リソース クォータのエラーを解決するResolve errors for resource quotas

この記事では、リソースをデプロイするときに発生する可能性のあるクォータ エラーについて説明します。This article describes quota errors you may encounter when deploying resources.

症状Symptom

Azure クォータを超えるリソースを作成するテンプレートをデプロイすると、次のようなデプロイ エラーが発生します。If you deploy a template that creates resources that exceed your Azure quotas, you get a deployment error that looks like:

Code=OperationNotAllowed
Message=Operation results in exceeding quota limits of Core.
Maximum allowed: 4, Current in use: 4, Additional requested: 2.

または、次のエラーが発生することがあります。Or, you may see:

Code=ResourceQuotaExceeded
Message=Creating the resource of type <resource-type> would exceed the quota of <number>
resources of type <resource-type> per resource group. The current resource count is <number>,
please delete some resources of this type before creating a new one.

原因Cause

クォータは、リソース グループ、サブスクリプション、アカウント、および他のスコープごとに適用されます。Quotas are applied per resource group, subscriptions, accounts, and other scopes. たとえば、ご利用のサブスクリプションの構成により、リージョンごとのコア数が制限されている場合があります。For example, your subscription may be configured to limit the number of cores for a region. 上限を超えたコア数の仮想マシンをデプロイしようとすると、クォータを超過したというエラーが発生します。If you attempt to deploy a virtual machine with more cores than the permitted amount, you receive an error stating the quota has been exceeded. 詳細については、「Azure サブスクリプションとサービスの制限、クォータ、制約」を参照してください。For complete quota information, see Azure subscription and service limits, quotas, and constraints.

トラブルシューティングTroubleshooting

Azure CLIAzure CLI

Azure CLI で、az vm list-usage コマンドを使用して仮想マシン クォータを検索します。For Azure CLI, use the az vm list-usage command to find virtual machine quotas.

az vm list-usage --location "South Central US"

次のような結果が返されます。Which returns:

[
  {
    "currentValue": 0,
    "limit": 2000,
    "name": {
      "localizedValue": "Availability Sets",
      "value": "availabilitySets"
    }
  },
  ...
]

PowerShellPowerShell

PowerShell で、Get-AzureRmVMUsage コマンドを使用して仮想マシン クォータを検索します。For PowerShell, use the Get-AzureRmVMUsage command to find virtual machine quotas.

Get-AzureRmVMUsage -Location "South Central US"

次のような結果が返されます。Which returns:

Name                             Current Value Limit  Unit
----                             ------------- -----  ----
Availability Sets                            0  2000 Count
Total Regional Cores                         0   100 Count
Virtual Machines                             0 10000 Count

解決策Solution

クォータの引き上げを依頼するには、ポータルに移動し、サポート案件を提出します。To request a quota increase, go to the portal and file a support issue. サポート案件で、デプロイするリージョンのクォータの引き上げを依頼します。In the support issue, request an increase in your quota for the region into which you want to deploy.

注意

リソース グループの場合、クォータはサブスクリプション全体ではなく個々 のリージョンに対するものであることに注意してください。Remember that for resource groups, the quota is for each individual region, not for the entire subscription. 米国西部に 30 のコアをデプロイする必要がある場合は、米国西部に 30 のリソース マネージャーのコアを要求する必要があります。If you need to deploy 30 cores in West US, you have to ask for 30 Resource Manager cores in West US. アクセスできるリージョンのいずれかで 30 のコアをデプロイする必要がある場合は、すべてのリージョンで 30 の Resource Manager コアを要求する必要があります。If you need to deploy 30 cores in any of the regions to which you have access, you should ask for 30 Resource Manager cores in all regions.

  1. [サブスクリプション] を選択します。Select Subscriptions.

    サブスクリプション

  2. クォータの追加が必要なサブスクリプションを選択します。Select the subscription that needs an increased quota.

    サブスクリプションを選択します。

  3. [使用量 + クォータ] を選択します。Select Usage + quotas

    使用量とクォータを選択します。

  4. 右上の [引き上げを依頼する] を選択します。In the upper right corner, select Request increase.

    引き上げを依頼する

  5. フォームに引き上げが必要なクォータの種類を入力します。Fill in the forms for the type of quota you need to increase.

    フォームに入力する