka.ms/dependencyagentwindows"
            DestinationPath = $DAPackageLocalPath
        }

        xPackage DA
        {
            Ensure="Present"
            Name = "Dependency Agent"
            Path = $DAPackageLocalPath
            Arguments = '/S'
            ProductId = ""
            InstalledCheckRegKey = "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\DependencyAgent"
            InstalledCheckRegValueName = "DisplayName"
            InstalledCheckRegValueData = "Dependency Agent"
            DependsOn = "[xRemoteFile]DAPackage"
        }
    }
}

トラブルシューティングTroubleshooting

VM がマップに表示されないVM doesn't appear on the map

Dependency Agent のインストールに成功しても、マップにご利用のコンピューターが表示されない場合は、次の手順に従って問題を診断してください。If your Dependency agent installation succeeded, but you don't see your computer on the map, diagnose the problem by following these steps.

  1. Dependency Agent は正しくインストールされているのでしょうか?Is the Dependency agent installed successfully? これについては、サービスがインストールされているか、実行中かを確認することで検証できます。You can validate this by checking to see if the service is installed and running.

    Windows:"Microsoft Dependency Agent" というサービスを探します。Windows: Look for the service named "Microsoft Dependency agent."

    Linux:"microsoft-dependency-agent" という実行中のプロセスを探します。Linux: Look for the running process "microsoft-dependency-agent."

  2. 現在、利用されているのは無料の価格レベルの Analytics ですか?Are you on the Free pricing tier of Log Analytics? 無料プランでは、一意のコンピューターを最大 5 台まで使用できます。The Free plan allows for up to five unique computers. 前の 5 台からデータが送信されなくなった場合でも、以降のコンピューターはマップに表示されません。Any subsequent computers won't show up on the map, even if the prior five are no longer sending data.

  3. コンピューターからログとパフォーマンス データが Azure Monitor ログに送信されていますか?Is the computer sending log and perf data to Azure Monitor Logs? コンピューターに対して次のクエリを実行します。Perform the following query for your computer:

    Usage | where Computer == "computer-name" | summarize sum(Quantity), any(QuantityUnit) by DataType
    

    1 つ以上の結果が返されましたか?Did it return one or more results? そのデータは最近のものですか?Is the data recent? そうである場合は、Log Analytics エージェントは正しく動作しており、サービスと通信しています。If so, your Log Analytics agent is operating correctly and communicating with the service. そうでない場合は、ご利用のサーバー上でエージェントを確認してください (Windows 用 Log Analytics エージェントのトラブルシューティング または Linux 用 Log Analytics エージェントのトラブルシューティングに関するページを参照)。If not, check the agent on your server: Log Analytics agent for Windows troubleshooting or Log Analytics agent for Linux troubleshooting.

マップにコンピューターは表示されるがプロセスが表示されないComputer appears on the map but has no processes

マップにサーバーは表示されるがプロセスや接続データが表示されない場合は、Dependency Agent がインストールされて実行されているがカーネル ドライバーがロードされなかったことを意味しています。If you see your server on the map, but it has no process or connection data, that indicates that the Dependency agent is installed and running, but the kernel driver didn't load.

C:\Program Files\Microsoft Dependency Agent\logs\wrapper.log ファイル (Windows) または /var/opt/microsoft/dependency-agent/log/service.log ファイル (Linux) を確認します。Check the C:\Program Files\Microsoft Dependency Agent\logs\wrapper.log file (Windows) or /var/opt/microsoft/dependency-agent/log/service.log file (Linux). ファイルの最後の行に、カーネルがロードされなかった原因が示されています。The last lines of the file should indicate why the kernel didn't load. たとえば、カーネルを更新した場合にそのカーネルが Linux でサポートされないことがあります。For example, the kernel might not be supported on Linux if you updated your kernel.

次のステップNext steps

これで、仮想マシンに対する監視が有効になったので、この情報を Azure Monitor for VMs での分析に使用できます。Now that monitoring is enabled for your virtual machines, this information is available for analysis with Azure Monitor for VMs.