Azure アプリケーション整合性スナップショット ツールをテストする

この記事では、Azure NetApp Files で使用できる Azure アプリケーション整合性スナップショット ツールのテスト コマンドを実行する方法について説明します。

はじめに

構成のテストは、azacsnap -c test コマンドを実行して行います。

コマンド オプション

-c test コマンドには、次のオプションがあります。

  • --test hana SAP HANA インスタンスへの接続がテストされます。

  • --test storage 基になるストレージ インターフェイスとの通信がテストされます。構成されているすべての data ボリュームで一時的なストレージ スナップショットが作成された後、それらは削除されます。

  • --test allhana テストと storage テストの両方が順番に実行されます。

  • [--configfile <config filename>] は省略可能なパラメーターであり、カスタム構成ファイル名を使用できます。

SAP HANA azacsnap -c test --test hana との接続を確認する

このコマンドを実行して、構成ファイル内のすべての HANA インスタンスについて、HANA 接続性を確認します。 HDBuserstore を使用して SYSTEMDB に接続し、SID 情報をフェッチします。

SSL の場合、このコマンドを実行すると、省略可能な次の引数を取得できます。

  • --ssl= によって、データベースとの暗号化された接続が強制され、openssl または commoncrypto のいずれかの SAP HANA との通信に使用する暗号化方法が定義されます。 定義されている場合、このコマンドは、同じディレクトリ内で 2 つのファイルを検索することを想定しています。これらのファイルには、対応する SID にちなんだ名前を付ける必要があります。 「SAP HANA との通信での SSL の使用」を参照してください。

azacsnap -c test --test hana コマンドの出力

azacsnap -c test --test hana
BEGIN : Test process started for 'hana'
BEGIN : SAP HANA tests
PASSED: Successful connectivity to HANA version 2.00.032.00.1533114046
END   : Test process complete for 'hana'

ストレージ azacsnap -c test --test storage との接続を確認する

azacsnap コマンドを実行して、構成されたすべてのデータ ボリュームのスナップショットを取得して、各 SAP HANA インスタンスのボリュームに適切にアクセスできることを確認します。 各ファイル システムのスナップショット アクセスを確認するために、一時スナップショットが各データ ボリュームに対して作成され、その後削除されます。

azacsnap -c test --test storage コマンドの出力

azacsnap -c test --test storage
BEGIN : Test process started for 'storage'
BEGIN : Storage test snapshots on 'data' volumes
BEGIN : 2 task(s) to Test Snapshots for Storage Volume Type 'data'
PASSED: Task#2/2 Storage test successful for Volume
PASSED: Task#1/2 Storage test successful for Volume
END   : Storage tests complete
END   : Test process complete for 'storage'

次のステップ