Resource Manager テンプレートと Azure ポータルを使用したリソースのデプロイDeploy resources with Resource Manager templates and Azure portal

Azure portalAzure Resource Manager を使用して Azure リソースをデプロイする方法について説明します。Learn how to use the Azure portal with Azure Resource Manager to deploy your Azure resources. リソース管理の詳細については、「Manage Azure resources by using the Azure portal (Azure portal を使用した Azure リソースの管理)」を参照してください。To learn about managing your resources, see Manage Azure resources by using the Azure portal.

Azure portal を使用して Azure リソースをデプロイするには、通常、次の 2 つの手順が必要です。Deploying Azure resources by using the Azure portal usually involves two steps:

  • リソース グループを作成します。Create a resource group.
  • リソースをリソース グループにデプロイします。Deploy resources to the resource group.

さらに、Azure Resource Manager テンプレートをデプロイして Azure リソースを作成することもできます。In addition, you can also deploy an Azure Resource Manager template to create Azure resources.

このトピックでは、両方の方法を説明します。This article shows both methods.

リソース グループの作成Create a resource group

  1. 新しいリソース グループを作成するには、Azure portal から [リソース グループ] を選択します。To create a new resource group, select Resource groups from the Azure portal.

    リソース グループの選択

  2. [リソース グループ] から [追加] を選択します。Under Resource groups, select Add.

    リソース グループの追加

  3. 次のプロパティ値を選択または入力します。Select or enter the following property values:

    • サブスクリプション:Azure サブスクリプションを選択します。Subscription: Select an Azure subscription.
    • [リソース グループ] :リソース グループに名前を付けます。Resource group: Give the resource group a name.
    • [リージョン] :Azure の場所を指定します。Region: Specify an Azure location. これは、リソース グループによってリソースに関するメタデータが格納される場所です。This is where the resource group stores metadata about the resources. 場合によっては、コンプライアンス上の理由から、そのメタデータが格納される場所を指定する必要があります。For compliance reasons, you may want to specify where that metadata is stored. 一般に、ほとんどのリソースが存在する場所を指定することをお勧めします。In general, we recommend that you specify a location where most of your resources will reside. 同じ場所を使用することで、テンプレートを簡素化できます。Using the same location can simplify your template.

    グループの値の設定

  4. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。Select Review + create.

  5. 値を確認し、 [作成] を選択します。review the values, and then select Create.

  6. [更新] を選択すると、一覧で新しいリソース グループを確認できます。Select Refresh before you can see the new resource group in the list.

リソースをリソース グループにデプロイするDeploy resources to a resource group

リソース グループを作成したら、そのグループに Marketplace からリソースをデプロイできます。After you create a resource group, you can deploy resources to the group from the Marketplace. Marketplace には、一般的なシナリオに対応する事前定義されたソリューションが用意されています。The Marketplace provides pre-defined solutions for common scenarios.

  1. デプロイを開始するには、Azure portal から [リソースの作成] を選択します。To start a deployment, select Create a resource from the Azure portal.

    新しいリソース

  2. デプロイするリソースの種類を検索します。Find the type of resource you would like to deploy. リソースはカテゴリに分類されています。The resources are organized in categories. デプロイする特定のソリューションが表示されない場合は、Marketplace で検索できます。If you don't see the particular solution you would like to deploy, you can search the Marketplace for it. Ubuntu サーバーが選択されているスクリーンショットを次に示します。The following screenshot shows that Ubuntu Server is selected.

    リソースの種類の選択

  3. 選択したリソースの種類によっては、デプロイ前に設定する必要がある、関連する一連のプロパティがあります。Depending on the type of selected resource, you have a collection of relevant properties to set before deployment. すべての種類で、対象リソース グループを選択する必要があります。For all types, you must select a destination resource group. 次の画像は、Linux 仮想マシンを作成し、先ほど作成したリソース グループにデプロイする方法を示しています。The following image shows how to create a Linux virtual machine and deploy it to the resource group you created.

    リソース グループの作成

    また、リソースをデプロイするときにリソース グループを作成することもできます。Alternatively, you can decide to create a resource group when deploying your resources. [新規作成] を選択して、リソース グループに名前を付けます。Select Create new and give the resource group a name.

  4. デプロイが開始されます。Your deployment begins. デプロイには数分かかることがあります。The deployment could take several minutes. 一部のリソースは他のリソースよりも時間がかかります。Some resources take longer time than other resources. デプロイが完了すると、通知が表示されます。When the deployment has finished, you see a notification. [リソースに移動] を選択して開きますSelect Go to resource to open

    通知の表示

  5. リソースのデプロイ後、 [追加] を選択して、リソース グループにリソースを追加することができます。After deploying your resources, you can add more resources to the resource group by selecting Add.

    リソースの追加

カスタム テンプレートからリソースをデプロイするDeploy resources from custom template

デプロイを実行するが、Marketplace 内のテンプレートを使用しない場合は、ソリューションのインフラストラクチャを定義するカスタマイズされたテンプレートを作成できます。If you want to execute a deployment but not use any of the templates in the Marketplace, you can create a customized template that defines the infrastructure for your solution. テンプレートの作成の詳細については、「Azure Resource Manager テンプレートの構造と構文の詳細」をご覧ください。To learn about creating templates, see Understand the structure and syntax of Azure Resource Manager templates.

注意

ポータル インターフェイスは、Key Vault からのシークレットの参照をサポートしません。The portal interface doesn't support referencing a secret from a Key Vault. 代わりに、PowerShell または Azure CLI を使用して、テンプレートをローカルにデプロイするか、外部 URI からデプロイします。Instead, use PowerShell or Azure CLI to deploy your template locally or from an external URI.

  1. カスタマイズされたテンプレートをポータルからデプロイするには、 [リソースの作成] を選択し、テンプレートを探します。To deploy a customized template through the portal, select Create a resource, search for template. 次に [テンプレートのデプロイ] を選択します。and then select Template deployment.

    テンプレートのデプロイの検索

  2. 作成 を選択します。Select Create.

  3. テンプレートを作成するためのいくつかのオプションが表示されます。You see several options for creating a template:

    • エディターで独自のテンプレートを作成する:ポータル テンプレート エディターを使用してテンプレートを作成します。Build your own template in editor: create a template using the portal template editor. エディターには、リソース テンプレート スキーマを追加する機能があります。The editor is capable to add a resource template schema.
    • 一般的なテンプレート:Linux 仮想マシン、Windows 仮想マシン、Web アプリケーション、および Azure SQL データベースを作成するための 4 つの一般的なテンプレートがあります。Common templates: There are four common templatess for creating a Linux virtual machine, Windows virtual machine, a web application, and an Azure SQL database.
    • GitHub クイックスタート テンプレートを読み込む: 既存のクイックスタート テンプレートを使用します。Load a GitHub quickstart template: use an existing quickstart templates.

    オプションの表示

    このチュートリアルでは、クイックスタート テンプレートを読み込む方法について説明します。This tutorial provides the instruction for loading a quickstart template.

  4. [GitHub クイックスタート テンプレートを読み込む] で、「101-storage-account-create」を入力するか選択します。Under Load a GitHub quickstart template, type or select 101-storage-account-create.

    2 つのオプションがあります。You have two options:

    • テンプレートの選択: テンプレートをデプロイします。Select template: deploy the template.
    • テンプレートの編集: デプロイする前にクイックスタート テンプレートを編集します。Edit template: edit the quickstart template before you deploy it.
  5. [テンプレートの編集] を選択してポータル テンプレート エディターを探索します。Select Edit template to explore the portal template editor. テンプレートがエディターに読み込まれます。The template is loaded in the editor. storageAccountTypelocation という 2 つのパラメーターがあることに注目してください。Notice there are two parameters: storageAccountType and location.

    テンプレートの作成

  6. テンプレートに軽微な変更を加えます。Make a minor change to the template. たとえば、storageAccountName 変数を次のように更新します。For example, update the storageAccountName variable to:

    "storageAccountName": "[concat('azstore', uniquestring(resourceGroup().id))]"
    
  7. [保存] を選択します。Select Save. これで、ポータル テンプレート デプロイ インターフェイスが表示されます。Now you see the portal template deployment interface. テンプレートで定義した 2 つのパラメーターに注目してください。Notice the two parameters that you defined in the template.

  8. プロパティ値を入力または選択します。Enter or select the property values:

    • サブスクリプション:Azure サブスクリプションを選択します。Subscription: Select an Azure subscription.
    • [リソース グループ] : [新規作成] を選択し、名前を付けます。Resource group: Select Create new and give a name.
    • [場所] :Azure の場所を選択します。Location: Select an Azure location.
    • ストレージ アカウントの種類:既定値を使用します。Storage Account Type: Use the default value.
    • [場所] :既定値を使用します。Location: Use the default value.
    • [上記の使用条件に同意する] : (オン)I agree to the terms and conditions stated above: (select)
  9. [購入] を選択します。Select Purchase.

次の手順Next steps