仮想コア モデルの概要 - Azure SQL Database および Azure SQL Managed InstancevCore model overview - Azure SQL Database and Azure SQL Managed Instance

適用対象: Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance

Azure SQL Database と Azure SQL Managed Instance で使用される仮想コア (vCore) 購入モデルには、いくつかの利点があります。The virtual core (vCore) purchasing model used by Azure SQL Database and Azure SQL Managed Instance provides several benefits:

  • コンピューティング、メモリ、I/O、およびストレージの上限が高くなります。Higher compute, memory, I/O, and storage limits.
  • ワークロードのコンピューティング要件とメモリ要件をより満たすようにハードウェアの世代を制御します。Control over the hardware generation to better match compute and memory requirements of the workload.
  • Azure ハイブリッド特典 (AHB) および予約インスタンス (RI) に対する料金割引。Pricing discounts for Azure Hybrid Benefit (AHB) and Reserved Instance (RI).
  • コンピューティングを強化するハードウェア詳細における透明性の向上。それが、オンプレミスのデプロイからの移行計画を容易にします。Greater transparency in the hardware details that power the compute, that facilitates planning for migrations from on-premises deployments.

サービス階層Service tiers

仮想コア モデルのサービス レベルのオプションには、General Purpose、Business Critical、および Hyperscale があります。Service tier options in the vCore model include General Purpose, Business Critical, and Hyperscale. サービス レベルでは一般に、ストレージ アーキテクチャ、容量と I/O の制限、および可用性とディザスター リカバリーに関連するビジネス継続性のオプションが定義されています。The service tier generally defines the storage architecture, space and I/O limits, and business continuity options related to availability and disaster recovery.

- 汎用General Purpose Business CriticalBusiness Critical HyperscaleHyperscale
最適な用途Best for ほとんどのビジネス ワークロード。Most business workloads. 予算重視で、バランスのとれた、スケーラブルなコンピューティングおよびストレージ オプションを提供します。Offers budget-oriented, balanced, and scalable compute and storage options. 複数の分離されたレプリカを使用して、障害に対する最大の回復性をビジネス アプリケーションに提供し、データベース レプリカあたりの最大の I/O パフォーマンスを実現します。Offers business applications the highest resilience to failures by using several isolated replicas, and provides the highest I/O performance per database replica. 高度にスケーラブルなストレージと読み取りスケールの要件を持つほとんどのビジネス ワークロード。Most business workloads with highly scalable storage and read-scale requirements. 複数の分離されたデータベース レプリカを構成できるようにして、障害に対するより高い回復性を提供します。Offers higher resilience to failures by allowing configuration of more than one isolated database replica.
ストレージStorage リモート ストレージを使用します。Uses remote storage.
SQL Database がプロビジョニングされたコンピューティング :SQL Database provisioned compute :
5 GB – 4 TB5 GB – 4 TB
サーバーレス コンピューティング :Serverless compute :
5 GB - 3 TB5 GB - 3 TB
SQL Managed Instance :32 GB ~ 8 TBSQL Managed Instance : 32 GB - 8 TB
ローカル SSD ストレージを使用します。Uses local SSD storage.
SQL Database がプロビジョニングされたコンピューティング :SQL Database provisioned compute :
5 GB – 4 TB5 GB – 4 TB
SQL Managed Instance :SQL Managed Instance :
32 GB ~ 4 TB32 GB - 4 TB
必要に応じた、ストレージの柔軟な自動拡張。Flexible autogrow of storage as needed. 最大 100 TB のストレージをサポートします。Supports up to 100 TB of storage. ローカル バッファー プール キャッシュとローカル データ ストレージにローカル SSD ストレージを使用します。Uses local SSD storage for local buffer-pool cache and local data storage. 最終的な長期間のデータ ストアとして Azure リモート ストレージを使用します。Uses Azure remote storage as final long-term data store.
IOPS とスループット (概算)IOPS and throughput (approximate) SQL Database : 単一データベースエラスティック プールに関するリソース制限を参照してください。SQL Database : See resource limits for single databases and elastic pools.
SQL Managed Instance : Azure SQL Managed Instance のリソース制限の概要に関するページを参照してください。SQL Managed Instance : See Overview Azure SQL Managed Instance resource limits.
単一データベースエラスティック プールに関するリソース制限を参照してください。See resource limits for single databases and elastic pools. Hyperscale は、複数のレベルのキャッシュが存在する複数レベル アーキテクチャです。Hyperscale is a multi-tiered architecture with caching at multiple levels. 有効な IOPS とスループットはワークロードによって異なります。Effective IOPS and throughput will depend on the workload.
可用性Availability 1 レプリカ、読み取りスケール レプリカなし1 replica, no read-scale replicas 3 レプリカ、1 読み取りスケール レプリカ3 replicas, 1 read-scale replica,
ゾーン冗長高可用性 (HA)zone-redundant high availability (HA)
1 読み取り/書き込みレプリカ、および 0 ~ 4 読み取りスケール レプリカ 1 read-write replica, plus 0-4 read-scale replicas
バックアップBackups 読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS)、7 ~ 35 日 (既定では 7 日)Read-access geo-redundant storage (RA-GRS), 7-35 days (7 days by default) RA-GRS、7 ~ 35 日 (既定では 7 日)RA-GRS, 7-35 days (7 days by default) Azure リモート ストレージでのスナップショット ベースのバックアップ。Snapshot-based backups in Azure remote storage. このようなスナップショットを使用して復元することで、高速復元が可能になります。Restores use these snapshots for fast recovery. バックアップは瞬時であり、コンピューティング I/O パフォーマンスには影響を与えません。Backups are instantaneous and don't impact compute I/O performance. 復元は高速であり、データ サイズに左右される操作ではありません (数時間または数日ではなく、数分で完了)。Restores are fast and aren't a size-of-data operation (taking minutes rather than hours or days).
メモリ内In-memory サポートされていませんNot supported サポートされていますSupported サポートされていませんNot supported

サービス階層の選択Choosing a service tier

特定のワークロードに対してサービス レベルを選択する方法については、次の記事を参照してください。For information on selecting a service tier for your particular workload, see the following articles:

コンピューティング レベルCompute tiers

仮想コア モデルのコンピューティング レベル オプションには、プロビジョニングおよびサーバーレスのコンピューティング レベルが含まれます。Compute tier options in the vCore model include the provisioned and serverless compute tiers.

プロビジョニング済みコンピューティングProvisioned compute

プロビジョニング済みコンピューティング レベルでは、ワークロード アクティビティとは無関係に、継続的にプロビジョニングされる特定の量のコンピューティング リソースを提供し、時間あたりの固定価格でプロビジョニングされたコンピューティング使用量に対して請求します。The provisioned compute tier provides a specific amount of compute resources that are continuously provisioned independent of workload activity, and bills for the amount of compute provisioned at a fixed price per hour.

サーバーレス コンピューティングServerless compute

サーバーレス コンピューティング レベルでは、ワークロード アクティビティに基づいてコンピューティング リソースを自動スケールし、1 秒あたりのコンピューティング使用量に対して請求します。The serverless compute tier auto-scales compute resources based on workload activity, and bills for the amount of compute used per second.

ハードウェアの世代Hardware generations

仮想コア モデルのハードウェアの世代オプションには、Gen 4/5、M シリーズ、Fsv2 シリーズがあります。Hardware generation options in the vCore model include Gen 4/5, M-series, and Fsv2-series. ハードウェアの世代では、一般に、ワークロードのパフォーマンスに影響を与えるコンピューティングおよびメモリの制限とその他の特性を定義します。The hardware generation generally defines the compute and memory limits and other characteristics that impact the performance of the workload.

Gen4/Gen5Gen4/Gen5

  • Gen4/Gen5 ハードウェアでは、バランスの取れたコンピューティング リソースとメモリ リソースを提供し、Fsv2 シリーズや M シリーズで提供されるような、メモリの増加、仮想コアの増加、またはより高速な単一の仮想コア要件を持たないほとんどのデータベース ワークロードに適しています。Gen4/Gen5 hardware provides balanced compute and memory resources, and is suitable for most database workloads that do not have higher memory, higher vCore, or faster single vCore requirements as provided by Fsv2-series or M-series.

Gen4/Gen5 が利用可能なリージョンについては、Gen4/Gen5 の可用性に関するセクションを参照してください。For regions where Gen4/Gen5 is available, see Gen4/Gen5 availability.

Fsv2 シリーズFsv2-series

  • Fsv2 シリーズは、CPU を大量に要求するワークロードに対して、CPU の低待機時間と高クロック速度を実現するコンピューティング最適化のハードウェア オプションです。Fsv2-series is a compute optimized hardware option delivering low CPU latency and high clock speed for the most CPU demanding workloads.
  • ワークロードによっては、Fsv2 シリーズは Gen5 よりも仮想コアあたりの CPU パフォーマンスを向上させることができます。72 vCore サイズでは、Gen5 の 80 仮想コアと比較して、より高い CPU パフォーマンスを実現し、コストを削減できます。Depending on the workload, Fsv2-series can deliver more CPU performance per vCore than Gen5, and the 72 vCore size can provide more CPU performance for less cost than 80 vCores on Gen5.
  • Fsv2 を使用すると、他のハードウェアよりも仮想コアあたりのメモリと tempdb が少なくなります。そのため、これらの制限の影響を受けるワークロードでは、Gen5 または M シリーズを代わりに検討する必要があります。Fsv2 provides less memory and tempdb per vCore than other hardware so workloads sensitive to those limits may want to consider Gen5 or M-series instead.  

Fsv2 シリーズは、General Purpose レベルでのみサポートされています。Fsv2-series in only supported in the General Purpose tier. Fsv2 シリーズが利用可能なリージョンについては、Fsv2 シリーズの可用性に関するセクションを参照してください。For regions where Fsv2-series is available, see Fsv2-series availability.

M シリーズM-series

  • M シリーズは、Gen5 で提供されるよりも多くのメモリと高いコンピューティング制限を要求するワークロードのためのメモリ最適化のハードウェア オプションです。M-series is a memory optimized hardware option for workloads demanding more memory and higher compute limits than provided by Gen5.
  • M シリーズでは、仮想コアあたり 29 GB と最大 128 個の仮想コアを提供し、Gen5 に比べて、メモリ制限が 8 倍の 4 TB 近くまで増加します。M-series provides 29 GB per vCore and up to 128 vCores, which increases the memory limit relative to Gen5 by 8x to nearly 4 TB.

M シリーズは Business Critical レベルでのみサポートされており、ゾーン冗長はサポートされていません。M-series is only supported in the Business Critical tier and does not support zone redundancy. M シリーズが利用可能なリージョンについては、M シリーズの可用性に関するセクションを参照してください。For regions where M-series is available, see M-series availability.

M シリーズでサポートされている Azure オファーの種類Azure offer types supported by M-series

M シリーズにアクセスするには、サブスクリプションの種類を、従量課金制やマイクロソフト エンタープライズ契約 (EA) を含む有料のオファーにする必要があります。To access M-series, the subscription must be a paid offer type including Pay-As-You-Go or Enterprise Agreement (EA). M シリーズでサポートされている Azure オファーの種類の一覧については、使用制限のない現在のオファーを参照してください。For a complete list of Azure offer types supported by M-series, see current offers without spending limits.

コンピューティングとメモリの仕様Compute and memory specifications

ハードウェアの世代Hardware generation ComputeCompute メモリMemory
Gen4Gen4 - Intel® E5-2673 v3 (Haswell) 2.4 GHz プロセッサ- Intel® E5-2673 v3 (Haswell) 2.4 GHz processors
- 最大 24 個の仮想コアをプロビジョニング (1 仮想コア = 1 物理コア)- Provision up to 24 vCores (1 vCore = 1 physical core)
- 仮想コアあたり 7 GB- 7 GB per vCore
- 最大 168 GB のプロビジョニング- Provision up to 168 GB
第 5 世代Gen5 プロビジョニング済みコンピューティングProvisioned compute
- Intel® E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz プロセッサ、Intel® SP-8160 (Skylake)* プロセッサ、および Intel® 8272CL (Cascade Lake) 2.5 GHz* プロセッサ- Intel® E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz, Intel® SP-8160 (Skylake)*, and Intel® 8272CL (Cascade Lake) 2.5 GHz* processors
- 最大 80 個の仮想コアをプロビジョニング (1 仮想コア = 1 ハイパースレッド)- Provision up to 80 vCores (1 vCore = 1 hyper-thread)

サーバーレス コンピューティングServerless compute
- Intel® E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz プロセッサおよび Intel® SP-8160 (Skylake)* プロセッサ- Intel® E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz and Intel® SP-8160 (Skylake)* processors
- 最大 40 個の仮想コアを自動スケール (1 仮想コア = 1 ハイパースレッド)- Auto-scale up to 40 vCores (1 vCore = 1 hyper-thread)
プロビジョニング済みコンピューティングProvisioned compute
- 仮想コアあたり 5.1 GB- 5.1 GB per vCore
- 最大 408 GB をプロビジョニング- Provision up to 408 GB

サーバーレス コンピューティングServerless compute
- 仮想コアあたり最大 24 GB を自動スケール- Auto-scale up to 24 GB per vCore
- 最大 120 GB を自動スケール- Auto-scale up to 120 GB max
Fsv2 シリーズFsv2-series - Intel® 8168 (Skylake) プロセッサ- Intel® 8168 (Skylake) processors
- すべての主要なターボ クロック速度 (3.4 GHz) と、最大 1 コアのターボ クロック速度 (3.7 GHz) を実現します。- Featuring a sustained all core turbo clock speed of 3.4 GHz and a maximum single core turbo clock speed of 3.7 GHz.
- 最大 72 個の仮想コアをプロビジョニング (1 仮想コア = 1 ハイパースレッド)- Provision up to 72 vCores (1 vCore = 1 hyper-thread)
- 仮想コアあたり 1.9 GB- 1.9 GB per vCore
- 最大 136 GB をプロビジョニング- Provision up to 136 GB
M シリーズM-series - Intel® E7-8890 v3 2.5 GHz プロセッサおよび Intel® 8280M 2.7 GHz (Cascade Lake) プロセッサ- Intel® E7-8890 v3 2.5 GHz and Intel® 8280M 2.7 GHz (Cascade Lake) processors
- 最大 128 個の仮想コアをプロビジョニング (1 仮想コア = 1 ハイパースレッド)- Provision up to 128 vCores (1 vCore = 1 hyper-thread)
- 仮想コアあたり 29 GB- 29 GB per vCore
- 最大 3.7 TB をプロビジョニング- Provision up to 3.7 TB

* sys.dm_user_db_resource_governance 動的管理ビューでは、Intel® SP-8160 (Skylake) プロセッサを使用するデータベースのハードウェア世代は Gen6 と表示され、Intel® 8272CL (Cascade Lake) を使用するデータベースのハードウェア世代は Gen7 と表示されます。* In the sys.dm_user_db_resource_governance dynamic management view, hardware generation for databases using Intel® SP-8160 (Skylake) processors appears as Gen6, while hardware generation for databases using Intel® 8272CL (Cascade Lake) appears as Gen7. すべての Gen5 データベースのリソース制限は、プロセッサの種類 (Broadwell、Skylake、Cascade Lake) に関係なく同じです。Resource limits for all Gen5 databases are the same regardless of processor type (Broadwell, Skylake, or Cascade Lake).

リソース制限の詳細については、単一データベースに対するリソース制限 (仮想コア) に関するページ、またはエラスティック プールに対するリソース制限 (仮想コア) に関するページを参照してください。For more information on resource limits, see Resource limits for single databases (vCore), or Resource limits for elastic pools (vCore).

ハードウェアの世代を選択するSelecting a hardware generation

Azure portal では、SQL Database でデータベースまたはプールの作成時にハードウェアの世代を選択できます。また、既存のデータベースまたはプールのハードウェアの世代を変更することもできます。In the Azure portal, you can select the hardware generation for a database or pool in SQL Database at the time of creation, or you can change the hardware generation of an existing database or pool.

SQL Database またはプールを作成するときにハードウェアの世代を選択するにはTo select a hardware generation when creating a SQL Database or pool

詳細については、SQL Database の作成に関するページを参照してください。For detailed information, see Create a SQL Database.

[基本] タブで、 [Compute + storage](コンピューティングとストレージ) セクションの [データベースの構成] リンクを選択し、 [構成の変更] リンクを選択します。On the Basics tab, select the Configure database link in the Compute + storage section, and then select the Change configuration link:

configure database

目的のハードウェアの世代を選択します。Select the desired hardware generation:

ハードウェアの選択

既存の SQL Database またはプールのハードウェアの世代を変更するにはTo change the hardware generation of an existing SQL Database or pool

データベースの場合は、[概要] ページで、 [価格レベル] リンクを選択します。For a database, on the Overview page, select the Pricing tier link:

ハードウェアの変更

プールの場合は、[概要] ページで [構成] を選択します。For a pool, on the Overview page, select Configure .

手順に従って構成を変更し、前の手順で説明したようにハードウェアの世代を選択します。Follow the steps to change configuration, and select the hardware generation as described in the previous steps.

SQL Managed Instance の作成時にハードウェア世代を選択するにはTo select a hardware generation when creating a SQL Managed Instance

詳細については、SQL Managed Instance の作成に関するページを参照してください。For detailed information, see Create a SQL Managed Instance.

[基本] タブで、 [Compute + storage] セクションの [データベースの構成] リンクを選択し、使用するハードウェア世代を選択します:On the Basics tab, select the Configure database link in the Compute + storage section, and then select desired hardware generation:

SQL Managed Instance を構成する

既存の SQL Managed Instance のハードウェア世代を変更するにはTo change the hardware generation of an existing SQL Managed Instance

SQL Managed Instance のページで、[設定] セクションの下にある [価格レベル] リンクを選択しますFrom the SQL Managed Instance page, select Pricing tier link placed under the Settings section

SQL Managed Instance のハードウェアを変更する

[価格レベル] ページで、前の手順で説明したようにハードウェア世代を変更できます。On the Pricing tier page, you will be able to change hardware generation as described in the previous steps.

ハードウェアの可用性Hardware availability

Gen4/Gen5Gen4/Gen5

Gen4 ハードウェアは段階的に廃止中であり、新しいデプロイでは利用できなくなりました。Gen4 hardware is being phased out and is no longer available for new deployments. すべての新しいデータベースを Gen5 ハードウェアにデプロイする必要があります。All new databases must be deployed on Gen5 hardware.

Gen5 は、世界中のほとんどのリージョンで使用できます。Gen5 is available in most regions worldwide.

Fsv2 シリーズFsv2-series

Fsv2 シリーズは、次のリージョンで使用できます: オーストラリア中部、オーストラリア中部 2、オーストラリア東部、オーストラリア南東部、ブラジル南部、カナダ中部、東アジア、米国東部、フランス中部、インド中部、韓国中部、韓国南部、北ヨーロッパ、南アフリカ北部、東南アジア、英国南部、英国西部、西ヨーロッパ、米国西部 2。Fsv2-series is available in the following regions: Australia Central, Australia Central 2, Australia East, Australia Southeast, Brazil South, Canada Central, East Asia, East Us, France Central, India Central, Korea Central, Korea South, North Europe, South Africa North, Southeast Asia, UK South, UK West, West Europe, West Us 2.

M シリーズM-series

M シリーズは、次のリージョンで使用できます: 米国東部、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、米国西部 2。M-series is available in the following regions: East US, North Europe, West Europe, West US 2.

次のステップNext steps

作業を開始するには、次のトピックをご覧ください。To get started, see:

価格設定の詳細については、Azure SQL Database の価格に関するページを参照してください。For pricing details, see the Azure SQL Database pricing page.

General Purpose サービス レベルおよび Business Critical サービス レベルで使用できる特定のコンピューティングおよびストレージ サイズの詳細については、以下を参照してください。For details about the specific compute and storage sizes available in the general purpose and business critical service tiers, see: