Azure VM 上の SQL Server バージョンのインプレース変更In-place Change of SQL Server Version on Azure VM

適用対象: Azure VM 上の SQL Server

この記事では、Microsoft Azure の Windows 仮想マシン (VM) 上で Microsoft SQL Server のバージョンを変更する方法について説明します。This article describes how to change the version of Microsoft SQL Server on a Windows virtual machine (VM) in Microsoft Azure.

前提条件Prerequisites

SQL Server のインプレース アップグレードを実行するには、次の条件が適用されます。To do an in-place upgrade of SQL Server, the following conditions apply:

  • SQL Server の目的のバージョンのセットアップ メディアが必要です。The setup media of the desired version of SQL Server is required. ソフトウェア アシュアランスをお持ちのお客様は、ボリューム ライセンス サービス センターからインストール メディアを入手できます。Customers who have Software Assurance can obtain their installation media from the Volume Licensing Center. ソフトウェア アシュアランスをお持ちでないお客様は、SQL Server の新しいバージョン (通常、C:\SQLServerFull にあります) を含む Azure Marketplace の SQL Server VM イメージから、セットアップ メディアを使用できます。Customers who don't have Software Assurance can use the setup media from an Azure Marketplace SQL Server VM image that has a later version of SQL Server (typically located in C:\SQLServerFull).
  • エディションのアップグレードは、サポート アップグレード パスに従う必要があります。Edition upgrades should follow the support upgrade paths.

バージョンの変更の計画Planning for version change

バージョンを変更する前に、次の項目を確認することをお勧めします。We recommend that you review the following items before you do the version change:

  1. アップグレードを計画しているバージョンの新機能を確認します。Check what's new in the version that you are planning to upgrade to:

  2. アップグレードの影響を最小限に抑えるため、データベース互換性モードを使用できるように、変更するバージョンの互換性証明書を確認することをお勧めします。We recommend that you check the compatibility certification for the version that you are going to change to so that you can use the database compatibility modes to minimize the effect of the upgrade.

  3. 正常な結果を得るには、次の記事を参照してください。You can review to the following articles to help ensure a successful outcome:

SQL バージョンのアップグレードUpgrade SQL Version

警告

SQL Server のバージョンをアップグレードすると、Analysis Services や R Services などのすべての関連するサービスに加えて、SQL Server のサービスが再起動されます。Upgrading the version of SQL Server will restart the service for SQL Server in addition to any associated services, such as Analysis Services and R Services.

SQL Server のバージョンをアップグレードするには、SQL Server のアップグレード パスをサポートする新しいバージョンの SQL Server セットアップ メディアを入手し、次の手順を実行します。To upgrade the version of SQL Server, obtain the SQL Server setup media for the later version that would support the upgrade path of SQL Server, and do the following steps:

  1. プロセスを開始する前に、システム データベース (tempdb を除く) とユーザー データベースを含むデータベースをバックアップします。Back up the databases, including system (except tempdb) and user databases, before you start the process. Azure Backup Services を使用して、アプリケーション整合性のある VM レベルのバックアップを作成することもできます。You can also create an application-consistent VM-level backup by using Azure Backup Services.

  2. SQL Server のインストール メディアから Setup.exe を開始します。Start Setup.exe from the SQL Server installation media.

  3. インストール ウィザードにより SQL Server インストール センターが起動されます。The Installation Wizard starts the SQL Server Installation Center. SQL Server の既存のインスタンスをアップグレードするには、ナビゲーション ウィンドウで [インストール] を選択し、 [Upgrade from an earlier version of SQL Server](以前のバージョンの SQL Server からのアップグレード) を選択します。To upgrade an existing instance of SQL Server, select Installation on the navigation pane, and then select Upgrade from an earlier version of SQL Server.

    SQL Server のバージョンをアップグレードするための選択

  4. [プロダクト キー] ページで、SQL Server の無償のエディションにアップグレードするか、製品の運用バージョンの PID キーを持っているかを示すオプションを選択します。On the Product Key page, select an option to indicate whether you are upgrading to a free edition of SQL Server or you have a PID key for a production version of the product. 詳細については、「SQL Server 2019 (15.x) のエディションとサポートされる機能」と「サポートされているバージョンとエディションのアップグレード (SQL Server 2016)」を参照してください。For more information, see Editions and supported features of SQL Server 2019 (15.x) and Supported version and edition Upgrades (SQL Server 2016).

  5. [アップグレードの準備完了] ページが表示されるまで [次へ] を選択し、 [アップグレード] を選択します。Select Next until you reach the Ready to upgrade page, and then select Upgrade. 変更が有効になるまで数分間、セットアップ ウィンドウの応答が停止することがあります。The setup window might stop responding for several minutes while the change is taking effect. [完了] ページで、アップグレードが完了したことが確認されます。A Complete page will confirm that your upgrade is completed. アップグレード手順の詳細については、完全な手順を参照してください。For a step-by-step procedure to upgrade, see the complete procedure.

    [完了] ページ

バージョンを変更するだけでなく SQL Server エディションを変更した場合は、エディションも更新します。SQL VM インスタンスを変更するには、「ポータルでバージョンとエディションを確認する」セクションを参照してください。If you have changed the SQL Server edition in addition to changing the version, also update the edition, and refer to the Verify Version and Edition in Portal section to change the SQL VM instance.

バージョン メタデータの変更

SQL Server バージョンのダウングレードDowngrade the version of SQL Server

SQL Server のバージョンをダウングレードするには、SQL Server を完全にアンインストールし、目的のバージョンを使用して再インストールする必要があります。To downgrade the version of SQL Server, you have to completely uninstall SQL Server, and reinstall it again by using the desired version. これは、以前のデータベースを、新しいバージョンから新しくインストールされた以前のバージョンに復元できないため、SQL Server の新規インストールに似ています。This is similar to a fresh installation of SQL Server because you will not be able to restore the earlier database from a later version to the newly installed earlier version. データベースを最初から再作成する必要があります。The databases will have to be re-created from scratch. アップグレード中に SQL Server のエディションも変更した場合は、Azure portal で SQL Server VM の [エディション] プロパティを新しいエディションの値に変更します。If you also changed the edition of SQL Server during the upgrade, change the Edition property of the SQL Server VM in the Azure portal to the new edition value. これにより、この VM に関連付けられているメタデータと請求先が更新されます。This updates the metadata and billing that is associated with this VM.

警告

SQL Server のインプレース ダウングレードはサポートされていません。An in-place downgrade of SQL Server is not supported.

次の手順に従って、SQL Server のバージョンをダウングレードできます。You can downgrade the version of SQL Server by following these steps:

  1. 新しいバージョンでのみ使用できる機能を使用していないことを確認します。Make sure that you are not using any feature that is available in the later version only.

  2. システム データベース (tempdb を除く) とユーザー データベースを含む、すべてのデータベースをバックアップします。Back up all databases, including system (except tempdb) and user databases.

  3. 必要なすべてのサーバーレベルのオブジェクト (サーバー トリガー、ロール、ログイン、リンク サーバー、ジョブ、資格情報、証明書など) をエクスポートします。Export all the necessary server-level objects (such as server triggers, roles, logins, linked servers, jobs, credentials, and certificates).

  4. 以前のバージョンのユーザー データベースを再作成するスクリプトがない場合は、BCP.exe、SSIS、または DACPAC を使用して、すべてのオブジェクトをスクリプト化し、すべてのデータをエクスポートする必要があります。If you do not have scripts to re-create your user databases on the earlier version, you must script out all objects and export all data by using BCP.exe, SSIS, or DACPAC.

    ターゲット バージョン、依存オブジェクト、詳細オプションなどの項目をスクリプト化する場合は、適切なオプションを選択していることを確認してください。Make sure that you select the correct options when you script such items as the target version, dependent objects, and advanced options.

    スクリプト作成オプション

  5. SQL Server および関連付けられているすべてのサービスを、完全にアンインストールします。Completely uninstall SQL Server and all associated services.

  6. VM を再起動します。Restart the VM.

  7. プログラムの目的のバージョンのメディアを使用して SQL Server をインストールします。Install SQL Server by using the media for the desired version of the program.

  8. 最新のサービス パックと累積的な更新プログラムをインストールします。Install the latest service packs and cumulative updates.

  9. 必要なすべてのサーバーレベルのオブジェクト (手順 3 でエクスポートしたもの) をインポートします。Import all the necessary server-level objects (that were exported in Step 3).

  10. (作成したスクリプトまたは手順 4 のファイルを使用して) 必要なすべてのユーザー データベースを最初から再作成します。Re-create all the necessary user databases from scratch (by using created scripts or the files from Step 4).

ポータルでバージョンとエディションを確認するVerify the version and edition in the portal

SQL Server のバージョンを変更した後、Azure portal を使用して SQL Server のバージョンを表示できるように、SQL Server VM を SQL IaaS Agent 拡張機能に再び登録します。After you change the version of SQL Server, register your SQL Server VM with the SQL IaaS Agent extension again so that you can use the Azure portal to view the version of SQL Server. 一覧表示されたバージョン番号には、SQL Server インストールの新しくアップグレードされたバージョンとエディションが反映されます。The listed version number should now reflect the newly upgraded version and edition of your SQL Server installation.

バージョンの確認

注意

SQL IaaS Agent 拡張機能に既に登録している場合は、RP から登録を解除してから、SQL VM リソースを再度登録して、VM にインストールされている SQL Server の正しいバージョンとエディションを検出できるようにします。If you have already registered with the SQL IaaS Agent extension, unregister from the RP and then Register the SQL VM resource again so that it detects the correct version and edition of SQL Server that is installed on the VM. これにより、この VM に関連付けられているメタデータと請求先情報が更新されます。This updates the metadata and billing information that is associated with this VM.

解説Remarks

  • アップグレードが完了したら、バックアップの開始、統計の更新、インデックスの再構築、整合性の確認を行うことをお勧めします。We recommend that you initiate backups/update statistics/rebuild indexes/check consistency after the upgrade is finished. 個々のデータベース互換性レベルをチェックして、目的のレベルが反映されていることを確認することもできます。You can also check the individual database compatibility levels to make sure that they reflect your desired level.
  • VM で SQL Server が更新されたら、Azure portal 内の SQL Server の [エディション] プロパティが、課金対象のインストールされているエディション番号と一致していることを確認します。After SQL Server is updated on the VM, make sure that the Edition property of SQL Server in the Azure portal matches the installed edition number for billing.
  • エディションを変更する機能は、SQL IaaS Agent 拡張機能の機能です。The ability to change the edition is a feature of the SQL IaaS Agent extension. Azure portal を介して Azure Marketplace イメージをデプロイすると、SQL Server VM が拡張機能に自動的に登録されます。Deploying an Azure Marketplace image through the Azure portal automatically registers a SQL Server VM with the extension. ただし、SQL Server を自分でインストールするお客様は、手動で SQL Server VM を登録する必要があります。However, customers who are self-installing SQL Server will have to manually register their SQL Server VM.
  • SQL Server VM リソースを削除すると、イメージのハード コーディングされたエディション設定が復元されます。If you drop your SQL Server VM resource, the hard-coded edition setting of the image is restored.

次のステップNext steps

詳細については、次の記事を参照してください。For more information, see the following articles: