容量プールまたはボリュームをサイズ変更するResize a capacity pool or a volume

容量プールまたはボリュームは、必要に応じてサイズ変更できます。You can change the size of a capacity pool or a volume as necessary.

容量プールをサイズ変更するResize the capacity pool

容量プールのサイズは、1 TiB 単位で増減できます。You can change the capacity pool size in 1-TiB increments or decrements. ただし、容量プールのサイズは 4 TiB 未満にすることはできません。However, the capacity pool size cannot be smaller than 4 TiB. 容量プールをサイズ変更すると、購入した Azure NetApp Files の容量が変更されます。Resizing the capacity pool changes the purchased Azure NetApp Files capacity.

  1. [Manage NetApp Account](NetApp アカウントの管理) ブレードで、サイズ変更する容量プールをクリックします。From the Manage NetApp Account blade, click the capacity pool that you want to resize.
  2. 容量プールの名前を右クリックするか、容量プールの行の最後にある「…」アイコンをクリックして、コンテキスト メニューを表示します。Right-click the capacity pool name or click the "…" icon at the end of the capacity pool’s row to display the context menu.
  3. コンテキスト メニューのオプションを使用して、容量プールをサイズ変更するか、削除します。Use the context menu options to resize or delete the capacity pool.

ボリュームをサイズ変更するResize a volume

ボリュームは、必要に応じてサイズ変更できます。You can change the size of a volume as necessary. ボリュームの容量消費は、そのプールのプロビジョニング容量を前提としてカウントされます。A volume's capacity consumption counts against its pool's provisioned capacity.

  1. [Manage NetApp Account](NetApp アカウントの管理) ブレードで、 [ボリューム] をクリックします。From the Manage NetApp Account blade, click Volumes.
  2. サイズ変更するボリュームの名前を右クリックするか、ボリュームの行の最後にある「...」アイコンをクリックして、コンテキスト メニューを表示します。Right-click the name of the volume that you want to resize or click the "…" icon at the end of the volume's row to display the context menu.
  3. コンテキスト メニューのオプションを使用して、ボリュームをサイズ変更するか、削除します。Use the context menu options to resize or delete the volume.

リージョン間レプリケーションの宛先ボリュームのサイズを変更するResize a cross-region replication destination volume

リージョン間のレプリケーション関係では、宛先ボリュームは、ソース ボリュームのサイズに基づいて、自動的にサイズ変更されます。In a cross-region replication relationship, a destination volume is automatically resized based on the size of the source volume. そのため、宛先ボリュームを個別にサイズ変更する必要はありません。As such, you don’t need to resize the destination volume separately. この自動サイズ変更の動作は、ボリュームがアクティブなレプリケーション関係にある場合、または再同期操作でレプリケーション ピアリングが切断された場合に適用されます。This automatic resizing behavior is applicable when the volumes are in an active replication relationship, or when replication peering is broken with the resync operation.

次の表では、ミラーの状態に基づいた宛先ボリュームのサイズ変更の動作について説明します。The following table describes the destination volume resizing behavior based on the Mirror state:

ミラーの状態Mirror state 宛先ボリュームのサイズ変更の動作Destination volume resizing behavior
ミラー化Mirrored 宛先ボリュームが初期化済みで、ミラー化の更新を受信する準備ができている場合、ソース ボリュームをサイズ変更すると、宛先ボリュームが自動的にサイズ変更されます。When the destination volume has been initialized and is ready to receive mirroring updates, resizing the source volume automatically resizes the destination volumes.
中断Broken ソース ボリュームをサイズ変更し、ミラーの状態が 中断 の場合、宛先ボリュームは再同期操作によって自動的にサイズ変更されます。When you resize the source volume and the Mirror state is broken, the destination volume is automatically resized with the resync operation.
未初期化Uninitialized ソース ボリュームをサイズ変更し、ミラーの状態がまだ 未初期化 の場合は、宛先ボリュームのサイズ変更を手動で行う必要があります。When you resize the source volume and the Mirror state is still uninitialized, resizing the destination volume needs to be done manually. そのため、ソース ボリュームをサイズ変更する場合は、初期化が完了する (つまり、ミラーの状態が ミラー化 になる) まで待つことをお勧めします。As such, it's recommended that you wait for the initialization to complete (that is, when the Mirror state becomes mirrored) to resize the source volume.

重要

リージョン間レプリケーションのソース ボリュームと宛先ボリュームの両方に対して、容量プールに十分なヘッドルームがあることを確認します。Ensure that you have enough headroom in the capacity pools for both the source and the destination volumes of cross-region replication. ソース ボリュームのサイズを変更すると、宛先ボリュームは自動的にサイズ変更されます。When you resize the source volume, the destination volume is automatically resized. ただし、宛先ボリュームをホストしている容量プールのヘッドルームが十分でない場合は、ソース ボリュームと宛先ボリュームの両方のサイズ変更が失敗します。But if the capacity pool hosting the destination volume doesn’t have enough headroom, the resizing of both the source and the destination volumes will fail.

次のステップNext steps