Azure SQL Managed Instance のリソース制限の概要Overview of Azure SQL Managed Instance resource limits

適用対象: はいAzure SQL Managed Instance APPLIES TO: yesAzure SQL Managed Instance

この記事では、Azure SQL Managed Instance の技術特性とリソース制限の概要を示し、これらの制限の引き上げを要求する方法について説明します。This article provides an overview of the technical characteristics and resource limits for Azure SQL Managed Instance, and provides information about how to request an increase to these limits.

注意

サポートされている機能と T-SQL ステートメントの違いについては、機能の違いT-SQL ステートメントのサポートに関するページをご覧ください。For differences in supported features and T-SQL statements see Feature differences and T-SQL statement support. Azure SQL Database と SQL Managed Instance でのサービス レベル間の一般的な違いについては、「サービス レベルの比較」を参照してください。For general differences between service tiers for Azure SQL Database and SQL Managed Instance see Service tier comparison.

ハードウェアの世代の特性Hardware generation characteristics

SQL Managed Instance には、基になるインフラストラクチャとアーキテクチャによって異なる特性とリソース制限があります。SQL Managed Instance has characteristics and resource limits that depend on the underlying infrastructure and architecture. SQL Managed Instance は、2 つのハードウェアの世代 (Gen4 と Gen5) でデプロイできます。SQL Managed Instance can be deployed on two hardware generations: Gen4 and Gen5. ハードウェアの世代には、次の表に示したさまざまな特性があります。Hardware generations have different characteristics, as described in the following table:

Gen4Gen4 Gen5Gen5
ハードウェアHardware Intel E5-2673 v3 (Haswell) 2.4 GHz プロセッサ、接続されている SSD 仮想コア = 1 PP (物理コア)Intel E5-2673 v3 (Haswell) 2.4-GHz processors, attached SSD vCore = 1 PP (physical core) Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz および Intel SP-8160 (Skylake) プロセッサ、高速 NVMe SSD、仮想コア = 1 LP (ハイパー スレッド)Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz and Intel SP-8160 (Skylake) processors, fast NVMe SSD, vCore=1 LP (hyper-thread)
仮想コアの数Number of vCores 8、16、24 の仮想コア8, 16, 24 vCores 4、8、16、24、32、40、64、80 の仮想コア4, 8, 16, 24, 32, 40, 64, 80 vCores
最大メモリ (メモリ/コア比)Max memory (memory/core ratio) 仮想コアあたり 7 GB7 GB per vCore
メモリ量を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more memory.
仮想コアあたり 5.1 GB5.1 GB per vCore
メモリ量を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more memory.
最大インメモリ OLTP メモリMax In-Memory OLTP memory インスタンスの制限:仮想コアあたり 1 から 1.5 GBInstance limit: 1-1.5 GB per vCore インスタンスの制限:仮想コアあたり 0.8 から 1.65 GBInstance limit: 0.8 - 1.65 GB per vCore
インスタンスの予約済み最大ストレージMax instance reserved storage 汎用:8 TBGeneral Purpose: 8 TB
Business Critical:1 TB (テラバイト)Business Critical: 1 TB
汎用:8 TBGeneral Purpose: 8 TB
Business Critical: コアの数に応じて 1 TB、2 TB、または 4 TBBusiness Critical 1 TB, 2 TB, or 4 TB depending on the number of cores

重要

  • Gen4 ハードウェアは段階的に廃止中であり、新しいデプロイでは利用できなくなりました。Gen4 hardware is being phased out and is not available anymore for new deployments. SQL Managed Instance の新しいインスタンスはすべて、Gen5 ハードウェアにデプロイする必要があります。All new instances of SQL Managed Instance must be deployed on Gen5 hardware.
  • SQL Managed Instance のインスタンスを Gen 5 のハードウェアに移動して、広範な仮想コアとストレージのスケーラビリティ、高速ネットワーク、最高の IO パフォーマンス、最小待機時間を体験することを検討してください。Consider moving your instance of SQL Managed Instance to Gen 5 hardware to experience a wider range of vCore and storage scalability, accelerated networking, best IO performance, and minimal latency.

使用可能なインメモリ OLTP 領域In-memory OLTP available space

Business Critical サービス レベルのインメモリ OLTP 領域は、仮想コアの数とハードウェアの世代によって異なります。The amount of In-memory OLTP space in Business Critical service tier depends on the number of vCores and hardware generation. 次の表では、インメモリ OLTP オブジェクトに使用できるメモリの制限の一覧を示します。The following table lists limits of memory that can be used for In-memory OLTP objects.

インメモリ OLTP 領域In-memory OLTP space Gen5Gen5 Gen4Gen4
4 仮想コア4 vCores 3.14 GB3.14 GB
8 仮想コア8 vCores 6.28 GB6.28 GB 8 GB8 GB
16 仮想コア16 vCores 15.77 GB15.77 GB 20 GB20 GB
24 仮想コア24 vCores 25.25 GB25.25 GB 36 GB36 GB
32 仮想コア32 vCores 37.94 GB37.94 GB
40 仮想コア40 vCores 52.23 GB52.23 GB
64 仮想コア64 vCores 99.9 GB99.9 GB
80 仮想コア80 vCores 131.68 GB131.68 GB

サービス レベルの特性Service tier characteristics

SQL Managed Instance には 2 つのサービス レベルがあります。General PurposeBusiness Critical です。SQL Managed Instance has two service tiers: General Purpose and Business Critical. これらのレベルでは、次の表に示すように、別の機能が提供されます。These tiers provide different capabilities, as described in the table below.

重要

Business Critical サービス レベルには、読み取り専用ワークロードに使用できる SQL Managed Instance の追加の組み込みコピー (セカンダリ レプリカ) が用意されています。Business Critical service-tier provides an additional built-in copy of the SQL Managed Instance (secondary replica) that can be used for read-only workload. 読み取りおよび書き込みクエリと、読み取り専用、分析、レポート クエリとを分離できる場合は、同じ価格で仮想コアとメモリを 2 度取得することになります。If you can separate read-write queries and read-only/analytic/reporting queries, you are getting twice the vCores and memory for the same price. セカンダリ レプリカは、プライマリ インスタンスよりも数秒遅れる場合があるため、データの正確な現在の状態を必要としないレポートと分析のワークロードをオフロードするように設計されています。The secondary replica might lag a few seconds behind the primary instance, so it is designed to offload reporting/analytic workloads that don't need exact current state of data. 次の表で、読み取り専用クエリは、セカンダリ レプリカ上で実行されるクエリです。In the table below, read-only queries are the queries that are executed on secondary replica.

機能Feature 汎用General Purpose Business CriticalBusiness Critical
仮想コアの数*Number of vCores* Gen4:8、16、24Gen4: 8, 16, 24
Gen5:4、8、16、24、32、40、64、80Gen5: 4, 8, 16, 24, 32, 40, 64, 80
Gen4:8、16、24Gen4: 8, 16, 24
Gen5:4、8、16、24、32、40、64、80Gen5: 4, 8, 16, 24, 32, 40, 64, 80
*同じ数の仮想コアが読み取り専用クエリに割り当てられます。*Same number of vCores is dedicated for read-only queries.
最大メモリMax memory Gen4:56 GB - 168 GB (7 GB/仮想コア)Gen4: 56 GB - 168 GB (7GB/vCore)
Gen5:20.4 GB から 408 GB (5.1 GB/仮想コア)Gen5: 20.4 GB - 408 GB (5.1GB/vCore)
メモリ量を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more memory.
Gen4:56 GB - 168 GB (7 GB/仮想コア)Gen4: 56 GB - 168 GB (7GB/vCore)
Gen5:20.4 GB - 読み取り/書き込みクエリの場合は 408 GB (5.1 GB/仮想コア)Gen5: 20.4 GB - 408 GB (5.1GB/vCore) for read-write queries
+ 追加の 20.4 GB - 読み取り専用クエリの場合は 408 GB (5.1 GB/仮想コア)。+ additional 20.4 GB - 408 GB (5.1GB/vCore) for read-only queries.
メモリ量を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more memory.
インスタンスの最大ストレージ サイズ (予約済み)Max instance storage size (reserved) - 4 仮想コアの場合は 2 TB (Gen5 のみ)- 2 TB for 4 vCores (Gen5 only)
- その他のサイズの場合は 8 TB- 8 TB for other sizes
Gen4:1 TB (テラバイト)Gen4: 1 TB
Gen5:Gen5:
- 4、8、16 仮想コアの場合は 1 TB- 1 TB for 4, 8, 16 vCores
- 24 仮想コアの場合は 2 TB- 2 TB for 24 vCores
- 32、40、64、80 仮想コアの場合は 4 TB- 4 TB for 32, 40, 64, 80 vCores
最大データベース サイズMax database size 現在利用可能なインスタンスのサイズまで (仮想コア数に応じて最大 2 TB から 8 TB)。Up to currently available instance size (max 2 TB - 8 TB depending on the number of vCores). 現在利用可能なインスタンスのサイズまで (仮想コア数に応じて最大 1 TB から 4 TB)。Up to currently available instance size (max 1 TB - 4 TB depending on the number of vCores).
最大 tempDB サイズMax tempDB size 24 GB/仮想コア (96 から 1,920 GB) と現在利用可能なインスタンスのストレージ サイズに制限されています。Limited to 24 GB/vCore (96 - 1,920 GB) and currently available instance storage size.
tempdb 領域を増やすには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get more TempDB space.
ログ ファイルは 120 GB に制限されています。Log file size is limited to 120 GB.
現在利用可能なインスタンスのストレージ サイズまで。Up to currently available instance storage size.
インスタンスごとの最大データベース数Max number of databases per instance インスタンスのストレージ サイズの制限に達していない限り、100 個。100, unless the instance storage size limit has been reached. インスタンスのストレージ サイズの制限に達していない限り、100 個。100, unless the instance storage size limit has been reached.
インスタンスごとの最大データベース ファイル数Max number of database files per instance インスタンスのストレージ サイズまたは Azure Premium ディスクの記憶域割り当ての領域の上限に達していない限り、最大で 280 個。Up to 280, unless the instance storage size or Azure Premium Disk storage allocation space limit has been reached. インスタンスのストレージ サイズの上限に達していない限り、データベースごとに 32,767 ファイル。32,767 files per database, unless the instance storage size limit has been reached.
データ ファイルの最大サイズMax data file size 現在利用可能なインスタンスのストレージ サイズ (最大 2 TB から 8 TB) と Azure Premium ディスクの記憶域割り当ての領域に制限されています。Limited to currently available instance storage size (max 2 TB - 8 TB) and Azure Premium Disk storage allocation space. 現在利用可能なインスタンスのストレージ サイズ (最大 1 TB から 4 TB) に制限されています。Limited to currently available instance storage size (up to 1 TB - 4 TB).
最大ログ ファイル サイズMax log file size 2 TB と現在利用可能なインスタンスのストレージ サイズに制限されています。Limited to 2 TB and currently available instance storage size. 2 TB と現在利用可能なインスタンスのストレージ サイズに制限されています。Limited to 2 TB and currently available instance storage size.
データ/ログの IOPS (概算)Data/Log IOPS (approximate) インスタンス* あたり最大で 30 から 40 K IOPS、ファイルあたり 500 から 7500Up to 30-40 K IOPS per instance*, 500 - 7500 per file
*IOPS を増やすには、ファイル サイズを大きくします*Increase file size to get more IOPS
10 K から 200 K (2500 IOPS/仮想コア)10 K - 200 K (2500 IOPS/vCore)
IO パフォーマンスを向上させるには、仮想コアを追加します。Add more vCores to get better IO performance.
ログ書き込みのスループット制限 (インスタンスあたり)Log write throughput limit (per instance) 仮想コアあたり 3 MB/秒3 MB/s per vCore
最大 22 MB/秒Max 22 MB/s
仮想コアあたり 4 MB/秒4 MB/s per vCore
最大 48 MB/秒Max 48 MB/s
データ スループット (概算)Data throughput (approximate) ファイルあたり 100 ~ 250 MB/秒100 - 250 MB/s per file
*IO パフォーマンスを向上させるには、ファイル サイズを増やします*Increase the file size to get better IO performance
制限なし。Not limited.
ストレージ IO 待機時間 (概算)Storage IO latency (approximate) 5 ~ 10 ms5-10 ms 1 ~ 2 ms1-2 ms
インメモリ OLTPIn-memory OLTP サポートされていませんNot supported 利用可能、サイズは仮想コアの数に依存Available, size depends on number of vCore
最大セッション数Max sessions 3000030000 3000030000
読み取り専用レプリカRead-only replicas 00 1 (価格に含まれます)1 (included in price)
コンピューティングの分離Compute isolation Gen5:Gen5:
- 80 仮想コアについてサポートされます-supported for 80 vCores
- 他のサイズではサポートされません-not supported for other sizes

Gen4 は非推奨のためサポートされていませんGen4 is not supported due to deprecation
Gen5:Gen5:
- 60、64、80 仮想コアについてサポートされます-supported for 60, 64, 80 vCores
- 他のサイズではサポートされません-not supported for other sizes

Gen4 は非推奨のためサポートされていませんGen4 is not supported due to deprecation

追加の考慮事項:A few additional considerations:

  • 現在利用可能なインスタンスのストレージ サイズは、予約インスタンスのサイズと使用されているストレージ スペースの差です。Currently available instance storage size is the difference between reserved instance size and the used storage space.
  • ユーザー データベースとシステム データベースのデータ ファイルおよびログ ファイルのサイズはどちらも、最大ストレージ サイズの制限と比較されるインスタンス ストレージ サイズに含まれます。Both data and log file size in the user and system databases are included in the instance storage size that is compared with the max storage size limit. データベースによって使用される合計領域を確認するには、sys.master_files システム ビューを使用します。Use the sys.master_files system view to determine the total used space by databases. エラー ログは保持されず、サイズには含まれません。Error logs are not persisted and not included in the size. バックアップは、ストレージ サイズに含まれません。Backups are not included in storage size.
  • General Purpose レベルではスループットと IOPS も、SQL Managed Instance によって明示的に制限されないファイル サイズに依存します。Throughput and IOPS in the General Purpose tier also depend on the file size that is not explicitly limited by the SQL Managed Instance. 自動フェールオーバー グループを利用すれば、異なる Azure リージョンで別の読み取り可能レプリカを作成できますYou can create another readable replica in a different Azure region using auto-failover groups
  • 最大インスタンス IOPS は、ワークロードにおけるファイルのレイアウトおよび分散に依存します。Max instance IOPS depend on the file layout and distribution of workload. たとえば、それぞれ最大 5K IOPS を持つ 1 TB ファイルを 7 個と、それぞれ 500 IOPS を持つ小さいファイル (128 GB 未満) を 7 個作成したとすると、ワークロードですべてのファイルを使用できる場合、インスタンスあたり 38500 IOPS (7 x 5000 + 7 x 500) を取得できます。As an example, if you create 7 x 1TB files with max 5K IOPS each and 7 small files (smaller than 128 GB) with 500 IOPS each, you can get 38500 IOPS per instance (7x5000+7x500) if your workload can use all files. 一部の IOPS は、自動バックアップにも使用されることに注意してください。Note that some IOPS is also used for auto-backups.

詳細については、こちらの記事の SQL Managed Instance プールでのリソース制限に関する説明を参照してください。Find more information about the resource limits in SQL Managed Instance pools in this article.

General Purpose サービス レベルでのファイル IO 特性File IO characteristics in General Purpose tier

General Purpose サービス レベルでは、すべてのデータベース ファイルで、ファイルのサイズに依存する専用の IOPS とスループットが取得されます。In the General Purpose service tier every database file gets dedicated IOPS and throughput that depend on the file size. データ ファイルが大きいほど、IOPS とスループットも大きくなります。Bigger data files get more IOPS and throughput. 次の表に、データベース ファイルの IO 特性を示します。IO characteristics of the database files are shown in the following table:

ファイル サイズFile size >=0 および <=128 GiB>=0 and <=128 GiB >128 および <=256 GiB>128 and <=256 GiB >256 および <= 512 GiB>256 and <= 512 GiB >0.5 および <=1 TiB>0.5 and <=1 TiB >1 および <=2 TiB>1 and <=2 TiB >2 および <=4 TiB>2 and <=4 TiB >4 および <=8 TiB>4 and <=8 TiB
ファイルあたりの IOPSIOPS per file 500500 11001100 23002300 50005000 75007500 75007500 12,50012,500
ファイルあたりのスループットThroughput per file 100 MiB/秒100 MiB/s 125 MiB/秒125 MiB/s 150 MiB/秒150 MiB/s 200 MiB/秒200 MiB/s 250 MiB/秒250 MiB/s 250 MiB/秒250 MiB/s 480 MiB/s480 MiB/s

何らかのデータベース ファイルに対する IO 待機時間が長いことに気付いた場合、または IOPS/スループットが上限に達している場合は、ファイルのサイズを大きくすることで、パフォーマンスを改善できる場合があります。If you notice high IO latency on some database file or you see that IOPS/throughput is reaching the limit, you might improve performance by increasing the file size.

最大ログ書き込みスループットにはインスタンス レベルの制限もあるので (22 MB/秒)、インスタンスのスループット制限に達したため、ログ ファイルに対する最大ファイル スループットに達することができない場合があります。There is also an instance-level limit on the max log write throughput (which is 22 MB/s), so you may not be able to reach the max file throughout on the log file because you are hitting the instance throughput limit.

サポートされているリージョンSupported regions

SQL Managed Instance は、サポートされているリージョンでのみ作成できます。SQL Managed Instance can be created only in supported regions. 現在サポートされていないリージョンで SQL Managed Instance を作成するには、Azure portal でサポート リクエストを送信できます。To create a SQL Managed Instance in a region that is currently not supported, you can send a support request via the Azure portal.

サポートされているサブスクリプションの種類Supported subscription types

SQL Managed Instance では、現在、次の種類のサブスクリプションでのデプロイだけがサポートされています。SQL Managed Instance currently supports deployment only on the following types of subscriptions:

リージョンのリソース制限Regional resource limitations

サポートされているサブスクリプションの種類には、リージョンごとのリソース数の制限を組み入れることができます。Supported subscription types can contain a limited number of resources per region. SQL Managed Instance には、サブスクリプションの種類に応じて、(特別なサポート リクエストを Azure portal で作成することによって、オンデマンドで増加する可能性がある) Azure リージョンごとに 2 つの既定の制限があります。SQL Managed Instance has two default limits per Azure region (that can be increased on-demand by creating a special support request in the Azure portal depending on a type of subscription type:

  • サブネットの制限: SQL Managed Instance のインスタンスが単一リージョンにデプロイされているサブネットの最大数。Subnet limit: The maximum number of subnets where instances of SQL Managed Instance are deployed in a single region.
  • 仮想コア ユニットの制限: 単一リージョン内のすべてのインスタンスを超えてデプロイできる仮想コア ユニットの最大数。vCore unit limit: The maximum number of vCore units that can be deployed across all instances in a single region. 1 つの GP 仮想コアでは仮想コア ユニットを 1 つ使用し、1 つの BC 仮想コアでは仮想コア ユニットを 4 つ使用します。One GP vCore uses one vCore unit and one BC vCore takes 4 vCore units. インスタンスの合計数は、仮想コア ユニットの制限内である限り、制限されません。The total number of instances is not limited as long as it is within the vCore unit limit.

注意

これらの制限は既定の設定であり、技術的な制限ではありません。These limits are default settings and not technical limitations. 現在のリージョンでさらに多くのインスタンスが必要な場合、Azure portal でサポート リクエストを特別に作成して、これらの制限をオンデマンドで引き上げることができます。The limits can be increased on-demand by creating a special support request in the Azure portal if you need more instances in the current region. サポート リクエストを送信せずに、代わりに、別の Azure リージョンに SQL Managed Instance の新しいインスタンスを作成することも可能です。As an alternative, you can create new instances of SQL Managed Instance in another Azure region without sending support requests.

次の表は、サポートされている種類のサブスクリプションを対象に、既定のリージョン別制限についてまとめたものです (既定の制限は、下に説明がある、サポート リクエストを利用して拡張できます)。The following table shows the default regional limits for supported subscription types (default limits can be extended using support request described below):

サブスクリプションの種類Subscription type SQL Managed Instance のサブネットの最大数Max number of SQL Managed Instance subnets 最大仮想コア ユニット数*Max number of vCore units*
従量課金制Pay-as-you-go 33 320320
CSPCSP 8 (リージョンによっては 15**)8 (15 in some regions**) 960 (リージョンによっては 1440**)960 (1440 in some regions**)
開発テスト用の従量課金制プランPay-as-you-go Dev/Test 33 320320
Enterprise Dev/TestEnterprise Dev/Test 33 320320
EAEA 8 (リージョンによっては 15**)8 (15 in some regions**) 960 (リージョンによっては 1440**)960 (1440 in some regions**)
Visual Studio EnterpriseVisual Studio Enterprise 22 6464
Visual Studio Professional および MSDN PlatformsVisual Studio Professional and MSDN Platforms 22 3232

* デプロイの計画では、Business Critical (BC) サービス レベルの場合、仮想コアの容量が General Purpose (GP) サービス レベルより 4 倍多い必要があることを考慮してください。* In planning deployments, please take into consideration that Business Critical (BC) service tier requires four (4) times more vCore capacity than General Purpose (GP) service tier. 次に例を示します。1 つの GP 仮想コア = 1 つの仮想コア ユニット、1 つの BC 仮想コア = 4 つの仮想コア ユニットとなります。For example: 1 GP vCore = 1 vCore unit and 1 BC vCore = 4 vCore units. 既定の制限に対する消費量分析を簡素化するために、SQL Managed Instance がデプロイされているリージョン内のすべてのサブネットの仮想コア ユニットを集計して、その結果をサブスクリプションの種類のインスタンス ユニットの制限と比較します。To simplify your consumption analysis against the default limits, summarize the vCore units across all subnets in the region where SQL Managed Instance is deployed and compare the results with the instance unit limits for your subscription type. 最大仮想コア ユニット数」の制限は、リージョン内の各サブスクリプションに適用されます。Max number of vCore units limit applies to each subscription in a region. 個々のサブネットあたりの制限はありませんが、複数のサブネット全体のデプロイされたすべての仮想コアの合計は、「最大仮想コア ユニット数」以下である必要があります。There is no limit per individual subnets except that the sum of all vCores deployed across multiple subnets must be lower or equal to max number of vCore units.

** 次のリージョンには、より大きなサブネットと仮想コアの制限があります。オーストラリア東部、米国東部、米国東部 2、北ヨーロッパ、米国中南部、東南アジア、英国南部、西ヨーロッパ、米国西部 2。** Larger subnet and vCore limits are available in the following regions: Australia East, East US, East US 2, North Europe, South Central US, Southeast Asia, UK South, West Europe, West US 2.

クォータの増加を要求するRequest a quota increase

現在のリージョンでより多くのインスタンスが必要な場合、Azure portal を使用してクォータを拡張するためのサポート リクエストを送信します。If you need more instances in your current regions, send a support request to extend the quota using the Azure portal. 詳細については、「Azure SQL Database のクォータの増加を要求する」を参照してください。For more information, see Request quota increases for Azure SQL Database.

次のステップNext steps