Azure SQL Edge でサポートされる機能Supported features of Azure SQL Edge

Azure SQL Edge は、最新バージョンの SQL データベース エンジンを基盤として構築されています。Azure SQL Edge is built on the latest version of the SQL Database Engine. SQL Server 2019 on Linux でサポートされている機能や、SQL Server 2019 on Linux (または SQL Server on Windows) で現在サポートされていない、または使用できない機能のサブセットがサポートされています。It supports a subset of the features supported in SQL Server 2019 on Linux, in addition to some features that are currently not supported or available in SQL Server 2019 on Linux (or in SQL Server on Windows).

SQL Server on Linux でサポートされている機能の完全な一覧については、「SQL Server 2019 on Linux のエディションとサポートされる機能」を参照してください。For a complete list of the features supported in SQL Server on Linux, see Editions and supported features of SQL Server 2019 on Linux. SQL Server on Windows のエディションとサポートされている機能については、「SQL Server 2019 (15.x) のエディションとサポートされる機能」を参照してください。For editions and supported features of SQL Server on Windows, see Editions and supported features of SQL Server 2019 (15.x).

Azure SQL Edge のエディションAzure SQL Edge editions

Azure SQL Edge は、2 つの異なるエディション (ソフトウェア プラン) で提供されています。Azure SQL Edge is available with two different editions or software plans. これらのエディションの機能セットはまったく同じで、使用権限と、ホスト システム上でアクセスできるメモリとコアのサイズについてのみ違いがあります。These editions have identical feature sets, and only differ in terms of their usage rights and the amount of memory and cores they can access on the host system.

プランPlan 説明Description
Azure SQL Edge DeveloperAzure SQL Edge Developer 開発専用。For development only. 各 Azure SQL Edge Developer コンテナーは、最大 4 コアおよび 32 GB メモリまでに制限されます。Each Azure SQL Edge Developer container is limited to up to 4 cores and 32 GB memory.
Azure SQL EdgeAzure SQL Edge 運用環境向け。For production. 各 Azure SQL Edge コンテナーは、最大 8 コアおよび 64 GB メモリまでに制限されます。Each Azure SQL Edge container is limited to up to 8 cores and 64 GB memory.

オペレーティング システムOperating system

Azure SQL Edge コンテナーは Ubuntu 18.04 をベースとしているため、Ubuntu 18.04 LTS (推奨) または Ubuntu 20.04 LTS のいずれかを実行している Docker ホストでの実行のみがサポートされています。Azure SQL Edge containers are based on Ubuntu 18.04, and as such are only supported to run on Docker hosts running either Ubuntu 18.04 LTS (recommended) or Ubuntu 20.04 LTS. Azure SQL Edge コンテナーを他のオペレーティング システム ホストで実行することは可能です。たとえば、Linux の他のディストリビューションまたは Windows で (Docker CE または Docker EE を使用して) 実行できますが、この構成は広範囲にわたってテストされていないため、Microsoft ではこれを行うことはお勧めしません。It's possible to run Azure SQL Edge containers on other operating system hosts, for example, it can run on other distributions of Linux or on Windows (using Docker CE or Docker EE), however Microsoft does not recommend that you do this, as this configuration may not be extensively tested.

Windows 上で Azure SQL Edge を実行するために推奨される構成は、Windows ホスト上で Ubuntu VM を構成し、Linux VM 内で Azure SQL Edge を実行することです。The recommended configuration for running Azure SQL Edge on Windows is to configure an Ubuntu VM on the Windows host, and then run Azure SQL Edge inside the Linux VM.

Azure SQL Edge で推奨およびサポートされているファイル システムは、EXT4 および XFS です。The recommended and supported file system for Azure SQL Edge is EXT4 and XFS. 永続ボリュームを使用して Azure SQL Edge データベース ストレージをバックアップする場合は、基になるホスト ファイル システムが EXT4 および XFS である必要があります。If persistent volumes are being used to back the Azure SQL Edge database storage, then the underlying host file system needs to be EXT4 and XFS.

ハードウェア サポートHardware support

Azure SQL Edge には 64 ビットプロセッサ (x64 または ARM64 のいずれか) が必要であり、少なくとも 1 個のプロセッサと 1 GB の RAM がホストに搭載されている必要があります。Azure SQL Edge requires a 64-bit processor (either x64 or ARM64), with a minimum of one processor and one GB RAM on the host. Azure SQL Edge の初期メモリ占有領域は 450 MB ほどですが、エッジ デバイス上で実行される他の IoT Edge モジュールやプロセスのために追加のメモリが必要です。While the startup memory footprint of Azure SQL Edge is close to 450MB, the additional memory is needed for other IoT Edge modules or processes running on the edge device. Azure SQL Edge の実際のメモリ要件および CPU 要件は、ワークロードの複雑さと処理するデータ量によって異なります。The actual memory and CPU requirements for Azure SQL Edge will vary based on the complexity of the workload and volume of data being processed. ソリューションのハードウェアを選択する際は、ソリューションに必要なパフォーマンス特性が満たされていることを確認するために、広範なパフォーマンス テストを実行することをお勧めします。When choosing a hardware for your solution, Microsoft recommends that you run extensive performance tests to ensure that the required performance characteristics for your solution are met.

Azure SQL Edge のコンポーネントAzure SQL Edge components

Azure SQL Edge では、データベース エンジンのみがサポートされています。Azure SQL Edge only supports the database engine. SQL Server 2019 on Windows または SQL Server 2019 on Linux で使用できるその他のコンポーネントのサポートは含まれていません。It doesn't include support for other components available with SQL Server 2019 on Windows or with SQL Server 2019 on Linux. 具体的には、Analysis Services、Reporting Services、Integration Services、マスター データ サービス、Machine Learning Services (データベース内)、Machine Learning Server (スタンドアロン) のような SQL Server コンポーネントは、Azure SQL Edge ではサポートされません。Specifically, Azure SQL Edge doesn't support SQL Server components like Analysis Services, Reporting Services, Integration Services, Master Data Services, Machine Learning Services (In-Database), and Machine Learning Server (standalone).

サポートされている機能Supported features

Azure SQL Edge では、SQL Server on Linux の機能のサブセットに加えて、次の新機能もサポートされます。In addition to supporting a subset of features of SQL Server on Linux, Azure SQL Edge includes support for the following new features:

  • Azure Stream Analytics で採用されているのと同じエンジンに基づく SQL ストリーミング。Azure SQL Edge でリアルタイムのデータ ストリーミング機能を提供します。SQL streaming, which is based on the same engine that powers Azure Stream Analytics, provides real-time data streaming capabilities in Azure SQL Edge.
  • 時系列データ分析のための T-SQL 関数呼び出し Date_BucketThe T-SQL function call Date_Bucket for Time-Series data analytics.
  • SQL エンジンに付属する ONNX ランタイムを使用した機械学習機能。Machine learning capabilities through the ONNX runtime, included with the SQL engine.

サポートされていない機能Unsupported features

次の一覧には、Azure SQL Edge で現在サポートされていない SQL Server 2019 on Linux の機能が含まれています。The following list includes the SQL Server 2019 on Linux features that aren't currently supported in Azure SQL Edge.

領域Area サポートされていない機能またはサービスUnsupported feature or service
データベースの設計Database Design インメモリ OLTP、関連する DDL コマンドおよび Transact-SQL 関数、カタログ ビュー、動的管理ビュー。In-memory OLTP, and related DDL commands and Transact-SQL functions, catalog views, and dynamic management views.
  HierarchyID データ型、関連する DDL コマンドおよび Transact-SQL 関数、カタログ ビュー、動的管理ビュー。HierarchyID data type, and related DDL commands and Transact-SQL functions, catalog views, and dynamic management views.
  Spatial データ型、関連する DDL コマンドおよび Transact-SQL 関数、カタログ ビュー、動的管理ビュー。Spatial data type, and related DDL commands and Transact-SQL functions, catalog views, and dynamic management views.
  Stretch DB、関連する DDL コマンドおよび Transact-SQL 関数、カタログ ビュー、動的管理ビュー。Stretch DB, and related DDL commands and Transact-SQL functions, catalog views, and dynamic management views.
  フルテキスト インデックスおよび検索、関連する DDL コマンドおよび Transact-SQL 関数、カタログ ビュー、動的管理ビュー。Full-text indexes and search, and related DDL commands and Transact-SQL functions, catalog views, and dynamic management views.
  FileTableFILESTREAM、関連する DDL コマンドおよび Transact-SQL 関数、カタログ ビュー、動的管理ビュー。FileTable, FILESTREAM, and related DDL commands and Transact-SQL functions, catalog views, and dynamic management views.
データベース エンジンDatabase Engine レプリケーション。Replication. Azure SQL Edge をレプリケーション トポロジのプッシュ サブスクライバーとして構成できることに注意してください。Note that you can configure Azure SQL Edge as a push subscriber of a replication topology.
  PolyBase。Polybase. Azure SQL Edge を Polybase の外部テーブルのターゲットとして構成できることに注意してください。Note that you can configure Azure SQL Edge as a target for external tables in Polybase.
  Java および Spark による言語拡張Language extensibility through Java and Spark.
  Active Directory 統合。Active Directory integration.
  データベースの自動圧縮。Database Auto Shrink. データベースの自動圧縮プロパティは ALTER DATABASE <database_name> SET AUTO_SHRINK ON コマンドを使用して設定できますが、変更しても効果はありません。The Auto shrink property for a database can be set using the ALTER DATABASE <database_name> SET AUTO_SHRINK ON command, however that change has no effect. 自動圧縮タスクはデータベースに対して実行されません。The automatic shrink task will not run against the database. ユーザーは 'DBCC' コマンドを使用してデータベース ファイルを圧縮することができます。Users can still shrink the database files using the 'DBCC' commands.
  データベース スナップショット。Database snapshots.
  永続メモリのサポート。Support for persistent memory.
  Microsoft 分散トランザクション コーディネーター。Microsoft Distributed Transaction Coordinator.
  リソース ガバナーと IO リソース管理。Resource governor and IO resource governance.
  バッファー プール拡張機能。Buffer pool extension.
  サードパーティの接続を使用した分散クエリ。Distributed query with third-party connections.
  リンク サーバー。Linked servers.
  システム拡張ストアド プロシージャ (XP_CMDSHELL など)。System extended stored procedures (such as XP_CMDSHELL).
  CLR アセンブリ、関連する DDL コマンドおよび Transact-SQL 関数、カタログ ビュー、動的管理ビュー。CLR assemblies, and related DDL commands and Transact-SQL functions, catalog views, and dynamic management views.
  CLR に依存する T-SQL 関数 (ASSEMBLYPROPERTYFORMATPARSETRY_PARSE など)。CLR-dependent T-SQL functions, such as ASSEMBLYPROPERTY, FORMAT, PARSE, and TRY_PARSE.
  CLR に依存する日付と時刻のカタログ ビュー、関数、クエリ句。CLR-dependent date and time catalog views, functions, and query clauses.
  バッファー プール拡張機能。Buffer pool extension.
  データベース メール。Database mail.
  Service BrokerService Broker
  ポリシー ベースの管理Policy Based Management
  管理データ ウェアハウス (management data warehouse)Management Data Warehouse
  包含データベースContained Databases
SQL Server エージェントSQL Server Agent サブシステム: CmdExec、PowerShell、キュー リーダー、SSIS、SSAS、SSRS。Subsystems: CmdExec, PowerShell, Queue Reader, SSIS, SSAS, and SSRS.
  アラート。Alerts.
  マネージド バックアップ。Managed backup.
高可用性High Availability Always On 可用性グループ。Always On availability groups.
  基本的な可用性グループ。Basic availability groups.
  Always On フェールオーバー クラスター インスタンス。Always On failover cluster instance.
  データベース ミラーリングDatabase mirroring.
  ホット アド メモリと CPU。Hot add memory and CPU.
SecuritySecurity 拡張キー管理。Extensible key management.
  Active Directory 統合。Active Directory integration.
  セキュリティで保護されたエンクレーブのサポート。Support for secure enclaves.
サービスServices SQL Server Browser。SQL Server Browser.
  R および Python による機械学習。Machine Learning through R and Python.
  StreamInsight。StreamInsight.
  Analysis Services。Analysis Services.
  Reporting Services。Reporting Services.
  Data Quality Services。Data Quality Services.
  マスター データ サービス。Master Data Services.
  分散再生。Distributed Replay.
管理の容易性Manageability SQL Server ユーティリティ コントロール ポイント。SQL Server Utility Control Point.

次のステップNext steps