Azure Stack のデプロイの前提条件Azure Stack deployment prerequisites

適用対象: Azure Stack 開発キットApplies to: Azure Stack Development Kit

Azure Stack Development Kit をデプロイする前に、コンピューターが次の要件を満たしていることを確認してください。Before you deploy Azure Stack Development Kit, make sure your computer meets the following requirements:

ハードウェアHardware

コンポーネントComponent 最小値Minimum 推奨Recommended
ディスク ドライブ: オペレーティング システムDisk drives: Operating System システム パーティション用に最低 200 GB の空きがある1 OS ディスク (SSD または HDD)1 OS disk with minimum of 200 GB available for system partition (SSD or HDD) システム パーティション用に最低 200 GB の空きがある1 OS ディスク (SSD または HDD)1 OS disk with minimum of 200 GB available for system partition (SSD or HDD)
ディスク ドライブ: 開発キット データ全般Disk drives: General development kit data 4 つのディスク。4 disks. 各ディスクに最低 140 GB の空き容量が必要 (SSD または HDD)。Each disk provides a minimum of 140 GB of capacity (SSD or HDD). すべての使用可能なディスクが使われます。All available disks will be used. 4 つのディスク。4 disks. 各ディスクに最低 250 GB の空き容量が必要 (SSD または HDD)。Each disk provides a minimum of 250 GB of capacity (SSD or HDD). すべての使用可能なディスクが使われます。All available disks will be used.
コンピューティング: CPUCompute: CPU デュアル ソケット: 12 個の物理コア (合計)Dual-Socket: 12 Physical Cores (total) デュアル ソケット: 16 個の物理コア (合計)Dual-Socket: 16 Physical Cores (total)
コンピューティング: メモリCompute: Memory 96 GB RAM96 GB RAM 128 GB RAM (これは、PaaS リソース プロバイダーをサポートするための最低限の量です。)128 GB RAM (This is the minimum to support PaaS resource providers.)
コンピューティング: BIOSCompute: BIOS Hyper-V 有効 (SLAT サポートあり)Hyper-V Enabled (with SLAT support) Hyper-V 有効 (SLAT サポートあり)Hyper-V Enabled (with SLAT support)
ネットワーク: NICNetwork: NIC NIC には Windows Server 2012 R2 の認定が必要です。特別な機能は必要ありませんWindows Server 2012 R2 Certification required for NIC; no specialized features required NIC には Windows Server 2012 R2 の認定が必要です。特別な機能は必要ありませんWindows Server 2012 R2 Certification required for NIC; no specialized features required
ハードウェア ロゴ認定HW logo certification Windows Server 2012 R2 認定Certified for Windows Server 2012 R2 Windows Server 2012 R2 認定Certified for Windows Server 2012 R2

* Azure から Marketplace アイテムの多くを追加する計画の場合は、この推奨容量より多くが必要です。*You will need more than this recommended capacity if you plan on adding many of the marketplace items from Azure.

データ ディスク ドライブの構成: すべてのデータ ドライブは同じ種類 (すべて SAS、すべて SATA、またはすべて NVMe)、同じ容量である必要があります。Data disk drive configuration: All data drives must be of the same type (all SAS, all SATA, or all NVMe) and capacity. SAS ディスク ドライブを使う場合、ディスク ドライブは 1 つのパス経由で接続する必要があります (MPIO 、マルチパスはサポートされません)。If SAS disk drives are used, the disk drives must be attached via a single path (no MPIO, multi-path support is provided).

HBA 構成オプションHBA configuration options

  • (推奨) 単純な HBA(Preferred) Simple HBA
  • RAID HBA – "パススルー" モードでアダプターを構成する必要があります。RAID HBA – Adapter must be configured in “pass through” mode
  • RAID HBA – ディスクは単一のディスク、RAID-0 として構成する必要があります。RAID HBA – Disks should be configured as Single-Disk, RAID-0

サポート対象のバスとメディアの組み合わせSupported bus and media type combinations

  • SATA HDDSATA HDD
  • SAS HDDSAS HDD
  • RAID HDDRAID HDD
  • RAID SSD (メディアの種類が指定されていない場合、または不明な場合*)RAID SSD (If the media type is unspecified/unknown*)
  • SATA SSD + SATA HDDSATA SSD + SATA HDD
  • SAS SSD + SAS HDDSAS SSD + SAS HDD
  • NVMeNVMe

* パススルー機能のない RAID コントローラーは、メディアの種類を認識できません。* RAID controllers without pass-through capability can’t recognize the media type. このようなコントローラーでは、SSD と HDD の両方が "Unspecified" (指定なし) としてマークされます。Such controllers will mark both HDD and SSD as Unspecified. その場合、SSD がキャッシュ デバイスではなく、永続的なストレージとして使用されます。In that case, the SSD will be used as persistent storage instead of caching devices. したがって、それらの SSD には開発キットをデプロイできます。Therefore, you can deploy the development kit on those SSDs.

HBA の例: パススルー モードの LSI 9207-8i、LSI-9300-8i、または LSI-9265-8iExample HBAs: LSI 9207-8i, LSI-9300-8i, or LSI-9265-8i in pass-through mode

サンプル OEM 構成を使用できます。Sample OEM configurations are available.

オペレーティング システムOperating system

要件Requirements
OS バージョンOS Version Windows Server 2012 R2 以降。Windows Server 2012 R2 or later. Azure Stack のインストールに含まれる VHD でホスト コンピューターを起動するので、デプロイが開始する前のオペレーティング システムのバージョンは重要ではありません。The operating system version isn’t critical before the deployment starts, as you'll boot the host computer into the VHD that's included in the Azure Stack installation. OS とすべての必要な更新プログラムは、イメージに既に統合されています。The OS and all required patches are already integrated into the image. 開発キットで使われている Windows Server インスタンスをアクティブ化するためにキーを使わないでください。Don’t use any keys to activate any Windows Server instances used in the development kit.

デプロイ要件チェック ツールDeployment requirements check tool

オペレーティング システムをインストールした後は、Deployment Checker for Azure Stack を使って、ハードウェアがすべての要件を満たしていることを確認できます。After installing the operating system, you can use the Deployment Checker for Azure Stack to confirm that your hardware meets all the requirements.

アカウントの要件Account requirements

通常は、Microsoft Azure に接続できるようにインターネットに接続された状態で開発キットをデプロイします。Typically, you deploy the development kit with internet connectivity, where you can connect to Microsoft Azure. この場合、開発キットをデプロイするために Azure Active Directory (Azure AD) アカウントを構成する必要があります。In this case, you must configure an Azure Active Directory (Azure AD) account to deploy the development kit.

環境がインターネットに接続されていない場合、または Azure AD を使いたくない場合は、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) を使って Azure Stack をデプロイできます。If your environment is not connected to the internet, or you don't want to use Azure AD, you can deploy Azure Stack by using Active Directory Federation Services (AD FS). 開発キットには、専用の AD FS および Active Directory Domain Services のインスタンスが含まれています。The development kit includes its own AD FS and Active Directory Domain Services instances. このオプションを使ってデプロイする場合は、事前にアカウントを設定する必要はありません。If you deploy by using this option, you don't have to set up accounts ahead of time.

注意

AD FS のオプションを使ってデプロイする場合は、Azure Stack を再デプロイして Azure AD に切り替える必要があります。If you deploy by using the AD FS option, you must redeploy Azure Stack to switch to Azure AD.

Azure Active Directory アカウントAzure Active Directory accounts

Azure AD アカウントを使って Azure Stack をデプロイするには、デプロイ用の PowerShell スクリプトを実行する前に、Azure AD アカウントを準備する必要があります。To deploy Azure Stack by using an Azure AD account, you must prepare an Azure AD account before you run the deployment PowerShell script. このアカウントは、Azure AD テナントの全体管理者になります。This account becomes the Global Admin for the Azure AD tenant. このアカウントは、Azure Active Directory および Graph API と対話するすべての Azure Stack サービス用のアプリケーションおよびサービス プリンシパルのプロビジョニングと委任に使われます。It's used to provision and delegate applications and service principals for all Azure Stack services that interact with Azure Active Directory and Graph API. また、既定のプロバイダー サブスクリプションの所有者としても使われます (これは後で変更できます)。It's also used as the owner of the default provider subscription (which you can later change). このアカウントを使って、Azure Stack システムの管理ポータルにログインできます。You can log in to your Azure Stack system’s administrator portal by using this account.

  1. 少なくとも 1 つの Azure AD のディレクトリ管理者である Azure AD アカウントを作成します。Create an Azure AD account that is the directory administrator for at least one Azure AD. 既にある場合は、それを使うことができます。If you already have one, you can use that. ない場合は、http://azure.microsoft.com/en-us/pricing/free-trial/ (中国の場合は http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=717821) において無料で作成できます。Otherwise, you can create one for free at http://azure.microsoft.com/en-us/pricing/free-trial/ (in China, visit http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=717821 instead). 後で Azure Stack を Azure に登録する予定の場合は、この新規作成したアカウントでのサブスクリプションも必要です。If you plan to later register Azure Stack with Azure, you must also have a subscription in this newly created account.

    Deploy the development kit」(開発キットをデプロイする) の手順 6 で使うので、資格情報を保存しておきます。Save these credentials for use in step 6 of Deploy the development kit. このサービス管理者アカウントは、リソース クラウド、ユーザー アカウント、テナント プラン、クォータ、価格を構成、管理することができます。This service administrator account can configure and manage resource clouds, user accounts, tenant plans, quotas, and pricing. ポータルで、Web サイト クラウド、仮想マシン プライベート クラウドを作成したり、プランの作成やユーザーのサブスクリプションの管理を行えます。In the portal, they can create website clouds, virtual machine private clouds, create plans, and manage user subscriptions.

  2. テナントとして開発キットにサインインできるように、少なくとも 1 つのアカウントを作成します。Create at least one account so that you can sign in to the development kit as a tenant.

    Azure Active Directory アカウントAzure Active Directory account サポートの有無Supported?
    有効なパブリック Azure サブスクリプションのある職場または学校アカウントWork or school account with valid Public Azure Subscription ありYes
    有効なパブリック Azure サブスクリプションの Microsoft アカウントMicrosoft Account with valid Public Azure Subscription ありYes
    有効な中国の Azure サブスクリプションのある職場または学校アカウントWork or school account with valid China Azure Subscription ありYes
    有効な米国政府の Azure サブスクリプションのある職場または学校アカウントWork or school account with valid US Government Azure Subscription ありYes

ネットワークNetwork

スイッチSwitch

スイッチの 1 つのポートを開発キット マシン用に使用できること。One available port on a switch for the development kit machine.

開発キット マシンでは、スイッチのアクセス ポートまたはトランク ポートへの接続がサポートされています。The development kit machine supports connecting to a switch access port or trunk port. スイッチでは特別な機能は必要ありません。No specialized features are required on the switch. トランク ポートを使用している場合、または VLAN ID を構成する必要がある場合は、デプロイ パラメーターとして VLAN ID を指定する必要があります。If you are using a trunk port or if you need to configure a VLAN ID, you have to provide the VLAN ID as a deployment parameter. デプロイ パラメーターの一覧で例を見ることができます。You can see examples in the list of deployment parameters.

サブネットSubnet

次のサブネットには、開発キット マシンを接続しないでください。Do not connect the development kit machine to the following subnets:

  • 192.168.200.0/24192.168.200.0/24
  • 192.168.100.0/27192.168.100.0/27
  • 192.168.101.0/26192.168.101.0/26
  • 192.168.102.0/24192.168.102.0/24
  • 192.168.103.0/25192.168.103.0/25
  • 192.168.104.0/25192.168.104.0/25

これらのサブネットは、開発キット環境の内部ネットワーク用に予約されています。These subnets are reserved for the internal networks within the development kit environment.

IPv4/IPv6IPv4/IPv6

IPv4 のみがサポートされています。Only IPv4 is supported. IPv6 ネットワークを作成することはできません。You cannot create IPv6 networks.

DHCPDHCP

NIC を接続するネットワークで使用できる DHCP サーバーがあることを確認します。Make sure there is a DHCP server available on the network that the NIC connects to. DHCP が使用できない場合は、ホストが使用するためのものに加え、追加の静的 IPv4 ネットワークを準備する必要があります。If DHCP is not available, you must prepare an additional static IPv4 network besides the one used by host. デプロイ パラメーターとしてその IP アドレスとゲートウェイも指定する必要があります。You must provide that IP address and gateway as a deployment parameter. デプロイ パラメーターの一覧で例を見ることができます。You can see examples in the list of deployment parameters.

インターネットへのアクセスInternet access

Azure Stack は、直接または透過プロキシ経由で、インターネットにアクセスできる必要があります。Azure Stack requires access to the Internet, either directly or through a transparent proxy. Azure Stack は、インターネット アクセスを有効にするための Web プロキシの構成をサポートしていません。Azure Stack does not support the configuration of a web proxy to enable Internet access. ホスト IP と (DHCP または静的 IP アドレスによって) MAS-BGPNAT01 に割り当てられた IP の両方が、インターネットにアクセスできる必要があります。Both the host IP and the new IP assigned to the MAS-BGPNAT01 (by DHCP or static IP) must be able to access Internet. graph.windows.net および login.microsoftonline.com ドメインのポート 80 と 443 を使用します。Ports 80 and 443 are used under the graph.windows.net and login.microsoftonline.com domains.

テレメトリTelemetry

テレメトリは、Azure Stack の将来のバージョンの構想に役立ちます。Telemetry helps us shape future versions of Azure Stack. フィードバックに迅速に対応し、新しい機能を提供し、品質を向上させることができます。It lets us respond quickly to feedback, provide new features, and improve quality. Microsoft Azure Stack には、Windows Server 2016 と SQL Server 2014 が含まれています。Microsoft Azure Stack includes Windows Server 2016 and SQL Server 2014. これらの製品はどちらも既定の設定から変更されておらず、Microsoft Enterprise のプライバシーに関する声明で説明されていません。Neither of these products are changed from default settings and both are described by the Microsoft Enterprise Privacy Statement. また、Azure Stack には、Microsoft にテレメトリを送信するように変更されていないオープン ソース ソフトウェアが含まれます。Azure Stack also contains open source software which has not been modified to send telemetry to Microsoft. Azure Stack のテレメトリ データの例を次に示します。Here are some examples of Azure Stack telemetry data:

  • デプロイ登録情報deployment registration information
  • アラートが開かれた日時と閉じられた日時when an alert is opened and closed
  • ネットワーク リソースの数the number of network resources

テレメトリ データ フローをサポートするには、ネットワークでポート 443 (HTTPS) を開く必要があります。To support telemetry data flow, port 443 (HTTPS) must be open in your network. クライアント エンドポイントは https://vortex-win.data.microsoft.com です。The client endpoint is https://vortex-win.data.microsoft.com.

Azure Stack のテレメトリを提供したくない場合は、以下で説明するように、開発キット ホストおよびインフラストラクチャの仮想マシンでオフにすることができます。If you don’t want to provide telemetry for Azure Stack, you can turn it off on the development kit host and the infrastructure virtual machines as explained below.

開発キット ホストでテレメトリをオフにする (省略可能)Turn off telemetry on the development kit host (optional)

注意

開発キット ホストでテレメトリをオフにする場合は、デプロイ スクリプトの実行前に行う必要があります。If you want to turn off telemetry for the development kit host, you must do so before you run the deployment script.

asdk-installer.ps1 スクリプトを実行して開発キット ホストをデプロイする前に、CloudBuilder.vhdx で起動し、管理者特権の PowerShell ウィンドウで次のスクリプトを実行します。Before running the asdk-installer.ps1 script to deploy the development kit host, boot into the CloudBuilder.vhdx and run the following script in an elevated PowerShell window:

### Get current AllowTelmetry value on DVM Host
(Get-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\DataCollection" `
-Name AllowTelemetry).AllowTelemetry
### Set & Get updated AllowTelemetry value for ASDK-Host 
Set-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\DataCollection" `
-Name "AllowTelemetry" -Value '0'  
(Get-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\DataCollection" `
-Name AllowTelemetry).AllowTelemetry

AllowTelemetry を 0 に設定すると、Windows と Azure Stack 両方のデプロイのテレメトリがオフになります。Setting AllowTelemetry to 0 turns off telemetry for both Windows and Azure Stack deployment. オペレーティング システムからの重要なセキュリティ イベントのみが送信されます。Only critical security events from the operating system are sent. この設定は、すべてのホストとインフラストラクチャ VM の Windows テレメトリを制御し、スケールアウト操作が実行されると新しいノード/VM に再適用されます。The setting controls Windows telemetry across all hosts and infrastructure VMs, and is reapplied to new nodes/VMs when scale-out operations occur.

インフラストラクチャの仮想マシンでテレメトリをオフにする (省略可能)Turn off telemetry on the infrastructure virtual machines (optional)

デプロイが成功した後、開発キット ホスト上の管理者特権の PowerShell ウィンドウで (AzureStack\AzureStackAdmin ユーザーとして)、次のスクリプトを実行します。After the deployment is successful, run the following script in an elevated PowerShell window (as the AzureStack\AzureStackAdmin user) on the development kit host:

$AzSVMs= get-vm |  where {$_.Name -like "AzS-*"}
### Show current AllowTelemetry value for all AzS-VMs
invoke-command -computername $AzSVMs.name {(Get-ItemProperty -Path `
"HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\DataCollection" -Name AllowTelemetry).AllowTelemetry}
### Set & Get updated AllowTelemetry value for all AzS-VMs
invoke-command -computername $AzSVMs.name {Set-ItemProperty -Path `
"HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\DataCollection" -Name "AllowTelemetry" -Value '0'}
invoke-command -computername $AzSVMs.name {(Get-ItemProperty -Path `
"HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\DataCollection" -Name AllowTelemetry).AllowTelemetry}

SQL Server のテレメトリの構成については、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 を構成する方法」を参照してください。To configure SQL Server telemetry, see How to configure SQL Server 2016.

使用状況レポートUsage reporting

登録により、Azure Stack は Azure に使用状況情報を転送するようにも構成されます。Through registration, Azure Stack is also configured to forward usage information to Azure. 使用状況レポートはテレメトリとは別に制御されます。Usage reporting is controlled independently from telemetry. 登録時に Github のスクリプトを使って使用状況レポートを無効にできます。You can turn off usage reporting when registering by using the script on Github. $reportUsage パラメーターを $false に設定するだけです。Just set the $reportUsage parameter to $false.

使用状況データは、「Report Azure Stack usage data to Azure」(Azure に Azure Stack 使用状況データを報告する) で詳しく説明されているように書式設定されます。Usage data is formatted as detailed in the Report Azure Stack usage data to Azure. Azure Stack 開発キットのユーザーに実際に料金がかかることはありません。Azure Stack Development Kit users are not actually charged. この機能は、使用状況レポートの動作をテストして理解できるように、開発キットに含まれています。This functionality is included in the development kit so that you can test to see how usage reporting works.

次のステップNext steps

Azure Stack 開発キット デプロイ パッケージをダウンロードするDownload the Azure Stack development kit deployment package

Azure Stack 開発キットをデプロイするDeploy Azure Stack development kit