メンテナンス期間 (プレビュー)Maintenance window (Preview)

適用対象: Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance

メンテナンス期間機能を使用すると、Azure SQL DatabaseAzure SQL マネージド インスタンス リソースのメンテナンス スケジュールを構成して、影響のあるメンテナンス イベントを予測可能にし、ワークロードの中断を減らすことができます。The maintenance window feature allows you to configure maintenance schedule for Azure SQL Database and Azure SQL managed instance resources making impactful maintenance events predictable and less disruptive for your workload.

注意

メンテナンス期間機能を使用しても、短時間の接続中断を引き起こす可能性のあるハードウェア障害などの計画外のイベントからは保護されません。Maintenance window feature does not protect from unplanned events, like hardware failures, that may cause short connection interruptions.

概要Overview

Azure では、SQL Database と SQL マネージド インスタンス リソースの計画メンテナンスを定期的に実行します。Azure periodically performs planned maintenance of SQL Database and SQL managed instance resources. Azure SQL メンテナンス イベントの間、データベースは完全に利用可能ですが、場合によってはリソースの再構成が必要になるため、SQL DatabaseSQL マネージド インスタンスのそれぞれの可用性 SLA 内で短時間のフェールオーバーが発生する可能性があります。During Azure SQL maintenance event, databases are fully available but can be subject to short failovers within respective availability SLAs for SQL Database and SQL managed instance, as resource reconfiguration is required in some cases.

メンテナンス期間は、データベースまたはインスタンスのフェールオーバーに対して回復性がなく、計画メンテナンス イベントによる短時間の接続中断を許容できない運用環境のワークロードを対象としています。Maintenance window is intended for production workloads that are not resilient to database or instance failovers and cannot absorb short connection interruptions caused by planned maintenance events. 希望するメンテナンス期間を選択することで、計画メンテナンスの影響を最小限に抑えることができます。それが営業時間のピーク時以外に行われるためです。By choosing a maintenance window you prefer, you can minimize the impact of planned maintenance as it will be occurring outside of your peak business hours. 回復性があるワークロードと非運用環境ワークロードは、Azure SQL の既定のメンテナンス ポリシーに依存できます。Resilient workloads and non-production workloads may rely on Azure SQL's default maintenance policy.

メンテナンス期間は、作成時に構成することも、既存の Azure SQL リソースに対して構成することもできます。The maintenance window can be configured on creation or for existing Azure SQL resources. これは、Azure portal、PowerShell、CLI、または Azure API を使用して構成できます。It can be configured using the Azure portal, PowerShell, CLI, or Azure API.

重要

メンテナンス期間の構成は、Azure SQL リソースのサービス レベルの変更と同様に、時間のかかる非同期操作です。Configuring maintenance window is a long running asynchronous operation, similar to changing the service tier of the Azure SQL resource. 操作の終了時に発生する短いフェールオーバーを除いて、操作中にリソースを使用できます。これは、長時間のトランザクションが中断された場合でも、通常は最大 8 秒です。The resource is available during the operation, except a short failover that happens at the end of the operation and typically lasts up to 8 seconds even in case of interrupted long-running transactions. フェールオーバーの影響を最小限に抑えるには、ピーク時以外に操作を実行する必要があります。To minimize the impact of failover you should perform the operation outside of the peak hours.

メンテナンス期間の予測可能性を高めるGain more predictability with maintenance window

既定では、Azure SQL のメンテナンス ポリシーは、一般的な営業時間のピーク時の中断を回避するために、毎日現地時刻で午前 8 時から午後 5 時まで の間、影響のある更新をブロックします。By default, Azure SQL maintenance policy blocks impactful updates during the period 8AM to 5PM local time every day to avoid any disruptions during typical peak business hours. 現地時刻は、リソースをホストする Azure リージョンの場所によって決定され、ローカル タイム ゾーンの定義に従って夏時間が適用される場合があります。Local time is determined by the location of Azure region that hosts the resource and may observe daylight saving time in accordance with local time zone definition.

次の 2 つの追加メンテナンス期間スロットから選択することにより、メンテナンスの更新を Azure SQL リソースに適した時間に調整できます。You can further adjust the maintenance updates to a time suitable to your Azure SQL resources by choosing from two additional maintenance window slots:

  • 平日期間、月曜日から木曜日の現地時刻で午後 10 時から午前 6 時Weekday window, 10PM to 6AM local time Monday - Thursday
  • 週末期間、金曜日から日曜日の現地時刻で午後 10 時から午前 6 時Weekend window, 10PM to 6AM local time Friday - Sunday

メンテナンス期間を選択し、サービスの構成が完了すると、計画メンテナンスは、選択した期間中のみ行われます。Once the maintenance window selection is made and service configuration completed, planned maintenance will occur only during the window of your choice.

重要

重要なセキュリティ パッチの適用など、アクションの延期によって重大な影響が生じる可能性がある非常にまれな状況では、構成されたメンテナンス期間が一時的にオーバーライドされることがあります。In very rare circumstances where any postponement of action could cause serious impact, like applying critical security patch, configured maintenance window may be temporarily overriden.

コストと資格Cost and eligibility

メンテナンス期間の構成と使用は、対象となるすべてのプランの種類 (従量課金制、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP)、Microsoft Enterprise Agreement、または Microsoft 顧客契約) で無料です。Configuring and using maintenance window is free of charge for all eligible offer types: Pay-As-You-Go, Cloud Solution Provider (CSP), Microsoft Enterprise Agreement, or Microsoft Customer Agreement.

注意

Azure オファーとは、ご利用の Azure サブスクリプションの種類です。An Azure offer is the type of the Azure subscription you have. たとえば、従量課金制料金Azure イン オープン プラン、および Visual Studio Enterprise のサブスクリプションはすべて Azure プランです。For example, a subscription with pay-as-you-go rates, Azure in Open, and Visual Studio Enterprise are all Azure offers. オファーまたはプランごとに、使用条件と利点は異なります。Each offer or plan has different terms and benefits. オファーまたはプランは、サブスクリプションの概要に表示されます。Your offer or plan is shown on the subscription's Overview. サブスクリプションを別のオファーに変更する方法について詳しくは、「Azure サブスクリプションを別のオファーに変更する」を参照してください。For more information on switching your subscription to a different offer, see Change your Azure subscription to a different offer.

事前通知Advance notifications

メンテナンス通知は、Azure SQL Database の次回の計画メンテナンス イベントの 24 時間前に、メンテナンス時に、およびメンテナンスの終了時に通知するように構成できます。Maintenance notifications can be configured to alert you on upcoming planned maintenance events for your Azure SQL Database 24 hours in advance, at the time of maintenance, and when the maintenance is complete. 詳しくは、「事前通知」をご覧ください。For more information, see Advance Notifications.

可用性Availability

サポートされるサービス レベル目標Supported service level objectives

既定以外のメンテナンス期間は、すべての SLO で選択できますが、次の場合を除きますChoosing a maintenance window other than the default is available on all SLOs except for:

  • ハイパースケールHyperscale
  • インスタンス プールInstance pools
  • レガシ Gen4 vCoreLegacy Gen4 vCore
  • Basic、S0、および S1Basic, S0 and S1
  • DC、Fsv2、M シリーズDC, Fsv2, M-series

Azure リージョンへの対応Azure region support

既定以外のメンテナンス期間は、現在、次のリージョンで選択できます。Choosing a maintenance window other than the default is currently available in the following regions:

  • オーストラリア東部Australia East
  • オーストラリア南東部Australia SouthEast
  • ブラジル南部Brazil South
  • カナダ中部Canada Central
  • 米国中部Central US
  • 米国東部East US
  • 米国東部 2East US2
  • 東アジアEast Asia
  • 東日本Japan East
  • 米国中北部NorthCentral US
  • 北ヨーロッパNorth Europe
  • 米国中南部SouthCentral US
  • 東南アジアSouthEast Asia
  • 英国南部UK South
  • 西ヨーロッパWest Europe
  • 米国西部West US
  • 米国西部 2West US2

Azure SQL Database のゲートウェイ メンテナンスGateway maintenance for Azure SQL Database

メンテナンス期間の最大のメリットを得るには、クライアント アプリケーションでリダイレクト接続ポリシーを使用していることが必要です。To get the maximum benefit from maintenance windows, make sure your client applications are using the redirect connection policy. リダイレクトは推奨の接続ポリシーであり、このときクライアントはデータベースをホストしているノードへの直接接続を確立します。これにより、待機時間が短縮され、スループットが向上します。Redirect is the recommended connection policy, where clients establish connections directly to the node hosting the database, leading to reduced latency and improved throughput.

  • Azure SQL Database では、プロキシ接続ポリシーを使用した接続は、選択したメンテナンス期間とゲートウェイ ノードのメンテナンス期間の両方の影響を受ける可能性があります。In Azure SQL Database, any connections using the proxy connection policy could be affected by both the chosen maintenance window and a gateway node maintenance window. ただし、推奨のリダイレクト接続ポリシーを使用したクライアント接続であれば、ゲートウェイ ノードのメンテナンス フェールオーバーの影響を受けません。However, client connections using the recommended redirect connection policy are unaffected by a gateway node maintenance failover.

  • Azure SQL マネージド インスタンスでは、ゲートウェイ ノードは仮想クラスター内でホストされ、マネージド インスタンスと同じメンテナンス期間を使用しますが、メンテナンス イベント中の中断の回数を最小限に抑えるために、リダイレクト接続ポリシーを使用することをお勧めします。In Azure SQL managed instance, the gateway nodes are hosted within the virtual cluster and have the same maintenance window as the managed instance, but using the redirect connection policy is still recommended to minimize number of disruptions during the maintenance event.

Azure SQL Database でのクライアント接続ポリシーについて詳しくは、Azure SQL Database の接続ポリシーに関するページをご覧ください。For more on the client connection policy in Azure SQL Database, see Azure SQL Database Connection policy.

Azure SQL マネージド インスタンスでのクライアント接続ポリシーについて詳しくは、Azure SQL マネージド インスタンスの接続の種類に関するページをご覧ください。For more on the client connection policy in Azure SQL managed instance see Azure SQL managed instance connection types.

Azure SQL マネージド インスタンスに関する考慮事項Considerations for Azure SQL managed instance

Azure SQL マネージド インスタンスは、お客様の仮想ネットワーク サブネット内で実行される、隔離された一連の専用仮想マシンでホストされたサービス コンポーネントで構成されます。Azure SQL managed instance consists of service components hosted on a dedicated set of isolated virtual machines that run inside the customer's virtual network subnet. これらの仮想マシンは、複数のマネージド インスタンスをホストできる仮想クラスターを形成します。These virtual machines form virtual cluster(s) that can host multiple managed instances. 1 つのサブネットのインスタンスに対して構成されたメンテナンス期間は、サブネット内の仮想クラスターの数と、仮想クラスター間でのインスタンスの分散に影響を与える可能性があります。Maintenance window configured on instances of one subnet can influence the number of virtual clusters within the subnet and distribution of instances among virtual clusters. これには、いくつかの影響を考慮する必要がある場合があります。This may require a consideration of few effects.

メンテナンス期間の構成は実行時間の長い操作ですMaintenance window configuration is long running operation

仮想クラスターでホストされているすべてのインスタンスは、メンテナンス期間を共有します。All instances hosted in a virtual cluster share the maintenance window. 既定では、すべてのマネージド インスタンスは、既定のメンテナンス期間を使用して仮想クラスターでホストされます。By default, all managed instances are hosted in the virtual cluster with the default maintenance window. その作成時または作成後にマネージド インスタンスに対して別のメンテナンス期間を指定すると、それは、対応するメンテナンス期間を持つ仮想クラスターに配置する必要があります。Specifying another maintenance window for managed instance during its creation or afterwards means that it must be placed in virtual cluster with corresponding maintenance window. そのような仮想クラスターがサブネット内に存在しない場合は、そのインスタンスを格納するために、最初に新しいものを作成する必要があります。If there is no such virtual cluster in the subnet, a new one must be created first to accommodate the instance. 既存の仮想クラスターに追加のインスタンスを格納するには、クラスターのサイズ変更が必要になる場合があります。Accommodating additional instance in the existing virtual cluster may require cluster resize. どちらの操作も、マネージド インスタンスのメンテナンス期間の構成にかかる時間に影響します。Both operations contribute to the duration of configuring maintenance window for a managed instance. マネージド インスタンスでのメンテナンス期間の構成に予想される時間は、インスタンス管理操作の予想時間を使用して計算できます。Expected duration of configuring maintenance window on managed instance can be calculated using estimated duration of instance management operations.

重要

メンテナンス操作の終了時に短いフェールオーバーが発生します。これは、実行時間の長いトランザクションが中断された場合でも、通常は最大で 8 秒です。A short failover happens at the end of the maintenance operation and typically lasts up to 8 seconds even in case of interrupted long-running transactions. フェールオーバーの影響を最小限に抑えるには、ピーク時以外に操作をスケジュールする必要があります。To minimize the impact of failover you should schedule the operation outside of the peak hours.

IP アドレス空間の要件IP address space requirements

サブネット内の新しい各仮想クラスターには、仮想クラスターの IP アドレスの割り当てに従って、追加の IP アドレスが必要です。Each new virtual cluster in subnet requires additional IP addresses according to the virtual cluster IP address allocation. 既存のマネージド インスタンスのメンテナンス期間を変更する場合も、対応するサービス レベルの仮想コアのスケーリング シナリオと同様に、一時的な追加の IP 容量が必要です。Changing maintenance window for existing managed instance also requires temporary additional IP capacity as in scaling vCores scenario for corresponding service tier.

IP アドレスの変更IP address change

メンテナンス期間の構成および変更を行うと、サブネットの IP アドレス範囲内で、インスタンスの IP アドレスが変更されます。Configuring and changing maintenance window causes change of the IP address of the instance, within the IP address range of the subnet.

重要

IP アドレスを変更した後、NSG とファイアウォール規則によってデータ トラフィックがブロックされないようにしてください。Make sure that NSG and firewall rules won't block data traffic after IP address change.

次のステップNext steps

詳細情報Learn more