チュートリアル:SQL データ同期を使用して SQL Edge と Azure SQL Database のデータを同期するTutorial: Sync data from SQL Edge to Azure SQL Database by using SQL Data Sync

このチュートリアルでは、Azure SQL データ同期の "同期グループ" を使用して、Azure SQL から Azure SQL Database にデータを増分同期する方法を説明します。In this tutorial, you'll learn how to use an Azure SQL Data Sync sync group to incrementally sync data from Azure SQL Edge to Azure SQL Database. SQL データ同期は、Azure SQL Database 上に構築されているサービスであり、選択したデータを Azure SQL Database や SQL Server インスタンスの複数のデータベース間で双方向に同期させることができます。SQL Data Sync is a service built on Azure SQL Database that lets you synchronize the data you select bi-directionally across multiple databases in Azure SQL Database and SQL Server instances. SQL データ同期の詳細については、Azure SQL データ同期に関するページを参照してください。For more information on SQL Data Sync, see Azure SQL Data Sync.

SQL Edge は最新バージョンの SQL Server データベース エンジンに基づいて構築されているため、SQL Server インスタンスに適用できるデータ同期メカニズムを使用して、エッジ デバイスで実行されている SQL Edge インスタンスとの間でデータを同期することもできます。Because SQL Edge is built on the latest versions of the SQL Server Database Engine, any data synchronization mechanism that's applicable to a SQL Server instance can also be used to sync data to or from a SQL Edge instance running on an edge device.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルには、Azure SQL データ同期用の Data Sync Agent を使用して構成された Windows コンピューターが必要です。This tutorial requires a Windows computer configured with the Data Sync Agent for Azure SQL Data Sync.

開始する前にBefore you begin

  • Azure SQL Database にデータベースを作成します。Create a database in Azure SQL Database. Azure portal を使用してデータベースを作成する方法については、Azure SQL Database での単一データベースの作成に関するページを参照してください。For information on how to create a database by using the Azure portal, see Create a single database in Azure SQL Database.

  • Azure SQL Database のデプロイ内に、テーブルおよびその他の必要なオブジェクトを作成します。Create the tables and other necessary objects in your Azure SQL Database deployment.

  • Azure SQL Edge のデプロイ内に、必要なテーブルとオブジェクトを作成します。Create the necessary tables and objects in your Azure SQL Edge deployment. 詳細については、SQL Edge での SQL Database DAC パッケージの使用に関するページを参照してください。For more information, see Using SQL Database DAC packages with SQL Edge.

  • Azure SQL Edge インスタンスを Azure SQL データ同期用の Data Sync Agent に登録します。詳細については、SQL Server データベースの追加に関するページを参照してください。Register the Azure SQL Edge instance with the Data Sync Agent for Azure SQL Data Sync. For more information, see Add a SQL Server database.

Azure SQL Database のデータベースと SQL Edge の間でデータを同期するSync data between a database in Azure SQL Database and SQL Edge

SQL データ同期を使用した Azure SQL Database のデータベースと SQL Edge インスタンスとの間の同期の設定には、次の 3 つの重要な手順が含まれます。Setting up synchronization between a database in Azure SQL Database and a SQL Edge instance by using SQL Data Sync involves three key steps:

  1. Azure portal を使用して同期グループを作成します。Use the Azure portal to create a sync group. 詳細については、「同期グループを作成する」を参照してください。For more information, see Create a sync group. 単一の "ハブ" データベースを使用して複数の同期グループを作成し、さまざまな SQL Edge インスタンスのデータを、Azure SQL Database の 1 つ以上のデータベースに同期することができます。You can use a single hub database to create multiple sync groups to synchronize data from various SQL Edge instances to one or more databases in Azure SQL Database.

  2. 同期グループに同期メンバーを追加します。Add sync members to the sync group. 詳細については、「同期メンバーを追加する」を参照してください。For more information, see Add sync members.

  3. 同期グループを設定し、この同期の一部となるテーブルを選択します。Set up the sync group to select the tables that will be part of the synchronization. 詳細については、「同期グループを構成する」を参照してください。For more information, see Configure a sync group.

前の手順を完了すると、Azure SQL Database のデータベースと SQL Edge インスタンスを含む同期グループが作成されます。After you complete the preceding steps, you'll have a sync group that includes a database in Azure SQL Database and a SQL Edge instance.

SQL データ同期の詳細については、次の記事を参照してください。For more info about SQL Data Sync, see these articles:

次のステップNext steps