Azure SQL Managed Instance と SQL Server の Machine Learning Services の主な違いKey differences between Machine Learning Services in Azure SQL Managed Instance and SQL Server

Azure SQL Managed Instance (プレビュー) の Machine Learning Services の機能は、SQL Server Machine Learning Services とほぼ同じです。The functionality of Machine Learning Services in Azure SQL Managed Instance (preview) is nearly identical to SQL Server Machine Learning Services. 次に主な違いをいくつか示します。Following are some key differences.

重要

Azure SQL Managed Instance の Machine Learning Services は現在パブリック プレビュー段階です。Machine Learning Services in Azure SQL Managed Instance is currently in public preview. サインアップするには、「プレビューのサインアップ」を参照してください。To sign up, see Sign up for the preview.

プレビューの制限事項Preview limitations

プレビュー段階では、サービスには次の制限があります。During the preview, the service has the following limitations:

サービス レベル目標 (SLO) の更新の場合は、SLO を更新し、サポート チケットを作成し、R および Python の専用のリソース制限を再び有効にしてください。In case of a Service Level Objective (SLO) update, please update the SLO and raise a support ticket to re-enable the dedicated resource limits for R/Python.

言語のサポートLanguage support

SQL Managed Instance と SQL Server の Machine Learning Services は、Python と R の両方の拡張機能フレームワークをサポートしています。Machine Learning Services in SQL Managed Instance and SQL Server support both Python and R extensibility framework. 主な違いは次のとおりです。The key differences are:

  • Python と R の初期バージョンは、SQL Managed Instance と SQL Server の Machine Learning Services で異なります。The initial versions of Python and R are different between Machine Learning Services in SQL Managed Instance and SQL Server:

    システムSystem PythonPython RR
    SQL Managed InstanceSQL Managed Instance 3.7.13.7.1 3.5.23.5.2
    SQL ServerSQL Server 3.5.23.5.2 3.3.33.3.3
  • sp_configureexternal scripts enabled を構成する必要はありません。There is no need to configure external scripts enabled via sp_configure. プレビューにサインアップすると、Azure SQL Managed Instance に対する機械学習が有効になります。Once you are signed up for the preview, machine learning is enabled for Azure SQL Managed Instance.

パッケージPackages

Python および R のパッケージ管理は、SQL Managed Instance と SQL Server で動作が異なります。Python and R package management work differently between SQL Managed Instance and SQL Server. これらの違いは次のとおりです。These differences are:

  • パッケージでアウトバウンド ネットワークを呼び出すことはできません。Packages cannot perform outbound network calls. この制限は、SQL Server での Machine Learning Services の既定のファイアウォール規則に似ていますが、SQL Managed Instance で変更することはできません。This limitation is similar to the default firewall rules for Machine Learning Services in SQL Server, but can't be changed in SQL Managed Instance.
  • 外部ランタイム (Java など) に依存するか、インストールまたは使用のための OS API へのアクセスが必要なパッケージはサポートされません。There is no support for packages that depend on external runtimes (like Java) or need access to OS APIs for installation or usage.

Python および R パッケージの管理の詳細については、以下を参照してください。For more information about managing Python and R packages, see:

リソース管理Resource governance

Resource Governor と外部リソース プールを使用して、R リソースを制限することはできません。It is not possible to limit R resources through Resource Governor and external resource pools.

パブリック プレビューの期間中は、R リソースは最大で SQL Managed Instance リソースの 20% に設定され、選択するサービス レベルによって異なります。During the public preview, R resources are set to a maximum of 20% of the SQL Managed Instance resources, and depend on which service tier you choose. 詳細については、「Azure SQL Database purchasing models」 (Azure SQL Database の購入モデル) を参照してください。For more information, see Azure SQL Database purchasing models.

メモリ不足エラーInsufficient memory error

R に使用できるメモリが不足している場合は、エラー メッセージが表示されます。If there is insufficient memory available for R, you will get an error message. 一般的なエラー メッセージは次のとおりです。Common error messages are:

  • 'R' スクリプトのランタイムと通信できませんでした。要求 ID: *******。Unable to communicate with the runtime for 'R' script for request id: *******. 'R' ランタイムの要件を確認してくださいPlease check the requirements of 'R' runtime
  • 'sp_execute_external_script' に HRESULT 0x80004004 を指定して実行中に、'R' スクリプト エラーが発生しました。'R' script error occurred during execution of 'sp_execute_external_script' with HRESULT 0x80004004. ...外部スクリプト エラーが発生しました: "..could not allocate memory (0 Mb) in C function 'R_AllocStringBuffer'"...an external script error occurred: "..could not allocate memory (0 Mb) in C function 'R_AllocStringBuffer'"
  • 外部スクリプト エラーが発生しました:Error: cannot allocate vector of size.An external script error occurred: Error: cannot allocate vector of size.

メモリ使用量は、R スクリプトでの使用量と、実行されている並列クエリの数によって決まります。Memory usage depends on how much is used in your R scripts and the number of parallel queries being executed. 上記のエラーが発生した場合は、問題を解決するために、データベースを上位のサービス レベルにスケーリングすることができます。If you receive the errors above, you can scale your database to a higher service tier to resolve this.

次のステップNext steps