クロスデータベース クエリの概要 (列方向のパーティション分割) (プレビュー)

適用対象: Azure SQL Database

Azure SQL Database 用の エラスティック データベース クエリ (プレビュー) を使用すると、1 つの接続ポイントで複数のデータベースにまたがる T-SQL クエリを実行することができます。 この記事は、列方向にパーティション分割されたデータベースに適用されます。

終了すると、複数の関連するデータベースにまたがるクエリを実行するために Azure SQL Database を構成および使用する方法を習得できます。

エラスティック データベース クエリ機能の詳細については、Azure SQL Database エラスティック データベース クエリの概要に関するページを参照してください。

前提条件

ALTER ANY EXTERNAL DATA SOURCE アクセス許可が必要です。 このアクセス許可は、ALTER DATABASE アクセス許可に含まれています。 ALTER ANY EXTERNAL DATA SOURCE アクセス許可は、基になるデータ ソースを参照するために必要です。

サンプル データベースの作成

最初に、"Customers" と "Orders" という 2 つのデータベースを同じサーバーか異なるサーバーに作成する必要があります。

Orders」データベースで次のクエリを実行し、「OrderInformation」テーブルを作成し、サンプル データを入力します。

CREATE TABLE [dbo].[OrderInformation](
    [OrderID] [int] NOT NULL,
    [CustomerID] [int] NOT NULL
    )
INSERT INTO [dbo].[OrderInformation] ([OrderID], [CustomerID]) VALUES (123, 1)
INSERT INTO [dbo].[OrderInformation] ([OrderID], [CustomerID]) VALUES (149, 2)
INSERT INTO [dbo].[OrderInformation] ([OrderID], [CustomerID]) VALUES (857, 2)
INSERT INTO [dbo].[OrderInformation] ([OrderID], [CustomerID]) VALUES (321, 1)
INSERT INTO [dbo].[OrderInformation] ([OrderID], [CustomerID]) VALUES (564, 8)

次に、Customers データベースで次のクエリを実行して、CustomerInformation テーブルを作成し、サンプル データを入力します。

CREATE TABLE [dbo].[CustomerInformation](
    [CustomerID] [int] NOT NULL,
    [CustomerName] [varchar](50) NULL,
    [Company] [varchar](50) NULL
    CONSTRAINT [CustID] PRIMARY KEY CLUSTERED ([CustomerID] ASC)
)
INSERT INTO [dbo].[CustomerInformation] ([CustomerID], [CustomerName], [Company]) VALUES (1, 'Jack', 'ABC')
INSERT INTO [dbo].[CustomerInformation] ([CustomerID], [CustomerName], [Company]) VALUES (2, 'Steve', 'XYZ')
INSERT INTO [dbo].[CustomerInformation] ([CustomerID], [CustomerName], [Company]) VALUES (3, 'Lylla', 'MNO')

データベース オブジェクトを作成する

データベース スコープのマスター キーと資格情報

  1. SQL Server Management Studio または Visual Studio の SQL Server Data Tools を開きます。

  2. Orders データベースに接続し、次の T-SQL コマンドを実行します。

    CREATE MASTER KEY ENCRYPTION BY PASSWORD = '<master_key_password>';
    CREATE DATABASE SCOPED CREDENTIAL ElasticDBQueryCred
    WITH IDENTITY = '<username>',
    SECRET = '<password>';  
    

    "master_key_password" は、接続の資格情報を暗号化するときに使用される、ユーザーが選択した強力なパスワードです。 "username" と "password" は Customers データベースのログインに使用するユーザー名とパスワードになります。 Azure Active Directory とエラスティック クエリを使用した認証は、現時点ではサポートされていません。

外部データ ソース

外部データ ソースを作成するには、Orders データベースで、次のコマンドを実行します。

CREATE EXTERNAL DATA SOURCE MyElasticDBQueryDataSrc WITH
    (TYPE = RDBMS,
    LOCATION = '<server_name>.database.windows.net',
    DATABASE_NAME = 'Customers',
    CREDENTIAL = ElasticDBQueryCred,
) ;

外部テーブル

CustomerInformation テーブルの定義に一致する外部テーブルを Orders データベースで作成します。

CREATE EXTERNAL TABLE [dbo].[CustomerInformation]
( [CustomerID] [int] NOT NULL,
    [CustomerName] [varchar](50) NOT NULL,
    [Company] [varchar](50) NOT NULL)
WITH
( DATA_SOURCE = MyElasticDBQueryDataSrc)

サンプルのエラスティック データベース T-SQL クエリを実行する

外部データ ソースと外部テーブルを定義すると、T-SQL を使用して外部テーブルにクエリを実行できるようになります。 Orders データベースでこのクエリを実行します。

SELECT OrderInformation.CustomerID, OrderInformation.OrderId, CustomerInformation.CustomerName, CustomerInformation.Company
FROM OrderInformation
INNER JOIN CustomerInformation
ON CustomerInformation.CustomerID = OrderInformation.CustomerID

コスト

現在のところ、エラスティック データベース クエリ機能は Azure SQL Database のコストに含まれています。

料金情報については、「Azure SQL Database の価格」を参照してください。

次のステップ