新しいリソース グループまたはサブスクリプションへのリソースの移動Move resources to new resource group or subscription

この記事では、リソースを新しいサブスクリプションまたは同じサブスクリプション内の新しいリソース グループに移動する方法について説明します。This article shows you how to move resources to either a new subscription or a new resource group in the same subscription. リソースの移動には、ポータル、PowerShell、Azure CLI、または REST API を使用できます。You can use the portal, PowerShell, Azure CLI, or the REST API to move resource. この記事の移動操作は、Azure サポートの支援を受けなくても利用できます。The move operations in this article are available to you without any assistance from Azure support.

リソースを移動する場合は、その操作の間、ソース グループとターゲット グループの両方がロックされます。When moving resources, both the source group and the target group are locked during the operation. これらのリソース グループに対する書き込み操作および削除操作は、移動が完了するまでブロックされます。Write and delete operations are blocked on the resource groups until the move completes. このロックはリソース グループでリソースを追加、更新、削除できなくなることを意味しますが、リソースが停止されるわけではありません。This lock means you can't add, update, or delete resources in the resource groups, but it doesn't mean the resources are frozen. たとえば、SQL Server とそのデータベースを新しいリソース グループに移動する場合、そのデータベースを使用するアプリケーションにダウンタイムは発生しません。For example, if you move a SQL Server and its database to a new resource group, an application that uses the database experiences no downtime. これまでどおり、データベースの読み取りと書き込みを行うことができます。It can still read and write to the database.

リソースの場所を変更することはできません。You can't change the location of the resource. リソースを移動しても、新しいリソース グループに移動されるだけです。Moving a resource only moves it to a new resource group. 新しいリソース グループは別の場所に存在する場合もありますが、リソース自体の場所は変更されません。The new resource group may have a different location, but that doesn't change the location of the resource.

注意

この記事では、既存の Azure アカウント プラン内のリソースを移動する方法について説明します。This article describes how to move resources within an existing Azure account offering. 実際に Azure アカウント プランを変更する場合 (無料から従量課金制へのアップグレードなど)、お使いのサブスクリプションを変換する必要があります。If you actually want to change your Azure account offering (such as upgrading from free to pay-as-you-go) you need to convert your subscription.

リソースの移動前のチェック リストChecklist before moving resources

リソースを移動する前に実行すべき重要な手順がいくつかあります。There are some important steps to perform before moving a resource. これらの条件を確認することにより、エラーの発生を回避できます。By verifying these conditions, you can avoid errors.

  1. 移動元と移動先のサブスクリプションが同じ Azure Active Directory テナント内に存在している必要があります。The source and destination subscriptions must exist within the same Azure Active Directory tenant. 両方のサブスクリプションに同じテナント ID があることを確認するには、Azure PowerShell または Azure CLI を使用します。To check that both subscriptions have the same tenant ID, use Azure PowerShell or Azure CLI.

    Azure PowerShell では、次を使用します。For Azure PowerShell, use:

    (Get-AzureRmSubscription -SubscriptionName <your-source-subscription>).TenantId
    (Get-AzureRmSubscription -SubscriptionName <your-destination-subscription>).TenantId
    

    Azure CLI では、次を使用します。For Azure CLI, use:

    az account show --subscription <your-source-subscription> --query tenantId
    az account show --subscription <your-destination-subscription> --query tenantId
    

    移動元と移動先のサブスクリプションのテナント ID が同じでない場合、次の方法でテナント ID を調整する必要があります。If the tenant IDs for the source and destination subscriptions aren't the same, use the following methods to reconcile the tenant IDs:

  2. 移動するリソースのリソース プロバイダーについて、移動先のサブスクリプションに登録する必要があります。The destination subscription must be registered for the resource provider of the resource being moved. 登録しないと、 リソースの種類についてサブスクリプションへの登録が行われていないことを示すエラーが発生します。If not, you receive an error stating that the subscription is not registered for a resource type. この問題は、リソースを新しいサブスクリプションに移動するが、そのサブスクリプションがそのリソースの種類で使用されたことがない場合に発生する可能性があります。You might encounter this problem when moving a resource to a new subscription, but that subscription has never been used with that resource type.

    PowerShell で登録状態を取得するには、次のコマンドを使用します。For PowerShell, use the following commands to get the registration status:

    Set-AzureRmContext -Subscription <destination-subscription-name-or-id>
    Get-AzureRmResourceProvider -ListAvailable | Select-Object ProviderNamespace, RegistrationState
    

    リソース プロバイダーを登録するには、次のコマンドを使用します。To register a resource provider, use:

    Register-AzureRmResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.Batch
    

    Azure CLI で登録状態を取得するには、次のコマンドを使用します。For Azure CLI, use the following commands to get the registration status:

    az account set -s <destination-subscription-name-or-id>
    az provider list --query "[].{Provider:namespace, Status:registrationState}" --out table
    

    リソース プロバイダーを登録するには、次のコマンドを使用します。To register a resource provider, use:

    az provider register --namespace Microsoft.Batch
    
  3. リソースを動かすアカウントには少なくとも次のアクセス許可を与える必要があります。The account moving the resources must have at least the following permissions:

    • ソース リソース グループの Microsoft.Resources/subscriptions/resourceGroups/moveResources/actionMicrosoft.Resources/subscriptions/resourceGroups/moveResources/action on the source resource group.
    • ターゲット リソース グループの Microsoft.Resources/subscriptions/resourceGroups/writeMicrosoft.Resources/subscriptions/resourceGroups/write on the destination resource group.
  4. リソースを移動する前に、リソースの移動先となるサブスクリプションのサブスクリプション クォータをチェックします。Before moving the resources, check the subscription quotas for the subscription you're moving the resources to. リソースを移動することでサブスクリプションが制限を上回る場合、クォータの引き上げを要求できるかどうかを確認する必要があります。If moving the resources means the subscription will exceed its limits, you need to review whether you can request an increase in the quota. 制限の一覧と引き上げを要求する方法については、「Azure サブスクリプションとサービスの制限、クォータ、制約」を参照してください。For a list of limits and how to request an increase, see Azure subscription and service limits, quotas, and constraints.

  5. 可能であれば、大規模な移動は個別の移動操作に分けます。When possible, break large moves into separate move operations. Resource Manager で単一の操作で 800 を超えるリソースを移動しようとすると、すぐに失敗します。Resource Manager immediately fails attempts to move more than 800 resources in a single operation. ただし、800 未満のリソースの移動でも、タイムアウトで失敗になることがあります。However, moving less than 800 resources may also fail by timing out.

  6. サービスでリソースの移動機能を有効にする必要があります。The service must enable the ability to move resources. 移動に成功したかどうかを確認するために、移動要求を検証します。To determine whether the move will succeed, validate your move request. リソースの移動が可能なサービスリソースの移動が不可能なサービスについては、この記事の後出のセクションを参照してください。See the sections below in this article of which services enable moving resources and which services don't enable moving resources.

サポートに問い合わせる場合When to call support

この記事で説明するセルフサービス操作を使用すれば、ほとんどのリソースを移動できます。You can move most resources through the self-service operations shown in this article. 次の場合にセルフサービス操作を使用します。Use the self-service operations to:

次の操作を実行する必要がある場合は、サポートにお問い合わせください。Contact support when you need to:

  • リソースを新しい Azure アカウント (および Azure Active Directory テナント) に移動するにあたり、前出のセクションの手順に関して支援が必要。Move your resources to a new Azure account (and Azure Active Directory tenant) and you need help with the instructions in the preceding section.
  • クラシック リソースを移動するときに制限事項に関連する問題が発生した。Move classic resources but are having trouble with the limitations.

移動の検証Validate move

移動の検証操作を使用すると、実際にリソースを移動することなく、必要な移動のシナリオをテストすることができます。The validate move operation lets you test your move scenario without actually moving the resources. この操作は、正常に移動されるかどうかを事前に確かめる目的で使用します。Use this operation to determine if the move will succeed. この操作を実行するには、次の要件を満たす必要があります。To run this operation, you need the:

  • 移動元のリソース グループの名前name of the source resource group
  • 移動先のリソース グループのリソース IDresource ID of the target resource group
  • 移動する各リソースのリソース IDresource ID of each resource to move
  • アカウントのアクセス トークンthe access token for your account

次の要求を送信します。Send the following request:

POST https://management.azure.com/subscriptions/<subscription-id>/resourceGroups/<source-group>/validateMoveResources?api-version=2018-02-01
Authorization: Bearer <access-token>
Content-type: application/json

要求本文:With a request body:

{
 "resources": ['<resource-id-1>', '<resource-id-2>'],
 "targetResourceGroup": "/subscriptions/<subscription-id>/resourceGroups/<target-group>"
}

要求が正しい形式になっていれば、次の応答が操作から返されます。If the request is formatted correctly, the operation returns:

Response Code: 202
cache-control: no-cache
pragma: no-cache
expires: -1
location: https://management.azure.com/subscriptions/<subscription-id>/operationresults/<operation-id>?api-version=2018-02-01
retry-after: 15
...

状態コード 202 は、検証要求が受け付けられたものの、移動操作に成功するかどうかの判断はまだ出ていないことを示します。The 202 status code indicates the validation request was accepted, but it hasn't yet determined if the move operation will succeed. location 値には、長時間実行される操作の状態をチェックするための URL が格納されます。The location value contains a URL that you use to check the status of the long-running operation.

状態をチェックするには、次の要求を送信します。To check the status, send the following request:

GET <location-url>
Authorization: Bearer <access-token>

操作が実行されている間は、継続的に状態コード 202 が返されます。While the operation is still running, you continue to receive the 202 status code. retry-after 値に示されている時間 (秒) が経過するのを待って再試行してください。Wait the number of seconds indicated in the retry-after value before trying again. 移動操作の検証が正常に完了すると、状態コード 204 が返されます。If the move operation validates successfully, you receive the 204 status code. 移動の検証に失敗した場合は、次のようなエラー メッセージが返されます。If the move validation fails, you receive an error message, such as:

{"error":{"code":"ResourceMoveProviderValidationFailed","message":"<message>"...}}

移動可能なサービスServices that can be moved

次のリストは、新しいリソース グループとサブスクリプションに移動させることのできる Azure サービスの概要を示しています。The following list provides a general summary of Azure services that can be moved to a new resource group and subscription. 詳しくは、リソースの操作のサポート移動を参照してください。For greater detail, see Move operation support for resources.

  • Analysis ServicesAnalysis Services
  • API ManagementAPI Management
  • App Service アプリ (Web Apps) - 「 App Service の制限事項App Service apps (web apps) - see App Service limitations
  • App Service 証明書App Service Certificates
  • Application InsightsApplication Insights
  • AutomationAutomation
  • Azure Active Directory B2CAzure Active Directory B2C
  • Azure Cosmos DBAzure Cosmos DB
  • Azure Database for MySQLAzure Database for MySQL
  • Azure Database for PostgreSQLAzure Database for PostgreSQL
  • Azure DevOps - Microsoft 以外の拡張機能を購入している Azure DevOps 組織は、それらの購入をキャンセルしてからでなければ、アカウントを異なるサブスクリプションに移動できません。Azure DevOps - Azure DevOps organizations with non-Microsoft extension purchases must cancel their purchases before they can move the account across subscriptions.
  • Azure MapsAzure Maps
  • Azure RelayAzure Relay
  • Azure Stack - 登録Azure Stack - registrations
  • BatchBatch
  • BizTalk ServicesBizTalk Services
  • ボット サービスBot Service
  • CDNCDN
  • Cloud Services - 「 クラシック デプロイメントの制限事項Cloud Services - see Classic deployment limitations
  • Cognitive ServicesCognitive Services
  • Container RegistryContainer Registry
  • Content ModeratorContent Moderator
  • Cost ManagementCost Management
  • Customer InsightsCustomer Insights
  • Data CatalogData Catalog
  • Data FactoryData Factory
  • Data Lake AnalyticsData Lake Analytics
  • Data Lake StoreData Lake Store
  • DNSDNS
  • Event GridEvent Grid
  • Event HubsEvent Hubs
  • フロントドアFront Door
  • HDInsight クラスター - 「HDInsight の制限事項」を参照HDInsight clusters - see HDInsight limitations
  • Iot CentralIot Central
  • IoT HubIoT Hubs
  • Key VaultKey Vault
  • Load Balancer - 「Load Balancer の制限事項」を参照Load Balancers - see Load Balancer limitations
  • Log AnalyticsLog Analytics
  • Logic AppsLogic Apps
  • Machine Learning - Machine Learning Studio Web サービスは、同じサブスクリプション内のリソース グループには移動できますが、別のサブスクリプションには移動できません。Machine Learning - Machine Learning Studio web services can be moved to a resource group in the same subscription, but not a different subscription. 他の Machine Learning リソースは、異なるサブスクリプションに移動できます。Other Machine Learning resources can be moved across subscriptions.
  • マネージド ディスク - 「制約に関するVirtual Machines の制限事項」を参照してくださいManaged Disks - see Virtual Machines limitations for constraints
  • マネージド ID - ユーザー割り当てManaged Identity - user-assigned
  • Media ServicesMedia Services
  • Notification HubsNotification Hubs
  • Operational InsightsOperational Insights
  • Operations ManagementOperations Management
  • ポータルのダッシュボードPortal dashboards
  • Power BI - Power BI Embedded と Power BI ワークスペース コレクションの両方Power BI - both Power BI Embedded and Power BI Workspace Collection
  • パブリック IP - 「パブリック IP の制限事項」を参照Public IP - see Public IP limitations
  • Redis Cache - Redis Cache インスタンスが仮想ネットワークで構成されている場合、インスタンスを別のサブスクリプションに移動させることはできません。Redis Cache - if the Redis Cache instance is configured with a virtual network, the instance can't be moved to a different subscription. Virtual Networks の制限事項を参照してください。See Virtual Networks limitations.
  • SchedulerScheduler
  • SearchSearch
  • Service BusService Bus
  • Service FabricService Fabric
  • Service Fabric MeshService Fabric Mesh
  • SignalR ServiceSignalR Service
  • ストレージ - 別のリージョンのストレージ アカウントは、同一操作で移動させることはできません。Storage - storage accounts in different regions can't be moved in the same operation. その代わり、リージョンごとの個別操作を使用します。Instead, use separate operations for each region.
  • Storage (クラシック) - 「 クラシック デプロイメントの制限事項Storage (classic) - see Classic deployment limitations
  • Stream Analytics - 実行中状態の Stream Analytics ジョブは移動できません。Stream Analytics - Stream Analytics jobs can't be moved when in running state.
  • SQL Database サーバー - データベースとサーバーは同じリソース グループ内に存在する必要があります。SQL Database server - database and server must reside in the same resource group. SQL Server を移動すると、そのデータベースもすべて移動されます。When you move a SQL server, all its databases are also moved. この動作は、Azure SQL Database と Azure SQL Data Warehouse データベースに適用されます。This behavior applies to Azure SQL Database and Azure SQL Data Warehouse databases.
  • Time Series InsightsTime Series Insights
  • Traffic ManagerTraffic Manager
  • Virtual Machines - マネージド ディスクを使用したVMに関しては、Virtual Machines の制限事項を参照してくださいVirtual Machines - for VMs with managed disks, see Virtual Machines limitations
  • Virtual Machines (クラシック) - 「 クラシック デプロイメントの制限事項Virtual Machines (classic) - see Classic deployment limitations
  • Virtual Machine Scale Sets - 「Virtual Machines の制限事項」を参照してください。Virtual Machine Scale Sets - see Virtual Machines limitations
  • Virtual Networks - 「Virtual Networks の制限事項」を参照してください。Virtual Networks - see Virtual Networks limitations
  • VPN GatewayVPN Gateway

移動不可能なサービスServices that cannot be moved

次のリストは、新しいリソース グループとサブスクリプションに移動させることのできない Azure サービスの概要を示しています。The following list provides a general summary of Azure services that can't be moved to a new resource group and subscription. 詳しくは、リソースの操作のサポート移動を参照してください。For greater detail, see Move operation support for resources.

  • AD Domain ServicesAD Domain Services
  • AD Hybrid Health ServiceAD Hybrid Health Service
  • Application GatewayApplication Gateway
  • Azure Database MigrationAzure Database Migration
  • Azure DatabricksAzure Databricks
  • Azure MigrateAzure Migrate
  • Batch AIBatch AI
  • 証明書 - App Service 証明書は移動できますが、アップロードした証明書には制限があります。Certificates - App Service Certificates can be moved, but uploaded certificates have limitations.
  • Container InstancesContainer Instances
  • Container ServiceContainer Service
  • Data BoxData Box
  • Dev SpacesDev Spaces
  • Dynamics LCSDynamics LCS
  • ExpressRouteExpress Route
  • Kubernetes ServiceKubernetes Service
  • Lab Services - 同じサブスクリプション内の新しいリソース グループへの移動が有効になっています。ただし、サブスクリプション間の移動は有効になっていません。Lab Services - move to new resource group in same subscription is enabled, but cross subscription move isn't enabled.
  • Load Balancer - 「Load Balancer の制限事項」を参照Load Balancers - see Load Balancer limitations
  • Managed ApplicationsManaged Applications
  • Microsoft GenomicsMicrosoft Genomics
  • NetAppNetApp
  • パブリック IP - 「パブリック IP の制限事項」を参照Public IP - see Public IP limitations
  • Recovery Services コンテナー - Recovery Services コンテナーに関連付けられているコンピューティング リソース、ネットワーク リソース、ストレージ リソースも移動できません。「Recovery Services の制限事項」をご覧ください。Recovery Services vault - also don't move the Compute, Network, and Storage resources associated with the Recovery Services vault, see Recovery Services limitations.
  • SAP HANA on AzureSAP HANA on Azure
  • セキュリティSecurity
  • Site RecoverySite Recovery
  • StorSimple デバイス マネージャーStorSimple Device Manager
  • Virtual Networks (クラシック) - 「 クラシック デプロイメントの制限事項Virtual Networks (classic) - see Classic deployment limitations

Virtual Machines の制限事項Virtual Machines limitations

2018 年 9 月 24 日現在、移動へのマネージド ディスクはサポートされています。Managed disks are supported for move as of September 24, 2018.

  1. ソース サブスクリプションに、この機能を登録します。In the source subscription, register this feature.

    Register-AzureRmProviderFeature -FeatureName ManagedResourcesMove -ProviderNamespace Microsoft.Compute
    
    az feature register --namespace Microsoft.Compute --name ManagedResourcesMove
    
  2. 登録要求は、最初にRegisteringの状態に戻します。The registration request initially returns a state of Registering. 現在の状態を確認できます。You can check the current status with:

    Get-AzureRmProviderFeature -FeatureName ManagedResourcesMove -ProviderNamespace Microsoft.Compute
    
    az feature show --namespace Microsoft.Compute --name ManagedResourcesMove
    
  3. 状態がRegisteredに変わるのを数分待ちます。Wait several minutes for the status to change to Registered.

  4. 機能が登録されたら、Microsoft.Computeリソース プロバイダーを登録します。After the feature is registered, register the Microsoft.Compute resource provider. リソース プロバイダーが以前に登録されていた場合でも、この手順を実行します。Perform this step even if the resource provider was previously registered.

    Register-AzureRmResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.Compute
    
    az provider register --namespace Microsoft.Compute
    

このサポートにより、以下を移動させることができます。This support means you can also move:

  • マネージド ディスクを使用する仮想マシンVirtual machines with the managed disks
  • マネージドイメージManaged Images
  • マネージドスナップショットManaged Snapshots
  • マネージド ディスクを使用する仮想マシンの可用性セットAvailability sets with virtual machines with managed disks

サポートされていない制約を次に示します。Here are the constraints that are not yet supported:

  • 証明書が Key Vault に格納されている Virtual Machines は、同じサブスクリプション内の新しいリソース グループへの移動は可能ですが、サブスクリプション間の移動は可能ではありません。Virtual Machines with certificate stored in Key Vault can be moved to a new resource group in the same subscription, but not across subscriptions.
  • Azure Backup で構成された Virtual Machines。Virtual Machines configured with Azure Backup. これらの Virtual Machines を移動させるには以下の回避策を使用しますUse the below workaround to move these Virtual Machines
    • Virtual Machines の場所を特定しますLocate the location of your Virtual Machine.
    • 例えば、AzureBackupRG_<location of your VM>_1 AzureBackupRG_westus2_1などのような名前付けパターンを持つリソース グループを特定しますLocate a resource group with the following naming pattern: AzureBackupRG_<location of your VM>_1 for example, AzureBackupRG_westus2_1
    • Azure portal の場合、「非表示の型」を確認しますIf in Azure portal, then check "Show hidden types"
    • PowerShell の場合、Get-AzureRmResource -ResourceGroupName AzureBackupRG_<location of your VM>_1コマンドレットを使用しますIf in PowerShell, use the Get-AzureRmResource -ResourceGroupName AzureBackupRG_<location of your VM>_1 cmdlet
    • CLI の場合、az resource list -g AzureBackupRG_<location of your VM>_1を使用しますIf in CLI, use the az resource list -g AzureBackupRG_<location of your VM>_1
    • Microsoft.Compute/restorePointCollections名前付けパターンを持つ AzureBackup_<name of your VM that you're trying to move>_###########タイプのリソースを特定しますNow locate the resource with type Microsoft.Compute/restorePointCollections that has the naming pattern AzureBackup_<name of your VM that you're trying to move>_###########
    • このリソースを削除しますDelete this resource
    • 削除が完了した後は、Virtual Machines を移動させることができますAfter Delete is complete, you will be able to move your Virtual Machine
  • Standard SKU Load Balancer、または、Standard SKU パブリック IP を使用した Virtual Machine Scale Sets を移動することはできませんVirtual Machine Scale Sets with Standard SKU Load Balancer or Standard SKU Public IP cannot be moved
  • プランが添付された Marketplace リソースから作成された仮想マシンは、リソース グループまたはサブスクリプションの間で移動できません。Virtual machines created from Marketplace resources with plans attached can't be moved across resource groups or subscriptions. 現在のサブスクリプションで仮想マシンをプロビジョニング解除し、新しいサブスクリプションにデプロイし直す必要があります。Deprovision the virtual machine in the current subscription, and deploy again in the new subscription.

Virtual Networks の制限事項Virtual Networks limitations

仮想ネットワークを移動するときは、その依存リソースも移動する必要があります。When moving a virtual network, you must also move its dependent resources. VPN ゲートウェイでは、IP アドレス、仮想ネットワーク ゲートウェイ、および関連付けられているすべての接続リソースを移動する必要があります。For VPN Gateways, you must move IP addresses, virtual network gateways, and all associated connection resources. 各ローカル ネットワーク ゲートウェイは、異なるリソース グループ内に配置することができます。Local network gateways can be in a different resource group.

ピアリングされた仮想ネットワークを移動するには、最初に仮想ネットワークのピアリングを無効にする必要があります。To move a peered virtual network, you must first disable the virtual network peering. 無効にすると、仮想ネットワークを移動できます。Once disabled, you can move the virtual network. 移動後に、仮想ネットワークのピアリングを再度有効にします。After the move, reenable the virtual network peering.

仮想ネットワークにリソース ナビゲーション リンクのあるサブネットが含まれる場合、仮想ネットワークを別のサブスクリプションに移動することはできません。You can't move a virtual network to a different subscription if the virtual network contains a subnet with resource navigation links. たとえば、Redis Cache リソースがサブネットにデプロイされている場合、そのサブネットにはリソース ナビゲーション リンクがあります。For example, if a Redis Cache resource is deployed into a subnet, that subnet has a resource navigation link.

App Service の制限事項App Service limitations

App Service のリソースを移動することに関しての制限事項は、リソースをサブスクリプション内で移動するか、新しいサブスクリプションに移動するかによって異なります。The limitations for moving App Service resources differ based on whether you're moving the resources within a subscription or to a new subscription.

以上のセクションで説明した制限は、App Service 証明書ではなく、アップロードされた証明書に適用されます。The limitations described in these sections apply to uploaded certificates, not App Service Certificates. App Service 証明書は、新しいリソース グループまたはサブスクリプションに制限なく移動できます。You can move App Service Certificates to a new resource group or subscription without limitations. 複数の Web アプリで同じ App Service 証明書が使用される場合、最初にすべての Web アプリを移動し、次に証明書を移動します。If you have multiple web apps that use the same App Service Certificate, first move all the web apps, then move the certificate.

同じサブスクリプション内で移動する場合Moving within the same subscription

Web アプリを "同じサブスクリプション内" で移動する場合には、アップロードした SSL 証明書は移動できません。When moving a Web App within the same subscription, you can't move the uploaded SSL certificates. ただし、アップロードした SSL 証明書を移動せずに Web アプリを新しいリソース グループに移動することはできます。その場合でも、アプリの SSL 機能は引き続き機能します。However, you can move a Web App to the new resource group without moving its uploaded SSL certificate, and your app's SSL functionality still works.

SSL 証明書を Web アプリと共に移動したい場合は、次の手順に従います。If you want to move the SSL certificate with the Web App, follow these steps:

  1. アップロードした証明書を Web アプリから削除します。Delete the uploaded certificate from the Web App.
  2. Web アプリを移動します。Move the Web App.
  3. 移動した Web アプリに証明書をアップロードします。Upload the certificate to the moved Web App.

サブスクリプション間で移動する場合Moving across subscriptions

Web App を_サブスクリプション間_で移動する場合には、次の制限事項が適用されます。When moving a Web App across subscriptions, the following limitations apply:

  • 移動先のリソース グループに既存の App Service リソースが含まれていてはいけません。The destination resource group must not have any existing App Service resources. App Service リソースには次のものがあります。App Service resources include:
    • Web AppsWeb Apps
    • App Service プランApp Service plans
    • アップロードまたはインポートした SSL 証明書Uploaded or imported SSL certificates
    • App Service EnvironmentApp Service Environments
  • リソース グループ内のすべての App Service リソースを一緒に移動する必要があります。All App Service resources in the resource group must be moved together.
  • App Service リソースは、最初に作成されたときのリソース グループからのみ移動できます。App Service resources can only be moved from the resource group in which they were originally created. App Service リソースが元のリソース グループから移動されている場合は、まず元のリソース グループに戻してから、サブスクリプション間の移動を行うことができます。If an App Service resource is no longer in its original resource group, it must be moved back to that original resource group first, and then it can be moved across subscriptions.

クラシック デプロイメントの制限事項Classic deployment limitations

クラシック モデルを使用してデプロイされるリソースを移動するためのオプションは、リソースをサブスクリプション内で移動するか、新しいサブスクリプションに移動するかによって異なります。The options for moving resources deployed through the classic model differ based on whether you're moving the resources within a subscription or to a new subscription.

同じサブスクリプションSame subscription

リソースを同じサブスクリプション内のリソース グループ間で移動する場合は、次の制限が適用されます。When moving resources from one resource group to another resource group within the same subscription, the following restrictions apply:

  • 仮想ネットワーク (クラシック) を移動することはできません。Virtual networks (classic) can't be moved.
  • Virtual Machines (クラシック) はクラウド サービスで移動する必要があります。Virtual machines (classic) must be moved with the cloud service.
  • クラウド サービスは、移動にその仮想マシンがすべて含まれている場合にのみ移動できます。Cloud service can only be moved when the move includes all its virtual machines.
  • 一度に移動できるクラウド サービスは 1 つだけです。Only one cloud service can be moved at a time.
  • 一度に移動できるストレージ アカウント (クラシック) は 1 つだけです。Only one storage account (classic) can be moved at a time.
  • ストレージ アカウント (クラシック) は、仮想マシンまたはクラウド サービスと同じ操作では移動できません。Storage account (classic) can't be moved in the same operation with a virtual machine or a cloud service.

クラシック リソースを同じサブスクリプション内の新しリソース グループに移動する場合は、ポータルAzure PowerShellAzure CLI、または REST API の標準の移動操作を使用します。To move classic resources to a new resource group within the same subscription, use the standard move operations through the portal, Azure PowerShell, Azure CLI, or REST API. Resource Manager のリソースの移動に使用した方法と同じ操作を使用します。You use the same operations as you use for moving Resource Manager resources.

新しいサブスクリプションNew subscription

リソースを新しいサブスクリプションに移動する場合は、次の制限が適用されます。When moving resources to a new subscription, the following restrictions apply:

  • サブスクリプション内のすべてのクラシック リソースは、同じ操作で移動する必要があります。All classic resources in the subscription must be moved in the same operation.
  • 対象のサブスクリプションには、他のクラシック リソースは含めないでください。The target subscription must not contain any other classic resources.
  • クラシック リソースの場合、移動は、別の REST API を通じてのみ要求できます。The move can only be requested through a separate REST API for classic moves. 標準の Resource Manager の移動コマンドは、クラシック リソースを新しいサブスクリプションに移動する場合は機能しません。The standard Resource Manager move commands don't work when moving classic resources to a new subscription.

クラシック リソースを新しいサブスクリプションに移動する場合は、クラシック リソース固有の REST 操作を使用してください。To move classic resources to a new subscription, use the REST operations that are specific to classic resources. REST を使用するには、次の手順を実行します。To use REST, perform the following steps:

  1. 移動元のサブスクリプションがサブスクリプション間の移動に参加できることを確認します。Check if the source subscription can participate in a cross-subscription move. 次の操作を行います。Use the following operation:

    POST https://management.azure.com/subscriptions/{sourceSubscriptionId}/providers/Microsoft.ClassicCompute/validateSubscriptionMoveAvailability?api-version=2016-04-01
    

    要求本文は次のようになります。In the request body, include:

    {
     "role": "source"
    }
    

    検証操作の応答は次のような形式になります。The response for the validation operation is in the following format:

    {
     "status": "{status}",
     "reasons": [
       "reason1",
       "reason2"
     ]
    }
    
  2. 移動先のサブスクリプションがサブスクリプション間の移動に参加できることを確認します。Check if the destination subscription can participate in a cross-subscription move. 次の操作を行います。Use the following operation:

    POST https://management.azure.com/subscriptions/{destinationSubscriptionId}/providers/Microsoft.ClassicCompute/validateSubscriptionMoveAvailability?api-version=2016-04-01
    

    要求本文は次のようになります。In the request body, include:

    {
     "role": "target"
    }
    

    応答は移動元のサブスクリプションの検証と同じ形式になります。The response is in the same format as the source subscription validation.

  3. 両方のサブスクリプションが検証に合格し、すべてのクラシック リソースをあるサブスクリプションから別のサブスクリプションに移動する場合は、次の操作を行います。If both subscriptions pass validation, move all classic resources from one subscription to another subscription with the following operation:

    POST https://management.azure.com/subscriptions/{subscription-id}/providers/Microsoft.ClassicCompute/moveSubscriptionResources?api-version=2016-04-01
    

    要求本文は次のようになります。In the request body, include:

    {
     "target": "/subscriptions/{target-subscription-id}"
    }
    

この操作には数分かかる場合があります。The operation may run for several minutes.

Recovery Services の制限事項Recovery Services limitations

Azure Site Recovery では、ディザスター リカバリーの設定に使用されるストレージ リソース、ネットワーク リソース、またはコンピューティング リソースは移動できません。Move isn't enabled for Storage, Network, or Compute resources used to set up disaster recovery with Azure Site Recovery.

たとえば、ストレージ アカウント (Storage1) へのオンプレミス コンピューターのレプリケーションが設定済みで、Azure へのフェールオーバー後、保護されたコンピューターを、Azure 仮想ネットワーク (Network1) に接続された仮想マシン (VM1) として使用する必要があるとします。For example, suppose you have set up replication of your on-premises machines to a storage account (Storage1) and want the protected machine to come up after failover to Azure as a virtual machine (VM1) attached to a virtual network (Network1). こうした Azure リソース、つまり Storage1、VM1、および Network1 はどれも、同じサブスクリプション内のリソース グループ間、またはサブスクリプション間で移動することはできません。You can't move any of these Azure resources - Storage1, VM1, and Network1 - across resource groups within the same subscription or across subscriptions.

Azure Backup に登録された VM をリソース グループ間で移動するには:To move a VM enrolled in Azure backup between resource groups:

  1. バックアップを一時的に停止し、バックアップ データを保持しますTemporarily stop backup and retain backup data
  2. VM をターゲット リソース グループに移動しますMove the VM to the target resource group
  3. 同じコンテナーまたは新しいコンテナーで VM を再び保護します。ユーザーは、移動操作の前に作成された使用可能な復元ポイントから復元できます。Reprotect it under the same/new vault Users can restore from the available restore points created before the move operation. バックアップした VM をサブスクリプション間で移動する場合、手順 1 と手順 2 は同じです。If the user moves the backed-up VM across subscriptions, step 1 and step 2 remain the same. 手順 3 では、ターゲット サブスクリプションに存在する、または作成した新しいコンテナーで、VM を保護する必要があります。In step 3, user needs to protect the VM under a new vault present/ created in the target subscription. Recovery Services コンテナーでは、異なるサブスクリプション間のバックアップはサポートされていません。Recovery Services vault doesn't support cross subscription backups.

HDInsight の制限事項HDInsight limitations

HDInsight クラスターは、新しいサブスクリプションまたはリソース グループに移動できます。You can move HDInsight clusters to a new subscription or resource group. ただし、HDInsight クラスターにリンクされているネットワーク リソース (仮想ネットワーク、NIC、ロード バランサーなど) をサブスクリプション間で移動することはできません。However, you can't move across subscriptions the networking resources linked to the HDInsight cluster (such as the virtual network, NIC, or load balancer). また、クラスターの仮想マシンに接続されている NIC を新しいリソース グループに移動することはできません。In addition, you can't move to a new resource group a NIC that is attached to a virtual machine for the cluster.

HDInsight クラスターを新しいサブスクリプションに移動するときは、まず、他のリソース (ストレージ アカウントなど) を移動します。When moving an HDInsight cluster to a new subscription, first move other resources (like the storage account). その後、HDInsight クラスターを単独で移動します。Then, move the HDInsight cluster by itself.

Search の制限事項Search limitations

異なるリージョンにデプロイされている複数の Search リソースを一度に移動することはできません。You can't move multiple Search resources placed in different regions all at once. そのような場合は、それらを個別に移動する必要があります。In such a case, you need to move them separately.

Load Balancer の制限事項Load Balancer limitations

Basic SKU の Load Balancer は移動できます。Basic SKU Load Balancer can be moved. Standard SKU の Load Balancer は移動できません。Standard SKU Load Balancer can't be moved.

パブリック IP の制限事項Public IP limitations

Basic SKU のパブリック IP は移動できます。Basic SKU Public IP can be moved. Standard SKU のパブリック IP は移動できません。Standard SKU Public IP can't be moved.

ポータルの使用Use portal

リソースを移動するには、そのリソースが含まれるリソース グループを選択し、[移動] を選択します。To move resources, select the resource group containing those resources, and then select the Move button.

リソースの移動

リソースを新しいリソース グループに移動するか新しいサブスクリプションに移動するかを選択します。Select whether you're moving the resources to a new resource group or a new subscription.

移動するリソースを、移動先のリソース グループを選択します。Select the resources to move and the destination resource group. そのリソースのスクリプトを更新する必要があること確認し、 [OK] を選択します。Acknowledge that you need to update scripts for these resources and select OK. 前の手順でサブスクリプションの編集アイコンを選択した場合は、移動先のサブスクリプションも選択する必要があります。If you selected the edit subscription icon in the previous step, you must also select the destination subscription.

移動先の選択

[通知] に、移動操作が実行されていることが表示されます。In Notifications, you see that the move operation is running.

移動の状態の表示

完了すると、結果が表示されます。When it has completed, you're notified of the result.

移動の結果の表示

PowerShell の使用Use PowerShell

既存のリソースを別のリソース グループまたはサブスクリプションに移動するには、 Move-AzureRmResource コマンドを使用します。To move existing resources to another resource group or subscription, use the Move-AzureRmResource command. 次の例では、複数のリソースを新しいリソース グループに移動する方法を示します。The following example shows how to move multiple resources to a new resource group.

$webapp = Get-AzureRmResource -ResourceGroupName OldRG -ResourceName ExampleSite
$plan = Get-AzureRmResource -ResourceGroupName OldRG -ResourceName ExamplePlan
Move-AzureRmResource -DestinationResourceGroupName NewRG -ResourceId $webapp.ResourceId, $plan.ResourceId

新しいサブスクリプションに移動する場合は、DestinationSubscriptionId パラメーターの値を含めます。To move to a new subscription, include a value for the DestinationSubscriptionId parameter.

Azure CLI の使用Use Azure CLI

既存のリソースを別のリソース グループまたはサブスクリプションに移動するには、az resource move コマンドを使用します。To move existing resources to another resource group or subscription, use the az resource move command. 移動するリソースのリソース ID を指定します。Provide the resource IDs of the resources to move. 次の例では、複数のリソースを新しいリソース グループに移動する方法を示します。The following example shows how to move multiple resources to a new resource group. --ids パラメーターには、移動するリソース ID のスペース区切りリストを指定します。In the --ids parameter, provide a space-separated list of the resource IDs to move.

webapp=$(az resource show -g OldRG -n ExampleSite --resource-type "Microsoft.Web/sites" --query id --output tsv)
plan=$(az resource show -g OldRG -n ExamplePlan --resource-type "Microsoft.Web/serverfarms" --query id --output tsv)
az resource move --destination-group newgroup --ids $webapp $plan

新しいサブスクリプションに移動するには、--destination-subscription-id パラメーターを指定します。To move to a new subscription, provide the --destination-subscription-id parameter.

REST API を使用するUse REST API

既存のリソースを別のリソース グループまたはサブスクリプションに移動するには、次のコマンドを実行します。To move existing resources to another resource group or subscription, run:

POST https://management.azure.com/subscriptions/{source-subscription-id}/resourcegroups/{source-resource-group-name}/moveResources?api-version={api-version}

要求の本文で、ターゲット リソース グループと、移動するリソースを指定します。In the request body, you specify the target resource group and the resources to move. REST による移動操作の詳細については、「 リソースの移動」を参照してください。For more information about the move REST operation, see Move resources.

次の手順Next steps