リソース クォータのエラーを解決する

この記事では、Azure Resource Manager テンプレート (ARM テンプレート) または Bicep ファイルを使用してリソースをデプロイするときに発生する可能性のあるクォータ エラーについて説明します。

症状

Azure クォータを超えるリソースがお使いのテンプレートによって作成されると、次のエラーが発生する可能性があります。

Code=OperationNotAllowed
Message=Operation results in exceeding quota limits of Core.
Maximum allowed: 4, Current in use: 4, Additional requested: 2.

または、こちらのエラーが発生することがあります。

Code=ResourceQuotaExceeded
Message=Creating the resource of type <resource-type> would exceed the quota of <number>
resources of type <resource-type> per resource group. The current resource count is <number>,
please delete some resources of this type before creating a new one.

原因

クォータは、リソース グループ、サブスクリプション、アカウント、および他のスコープごとに適用されます。 たとえば、ご利用のサブスクリプションの構成により、リージョンの仮想 CPU 数が制限されている場合があります。 上限を超えた仮想 CPU の仮想マシンをデプロイしようとすると、クォータ超過エラーが発生します。

クォータについては、「Azure サブスクリプションとサービスの制限、クォータ、制約」を参照してください。

Azure CLI で、az vm list-usage コマンドを使用して仮想マシン クォータを検索します。

az vm list-usage --location "West US" --output table
Name                                      CurrentValue    Limit
----------------------------------------  --------------  -------
Availability Sets                         0               2500
Total Regional vCPUs                      0               100
Virtual Machines                          0               25000
Virtual Machine Scale Sets                0               2500
Dedicated vCPUs                           0               3000
Cloud Services                            0               2500
Total Regional Low-priority vCPUs         0               100
Standard BS Family vCPUs                  0               100
...

解決策

クォータの引き上げを依頼するには、ポータルに移動し、サポート案件を提出します。 サポート案件で、デプロイするリージョンのクォータの引き上げを依頼します。

クォータの中には、クォータ制限を指定できるものがあります。この制限はレビューのために送信され、承認または拒否されます。 制限が拒否された場合は、サポート リクエストを開くリンクが表示されます。

Note

リソース グループの場合、クォータはサブスクリプション全体ではなく個々 のリージョンに対するものであることに注意してください。 米国西部に 30 の 仮想 CPU をデプロイする必要がある場合は、米国西部に 30 の Resource Manager の仮想 CPU を要求する必要があります。 アクセスできるリージョンのいずれかで 30 の仮想 CPU をデプロイする必要がある場合は、すべてのリージョン内で 30 の Resource Manager の仮想 CPU を要求する必要があります。

  1. Azure portal にサインインします。

  2. 検索ボックスに、「サブスクリプション」と入力します。 または、最近サブスクリプションを表示した場合は、[サブスクリプション] を選択します。

    Screenshot that shows how to select a subscription.

  3. ご自身のサブスクリプションのリンクを選択します。

    Screenshot of the link for the subscription.

  4. [使用量 + クォータ] を選択します。

    Screenshot of subscription's settings to select usage and quotas.

  5. [引き上げを依頼する] を選択します。

    クォータの一覧から、クォータ引き上げに関するサポート リクエストを送信することもできます。 鉛筆アイコン付きのクォータについては、クォータ制限を指定できます。

    Screenshot of icons to submit a support request or specify a quota limit.

  6. 引き上げが必要なクォータの種類をフォームに入力します。

    Screenshot of the form to submit a request to increase a quota.