App Service リソース プロバイダーを Azure Stack に追加するAdd an App Service resource provider to Azure Stack

適用対象:Azure Stack 統合システムと Azure Stack Development KitApplies to: Azure Stack integrated systems and Azure Stack Development Kit

この記事のガイダンスを使用して、Azure Stack に App Service をデプロイします。Use the guidance in this article to deploy App Service in Azure Stack.

重要

Azure App Service 1.4 をデプロイする前に、Azure Stack 統合システムに 1809 更新プログラムを適用するか、最新の Azure Stack Development Kit (ASDK) をデプロイしてください。Apply the 1809 update to your Azure Stack integrated system or deploy the latest Azure Stack Development Kit (ASDK) before you deploy Azure App Service 1.4.

Web および API アプリケーションを作成する機能をユーザーに提供できます。You can give your users the ability to create web and API applications. これらのアプリケーションをユーザーが作成できるようにするには、次のことを行う必要があります。To let users create these applications, you need to:

  • この記事で説明する手順を使用して、Azure Stack デプロイに App Service リソース プロバイダーを追加します。Add the App Service resource provider to your Azure Stack deployment using the steps described in this article.
  • App Service リソース プロバイダーをインストールした後で、オファーやプランに含めることができます。After you install the App Service resource provider, you can include it in your offers and plans. ユーザーはサブスクライブしてサービスを取得し、アプリケーションの作成を開始できます。Users can then subscribe to get the service and start creating applications.

重要

リソース プロバイダーのインストーラーを実行する前に、開始前の準備に関するページのガイダンスに従っていることを確認してください。Before you run the resource provider installer, make sure that you've followed the guidance in Before you get started.

App Service リソースプロバイダーのインストーラーを実行するRun the App Service resource provider installer

App Service リソース プロバイダーのインストールには少なくとも 1 時間かかります。Installing the App Service resource provider takes at least an hour. 必要な時間の長さは、デプロイするロール インスタンスの数によって異なります。The length of time needed depends on how many role instances you deploy. デプロイ中に、インストーラーは次のタスクを実行します。During the deployment, the installer runs the following tasks:

  • 指定された Azure Stack ストレージ アカウントに BLOB コンテナーを作成します。Create a blob container in the specified Azure Stack storage account.
  • App Service の DNS ゾーンとエントリを作成します。Create a DNS zone and entries for App Service.
  • App Service リソース プロバイダーを登録します。Register the App Service resource provider.
  • App Service のギャラリー アイテムを登録します。Register the App Service gallery items.

重要

リソース プロバイダーをデプロイする前に、新しい機能、修正、デプロイに影響を与える可能性のある既知の問題に関する詳細については、リリース ノートを確認してください。Before deploying the resource provider, review the release notes to learn about new functionality, fixes, and any known issues that could affect your deployment.

App Service リソースプロバイダーをデプロイするには、次の手順を実行します。To deploy App Service resource provider, follow these steps:

  1. Azure Stack 管理の Azure Resource Management エンドポイントにアクセスできるコンピューターから、appservice.exe を管理者として実行します。Run appservice.exe as an administrator from a computer that can access the Azure Stack Admin Azure Resource Management Endpoint.

  2. [Deploy App Service or upgrade to the latest version](App Service をデプロイするか、または最新バージョンにアップグレードする) を選択します。Select Deploy App Service or upgrade to the latest version.

    App Service インストーラー

  3. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を確認して同意し、[次へ] を選択します。Review and accept the Microsoft Software License Terms and then select Next.

  4. サード パーティのライセンス条項を確認して同意し、[次へ] を選択します。Review and accept the third-party license terms and then select Next.

  5. App Service クラウド構成情報が正しいことを確認します。Make sure that the App Service cloud configuration information is correct. Azure Stack Development Kit (ASDK) のデプロイ中に既定の設定を使用した場合は、既定値をそのまま使用することもできます。If you used the default settings during Azure Stack Development Kit (ASDK) deployment, you can accept the default values. しかし、ASDK のデプロイ時にオプションをカスタマイズした場合、または Azure Stack 統合システムにデプロイしている場合は、その差異を反映するように、このウィンドウで値を編集する必要があります。But, if you customized the options when you deployed the ASDK, or are deploying on an Azure Stack integrated system, you must edit the values in this window to reflect the differences.

    たとえば、ドメイン サフィックス mycloud.com を使用する場合は、Azure Stack テナントの Azure Resource Manager エンドポイントを management.<region>.mycloud.com に変更する必要があります。For example, if you use the domain suffix mycloud.com, your Azure Stack Tenant Azure Resource Manager endpoint must change to management.<region>.mycloud.com. これらの設定を確認し、[次へ] を選択して設定を保存します。Review these settings, and then select Next to save the settings.

    App Service インストーラー

  6. 次の App Service インストーラー ページで、次の手順に従います。On the next App Service Installer page, follow these steps:

    a.a. [Azure Stack Subscriptions](Azure Stack サブスクリプション) の横にある [接続] を選択します。Select Connect next to the Azure Stack Subscriptions.

    • Azure Active Directory (Azure AD) を使っている場合は、Azure Stack のデプロイ時に指定した、Azure AD の管理者アカウントとパスワードを入力します。If you're using Azure Active Directory (Azure AD), enter the Azure AD admin account and password that you provided when you deployed Azure Stack. [サインイン] を選択します。Select Sign In.
    • Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) を使用している場合は、ご自分の管理者アカウントを指定します。If you're using Active Directory Federation Services (AD FS), provide your admin account. たとえば、「 cloudadmin@azurestack.local 」のように入力します。For example, cloudadmin@azurestack.local. パスワードを入力し、[サインイン] を選択します。Enter your password, and then select Sign In.

    b.b. [Azure Stack Subscriptions](Azure Stack サブスクリプション) で、[Default Provider Subscription](既定のプロバイダー サブスクリプション) を選択します。In Azure Stack Subscriptions, select the Default Provider Subscription.

    重要

    App Service は、[Default Provider Subscription](既定のプロバイダー サブスクリプション) にデプロイする必要がありますApp Service must be deployed to the Default Provider Subscription.

    c.c. [Azure Stack Locations](Azure Stack の場所) で、デプロイしているリージョンに対応する場所を選択します。In the Azure Stack Locations, select the location that corresponds to the region you're deploying to. たとえば、Azure Stack Development Kit にデプロイしている場合は、[ローカル] を選びます。For example, select local if your deploying to the Azure Stack Development Kit.

    App Service インストーラー

  7. ここで示されている手順を使用して構成した既存の仮想ネットワークにデプロイするか、または、App Service インストーラーで仮想ネットワークとサブネットを作成できます。Now you can deploy into an existing virtual network that you configured using these steps, or let the App Service installer create a new virtual network and subnets. VNet を作成するには、次の手順に従います。To create a VNet, follow these steps:

    a.a. [Create VNet with default settings](既定の設定で VNet を作成する) をオンにし、既定値を受け入れて [次へ] を選択します。Select Create VNet with default settings, accept the defaults, and then select Next.

    b.b. または、[Use existing VNet and Subnets](既存の VNet とサブネットを使用する) をオンにします。Alternatively, select Use existing VNet and Subnets. 次の操作を実行します。Complete the following actions:

    • 仮想ネットワークが含まれているリソース グループを選択します。Select the Resource Group that contains your Virtual Network.
    • デプロイする仮想ネットワークの名前を選択します。Choose the Virtual Network name that you want to deploy to.
    • 必要なロール サブネットそれぞれに適切なサブネット値を選択します。Select the correct Subnet values for each of the required role subnets.
    • [次へ] を選択します。Select Next.

    App Service インストーラー

  8. ファイル共有の情報を入力してから、[次へ] を選択します。Enter the information for your file share and then select Next. ファイル共有のアドレスには、ファイル サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN)、または IP アドレスを使用する必要があります。The address of the file share must use the Fully Qualified Domain Name (FQDN), or the IP address of your File Server. たとえば、\\appservicefileserver.local.cloudapp.azurestack.external\websites、または \\10.0.0.1\websites を使用します。For example, \\appservicefileserver.local.cloudapp.azurestack.external\websites, or \\10.0.0.1\websites.

    注意

    インストーラーは、続行する前にファイル共有への接続性をテストしようとします。The installer tries to test connectivity to the file share before proceeding. しかし、既存の仮想ネットワークにデプロイする場合、この接続テストが失敗する可能性があります。But, if you're deploying to an existing virtual network, this connectivity test might fail. 警告と、続行するためのプロンプトが表示されます。You're given a warning and a prompt to continue. ファイル共有情報が正しい場合は、デプロイを続行します。If the file share information is correct, continue the deployment.

    App Service インストーラー

  9. 次の App Service インストーラー ページで、次の手順に従います。On the next App Service Installer page, follow these steps:

    a.a. [Identity Application ID](ID アプリケーションの ID) ボックスで、(Azure AD から) 本人確認のために使っているアプリケーションの GUID を入力します。In the Identity Application ID box, enter the GUID for the application you’re using for identity (from Azure AD).

    b.b. [Identity Application certificate file](ID アプリケーションの証明書ファイル) ボックスで、証明書ファイルの場所を入力 (または参照) します。In the Identity Application certificate file box, enter (or browse to) the location of the certificate file.

    c.c. [Identity Application certificate password](ID アプリケーションの証明書パスワード) ボックスで、証明書のパスワードを入力します。In the Identity Application certificate password box, enter the password for the certificate. このパスワードは、証明書作成のスクリプトを使ったときに書き留めたものです。This password is the one that you made note of when you used the script to create the certificates.

    d.[Tableau Server return URL]: Tableau Server ユーザーがアクセスする URL。d. [Azure Resource Manager root certificate file](Azure Resource Manager のルート証明書ファイル) ボックスで、証明書ファイルの場所を入力 (または参照) します。In the Azure Resource Manager root certificate file box, enter (or browse to) the location of the certificate file.

    e.e. [次へ] を選択します。Select Next.

    App Service インストーラー

  10. 3 つの証明書ファイルの各ボックスで、[参照] を選択し、適切な証明書ファイルに移動します。For each of the three certificate file boxes, select Browse and navigate to the appropriate certificate file. 各証明書のパスワードを入力する必要があります。You must provide the password for each certificate. これらの証明書は、必要な証明書の作成の手順で作成したものです。These certificates are the ones that you created in the Create required certificates step. すべての情報を入力したら、[次へ] を選択します。Select Next after entering all the information.

    BoxBox 証明書ファイル名の例Certificate file name example
    App Service の既定の SSL 証明書ファイルApp Service default SSL certificate file _.appservice.local.AzureStack.external.pfx_.appservice.local.AzureStack.external.pfx
    App Service API の SSL 証明書ファイルApp Service API SSL certificate file api.appservice.local.AzureStack.external.pfxapi.appservice.local.AzureStack.external.pfx
    App Service 公開元の SSL 証明書ファイルApp Service Publisher SSL certificate file ftp.appservice.local.AzureStack.external.pfxftp.appservice.local.AzureStack.external.pfx

    証明書の作成時に別のドメイン サフィックスを使った場合は、証明書ファイル名で local.AzureStack.external を使わないでください。If you used a different domain suffix when you created the certificates, your certificate file names don’t use local.AzureStack.external. 代わりに、ご自分のカスタム ドメイン情報を使用します。Instead, use your custom domain information.

    App Service インストーラー

  11. App Service リソース プロバイダー データベースをホストするために使用するサーバー インスタンスについて、SQL Server の詳細を入力し、[次へ] を選択します。Enter the SQL Server details for the server instance used to host the App Service resource provider databases and then select Next. インストーラーにより、SQL 接続のプロパティが検証されます。The installer validates the SQL connection properties.

    注意

    インストーラーは、続行する前に SQL Server への接続性をテストしようとします。The installer tries to test connectivity to the SQL Server before proceeding. しかし、既存の仮想ネットワークにデプロイする場合、この接続テストが失敗する可能性があります。But, if you're deploying to an existing virtual network, this connectivity test might fail. 警告と、続行するためのプロンプトが表示されます。You're given a warning and a prompt to continue. SQL Server の情報が正しい場合は、デプロイを続行します。If the SQL Server information is correct, continue the deployment.

    Azure App Service on Azure Stack 1.3 以降では、インストーラーは、SQL Server がデータベース包含を SQL Server レベルで有効にしているかどうかを確認します。From Azure App Service on Azure Stack 1.3 onwards, the installer will check that the SQL Server has database containment enabled at the SQL Server level. そうなっていない場合は、次の例外が表示されます。If it is not, you will be prompted with the following exception:

       Enable contained database authentication for SQL server by running below command on SQL server (Ctrl+C to copy)
       ***********************************************************
       sp_configure 'contained database authentication', 1;  
       GO  
       RECONFIGURE;  
       GO
       ***********************************************************
    

    詳細については、Azure App Service on Azure Stack 1.3 のリリース ノートを参照してください。Refer to the release notes for Azure App Service on Azure Stack 1.3 for more details.

    App Service インストーラー

  12. ロール インスタンスと SKU のオプションを確認します。Review the role instance and SKU options. ASDK デプロイの各ロールに対するインスタンスの最小数および SKU の最小値には、既定値が入力されています。The defaults populate with the minimum number of instances and the minimum SKU for each role in an ASDK Deployment. デプロイの計画に役立つ vCPU 要件とメモリ要件の概要が表示されています。A summary of vCPU and memory requirements is provided to help plan your deployment. 必要な項目を選択したら、[次へ] を選択します。After you make your selections, select Next.

    注意

    運用環境デプロイの場合は、「Azure Stack での Azure App Service サーバー ロールの容量計画」のガイダンスに従ってください。For production deployments, following the guidance in Capacity planning for Azure App Service server roles in Azure Stack.

    RoleRole インスタンスの最小値Minimum instances SKU の最小値Minimum SKU メモNotes
    コントローラーController 11 Standard_A2 - (2 vCPU、3584 MB)Standard_A2 - (2 vCPU, 3584 MB) App Service クラウドの正常性を管理および維持します。Manages and maintains the health of the App Service cloud.
    管理Management 11 Standard_A2 - (2 vCPU、3584 MB)Standard_A2 - (2 vCPUs, 3584 MB) App Service Azure Resource Manager および API のエンドポイント、ポータル拡張機能 (管理、テナント、Functions ポータル)、データ サービスを管理します。Manages the App Service Azure Resource Manager and API endpoints, portal extensions (admin, tenant, Functions portal), and the data service. フェールオーバーをサポートする場合は、お勧めのインスタンス数は 2 つに増えます。To support failover, increased the recommended instances to 2.
    PublisherPublisher 11 Standard_A1 - (1 vCPU、1792 MB)Standard_A1 - (1 vCPU, 1792 MB) FTP および Web デプロイによってコンテンツを公開します。Publishes content via FTP and web deployment.
    FrontEndFrontEnd 11 Standard_A1 - (1 vCPU、1792 MB)Standard_A1 - (1 vCPU, 1792 MB) App Service アプリケーションに要求をルーティングします。Routes requests to App Service applications.
    共有 WorkerShared Worker 11 Standard_A1 - (1 vCPU、1792 MB)Standard_A1 - (1 vCPU, 1792 MB) Web または API アプリケーション、および Azure Functions アプリをホストします。Hosts web or API applications and Azure Functions apps. より多くのインスタンスの追加が必要になる場合があります。You might want to add more instances. オペレーターは、サービスを定義することや任意の SKU レベルを選ぶことができます。As an operator, you can define your offering and choose any SKU tier. レベルには、少なくとも 1 つの vCPU が必要です。The tiers must have a minimum of one vCPU.

    App Service インストーラー

    注意

    Windows Server 2016 Core は、Azure Stack 上で Azure App Service と共に使用するためにサポートされているプラットフォーム イメージではありません。運用環境デプロイには評価版イメージを使用しないでください。Windows Server 2016 Core isn't a supported platform image for use with Azure App Service on Azure Stack. Don't use evaluation images for production deployments.

  13. [プラットフォーム イメージの選択] ボックスで、App Service クラウド用のコンピューティング リソース プロバイダーで選択可能なイメージの中から、ご自分のデプロイの Windows Server 2016 仮想マシン イメージを選びます。In the Select Platform Image box, choose your deployment Windows Server 2016 virtual machine image from the images available in the compute resource provider for the App Service cloud. [次へ] を選択します。Select Next.

  14. 次の App Service インストーラー ページで、次の手順に従います。On the next App Service Installer page, follow these steps:

    a.a. Worker ロールの仮想マシン管理者のユーザー名とパスワードを入力します。Enter the Worker Role virtual machine administrator user name and password.

    b.b. その他のロールの仮想マシン管理者のユーザー名とパスワードを入力します。Enter the Other Roles virtual machine administrator user name and password.

    c.c. [次へ] を選択します。Select Next.

    App Service インストーラー

  15. App Service インストーラーの概要ページで、次の手順に従います。On the App Service Installer summary page, follow these steps:

    a.a. 選択した内容を確認します。Verify the selections you made. 変更を加えるには、[前へ] を使って前のページに戻ります。To make changes, use the Previous buttons to visit previous pages.

    b.b. 構成が正しい場合は、チェック ボックスをオンにします。If the configurations are correct, select the check box.

    c.c. デプロイを開始するには、[次へ] を選択します。To start the deployment, select Next.

    App Service インストーラー

  16. 次の App Service インストーラー ページで、次の手順に従います。On the next App Service Installer page, follow these steps:

    a.a. インストールの進行状況を追跡します。Track the installation progress. App Service on Azure Stack を既定の選択内容に基づいてデプロイするには、60 分ほどかかります。App Service on Azure Stack takes about 60 minutes to deploy based on the default selections.

    b.b. インストーラーが正常に完了したら、[終了] を選択します。After the installer successfully finishes, select Exit.

    App Service インストーラー

App Service on Azure Stack インストールを検証するValidate the App Service on Azure Stack installation

  1. Azure Stack 管理ポータルで、[Administration - App Service](管理 - App Service) に移動します。In the Azure Stack admin portal, go to Administration - App Service.

  2. 概要の状態で、[状態][ロールはいずれも準備ができています] と表示されていることを確認します。In the overview, under status, check to see that the Status displays All roles are ready.

    App Service の管理

    既存の仮想ネットワークにデプロイし、内部 IP アドレスを使用してファイル サーバーに接続する場合は、送信セキュリティ規則を追加する必要があります。If you're deploying to an existing virtual network and using an internal IP address to connect to your fileserver, you must add an outbound security rule. この規則により、worker サブネットとファイル サーバー間の SMB トラフィックが有効になります。This rule enables SMB traffic between the worker subnet and the fileserver. これを行うには、管理者ポータルで WorkersNsg に移動し、次のプロパティを持つ送信セキュリティ規則を追加します。To do this, go to the WorkersNsg in the Admin Portal and add an outbound security rule with the following properties:

    • ソース:任意Source: Any
    • 送信元ポート範囲: *Source port range: *
    • 変換先:IP アドレスDestination: IP Addresses
    • 宛先 IP アドレス範囲:ファイルサーバーの IP の範囲Destination IP address range: Range of IPs for your fileserver
    • 送信先ポート範囲:445Destination port range: 445
    • プロトコル:TCPProtocol: TCP
    • アクション:ALLOWAction: Allow
    • 優先順位:700Priority: 700
    • 名前:Outbound_Allow_SMB445Name: Outbound_Allow_SMB445

App Service on Azure Stack を試してみるTest drive App Service on Azure Stack

App Service リソースプロバイダーをデプロイして登録したら、テストしてユーザーが Web アプリと API アプリをデプロイできることを確認します。After you deploy and register the App Service resource provider, test it to make sure that users can deploy web and API apps.

注意

プラン内に Microsoft.Web 名前空間があるオファーを作成する必要があります。You need to create an offer that has the Microsoft.Web namespace in the plan. また、このオファーにサブスクライブするテナント サブスクリプションも必要です。You also need a tenant subscription that subscribes to the offer. 詳しくは、「Azure Stack でのオファーの作成」および「Azure Stack でのプランの作成」をご覧ください。For more information, see Create offer and Create plan.

App Service on Azure Stack を使うアプリケーションを作るには、テナント サブスクリプションが必要ですYou must have a tenant subscription to create applications that use App Service on Azure Stack. 管理ポータル内でサービス管理者が実行できるタスクは、App Service のリソース プロバイダー管理に関連するものだけです。The only tasks that a service admin can complete in the admin portal are related to the resource provider administration of App Service. これには、容量の追加、デプロイ ソースの構成、worker 層と SKU の追加などが含まれます。This includes adding capacity, configuring deployment sources, and adding Worker tiers and SKUs.

Web アプリ、API アプリ、Azure Functions アプリを作るには、テナント ポータルを使う必要があり、テナント サブスクリプションがある必要があります。To create web, API, and Azure Functions apps, you must use the tenant portal and have a tenant subscription.

テスト Web アプリを作成するには、次の手順に従います。To create a test web app, follow these steps:

  1. Azure Stack ユーザー ポータルで、[+ リソースの作成] > [Web + モバイル] > [Web アプリ] を選択します。In the Azure Stack user portal, select + Create a resource > Web + Mobile > Web App.

  2. [Web アプリ] で、[Web アプリ] に名前を入力します。Under Web App, enter a name in Web app.

  3. [リソース グループ] で、[新規] を選択します。Under Resource Group, select New. [リソース グループ] の名前を入力します。Enter a name for the Resource Group.

  4. [App Service プラン/場所] > [新規作成] の順に選択します。Select App Service plan/Location > Create New.

  5. [App Service プラン] で、[App Service プラン] の名前を入力します。Under App Service plan, enter a name for the App Service plan.

  6. [価格レベル] > [Free-Shared](無料 - 共有) または [Shared-Shared](共有 - 共有) > [選択] > [OK] > [作成] の順に選択します。Select Pricing tier > Free-Shared or Shared-Shared > Select > OK > Create.

  7. ダッシュボードに新規 Web アプリのタイルが表示されます。A tile for the new web app appears on the dashboard. タイルを選択します。Select the tile.

  8. [Web アプリ][参照] を選択して、このアプリの既定の Web サイトを表示します。On Web App, select Browse to view the default website for this app.

WordPress、DNN、Django の Web サイトを展開する (省略可能)Deploy a WordPress, DNN, or Django website (optional)

  1. Azure Stack テナント ポータルで、+ を選択して Azure Marketplace にアクセスし、Django Web サイトをデプロイして、デプロイが完了するまで待ちます。In the Azure Stack tenant portal, select +, go to the Azure Marketplace, deploy a Django website, and then wait for the deployment to finish. Django Web プラットフォームでは、ファイル システム ベースのデータベースが使われます。The Django web platform uses a file system-based database. SQL や MySQL など、追加のリソース プロバイダーは必要ありません。It doesn’t require any additional resource providers, such as SQL or MySQL.

  2. MySQL リソース プロバイダーもデプロイした場合は、Marketplace から WordPress Web サイトをデプロイできます。If you also deployed a MySQL resource provider, you can deploy a WordPress website from the Marketplace. データベース パラメーターを求められたら、お好きなユーザー名とサーバー名で、ユーザー名を *User1@Server1* の形式で入力します。When you're prompted for database parameters, enter the user name as *User1@Server1*, with the user name and server name of your choice.

  3. SQL Server リソース プロバイダーもデプロイした場合は、Marketplace から DNN Web サイトをデプロイできます。If you also deployed a SQL Server resource provider, you can deploy a DNN website from the Marketplace. データベース パラメーターを求められたら、使用しているリソース プロバイダーに接続された SQL Server を実行しているコンピューター内のデータベースを選びます。When you're prompted for database parameters, choose a database in the computer running SQL Server that's connected to your resource provider.

次の手順Next steps

その他の Platform as a Service (PaaS) サービスを試してみることもできます。You can also try out other platform as a service (PaaS) services.