Windows Virtual Desktop での Azure NetApp Files 利用のメリットBenefits of using Azure NetApp Files with Windows Virtual Desktop

この記事では、Azure NetApp Files を使用して Windows Virtual Desktop (WVD) を展開する場合のベスト プラクティスについて説明します。This article provides best practice guidance on deploying Windows Virtual Desktop (WVD) with Azure NetApp Files.

Azure NetApp Files は、Azure の高パフォーマンスのファイル ストレージ サービスです。Azure NetApp Files is a highly performant file storage service from Azure. 最大 450,000 IOPS と 1 ミリ秒未満の待ち時間を提供することができ、非常に大規模な Windows Virtual Desktop 展開をサポートできます。It can provide up to 450,000 IOPS and sub-millisecond latency, capable of supporting extremely large scale of Windows Virtual Desktop deployments. データ プレーン アクセスを維持しながら IO を一時停止することなく、帯域幅を調整し、Azure NetApp Files ボリュームのサービス レベルをオンデマンドでほぼ瞬時に変更することができます。You can adjust the bandwidth and change the service level of your Azure NetApp Files volumes on demand almost instantaneously without pausing IO while retaining data plane access. この機能により、WVD デプロイ スケールをコストに合わせて簡単に最適化できます。This capability allows you to easily optimize your WVD deployment scale for cost. また、ボリュームのパフォーマンスに影響を与えることなく、スペース効率の良いポイントインタイムのボリュームのスナップショットを作成することもできます。You can also create space-efficient, point-in-time volume snapshots without impacting volume performance. この機能により、~snapshot ディレクトリからのコピーを使用して個々の FSLogix ユーザー プロファイル コンテナーをロールバックしたり、ボリュームを元に戻す機能を使用してボリューム全体を一度で瞬時にロールバックしたりすることができます。This capability makes it possible for you to roll back individual FSLogix user profile containers via a copy from the ~snapshot directory, or to instantaneously roll back the entire volume at once via the volume revert capability. データの損失や破損からボリュームを保護するために、最大 255 (回転) のスナップショットにより、管理者は、行われた操作を取り消す機会を多く持つことができます。With up to 255 (rotational) snapshots in place to protect a volume from data loss or corruption, administrators have many chances to undo what has been done.

サンプルのブループリントSample blueprints

次のサンプルのブループリントは、Windows Virtual Desktop と Azure NetApp Files の統合を示しています。The following sample blueprints show the integration of Windows Virtual Desktop with Azure NetApp Files. プールされたデスクトップのシナリオでは、ユーザーはマルチセッション仮想マシンを使用して、プール内の使用可能な最適なセッション (幅優先モード) ホストにリダイレクトされます。In a pooled desktop scenario, users are directed to the best available session (the breadth-first mode) host in the pool, using multi-session virtual machines. 一方、個人用デスクトップは、各ユーザーが独自の仮想マシンを持つシナリオ用に予約されています。On the other hand, personal desktops are reserved for scenarios in which each user has their own virtual machine.

プールされたデスクトップのシナリオPooled desktop scenario

プールされたシナリオの場合、Windows Virtual Desktop チームでは、vCPU へのユーザー数によって次のガイダンスに従うことをお勧めしていますFor the pooled scenario, the Windows Virtual Desktop team recommends the following guidance by user count to vCPU. この推奨事項では、仮想マシンのサイズが指定されていないことにご注意ください。Note that no virtual machine size is specified in this recommendation.

ワークロードの種類Workload type Light MediumMedium ヘビーHeavy
vCPU あたりのユーザー数Users per vCPU 66 44 22

この推奨事項は、500 ユーザーの LoginVSI テスト (各 D16as_V4 仮想マシンに約 62 の "ナレッジ/ミディアム ユーザー" をログオンさせる) で確認されています。This recommendation is confirmed by a 500-user LoginVSI test, logging approximately 62 “knowledge / medium users” onto each D16as_V4 virtual machine.

例として、D16as_V4 仮想マシンあたり 62 ユーザーの場合、Azure NetApp Files は環境あたり 6 万ユーザーが簡単にサポートされます。As an example, at 62 users per D16as_V4 virtual machine, Azure NetApp Files can easily support 60,000 users per environment. D32as_v4 仮想マシンの上限を評価するテストが進行中です。Testing to evaluate the upper limit of the D32as_v4 virtual machine is ongoing. vCPU あたりの WVD ユーザーの推奨事項が D32as_v4 に当てはまる場合は、次の図に示すように、1,000 IP VNet の制限に違反する前に、12 万を超えるユーザーが 1,000 の仮想マシンに収まります。If the WVD user per vCPU recommendation holds true for the D32as_v4, more than 120,000 users would fit within 1,000 virtual machines before broaching the 1,000 IP VNet limit, as shown in the following figure.

Windows Virtual Desktop のプールされたデスクトップのシナリオ

個人用デスクトップのシナリオPersonal desktop scenario

次の図は、個人用デスクトップのシナリオでの汎用アーキテクチャの推奨事項を示しています。In a personal desktop scenario, the following figure shows the general-purpose architectural recommendation. ユーザーは特定のデスクトップ ポッドにマップされ、各ポッドにある仮想マシンは 1,000 弱のため、管理 VNet から IP アドレスを伝達するための余地が残されます。Users are mapped to specific desktop pods and each pod has just under 1,000 virtual machines, leaving room for IP addresses propagating from the management VNet. Azure NetApp Files は、シングル セッション ホスト プール VNet あたり 900 以上の個人用デスクトップを簡単に処理できます。実際の仮想マシンの数は、1,000 からハブ VNet にある管理ホストの数を差し引いた数と等しくなります。Azure NetApp Files can easily handle 900+ personal desktops per single-session host pool VNet, with the actual number of virtual machines being equal to 1,000 minus the number of management hosts found in the Hub VNet. さらに個人用デスクトップが必要な場合は、次の図に示すように、ポッド (ホスト プールと仮想ネットワーク) を簡単に追加できます。If more personal desktops are needed, it's easy to add more pods (host pools and virtual networks), as shown in the following figure.

Windows Virtual Desktop の個人用デスクトップのシナリオ

このようなポッド ベースのアーキテクチャを構築する場合、ユーザーが常にユーザー プロファイルを見つけられるようにするために、ログイン時に正しいポッドにユーザーを割り当てることが重要です。When building a POD based architecture like this, assigning users to the correct pod upon login is of importance to assure users will always find their user profiles.

次のステップNext steps