チュートリアル:フェールオーバー グループに SQL Managed Instance を追加するTutorial: Add SQL Managed Instance to a failover group

適用対象: Azure SQL Managed Instance

Azure SQL Managed Instance のマネージド インスタンスをフェールオーバー グループに追加します。Add managed instances of Azure SQL Managed Instance to a failover group. この記事では、次のことについて説明します。In this article, you will learn how to:

  • プライマリ マネージド インスタンスを作成する。Create a primary managed instance.
  • フェールオーバー グループの一部として、セカンダリ マネージド インスタンスを作成する。Create a secondary managed instance as part of a failover group.
  • フェールオーバーをテストする。Test failover.

注意

  • このチュートリアルを実行するときは、SQL Managed Instance のフェールオーバー グループを設定するための前提条件を使用してリソースを構成していることを確認してください。When going through this tutorial, ensure you are configuring your resources with the prerequisites for setting up failover groups for SQL Managed Instance.
  • マネージド インスタンスの作成にはかなりの時間がかかることがあります。Creating a managed instance can take a significant amount of time. そのため、このチュートリアルの完了には数時間かかることがあります。As a result, this tutorial could take several hours to complete. プロビジョニング時間の詳細については、「SQL マネージド インスタンスの管理操作」を参照してください。For more information on provisioning times, see SQL Managed Instance management operations.
  • フェールオーバー グループに参加するマネージド インスタンスには、Azure ExpressRoute または接続された 2 つの VPN ゲートウェイが必要です。Managed instances participating in a failover group require either Azure ExpressRoute or two connected VPN gateways. グローバル VNet ピアリングはサポートされません。Global VNet Peering is not supported. このチュートリアルでは、VPN ゲートウェイを作成して接続する手順を示します。This tutorial provides steps for creating and connecting the VPN gateways. 既に ExpressRoute が構成されている場合は、これらの手順をスキップします。Skip these steps if you already have ExpressRoute configured.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、以下のものが必要です。To complete this tutorial, make sure you have:

リソース グループとプライマリ マネージド インスタンスを作成するCreate a resource group and primary managed instance

この手順では、Azure portal または PowerShell を使用して、リソース グループと、フェールオーバー グループのプライマリ マネージド インスタンスを作成します。In this step, you will create the resource group and the primary managed instance for your failover group using the Azure portal or PowerShell.

パフォーマンス上の理由により、両方のマネージド インスタンスを、ペアになっているリージョンにデプロイします。Deploy both managed instances to paired regions for performance reasons. geo のペアになっているリージョンに存在するマネージド インスタンスは、ペアになっていないリージョンと比較すると、パフォーマンスがはるかに優れています。Managed instances residing in geo-paired regions have much better performance compared to unpaired regions.

Azure portal を使用して、リソース グループとプライマリ マネージド インスタンスを作成します。Create the resource group and your primary managed instance using the Azure portal.

  1. Azure portal の左側のメニューで [Azure SQL] を選択します。Select Azure SQL in the left-hand menu of the Azure portal. [Azure SQL] が一覧にない場合は、 [すべてのサービス] を選択し、検索ボックスに「Azure SQL」と入力します。If Azure SQL is not in the list, select All services, and then type Azure SQL in the search box. (省略可能) [Azure SQL] の横にある星を選択してお気に入りに追加し、左側のナビゲーションに項目として追加します。(Optional) Select the star next to Azure SQL to favorite it and add it as an item in the left-hand navigation.

  2. [+ 追加] を選択して、 [Select SQL deployment option](SQL デプロイ オプションの選択) ページを開きます。Select + Add to open the Select SQL deployment option page. [データベース] タイルで [詳細の表示] を選択すると、さまざまなデータベースに関する追加情報を表示できます。You can view additional information about the different databases by selecting Show details on the Databases tile.

  3. [SQL マネージド インスタンス] タイルで [作成] を選択します。Select Create on the SQL Managed Instances tile.

    SQL マネージド インスタンスを選択する

  4. [Create Azure SQL Managed Instance](Azure SQL マネージド インスタンスの作成) ページの [基本] タブで、以下を実行します。On the Create Azure SQL Managed Instance page, on the Basics tab:

    1. [プロジェクトの詳細] で、ドロップダウンから自分の サブスクリプション を選び、リソース グループを 新規作成 することを選択します。Under Project Details, select your Subscription from the drop-down and then choose to Create New resource group. myResourceGroup」など、リソース グループの名前を入力します。Type in a name for your resource group, such as myResourceGroup.
    2. [SQL Managed Instance Details](SQL マネージド インスタンスの詳細) で、マネージド インスタンスの名前と、マネージド インスタンスをデプロイするリージョンを指定します。Under SQL Managed Instance Details, provide the name of your managed instance, and the region where you would like to deploy your managed instance. [コンピューティングとストレージ] は既定値のままにしておきます。Leave Compute + storage at default values.
    3. [管理者アカウント] で、azureuser などの管理者ログインと、複雑な管理者パスワードを指定します。Under Administrator Account, provide an admin login, such as azureuser, and a complex admin password.

    プライマリ マネージド インスタンスを作成する

  5. 残りの設定は既定値のままにし、 [確認と作成] を選択して SQL マネージド インスタンスの設定を確認します。Leave the rest of the settings at default values, and select Review + create to review your SQL Managed Instance settings.

  6. [作成] を選択して、プライマリ マネージド インスタンスを作成します。Select Create to create your primary managed instance.

セカンダリ仮想ネットワークを作成するCreate secondary virtual network

Azure portal を使用してマネージド インスタンスを作成する場合は、仮想ネットワークを別個に作成する必要があります。これは、プライマリとセカンダリのマネージド インスタンスのサブネットで範囲が重複しないことという要件があるためです。If you're using the Azure portal to create your managed instance, you will need to create the virtual network separately because there is a requirement that the subnet of the primary and secondary managed instance do not have overlapping ranges. PowerShell を使用してマネージド インスタンスを構成する場合は、手順 3 に進んでください。If you're using PowerShell to configure your managed instance, skip ahead to step 3.

プライマリ仮想ネットワークのサブネット範囲を確認するには、これらの手順に従います。To verify the subnet range of your primary virtual network, follow these steps:

  1. Azure portal で、リソース グループに移動し、プライマリ インスタンスの仮想ネットワークを選択します。In the Azure portal, navigate to your resource group and select the virtual network for your primary instance.

  2. [設定][サブネット] を選択し、アドレス範囲 を書き留めます。Select Subnets under Settings and note the Address range. セカンダリ マネージド インスタンス用の仮想ネットワークのサブネット アドレス範囲は、これと重複することはできません。The subnet address range of the virtual network for the secondary managed instance cannot overlap this.

    プライマリ サブネット

仮想ネットワークを作成するには、これらの手順に従います。To create a virtual network, follow these steps:

  1. Azure portal で、 [リソースの作成] を選択し、仮想ネットワーク を検索します。In the Azure portal, select Create a resource and search for virtual network.

  2. Microsoft によって公開された 仮想ネットワーク オプションを選び、次のページで [作成] を選択します。Select the Virtual Network option published by Microsoft and then select Create on the next page.

  3. セカンダリ マネージド インスタンスの仮想ネットワークを構成するために必要なフィールドに入力し、 [作成] を選択します。Fill out the required fields to configure the virtual network for your secondary managed instance, and then select Create.

    次の表には、セカンダリ仮想ネットワークに必要な値が示されています。The following table shows the values necessary for the secondary virtual network:

    フィールドField Value
    名前Name セカンダリ マネージド インスタンスで使用される仮想ネットワークの名前 (vnet-sql-mi-secondary など)。The name for the virtual network to be used by the secondary managed instance, such as vnet-sql-mi-secondary.
    アドレス空間Address space 仮想ネットワークのアドレス空間 (10.128.0.0/16 など)。The address space for your virtual network, such as 10.128.0.0/16.
    サブスクリプションSubscription プライマリ マネージド インスタンスとリソース グループが存在するサブスクリプション。The subscription where your primary managed instance and resource group reside.
    リージョンRegion セカンダリ マネージド インスタンスをデプロイする場所。The location where you will deploy your secondary managed instance.
    サブネットSubnet サブネットの名前。The name for your subnet. default は既定で自動的に指定されます。default is provided for you by default.
    アドレス範囲Address range サブネットのアドレス範囲。The address range for your subnet. これは、10.128.0.0/24 など、プライマリ マネージド インスタンスの仮想ネットワークで使用されるサブネット アドレス範囲とは異なる必要があります。This must be different than the subnet address range used by the virtual network of your primary managed instance, such as 10.128.0.0/24.
       

    セカンダリ仮想ネットワークの値

セカンダリ マネージド インスタンスを作成するCreate a secondary managed instance

この手順では、Azure portal でセカンダリ マネージド インスタンスを作成します。これにより、2 つのマネージド インスタンス間のネットワークも構成されます。In this step, you will create a secondary managed instance in the Azure portal, which will also configure the networking between the two managed instances.

2 つ目のマネージド インスタンスは、次のようなものである必要があります。Your second managed instance must:

  • 空である。Be empty.
  • プライマリ マネージド インスタンスとは異なるサブネットと IP 範囲がある。Have a different subnet and IP range than the primary managed instance.

Azure portal を使用してセカンダリ マネージド インスタンスを作成します。Create the secondary managed instance using the Azure portal.

  1. Azure portal の左側のメニューで [Azure SQL] を選択します。Select Azure SQL in the left-hand menu of the Azure portal. [Azure SQL] が一覧にない場合は、 [すべてのサービス] を選択し、検索ボックスに「Azure SQL」と入力します。If Azure SQL is not in the list, select All services, and then type Azure SQL in the search box. (省略可能) [Azure SQL] の横にある星を選択してお気に入りに追加し、左側のナビゲーションに項目として追加します。(Optional) Select the star next to Azure SQL to favorite it and add it as an item in the left-hand navigation.

  2. [+ 追加] を選択して、 [Select SQL deployment option](SQL デプロイ オプションの選択) ページを開きます。Select + Add to open the Select SQL deployment option page. [データベース] タイルで [詳細の表示] を選択すると、さまざまなデータベースに関する追加情報を表示できます。You can view additional information about the different databases by selecting Show details on the Databases tile.

  3. [SQL マネージド インスタンス] タイルで [作成] を選択します。Select Create on the SQL managed instances tile.

    SQL マネージド インスタンスを選択する

  4. [Create Azure SQL Managed Instance](Azure SQL マネージド インスタンスの作成) ページの [基本] タブで、セカンダリ マネージド インスタンスを構成するために必要なフィールドに入力します。On the Basics tab of the Create Azure SQL Managed Instance page, fill out the required fields to configure your secondary managed instance.

    次の表には、セカンダリ マネージド インスタンスに必要な値が示されています。The following table shows the values necessary for the secondary managed instance:

    フィールドField Value
    サブスクリプションSubscription プライマリ マネージド インスタンスがあるサブスクリプション。The subscription where your primary managed instance is.
    リソース グループResource group プライマリ マネージド インスタンスがあるリソース グループ。The resource group where your primary managed instance is.
    SQL マネージド インスタンス名SQL Managed Instance name 新しいセカンダリ マネージド インスタンスの名前 (sql-mi-secondary など)The name of your new secondary managed instance, such as sql-mi-secondary.
    リージョンRegion セカンダリ マネージド インスタンスの場所。The location for your secondary managed instance.
    SQL マネージド インスタンス管理者ログインSQL Managed Instance admin login 新しいセカンダリ マネージド インスタンスに使用するログイン (azureuser など)。The login you want to use for your new secondary managed instance, such as azureuser.
    パスワードPassword 新しいセカンダリ マネージド インスタンス用の管理者ログインで使用される複雑なパスワード。A complex password that will be used by the admin login for the new secondary managed instance.
       
  5. [ネットワーク] タブの [仮想ネットワーク] で、ドロップダウンからセカンダリ マネージド インスタンス用に作成した仮想ネットワークを選択します。Under the Networking tab, for the Virtual Network, select the virtual network you created for the secondary managed instance from the drop-down.

    セカンダリ MI ネットワーク

  6. [追加設定] タブの [geo レプリケーション] で、 [フェールオーバー セカンダリとして使用する][はい] を選択します。Under the Additional settings tab, for Geo-Replication, choose Yes to Use as failover secondary. ドロップダウンからプライマリ マネージド インスタンスを選択します。Select the primary managed instance from the drop-down.

    照合順序とタイム ゾーンがプライマリ マネージド インスタンスのものと一致していることを確認します。Be sure that the collation and time zone match that of the primary managed instance. このチュートリアルで作成されたプライマリ マネージド インスタンスでは、既定値の SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS 照合順序および (UTC) Coordinated Universal Time タイム ゾーンが使用されていました。The primary managed instance created in this tutorial used the default of SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS collation and the (UTC) Coordinated Universal Time time zone.

    セカンダリ マネージド インスタンスのネットワーク

  7. [確認と作成] を選択して、セカンダリ マネージド インスタンスの設定を確認します。Select Review + create to review the settings for your secondary managed instance.

  8. [作成] を選択して、セカンダリ マネージド インスタンスを作成します。Select Create to create your secondary managed instance.

プライマリ ゲートウェイを作成するCreate a primary gateway

2 つのマネージド インスタンスをフェールオーバー グループに参加させるには、2 つのマネージド インスタンスの仮想ネットワークの間に、ネットワーク通信が可能になるように ExpressRoute またはゲートウェイが構成されている必要があります。For two managed instances to participate in a failover group, there must be either ExpressRoute or a gateway configured between the virtual networks of the two managed instances to allow network communication. 2 つの VPN ゲートウェイを接続するのではなく ExpressRoute を構成する場合は、手順 7 に進んでください。If you choose to configure ExpressRoute instead of connecting two VPN gateways, skip ahead to Step 7.

この記事では、2 つの VPN ゲートウェイを作成して接続する手順について説明しますが、代わりに ExpressRoute を構成した場合は、フェールオーバー グループの作成に進むことができます。This article provides steps to create the two VPN gateways and connect them, but you can skip ahead to creating the failover group if you have configured ExpressRoute instead.

注意

ゲートウェイの SKU は、スループットのパフォーマンスに影響を与えます。The SKU of the gateway affects throughput performance. このチュートリアルでは、最も基本的な SKU (HwGw1) を使用して、ゲートウェイをデプロイします。This tutorial deploys a gateway with the most basic SKU (HwGw1). 上位の SKU (VpnGw3 など) をデプロイして、より高いスループットを実現します。Deploy a higher SKU (example: VpnGw3) to achieve higher throughput. 使用可能なすべてのオプションについては、ゲートウェイ SKU に関する記事を参照してください。For all available options, see Gateway SKUs

Azure portal を使用して、プライマリ マネージド インスタンスの仮想ネットワークのゲートウェイを作成します。Create the gateway for the virtual network of your primary managed instance using the Azure portal.

  1. Azure portal で、リソース グループに移動し、プライマリ マネージド インスタンスの 仮想ネットワーク リソースを選択します。In the Azure portal, go to your resource group and select the Virtual network resource for your primary managed instance.

  2. [設定][サブネット] を選び、新しい ゲートウェイ サブネット を追加することを選択します。Select Subnets under Settings and then select to add a new Gateway subnet. 既定値のままにします。Leave the default values.

    プライマリ マネージド インスタンスのゲートウェイを追加する

  3. サブネット ゲートウェイが作成されたら、左側のナビゲーション ウィンドウで [リソースの作成] を選択し、検索ボックスに「Virtual network gateway」と入力します。Once the subnet gateway is created, select Create a resource from the left navigation pane and then type Virtual network gateway in the search box. Microsoft によって公開された 仮想ネットワーク ゲートウェイ リソースを選択します。Select the Virtual network gateway resource published by Microsoft.

    新しい仮想ネットワーク ゲートウェイを作成する

  4. プライマリ マネージド インスタンスのゲートウェイを構成するために必要なフィールドに入力します。Fill out the required fields to configure the gateway for your primary managed instance.

    次の表には、プライマリ マネージド インスタンスのゲートウェイに必要な値が示されています。The following table shows the values necessary for the gateway for the primary managed instance:

    フィールドField Value
    サブスクリプションSubscription プライマリ マネージド インスタンスがあるサブスクリプション。The subscription where your primary managed instance is.
    名前Name 仮想ネットワーク ゲートウェイの名前 (primary-mi-gateway など)。The name for your virtual network gateway, such as primary-mi-gateway.
    リージョンRegion プライマリ マネージド インスタンスがあるリージョン。The region where your primary managed instance is.
    ゲートウェイの種類Gateway type [VPN] を選択します。Select VPN.
    VPN の種類VPN Type [ルート ベース] を選択します。Select Route-based.
    SKUSKU 既定値の VpnGw1 のままにします。Leave default of VpnGw1.
    Virtual NetworkVirtual network セクション 2 で作成された仮想ネットワーク (vnet-sql-mi-primary など) を選択します。Select the virtual network that was created in section 2, such as vnet-sql-mi-primary.
    パブリック IP アドレスPublic IP address [新規作成] を選択します。Select Create new.
    パブリック IP アドレス名Public IP address name IP アドレスの名前 (primary-gateway-IP など) を入力します。Enter a name for your IP address, such as primary-gateway-IP.
       
  5. その他の値は既定値のままにし、 [確認と作成] を選択して仮想ネットワーク ゲートウェイの設定を確認します。Leave the other values as default, and then select Review + create to review the settings for your virtual network gateway.

    プライマリ ゲートウェイの設定

  6. [作成] を選択して、新しい仮想ネットワーク ゲートウェイを作成します。Select Create to create your new virtual network gateway.

セカンダリ ゲートウェイを作成するCreate secondary gateway

この手順では、Azure portal を使用して、セカンダリ マネージド インスタンスの仮想ネットワークのゲートウェイを作成します。In this step, create the gateway for the virtual network of your secondary managed instance using the Azure portal.

Azure portal を使用して、前のセクションの手順を繰り返し、セカンダリ マネージド インスタンスの仮想ネットワークのサブネットとゲートウェイを作成します。Using the Azure portal, repeat the steps in the previous section to create the virtual network subnet and gateway for the secondary managed instance. セカンダリ マネージド インスタンスのゲートウェイを構成するために必要なフィールドに入力します。Fill out the required fields to configure the gateway for your secondary managed instance.

次の表には、セカンダリ マネージド インスタンスのゲートウェイに必要な値が示されています。The following table shows the values necessary for the gateway for the secondary managed instance:

フィールドField Value
サブスクリプションSubscription セカンダリ マネージド インスタンスがあるサブスクリプション。The subscription where your secondary managed instance is.
名前Name 仮想ネットワーク ゲートウェイの名前 (secondary-mi-gateway など)。The name for your virtual network gateway, such as secondary-mi-gateway.
リージョンRegion セカンダリ マネージド インスタンスがあるリージョン。The region where your secondary managed instance is.
ゲートウェイの種類Gateway type [VPN] を選択します。Select VPN.
VPN の種類VPN Type [ルート ベース] を選択します。Select Route-based.
SKUSKU 既定値の VpnGw1 のままにします。Leave default of VpnGw1.
Virtual NetworkVirtual network セカンダリ マネージド インスタンスに、vnet-sql-mi-secondary などの仮想ネットワークを選択します。Select the virtual network for the secondary managed instance, such as vnet-sql-mi-secondary.
パブリック IP アドレスPublic IP address [新規作成] を選択します。Select Create new.
パブリック IP アドレス名Public IP address name IP アドレスの名前 (secondary-gateway-IP など) を入力します。Enter a name for your IP address, such as secondary-gateway-IP.
   

セカンダリ ゲートウェイの設定

ゲートウェイを接続するConnect the gateways

この手順では、2 つの仮想ネットワークの 2 つのゲートウェイ間に双方向接続を作成します。In this step, create a bidirectional connection between the two gateways of the two virtual networks.

Azure portal を使用して、2 つのゲートウェイを接続します。Connect the two gateways using the Azure portal.

  1. Azure portal から [リソースの作成] を選択します。Select Create a resource from the Azure portal.

  2. 検索ボックスに「connection」と入力し、Enter キーを押して検索します。それにより、Microsoft によって発行された 接続 リソースに移動します。Type connection in the search box and then press enter to search, which takes you to the Connection resource, published by Microsoft.

  3. [作成] を選択して接続を作成します。Select Create to create your connection.

  4. [基本] ページで次の値を選択し、 [OK] を選択します。On the Basics page, select the following values and then select OK.

    1. [接続の種類] に対して VNet-to-VNet を選択します。Select VNet-to-VNet for the Connection type.
    2. ドロップダウン リストからサブスクリプションを選択します。Select your subscription from the drop-down.
    3. ドロップダウンで、SQL マネージド インスタンスのリソース グループを選択します。Select the resource group for SQL Managed Instance in the drop-down.
    4. ドロップダウンからプライマリ マネージド インスタンスの場所を選択します。Select the location of your primary managed instance from the drop-down.
  5. [設定] ページで次の値を選択または入力し、 [OK] を選択します。On the Settings page, select or enter the following values and then select OK:

    1. [最初の仮想ネットワーク ゲートウェイ] のプライマリ ネットワーク ゲートウェイを選択します (primaryGateway など)。Choose the primary network gateway for the First virtual network gateway, such as primaryGateway.
    2. [2 番目の仮想ネットワーク ゲートウェイ] のセカンダリ ネットワーク ゲートウェイを選択します (secondaryGateway など)。Choose the secondary network gateway for the Second virtual network gateway, such as secondaryGateway.
    3. [双方向接続の確立] の横にあるチェック ボックスをオンにします。Select the checkbox next to Establish bidirectional connectivity.
    4. 既定のプライマリ接続名をそのまま使用するか、名前を任意の値に変更します。Either leave the default primary connection name, or rename it to a value of your choice.
    5. 接続の 共有キー (PSK) を指定します (mi1m2psk など)。Provide a Shared key (PSK) for the connection, such as mi1m2psk.
    6. [OK] を選択して設定を保存します。Select OK to save your settings.

    ゲートウェイ接続を作成する

  6. [確認と作成] ページでお使いの双方向接続の設定を確認し、 [OK] を選択して使用する自分の接続を作成します。On the Review + create page, review the settings for your bidirectional connection and then select OK to create your connection.

フェールオーバー グループを作成するCreate a failover group

この手順では、フェールオーバー グループを作成し、それに両方のマネージド インスタンスを追加します。In this step, you will create the failover group and add both managed instances to it.

Azure portal を使用して、フェールオーバー グループを作成します。Create the failover group using the Azure portal.

  1. Azure portal の左側のメニューで [Azure SQL] を選択します。Select Azure SQL in the left-hand menu of the Azure portal. [Azure SQL] が一覧にない場合は、 [すべてのサービス] を選択し、検索ボックスに「Azure SQL」と入力します。If Azure SQL is not in the list, select All services, and then type Azure SQL in the search box. (省略可能) [Azure SQL] の横にある星を選択してお気に入りに追加し、左側のナビゲーションに項目として追加します。(Optional) Select the star next to Azure SQL to favorite it and add it as an item in the left-hand navigation.

  2. 最初のセクションで作成したプライマリ マネージド インスタンス (sql-mi-primary など) を選択します。Select the primary managed instance you created in the first section, such as sql-mi-primary.

  3. [設定][インスタンスのフェールオーバー グループ] に移動し、 [グループの追加] を選択して [インスタンスのフェールオーバー グループ] ページを開きます。Under Settings, navigate to Instance Failover Groups and then choose Add group to open the Instance Failover Group page.

    フェールオーバー グループを追加する

  4. [インスタンスのフェールオーバー グループ] ページで、フェールオーバー グループの名前 (failovergrouptutorial など) を入力します。On the Instance Failover Group page, type the name of your failover group, such as failovergrouptutorial. 次に、ドロップダウンからセカンダリ マネージド インスタンス (sql-mi-secondary など) を選択します。Then choose the secondary managed instance, such as sql-mi-secondary, from the drop-down. [作成] を選択して、フェールオーバー グループを作成します。Select Create to create your failover group.

    フェールオーバー グループの作成

  5. フェールオーバー グループのデプロイが完了すると、 [フェールオーバー グループ] ページに戻ります。Once failover group deployment is complete, you will be taken back to the Failover group page.

[テスト フェールオーバー]Test failover

この手順では、フェールオーバー グループをセカンダリ サーバーにフェールオーバーしてから、Azure portal を使用してフェールバックします。In this step, you will fail your failover group over to the secondary server, and then fail back using the Azure portal.

Azure portal を使用してフェールオーバーをテストします。Test failover using the Azure portal.

  1. Azure portal内の セカンダリ マネージド インスタンスに移動し、[設定] で [インスタンスのフェールオーバー グループ] を選択します。Navigate to your secondary managed instance within the Azure portal and select Instance Failover Groups under settings.

  2. どのマネージド インスタンスがプライマリであり、どのマネージド インスタンスがセカンダリであるかを確認します。Review which managed instance is the primary, and which managed instance is the secondary.

  3. [フェールオーバー] を選択し、切断中の TDS セッションに関する警告で [はい] を選択します。Select Failover and then select Yes on the warning about TDS sessions being disconnected.

    フェールオーバー グループをフェールオーバーする

  4. どのマネージド インスタンスがプライマリであり、どのマネージド インスタンスがセカンダリであるかを確認します。Review which managed instance is the primary and which managed instance is the secondary. フェールオーバーが成功した場合は、2 つのインスタンスのロールが切り替わっているはずです。If failover succeeded, the two instances should have switched roles.

    フェールオーバー後にマネージド インスタンスのロールが切り替わっている

  5. 新しい "セカンダリ" マネージド インスタンスに移動し、もう一度 [フェールオーバー] を選択して、プライマリ インスタンスをプライマリの役割にフェールバックします。Go to the new secondary managed instance and select Failover once again to fail the primary instance back to the primary role.

リソースをクリーンアップするClean up resources

リソースをクリーンアップするには、まず、マネージド インスタンス、次に仮想クラスターを削除します。その後、残りのリソース、最後にリソース グループを削除します。Clean up resources by first deleting the managed instances, then the virtual cluster, then any remaining resources, and finally the resource group.

  1. Azure Portal で、リソース グループに移動します。Navigate to your resource group in the Azure portal.
  2. マネージド インスタンスを選び、 [削除] を選択します。Select the managed instance(s) and then select Delete. テキスト ボックスに「yes」と入力して、リソースを削除することを確認し、 [削除] を選択します。Type yes in the text box to confirm you want to delete the resource and then select Delete. このプロセスは、バックグラウンドで完了するまでに時間がかかる場合があります。完了するまでは、"仮想クラスター" やその他の依存リソースを削除することはできません。This process may take some time to complete in the background, and until it's done, you will not be able to delete the virtual cluster or any other dependent resources. [アクティビティ] タブで削除を監視して、マネージド インスタンスが削除されたことを確認します。Monitor the deletion in the Activity tab to confirm your managed instance has been deleted.
  3. マネージド インスタンスが削除されたら、"仮想クラスター" を削除します。そのためには、リソース グループでそれを選び、 [削除] を選択します。Once the managed instance is deleted, delete the virtual cluster by selecting it in your resource group, and then choosing Delete. テキスト ボックスに「yes」と入力して、リソースを削除することを確認し、 [削除] を選択します。Type yes in the text box to confirm you want to delete the resource and then select Delete.
  4. 残りのリソースを削除します。Delete any remaining resources. テキスト ボックスに「yes」と入力して、リソースを削除することを確認し、 [削除] を選択します。Type yes in the text box to confirm you want to delete the resource and then select Delete.
  5. リソース グループを削除するには、 [リソース グループの削除] を選択し、リソース グループの名前 (myResourceGroup) を入力して、 [削除] を選びます。Delete the resource group by selecting Delete resource group, typing in the name of the resource group, myResourceGroup, and then selecting Delete.

完全なスクリプトFull script

Azure portal に使用できるスクリプトはありません。There are no scripts available for the Azure portal.

次のステップNext steps

このチュートリアルでは、2 つのマネージド インスタンスの間にフェールオーバー グループを構成しました。In this tutorial, you configured a failover group between two managed instances. 以下の方法を学習しました。You learned how to:

  • プライマリ マネージド インスタンスを作成する。Create a primary managed instance.
  • フェールオーバー グループの一部として、セカンダリ マネージド インスタンスを作成する。Create a secondary managed instance as part of a failover group.
  • フェールオーバーをテストする。Test failover.

SQL マネージド インスタンスに接続する方法と、SQL マネージド インスタンスにデータベースを復元する方法に関する次のクイックスタートに進みます。Advance to the next quickstart on how to connect to SQL Managed Instance, and how to restore a database to SQL Managed Instance: