Azure SQL Managed Instance のカスタム DNS を構成するConfigure a custom DNS for Azure SQL Managed Instance

適用対象: Azure SQL Managed Instance

Azure SQL Managed Instance は、Azure 仮想ネットワーク (VNet) 内にデプロイする必要があります。Azure SQL Managed Instance must be deployed within an Azure virtual network (VNet). プライベート ホスト名を SQL Managed Instance から解決する必要のあるシナリオ (データベース メール、クラウドまたはハイブリッド環境内の他の SQL Server インスタンスにリンクされたサーバーなど) がいくつか存在します。There are a few scenarios (for example, db mail, linked servers to other SQL Server instances in your cloud or hybrid environment) that require private host names to be resolved from SQL Managed Instance. この場合は、Azure の内部でカスタム DNS を構成する必要があります。In this case, you need to configure a custom DNS inside Azure.

SQL Managed Instance の内部の処理にも同じ DNS が使用されるため、パブリック ドメイン名を解決できるようにカスタム DNS サーバーを構成します。Because SQL Managed Instance uses the same DNS for its inner workings, configure the custom DNS server so that it can resolve public domain names.

重要

プライベート DNS ゾーン内にある場合でも、メール サーバー、SQL Server インスタンス、およびその他のサービスには、常に完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用します。Always use a fully qualified domain name (FQDN) for the mail server, for the SQL Server instance, and for other services, even if they're within your private DNS zone. たとえば、smtp は正しく解決されないため、メール サーバーには smtp.contoso.com を使用します。For example, use smtp.contoso.com for your mail server because smtp won't resolve correctly. 同じ仮想ネットワーク内の SQL Server VM を参照するリンク サーバーまたはレプリケーションを作成する場合も、FQDN と既定の DNS サフィックスが必要です。Creating a linked server or replication that references SQL Server VMs inside the same virtual network also requires an FQDN and a default DNS suffix. たとえば、「 SQLVM.internal.cloudapp.net 」のように入力します。For example, SQLVM.internal.cloudapp.net. 詳細については、「独自の DNS サーバーを使用する名前解決」を参照してください。For more information, see Name resolution that uses your own DNS server.

重要

仮想ネットワークの DNS サーバーを更新しても、すぐには SQL Managed Instance に影響しません。Updating virtual network DNS servers won't affect SQL Managed Instance immediately. SQL Managed Instance の DNS 構成が更新されるのは、DHCP リースの有効期限が切れた後、またはプラットフォームのアップグレード後のどちらか先に発生したときになります。The SQL Managed Instance DNS configuration is updated after the DHCP lease expires or after the platform upgrade, whichever occurs first. ユーザーには、最初のマネージド インスタンスを作成する前に、仮想ネットワークの DNS 構成を設定しておくことをお勧めします。Users are advised to set their virtual network DNS configuration before creating their first managed instance.

次のステップNext steps