Azure SQL Managed Instance のビルトイン ファイアウォールを検証する

適用対象: Azure SQL Managed Instance

SQL Managed Instance を保護するネットワーク セキュリティ グループ (NSG) では、すべての発信元 から管理ポート 9000、9003、1438、1440、および 1452 が開放されることが、Azure SQL Managed Instance の 必須のインバウンド セキュリティ規則によって義務付けられています。 これらのポートは NSG レベルでは開放されますが、ネットワーク レベルではビルトインのファイアウォールによって保護されます。

ファイアウォールを検証する

これらのポートを検証するには、任意のセキュリティ スキャナー ツールを使用して、それらのポートをテストします。 次のスクリーンショットは、そうしたツールの 1 つについて、その使い方を示したものです。

ビルトインのファイアウォールを検証する

次のステップ

SQL Managed Instances と接続の詳細については、「Azure SQL Managed Instance の接続アーキテクチャ」を参照してください。