Azure 仮想マシンでの SQL Server の自動修正 (Resource Manager)

適用対象: Azure VM 上の SQL Server

自動修正では、SQL Server を実行している Azure 仮想マシンのメンテナンス期間が設定されます。 このメンテナンス期間にのみ、自動更新プログラムをインストールできます。 これにより、SQL Server では、システムの更新とこれに関連する再起動が、データベースに最適な時間帯に実行されるようになります。

重要

重要 または クリティカル とマークされた Windows および SQL Server 更新プログラムのみがインストールされます。 重要 または クリティカル とマークされていない、サービスパックや累積更新プログラムなどのその他の SQL Server の更新プログラムは、手動でインストールする必要があります。

自動修正は、SQL Server IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) Agent 拡張機能に依存します。

前提条件

自動修正を使用するには、次の前提条件を検討してください。

[オペレーティング システム] :

  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

SQL Server のバージョン:

  • SQL Server 2008 R2
  • SQL Server 2012
  • SQL Server 2014
  • SQL Server 2016
  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2019

Azure PowerShell:

注意

この記事では、Azure と対話するために推奨される PowerShell モジュールである Azure Az PowerShell モジュールを使用します。 Az PowerShell モジュールの使用を開始するには、「Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。 Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。

注意

自動修正は、SQL Server IaaS Agent 拡張機能に依存します。 現在の SQL 仮想マシン ギャラリー イメージでは、既定でこの拡張機能が追加されます。 詳細については、SQL Server IaaS Agent 拡張機能に関するページをご覧ください。

設定

自動修正で構成できるオプションを次の表に示します。 実際の構成手順は、Azure ポータルと Azure Windows PowerShell コマンドのどちらを使用するかによって異なります。

設定 指定できる値 説明
自動修正 有効/無効 (無効) Azure 仮想マシンの自動修正を有効または無効にします。
メンテナンス スケジュール 毎日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日 仮想マシンの Windows、SQL Server、および Microsoft の更新プログラムをダウンロードしてインストールするスケジュール。
メンテナンスの開始時間 0 ~ 24 仮想マシンを更新するローカルの開始時刻。
メンテナンス時間 30 ~ 180 更新プログラムのダウンロードとインストールを完了するのに許可されている時間 (分単位)
パッチのカテゴリ 重要 ダウンロードしてインストールする Windows 更新プログラムのカテゴリ。

Azure portal で構成する

Azure ポータルを使用して、プロビジョニング中または既存の VM 用に、自動修正を構成することができます。

新しい VM

Resource Manager デプロイ モデルで新しい SQL Server 仮想マシンを作成するときに、Azure portal を使用して、自動修正を構成します。

[SQL Server の設定] タブで [自動修正][構成の変更] を選択します。 次の Azure ポータルのスクリーンショットは、 [SQL 自動修正] ブレードを示しています。

Azure portal での SQL 自動修正

詳細については、「Azure ポータルでの SQL Server 仮想マシンのプロビジョニング」をご覧ください。

既存の VM

既存の SQL Server 仮想マシンの場合、[SQL 仮想マシン リソース] を開き、 [設定][ファイルの部分置換中] を選択します。

既存の VM の SQL 自動修正

終了したら、 [SQL Server の構成] ブレードの下部にある [OK] ボタンをクリックして変更を保存します。

自動修正を初めて有効にすると、バックグラウンドで SQL Server IaaS Agent が構成されます。 この間、自動修正が構成されていることは、Azure ポータルに示されない可能性があります。 エージェントがインストールされ、構成されるまで数分待ちます。 その後、Azure ポータルに新しい設定が反映されます。

PowerShell での構成

SQL VM をプロビジョニングしたら、PowerShell を使用して自動修正を構成します。

次の例では、PowerShell を使用して、既存の SQL Server VM で自動修正を構成しています。 New-AzVMSqlServerAutoPatchingConfig コマンドは、自動更新の新しいメンテナンス期間を構成します。

$vmname = "vmname"
$resourcegroupname = "resourcegroupname"
$aps = New-AzVMSqlServerAutoPatchingConfig -Enable -DayOfWeek "Thursday" -MaintenanceWindowStartingHour 11 -MaintenanceWindowDuration 120  -PatchCategory "Important"
s
Set-AzVMSqlServerExtension -AutoPatchingSettings $aps -VMName $vmname -ResourceGroupName $resourcegroupname

この例に基づいて、対象の Azure VM への実際の影響を次の表に示します。

パラメーター 結果
DayOfWeek 毎週木曜日に修正プログラムがインストールされます。
MaintenanceWindowStartingHour 午前 11 時に更新が開始されます。
MaintenanceWindowsDuration 修正プログラムを 120 分以内にインストールする必要があります。 開始時刻に基づき、修正プログラムのインストールは午後 1 時までに完了する必要があります。
PatchCategory このパラメーターに指定可能な設定は Important だけです。 これにより、"重要" と書かれた Windows 更新プログラムがインストールされます。このカテゴリに含まれていない SQL Server 更新プログラムはインストールされません。

SQL Server IaaS エージェントのインストールと構成には数分かかる場合があります。

自動修正を無効にするには、New-AzVMSqlServerAutoPatchingConfig-Enable パラメーターを指定せずに、同じスクリプトを実行します。 -Enable パラメーターがない場合は、機能を無効にするコマンドが伝えられます。

注意

また、Azure VM の自動修正 (Update ManagementVM ゲストの自動パッチ適用など) を有効にする他の方法もいくつかあります。 ツールが重複すると更新に失敗する可能性があるため、VM を自動的に更新するオプションを 1 つだけ選択してください。

次のステップ

その他の利用可能なオートメーション タスクについては、 SQL Server IaaS Agent 拡張機能に関するページをご覧ください。

Azure VM で SQL Server を実行する方法の詳細については、Azure 仮想マシンにおける SQL Server の概要に関するページをご覧ください。