Azure リソース マネージャーのテンプレートの関数Azure Resource Manager template functions

このトピックでは、Azure Resource Manager テンプレートで使用できるすべての関数について説明します。This topic describes all the functions you can use in an Azure Resource Manager template.

テンプレート内の関数はそれぞれかっこ ([]) で囲んで追加します。You add functions in your templates by enclosing them within brackets: [ and ], respectively. 式は配置時に評価されます。The expression is evaluated during deployment. 文字列リテラルとして記述される一方で、式の評価の結果は、配列、オブジェクト、整数など、さまざまな JSON 型にすることができます。While written as a string literal, the result of evaluating the expression can be of a different JSON type, such as an array, object, or integer. JavaScript の場合と同様に、関数呼び出しは functionName(arg1,arg2,arg3) という形式になります。Just like in JavaScript, function calls are formatted as functionName(arg1,arg2,arg3). プロパティの参照には、ドットと [index] 演算子を使用します。You reference properties by using the dot and [index] operators.

テンプレート式は、24,576 文字を超えることはできません。A template expression cannot exceed 24,576 characters.

テンプレート関数とそのパラメーターでは大文字と小文字が区別されません。Template functions and their parameters are case-insensitive. たとえば、Resource Manager では、variables('var1')VARIABLES('VAR1') が同じものとして解決されます。For example, Resource Manager resolves variables('var1') and VARIABLES('VAR1') as the same. 評価の際、関数は、大文字/小文字を明確に変更する (toUpper、toLower など) 場合を除き、大文字/小文字を保持します。When evaluated, unless the function expressly modifies case (such as toUpper or toLower), the function preserves the case. 特定のリソースの種類では、関数の評価方法とは無関係に、大文字/小文字の要件が存在する場合があります。Certain resource types may have case requirements irrespective of how functions are evaluated.

配列とオブジェクトの関数Array and object functions

Resource Manager には、配列とオブジェクトを操作する関数がいくつか用意されています。Resource Manager provides several functions for working with arrays and objects.

比較関数Comparison functions

Resource Manager には、テンプレートで比較を行うための関数がいくつか用意されています。Resource Manager provides several functions for making comparisons in your templates.

デプロイの値関数Deployment value functions

リソース マネージャーには、テンプレートのセクションから値を取得し、デプロイに関連する値を取得する次の関数が用意されています。Resource Manager provides the following functions for getting values from sections of the template and values related to the deployment:

論理関数Logical functions

リソース マネージャーには、論理の条件を操作する次の関数が用意されています。Resource Manager provides the following functions for working with logical conditions:

数値関数Numeric functions

リソース マネージャーには、整数を操作する次の関数が用意されています。Resource Manager provides the following functions for working with integers:

リソース関数Resource functions

リソース マネージャーには、リソース値を取得する次の関数が用意されています。Resource Manager provides the following functions for getting resource values:

文字列関数String functions

リソース マネージャーには、文字列を操作する次の関数が用意されています。Resource Manager provides the following functions for working with strings:

次のステップNext steps