ARM テンプレートでリソースの場所を設定する

Azure Resource Manager テンプレート (ARM テンプレート) をデプロイするときに、各リソースの場所を指定する必要があります。 場所は、リソース グループの場所と同じ場所である必要はありません。

利用可能な場所を取得する

場所ごとに、異なるリソースの種類がサポートされます。 リソースの種類にサポートされている場所を取得するには、Azure PowerShell または Azure CLI を使用します。

((Get-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.Batch).ResourceTypes `
  | Where-Object ResourceTypeName -eq batchAccounts).Locations

location パラメーターを使用する

テンプレートを柔軟にデプロイできるようにするには、パラメーターを使用してリソースの場所を指定します。 パラメーターの既定値を resourceGroup().location に設定します。

次の例は、パラメーターとして指定された場所にデプロイされたストレージ アカウントを示したものです。

{
  "$schema": "https://schema.management.azure.com/schemas/2019-04-01/deploymentTemplate.json#",
  "contentVersion": "1.0.0.0",
  "parameters": {
    "storageAccountType": {
      "type": "string",
      "defaultValue": "Standard_LRS",
      "allowedValues": [
        "Standard_LRS",
        "Standard_GRS",
        "Standard_ZRS",
        "Premium_LRS"
      ],
      "metadata": {
        "description": "Storage Account type"
      }
    },
    "location": {
      "type": "string",
      "defaultValue": "[resourceGroup().location]",
      "metadata": {
        "description": "Location for all resources."
      }
    }
  },
  "variables": {
    "storageAccountName": "[concat('storage', uniquestring(resourceGroup().id))]"
  },
  "resources": [
    {
      "type": "Microsoft.Storage/storageAccounts",
      "apiVersion": "2018-07-01",
      "name": "[variables('storageAccountName')]",
      "location": "[parameters('location')]",
      "sku": {
        "name": "[parameters('storageAccountType')]"
      },
      "kind": "StorageV2",
      "properties": {}
    }
  ],
  "outputs": {
    "storageAccountName": {
      "type": "string",
      "value": "[variables('storageAccountName')]"
    }
  }
}

次のステップ