クイック スタート:Visual Studio Code を使って Azure Resource Manager テンプレートを作成するQuickstart: Create Azure Resource Manager templates by using Visual Studio Code

Visual Studio Code と Azure Resource Manager ツール拡張機能を使用して Azure Resource Manager テンプレートを作成および編集する方法について説明します。Learn how to use Visual Studio code and the Azure Resource Manager Tools extension to create and edit Azure Resource Manager templates. Visual Studio Code では、拡張機能を使わずに Resource Manager テンプレートを作成することもできますが、拡張機能を利用すれば、オートコンプリート機能によってテンプレートの開発を省力化することができます。You can create Resource Manager templates in Visual Studio Code without the extension, but the extension provides autocomplete options that simplify template development. Azure ソリューションのデプロイと管理に関する概念について理解を深めるには、「Azure Resource Manager の概要」を参照してください。To understand the concepts associated with deploying and managing your Azure solutions, see Azure Resource Manager overview.

このチュートリアルでは、ストレージ アカウントをデプロイします。In this tutorial, you deploy a storage account:

Resource Manager テンプレート クイック スタートの Visual Studio Code 図

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

この記事を完了するには、以下が必要です。To complete this article, you need:

  • Visual Studio CodeVisual Studio Code.

  • Resource Manager ツール拡張機能。Resource Manager Tools extension. インストールするには、次の手順を使用します。To install, use these steps:

    1. Visual Studio Code を開きます。Open Visual Studio Code.
    2. Ctrl + Shift + X キーを押して、拡張機能ウィンドウを開きますPress CTRL+SHIFT+X to open the Extensions pane
    3. [Azure Resource Manager ツール] を探して、[インストール] を選択します。Search for Azure Resource Manager Tools, and then select Install.
    4. [再読み込み] を選択して、拡張機能のインストールを完了します。Select Reload to finish the extension installation.

クイック スタート テンプレートを開くOpen a Quickstart template

ゼロからテンプレートを作成するのではなく、Azure クイック スタート テンプレートからテンプレートを開きます。Instead of creating a template from scratch, you open a template from Azure Quickstart Templates. Azure クイック スタート テンプレートは、Resource Manager テンプレートのリポジトリです。Azure QuickStart Templates is a repository for Resource Manager templates.

このクイック スタートで使用されるテンプレートは、Create a standard storage account と呼ばれます。The template used in this quickstart is called Create a standard storage account. テンプレートにより、Azure ストレージ アカウント リソースが定義されます。The template defines an Azure Storage account resource.

  1. Visual Studio Code から、[ファイル]>[ファイルを開く] を選択します。From Visual Studio Code, select File>Open File.

  2. [ファイル名] に以下の URL を貼り付けます。In File name, paste the following URL:

    https://raw.githubusercontent.com/Azure/azure-quickstart-templates/master/101-storage-account-create/azuredeploy.json
    
  3. [開く] を選択して、ファイルを開きます。Select Open to open the file.

  4. [ファイル]>[名前を付けて保存] を選択し、ファイルを azuredeploy.json としてご自身のローカル コンピューターに保存します。Select File>Save As to save the file as azuredeploy.json to your local computer.

テンプレートの編集Edit the template

Visual Studio Code を使用してテンプレートを編集する方法を体験するために、outputs セクションに要素をもう 1 つ追加して、ストレージ URI を表示します。To experience how to edit a template using Visual Studio Code, you add one more element into the outputs section to show the storage URI.

  1. エクスポートしたテンプレートに出力をもう 1 つ追加します。Add one more output to the exported template:

    "storageUri": {
      "type": "string",
      "value": "[reference(variables('storageAccountName')).primaryEndpoints.blob]"
    }
    

    完了すると、outputs セクションは次のようになります。When you are done, the outputs section looks like:

    "outputs": {
      "storageAccountName": {
        "type": "string",
        "value": "[variables('storageAccountName')]"
      },
      "storageUri": {
        "type": "string",
        "value": "[reference(variables('storageAccountName')).primaryEndpoints.blob]"
      }
    }
    

    Visual Studio Code 内でコードをコピーして貼り付けたら、value 要素を再入力して、Resource Manager ツール拡張機能の IntelliSense 機能を体験してみます。If you copied and pasted the code inside Visual Studio Code, try to retype the value element to experience the IntelliSense capability of the Resource Manager Tools extension.

    Resource Manager テンプレートにおける Visual Studio Code の IntelliSense

  2. [ファイル]>[保存] を選択して、ファイルを保存します。Select File>Save to save the file.

テンプレートのデプロイDeploy the template

テンプレートをデプロイする方法は多数あります。There are many methods for deploying templates. このクイック スタートでは Azure Cloud シェルを使用します。Azure Cloud shell is used in this quickstart. Cloud Shell では、Azure CLI と Azure PowerShell の両方がサポートされます。The cloud shell supports both Azure CLI and Azure PowerShell. タブ セレクターを使用して CLI と PowerShell のいずれかを選択します。Use the tab selector to choose between CLI and PowerShell.

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. インストール手順については、Azure PowerShell のインストール を参照してください。For installation instructions, see Install Azure PowerShell.

  1. Azure Cloud Shell にサインインします。Sign in to the Azure Cloud shell

  2. 左上の [PowerShell] または [Bash] (CLI) を選択して、希望の環境を選択します。Choose your preferred environment by selecting either PowerShell or Bash(CLI) on the upper left corner. 切り替えた場合は、シェルを再起動する必要があります。Restarting the shell is required when you switch.

  3. [ファイルのアップロード/ダウンロード] を選択し、[アップロード] を選択します。Select Upload/download files, and then select Upload.

    前のセクションで保存したファイルを選択します。Select the file you saved in the previous section. 既定の名前は azuredeploy.json です。The default name is azuredeploy.json. テンプレート ファイルはシェルからアクセスできる必要があります。The template file must be accessible from the shell.

    オプションで ls コマンドと cat コマンドを使用して、ファイルが正常にアップロードされたことを確認できます。You can optionally use the ls command and the cat command to verify the file is uploaded successfully.

  4. Cloud Shell で次のコマンドを実行します。From the Cloud shell, run the following commands. PowerShell コードまたは CLI コードを表示するタブを選択します。Select the tab to show the PowerShell code or the CLI code.

    echo "Enter the Resource Group name:" &&
    read resourceGroupName &&
    echo "Enter the location (i.e. centralus):" &&
    read location &&
    az group create --name $resourceGroupName --location "$location" &&
    az group deployment create --resource-group $resourceGroupName --template-file "$HOME/azuredeploy.json"
    

    azuredeploy.json 以外の名前でファイルを保存する場合は、テンプレートのファイル名を更新します。Update the template file name if you save the file to a name other than azuredeploy.json.

    次のスクリーンショットは、サンプルのデプロイを示しています。The following screenshot shows a sample deployment:

    outputs セクションにあるストレージ アカウント名とストレージ URL は、スクリーンショット上で強調表示されています。The storage account name and the storage URL in the outputs section are highlighted on the screenshot. ストレージ アカウント名は、次の手順で必要です。You need the storage account name in the next step.

  5. 次の CLI または PowerShell コマンドを実行して、新しく作成されたストレージ アカウントの一覧を表示します。Run the following CLI or PowerShell command to list the newly created storage account:

    echo "Enter the Resource Group name:" &&
    read resourceGroupName &&
    echo "Enter the Storage Account name:" &&
    read storageAccountName &&
    az storage account show --resource-group $resourceGroupName --name $storageAccountName
    

Azure ストレージ アカウントの使用の詳細については、「クイック スタート:Azure portal を使用して BLOB をアップロード、ダウンロード、および一覧表示する」を参照してください。To learn more about using Azure storage accounts, see Quickstart: Upload, download, and list blobs using the Azure portal.

リソースのクリーンアップClean up resources

Azure リソースが不要になったら、リソース グループを削除して、デプロイしたリソースをクリーンアップします。When the Azure resources are no longer needed, clean up the resources you deployed by deleting the resource group.

  1. Azure portal で、左側のメニューから [リソース グループ] を選択します。From the Azure portal, select Resource group from the left menu.
  2. [名前でフィルター] フィールドに、リソース グループ名を入力します。Enter the resource group name in the Filter by name field.
  3. リソース グループ名を選択します。Select the resource group name. リソース グループ内の合計 6 つのリソースが表示されます。You shall see a total of six resources in the resource group.
  4. トップ メニューから [リソース グループの削除] を選択します。Select Delete resource group from the top menu.

次の手順Next steps

このクイックスタートの主な目的は、Visual Studio Code を使用して、Azure クイック スタート テンプレートの既存のテンプレートを編集することです。The main focus of this quickstart is to use Visual Studio Code to edit an existing template from Azure Quickstart templates. Azure Cloud Shell から CLI または PowerShell を使用してテンプレートをデプロイする方法も学習しました。You also learned how to deploy the template using either CLI or PowerShell from the Azure Cloud shell. Azure クイック スタート テンプレートのテンプレートでは、必要なものすべてを得ることができないことがあります。The templates from Azure Quickstart templates might not give you everything you need. 次のチュートリアルでは、テンプレート リファレンスから情報を検索して、暗号化された Azure Storage アカウントを作成できるようにする方法を示します。The next tutorial shows you how to find the information from template reference so you can create an encrypted Azure Storage account.