Azure NetApp Files のコスト モデルCost model for Azure NetApp Files

Azure NetApp Files のコスト モデルを理解すると、サービスから経費を管理するのに役立ちます。Understanding the cost model for Azure NetApp Files helps you manage your expenses from the service.

リージョン間レプリケーションに固有のコスト モデルについては、「リージョン間レプリケーションのコスト モデル」を参照してください。For cost model specific to cross-region replication, see Cost model for cross-region replication.

容量消費の計算Calculation of capacity consumption

Azure NetApp Files は、プロビジョニングされたストレージ容量に対して課金されます。Azure NetApp Files is billed on provisioned storage capacity. プロビジョニングされる容量は、容量プールを作成することによって割り当てられます。Provisioned capacity is allocated by creating capacity pools. 容量プールは、プロビジョニングされた GiB/月あたりの料金に基づいて、1 時間単位で課金されます。Capacity pools are billed based on $/provisioned-GiB/month in hourly increments. 1 つの容量プールの最小サイズは 4 TiB であり、容量プールを後から 1 TiB 単位で拡張することができます。The minimum size for a single capacity pool is 4 TiB, and capacity pools can be subsequently expanded in 1-TiB increments. ボリュームは容量プール内に作成されます。Volumes are created within capacity pools. 各ボリュームには、プールでプロビジョニングされた容量からデクリメントするクォータが割り当てられます。Each volume is assigned a quota that decrements from the pools-provisioned capacity. ボリュームに割り当てることができるクォータは、最小 100 GiB から最大 100 TiB の範囲です。The quota that can be assigned to volumes ranges from a minimum of 100 GiB to a maximum of 100 TiB.

アクティブなボリュームでは、クォータに対する容量消費は論理 (有効) 容量に基づきます。For an active volume, capacity consumption against quota is based on logical (effective) capacity.

ボリュームの実際の容量消費がそのストレージ クォータを超えた場合、ボリュームは拡張を続けることができます。If the actual capacity consumption of a volume exceeds its storage quota, the volume can continue to grow. 実際のボリューム サイズがシステムの制限 (100 TiB) を下回っている限り、書き込みが引き続き許可されます。Writes will still be permitted as long as the actual volume size is less than the system limit (100 TiB).

プロビジョニングされた分量に対する容量プールの合計使用容量は、プール内の全ボリュームの、割り当てられたクォータと実際の消費量のうち大きいほうの合計です。The total used capacity in a capacity pool against its provisioned amount is the sum of the greater of either the assigned quota or actual consumption of all volumes within the pool:

合計使用容量の計算

次の図は、これらの概念を示しています。The diagram below illustrates these concepts.

  • プロビジョニング済み容量が 4 TiB の容量プールがあります。We have a capacity pool with 4 TiB of provisioned capacity. プールには、3 つのボリュームが含まれています。The pool contains three volumes.

    • ボリューム 1 は 2 TiB のクォータが割り当てられており、消費量は 800 GiB です。Volume 1 is assigned a quota of 2 TiB and has 800 GiB of consumption.
    • ボリューム 2 は 1 TiB のクォータが割り当てられており、消費量は 100 GiB です。Volume 2 is assigned a quota of 1 TiB and has 100 GiB of consumption.
    • ボリューム 3 は 500 GiB のクォータが割り当てられていますが、消費量は 800 GiB です (超過)。Volume 3 is assigned a quota of 500 GiB but has 800 GiB of consumption (overage).
  • 容量プールは 4 TiB の容量 (プロビジョニングされた分量) に対して測定されます。The capacity pool is metered for 4 TiB of capacity (the provisioned amount).
    3.8 TiB の容量が消費されています (ボリューム 1 と 2 は 2 TiB と 1 TiB のクォータ、ボリューム 3 は実際の消費量 800 GiB)。3.8 TiB of capacity is consumed (2 TiB and 1 TiB of quota from Volumes 1 and 2, and 800 GiB of actual consumption for Volume 3). 200 GiB の容量が残っています。And 200 GiB of capacity is remaining.

    3 つのボリュームがある容量プール

容量消費の超過Overage in capacity consumption

プールの合計使用容量がそのプロビジョニング容量を超えた時点で、データ書き込みはまだ許可されています。When the total used capacity of a pool exceeds its provisioned capacity, data writes are still permitted. 猶予期間 (1 時間) が過ぎてもなお、プールの使用容量がそのプロビジョニング容量を超えている場合、プロビジョニング容量が合計使用容量を超えるまでプール サイズが自動的に 1 TiB 単位で増加します。After the grace period (one hour), if the used capacity of the pool still exceeds its provisioned capacity, then the pool size will be automatically increased in increments of 1 TiB until the provisioned capacity is greater than the total used capacity. たとえば上の図で、ボリューム 3 が拡張し続けて実際の消費量が 1.2 TiB に達した場合、猶予期間の後、プールは自動的に 5 TiB にサイズ変更されます。For example, in the illustration above, if Volume 3 continues to grow and the actual consumption reaches 1.2 TiB, then after the grace period, the pool will automatically be resized to 5 TiB. その結果、プロビジョニングされたプール容量 (5 TiB) が使用容量 (4.2 TiB) を上回ります。The result is that the provisioned pool capacity (5 TiB) exceeds the used capacity (4.2 TiB).

容量プールのサイズは、ボリュームの需要に合わせて自動的に拡張されますが、ボリューム サイズが減少したときに自動的に縮小されることはありません。Although the capacity pool size automatically grows to meet the demand of the volume, it isn’t automatically reduced when the volume size decreases. ボリューム サイズが減少した後に容量プールのサイズを縮小する場合 (ボリュームのデータ クリーンアップ後など) は、_手動_で容量プールのサイズを小さくする必要があります。If you want to down-size the capacity pool after a volume size decrease (for example, after data cleanup of a volume), you need to manually reduce the capacity pool size.

プール サイズの手動変更Manual changes of the pool size

プール サイズを手動で増減できます。You can manually increase or decrease the pool size. ただし、次の制約が適用されます。However, the following constraints apply:

  • サービスの最小および最大制限Service minimum and maximum limits
    リソース制限に関する記事を参照してください。See the article about resource limits.
  • 初回の 4 TiB (最小容量) 購入後の増減単位は 1 TiBA 1-TiB increment after the initial 4-TiB minimum purchase
  • 最小請求単位は 1 時間A one-hour minimum billing increment
  • プールのプロビジョニング サイズをプールの合計使用容量よりも小さくすることはできません。The provisioned pool size may not be decreased to less than the total used capacity in the pool.
  • 手動 QoS が使用されている容量プールの場合、プール サイズを小さくできるのは、サイズとサービス レベルによって、全ボリュームの実際の割り当てスループットよりも大きいスループットが提供される場合のみです。For capacity pools with manual QoS, the pool size can only be decreased if the size and service level provide more throughput than the actual assigned throughput of all volumes.

プールの最大サイズ超過時の動作Behavior of maximum-size pool overage

容量プールの作成またはサイズ変更時の最大サイズは 500 TiB です。The maximum size of a capacity pool that you can create or resize to is 500 TiB. 容量プールの合計使用容量が 500 TiB を超えると、次の状況が発生します。When the total used capacity in a capacity pool exceeds 500 TiB, the following situations will occur:

  • データ書き込みは引き続き許可されます (ボリュームがシステムの最大値である 100 TiB を下回っている場合)。Data writes will still be permitted (if the volume is below the system maximum of 100 TiB).
  • 1 時間の猶予期間が過ぎると、プールのプロビジョニング容量が合計使用容量を超えるまで、プールは 1 TiB 単位で自動的にサイズ変更されます。After the one-hour grace period, the pool will be automatically resized in 1-TiB increments, until the pool provisioned capacity exceeds total used capacity.
  • 500 TiB を超えて追加でプロビジョニングされた課金対象のプール容量は、ボリューム クォータの割り当てには使用できません。The additional provisioned and billed pool capacity exceeding 500 TiB cannot be used to assign volume quota. パフォーマンス QoS 制限を拡張する目的にも使用できません。It also cannot be used to expand performance QoS limits.
    パフォーマンス制限および QoS サイズ変更については、サービス レベルに関する記事を参照してください。See service levels about performance limits and QoS sizing.

次の図は、これらの概念を示しています。The diagram below illustrates these concepts:

  • Premium ストレージ レベルで容量が 500 TiB の容量プールがあります。We have a capacity pool with a Premium storage tier and a 500-TiB capacity. プールには、9 つのボリュームが含まれています。The pool contains nine volumes.

    • ボリューム 1 ~ 8 には、それぞれ 60 TiB のクォータが割り当てられます。Volumes 1 through 8 are assigned a quota of 60 TiB each. 合計使用容量は 480 TiB です。The total used capacity is 480 TiB.
      各ボリュームには、スループットが 3.75 GiB/秒 (60 TiB * 64 MiB/秒) の QoS 制限があります。Each volume has a QoS limit of 3.75 GiB/s of throughput (60 TiB * 64 MiB/s).
    • ボリューム 9 には 20 TiB のクォータが割り当てられます。Volume 9 is assigned a quota of 20 TiB.
      ボリューム 9 には、スループットが 1.25 GiB/秒 (20 TiB * 64 MiB/秒) の QoS 制限があります。Volume 9 has a QoS limit of 1.25 GiB/s of throughput (20 TiB * 64 MiB/s).
  • ボリューム 9 は超過のシナリオです。Volume 9 is an overage scenario. 実際の消費量は 25 TiB です。It has 25 TiB of actual consumption.

    • 1 時間の猶予期間の後、容量プールは 505 TiB にサイズ変更されます。After the one-hour grace period, the capacity pool will be resized to 505 TiB.
      ボリューム 1 ~ 8 の 8 * 60 TiB のクォータに、ボリューム 9 の実際の消費量 25 TiB を足したものが合計使用容量です。That is, total used capacity = 8 * 60-TiB quota for Volumes 1 through 8, and 25 TiB of actual consumption for Volume 9.
    • 課金対象の容量は 505 TiB です。The billed capacity is 505 TiB.
    • ボリューム 9 のボリューム クォータは増やせません (プールの合計クォータ割り当てが 500 TiB を超えることはできないため)。Volume quota for Volume 9 cannot be increased (because the total assigned quota for the pool may not exceed 500 TiB).
    • 追加の QoS スループットを割り当てることはできません (プールの合計 QoS は 500 TiB 基準のままなので)。Additional QoS throughput may not be assigned (because the total QoS for the pool is still based on 500 TiB).

    9 つのボリュームがある容量プール

スナップショットの容量消費Capacity consumption of snapshots

Azure NetApp Files のスナップショットの容量消費は、親ボリュームのクォータに対して課金されます。The capacity consumption of snapshots in Azure NetApp Files is charged against the quota of the parent volume. その結果、ボリュームが属する容量プールと同じ課金レートを共有します。As a result, it shares the same billing rate as the capacity pool to which the volume belongs. ただし、アクティブ ボリュームとは違って、スナップショットの消費量は消費された増分容量に基づいて測定されます。However, unlike the active volume, snapshot consumption is measured based on the incremental capacity consumed. Azure NetApp Files のスナップショットは本質的には差分です。Azure NetApp Files snapshots are differential in nature. データの変更率にもよりますが、スナップショットの消費容量は多くの場合、アクティブ ボリュームの論理容量を大きく下回ります。Depending on the change rate of the data, the snapshots often consume much less capacity than the logical capacity of the active volume. たとえば、10 GiB の差分データのみが含まれる 500 GiB のボリュームのスナップショットがあるとします。For example, assume that you have a snapshot of a 500-GiB volume that only contains 10 GiB of differential data. そのスナップショットのボリューム クォータに対して課金される容量は、500 GiB ではなく 10 GiB になります。The capacity that is charged against the volume quota for that snapshot would be 10 GiB, not 500 GiB.

次のステップNext steps